読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2コーナーでバテました。が、終わってみたら初重賞制覇!2016小倉記念・クランモンタナと和田竜二。

2コーナーで手ごたえがなくなった馬。

3コーナーからムチが入っている馬。

 

馬券に絡むと思いますか?

いや、そもそもレースに参加できるレベルなのか心配になりませんか?

 

和製デットーリ、いやデットーリでもこの2つの壁を突破するのは難しい技をお持ちのJRAの騎手といえばこの人。

和田竜二騎手。

 

今年の小倉はまさに神がかりです。

人気関係なく、いきなり頭にぶっこんできます。

特別戦でも気持ちいい追い込みで人気薄を勝利させる手綱。

テイエムオペラオー以来、なかなか優秀なお手馬に出会えていないところはありますが、腕は尋常じゃないですね。

40代に入り、さらに手綱が冴え渡っているところは、大井の的場文男騎手同様、中年の☆です。

 

そして素質と血統を買われながらも結果がついてこなかった馬。

管理する音無調教師も半分諦めかけていた馬。

クランモンタナがついに重賞初制覇。

 

2コーナーで手応えがなくなった姿、3コーナーからムチを入れている姿はこちらからどうぞ!

2着ベルーフのホワイト騎手は不利が痛すぎました。

www.youtube.com