読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

ローエングリンはマイルで輝く!2016新潟2歳S・ヴゼットジョリーと福永祐一。

2016G3

非常に見ごたえがあるレースとなった2016年の新潟2歳S。

正直全体としては小粒なメンバーだったとは思いますが、ローエングリンの仔・ヴゼットジョリーが見事差しきり。

ロゴタイプの安田記念といい、左周り・マイルとそろうともはやお手上げになる強さ。

タイプは違って控えて脚をためるタイプですが、父とは違う雰囲気だけにクラシックでも距離がもつかもしれません。

 

オーバースペックで最後方から追い込んできた岩部騎手は23年かけての悲願の重賞初勝利はお預けとなりましたが、こちらは距離延びても面白そうに思える不思議なプリサイスエンドの仔。

3着イブキは新種牡馬ルーラーシップということで、こちらもマイル以上でもやれそうな雰囲気。

 

マイネルバールマンにもう少しがんばってほしかったけれど、まあ仕方ない。

柴田大騎手は札幌2歳にトラストもいますし、来年はクラシックで活躍してもらいたい騎手の1人。

 

というわけで、福永騎手の冴えた手綱はこちらからどうぞ!

www.youtube.com