読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

マカヒキ大敗・ポストポンドは馬群に飲まれた大波乱?いや順当な結果。アイルランド勢躍進!2016凱旋門賞・ファウンド!

アイルランド恐るべし。

3頭で上位独占とは。。。

そしてガリレオはこのレース鬼門とも言われていたがあっさり突破。

まあ世界のムーア。さすがの手綱。

ワークフォース以来の勝利とは意外な感じです。

 

そして外枠は残念ながら言い訳にはならないのがマカヒキ。

見せ場なく4コーナー過ぎでずるずる後退。

バテたように見えたけれど果たしてどうなのか。

 

そして日本人なのでどうしてもマカヒキの大敗に目が行くけれど・・・

1番人気のポストポンドも馬券に絡んでないんですよね。

あちらのほうがいい位置を取れていたようですが、まあこれが競馬って感じでしょうか。

 

ひとついえるのは、ちょっとつれてくる血統は考えないとだめかもしれない。

ダービー馬だから、とか、日本で強いから、という理由じゃなく、「欧州なら勝てる」という血統でいかないとダメかもしれない。

 

そういう意味ではエルコンドルパサーの血統でもあるキングマンボ。

キングカメハメハ産駒で来年は出てもらいたい。

エイシンヒカリは勝てたけど、ディープじゃたぶんだめだろうあの馬場。

ディープであくまでいくなら、母系にアメリカンなのが入ってるほうがいいのかもしれない。

 

というわけで、ムーアが上手い、と再確認させられたレースがこちら。

知らないうちに内にもぐってるし。

まあそれは3着のデットーリにもいえるんだけど。

シャンティイであれロンシャンであれ道中外を回すとだめなのかもしれない。

www.youtube.com