見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

メイショウマンボも通過したこの路。この馬はどうだ?2017こぶし賞・マイスタイル。

武幸四郎騎手や田中博康騎手が2017年2月26日でいよいよムチを置いて調教師になります。

そんな武幸四郎騎手が号泣したのがメイショウマンボのオークス。

メイショウマンボがオークス制覇できたきっかけとなったレースがこぶし賞。

このレースを勝利していなかったら、フィリーズレビューも出走できなかった。

そう考えると、このレースの勝ち馬はやはり注目しておきたい。

 

今年は頭数こそそろわなかったものの、なかなかのメンバー。

マイスタイルが勝利。

「内容は不満」

「成長の余地はある」

辛口の評価にはなりましたが、昆調教師からすればひさびさに期待できる3歳馬。

父ハーツクライを考えても成長力はありそう。

今年はリスグラシュー、アドマイヤミヤビなど牝馬のハーツクライ旋風が吹きそうなクラシック。

レースはこんな感じでした。

www.youtube.com