見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

里見治・クリストフ・ルメールともに初のクラシック制覇!2016菊花賞・サトノダイヤモンド。

サトノの呪い。

どんな高額馬を購入してもサトノはG1には届かない。

ついに崩れた2016菊花賞。

個人的には「菊花賞はやっぱり皐月賞馬!」を期待して蛯名正義ディーマジェスティ期待だったが、なんでエアスピネルにすら勝てないのか。

2着、3着は騎手の腕も問われたレインボーラインとエアスピネル。

驚きはレインボーライン。後方3番手にいたはずが4コーナーでは射程圏内。

福永マジックとしかいえない。

そして3着エアスピネルは神戸新聞杯で後方待機で伸びを欠いたこともあってか、本来の位置取りで王道の競馬。

3着は距離適性を考えても大健闘。

 

サトノダイヤモンドに話を戻せば、道中不利のない位置を心がけ・・・

ディーマジェスティに4コーナーでムチが入る中、馬なりで進出。

終わってみたら軽々と抜け出し完勝。

なんもいえねえ・・・とはまさにこのこと。

圧巻のレースはこちらから。

www.youtube.com