読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

フランケルに対抗できるディープインパクト最高傑作の可能性も?2017メイクデビュー京都・ファンディーナ。

ロカの妹ブルークランズも出走していた芝1800mの新馬戦。 逃げて9馬身差をつけたのがナムラシングンの異父妹・ファンディーナ。 ヴィクトワールピサ→ディープインパクトに父が変わりましたが、兄譲りのキレはしっかり受けついでいる模様。 すべてがパーフェ…

兄はサトノラーゼン。ということは・・・早熟か?2017・京都3歳未勝利サトノクロニクル!

兄はサトノラーゼン。 となると、わたしが真っ先に浮かんだイメージとしては・・・ まあ3歳6月までだろう。 古馬になってからは成長力もないだろう。 というイメージ。 同じサトノなら今年に関してはサトノリュウガを推したい。 と思うけれど、いくら神って…

寒波じゃないよ涼風だよ!2017菜の花賞・スズカゼ!

涼風。 とは思えない寒波が2017年1月は日本列島に襲来していますが、中山競馬場には涼しい風が吹きました。 父ディープブリランテということで、3頭目になるのかなオープン馬。 とはいえ2勝馬をオープン馬と呼ぶのは個人的には抵抗があるな。 1000万条件と呼…

幸騎手、スティルインラブ以来の桜花賞制覇へ本賞金加算成功!2017紅梅S・アロンザモナ。

素質は高いのにデビュー戦からしばらく1番人気にならない馬。 最近では昨年の年度代表馬・キタサンブラックが挙げられます。 そんな可能性を秘めているのが、アロンザモナ。 牝馬の出世レースともいえる紅梅Sを勝利。 500万下を負けてからのオープン初参戦…

母ダイヤモンドビコー最期の作品を見届けよ!京都3歳未勝利・ゼンノワスレガタミ。

ダイヤモンドビコー。 名門・藤沢厩舎のお嬢様、というイメージがあった馬。 ワンパンチ足りない、ペリエ、といったイメージがあった馬ですが、惜しくも繁殖牝馬として活躍しつつ、亡くなりました。 その最後の産駒がゼンノワスレガタミ。 文字通り「忘れ形…

5番人気→3番人気→2番人気で3連単万馬券。。。2017若駒S・アダムバローズwith池添謙一。

何気に今年大物食いをやっているのが池添騎手。 サトノリュウガでエアウィンザーを破り。 そして今回は5頭立ての5番人気。つまり最低人気で逃げ切り。 まあ小粒なのが5頭、かつヴァナヘイム1強ムードが骨折で吹き飛んだこともありますが、インウィスパーズ松…

1,2番人気馬の叩きあい?ハンデ戦だぜ困っちゃうぜ和田くん浜中くん@2017日経新春杯・ミッキーロケット・シャケトラ!

馬券を購入していた人間は思ったはず。 見ごたえはあった。 が、望んだのはこの結末ではない。 それが2017年の日経新春杯。 ハンデ戦。 すなわち荒れる。 と思ったら、叩きあいにはなったが、1番人気ミッキーロケット、2番人気シャケトラの一騎打ち。 せめ…

非出世レース・・・シンザン記念と雲泥の差@2017京成杯コマノインパルスwith田辺騎手。

1番人気鬼門と思われたレース。 今年も京成杯が行われました。 ホープフルSと同じ中山競馬場芝2000m。 この短期間にやる意味があるのかはわかりませんが、今年は田辺騎手の手綱が冴えました。 3歳馬らしからぬ堂々たる1番人気の競馬をして見事勝利。 問題…

母アルーリングボイスで芝1600m。勝ったはいいが次はどうする?2017白梅賞・オールザゴーwith浜中俊。

この母系でマイルまで距離持つのか。 そう思ったのが2017年白梅賞の勝ち馬・オールザゴー。 父はステイゴールド。 これだけ見れば、なんでマイル持つのかなんて話しになるの?と思うかもしれません。 母が小倉2歳S勝ち馬のアルーリングボイス。 バリバリの短…

牝馬限定・芝2000mなら役者が違うわよ!2017愛知杯・マキシマムドパリ。

牝馬限定。 ハンデ戦。 これだけ見ると「荒れるよね」「荒れてくれ」「荒れるはず」と誰しも思う。 それがまして正月競馬だとしたらなおさらです。 中京競馬は坂ができたとはいえ、後ろの馬はやはりつらいはず。 そこを岩田騎手がうまく御したのがマキシマム…

「テンよし、中よし、しまいよし。すべて完璧」by石川騎手@メイクデビュー中山・ルヴォワール!

フランケル娘が今年のクラシックをやはり中心にまわるのか? ソウルスターリング、ミスエルテの3月以降のローテも気になる中、何気に2016年の2歳馬でブレイクしているのはハーツクライ。 母はイタリアのG1馬・リュヌドール。 牝馬で526キロはすごい。 テン…

マイネルの 馬が活躍 うれしいな@2017ニューイヤーS・マイネルアウラート。

社台・ノーザンファーム生産馬。 まあクラシック御用達です。 とはいえ、最近では引退しましたがモーリス、キタサンブラックのように非社台ががんばってます。 まあモーリスは吉田ファミリー所有で勝負服を見ても零細牧場感はゼロでしたけれども・・・ とは…

余裕あり。楽しみ増えた!by池添謙一@2017福寿草特別・サトノリュウガ!

ダンゼンの1番人気だったエアウィンザー。 武豊騎手もここは通過点、そして弥生賞、という流れで描いていたはずが、未来予想図はそうかんたんにはうまくいきません。 伏兵扱いとはいえ、2016年12月から「神ってる」サトノ軍団のサトノリュウガ。 父ハービン…

3年1ヶ月ぶりの勝利!2016兵庫ゴールドトロフィー・ニシケンモノノフ!

マイルは長い。 1200mはやや短い。 帯に短し襷に長し。 そんな感じの血統なのが父メイショウボーラーのニシケンモノノフ。 オープン入りしてから安定感がある走りはするものの勝利にはいたらず。 もどかしい競馬をしているうちに3年が過ぎました。 捲土重来…

目指すはオークス。田辺騎手「素質がすごい」2017寒竹賞・ホウオウパフューム。

パフュームときくと、悲劇の桜花賞馬・ワンダーパフュームが浮かぶ競馬ファンのみなさんこんばんは! 成長途上でとてつもない強さを見せたのがホウオウパフューム。 父ハーツクライ 母マチカネタマカズラ 成長力あるハーツクライだけにこの時期の芝2000…

ディープブリランテ2頭目のオープン馬。2017ジュニアC・ナイトバナレット!

2016,17のトレンドはどうやら「最後方」。 そんな不器用な馬がそろったのが今年の3歳馬のようです。 ホープフルS、シンザン記念を勝利したレイデオロ、キョウヘイ・・・ そして・・・ナイトバナレット。 シルクは冠やめてから調子がいい。 これはトーセンや…

千両賞の1,2着でここまでオッズが開くとは!2017シンザン記念・キョウヘイwith高倉稜。

アルアインに敗れたとはいえ、中身が濃かった前走の千両賞。 前回とりあげた記事をぜひお読みください。 playbackracing.hateblo.jp 読んでいたらキョウヘイは余裕で買えた馬。 父リーチザクラウンで最後方待機。おいおい極端な競馬は父譲りか? さらにどろ…

東のユタカも忘れないで!2017中山金杯・ツクバアズマオーwith吉田豊。

未完の大器。 ようやくの重賞制覇となったのが2017年中山金杯。 当然誰しも考えたであろう「金杯・1番人気・穴馬豊富」=荒れるでしょう。 が、見事に崩壊してしまったのが今年の金杯。 血統的にもここのところの戦績を考えても1番人気は妥当。 年末のグラ…

東西ともユタカスタートの2017年。いきなり武豊!2017京都金杯・エアスピネル。

デイリー杯2歳Sの勝ち馬。 そう考えれば京都・マイルは舞台がそろいすぎ。 ただいかんせん前走が3000m。 どんな競馬になるか注目となった2017京都金杯。 終わってみればさすがの武豊。 ようやく人気以上の結果を出してきたブラックスピネルをギリギリ…

10番人気馬またも大仕事。奥村武調教師も重賞初勝利。2017フェアリーS・ライジングリーズン!

美浦・奥村武調教師の重賞初勝利となった2017フェアリーS。 とはいえ、ずっと思っていますが・・・ これ、重賞の意味あるの???? と思えるくらいの寒いメンバーがそろいます。 500万下でも穴馬扱いの馬たちが「2着でも本賞金加算はおいしい」という理由…

育ててくれた大井競馬場に恩返し。2016東京大賞典・アポロケンタッキーwith内田博幸

2強と思われた2016年の東京大賞典。 先行して押し切る王道の競馬で勝利したのがアポロケンタッキー。 山内調教師も久しぶりのG1、そしてウチパクも久しぶりに関西馬でG1勝利。 正しいかわからないけど、オウケンブルースリ以来になるのか? アウォ…

父はディヴァインライト。ではありません紛らわしい。2016メイクデビュー阪神・ディヴァインハイツ。

日本ではそれほど目立たないアッゼニ騎手。 この馬で勝利はうれしかったのではないでしょうか。 とはいえ来年のクラシック戦線では乗れません。 石坂厩舎となると武豊?といきたいところですが、エアウィンザーがいますし牡馬はなかなか。 母がドバウィハイ…

1200mで折り合う。これはマイルはだめなんでしょうか?2016クリスマスローズS・マイネルバールマンwith柴田大知。

1200m戦にしては馬群が離れた面白いレースになりました。 2016年クリスマスローズS。 デビュー以来、人気しつつも裏切ってきたマイネルバールマン。 1200mでピタっと5番手で折り合ってしまったのを見ると、マイルはきついのか? 1400mあたりはよさそうです…

シンコウラブリイの孫。2億5千万円の高額馬をちぎる。2016メイクデビュー阪神・インウィスパーズ。

高い馬を購入していればいつかクラシックが獲れる。 ある意味、実証してしまったサトノ軍団の2016年。 とはいえ、競馬ファンからすれば「それは相馬眼とはいわないよね?」という話で、やはり自分の目で走る馬を値段関係なく見極められる男を信頼したい…

ガールじゃないよゲールだよ!2016メイクデビュー阪神・シャイニーゲール。

シャイニーの冠馬。 なんとなく穴馬で馬券でついつい抑えてしまう。 シャイニープリンスとか。 そんなシャイニーから新たな穴馬が誕生。 シャイニーゲールです。 とはいえ新馬だけに人気は背負ってました。 道中は2番手追走から抜け出したわけですが、余裕…

勝ち馬よりある意味2着馬を見てほしい?2016千両賞・アルアイン。

そつなく乗って快勝の良血馬・アルアイン。 これで次はオープンクラス。おそらくシンザン記念であれきさらぎ賞であれ印がけっこう集まるはず。 ですが注目は2着のキョウヘイ。 ぜひレースを確認してください。 道中最後方。 4コーナー過ぎて前がぽっかり空…

9馬身ちぎり捨てる。カラジと戦わせたい大物。2016中山大障害・オジュウチョウサンwith石神深一。

ニホンピロバロン、サナシオンが抜けてしまった今年の中山大障害。 やはり総大将はこの馬。オジュウチョウサン。 スタートよし、末脚よし、石神騎手もさぞ乗りやすいことでしょう。 今回はアップトゥデイトが逃げたことで、競馬もしやすかった。 後ろからオ…

フジサワ厩舎で2017年クラシックは牡馬・牝馬挑むのかルメール?2016ホープフルS・レイデオロ!

葉牡丹賞でご紹介したレイデオロ。 ローテで考えればここか来年の京成杯になるんでしょうが、藤沢厩舎にしては珍しく中山メインのローテ。 ルメール騎手もソウルスターリングで結果を出したあとだけに、牡馬もフジサワで、と思っていたかはわかりませんが・…

サトノの確変。ダイヤモンド→クラウン→アレス→そしてまたダイヤモンド。2016有馬記念・サトノダイヤモンドwithルメール。

あけましておめでとうございます。 2017年もよろしくお付き合いください。 というわけで元旦からスタート。 新年最初の記事はこちら。 久しぶりの1,2,3番人気での決着となった2016有馬記念。 1番人気はキタサンブラックかと思いきや、菊花賞馬サト…

田辺騎手&小島茂之調教師とも「こんなもんじゃない」2016・ひいらぎ賞・アウトライアーズ!

2歳戦で最後方から、というのは勇気がいる競馬。 それが人気薄ならともかく1.6倍の単勝オッズを背負った馬ならなおさら。 それでも勝利してしまったのが、アウトライアーズ。 500万下戦だからできた芸当なのか。 はたまた次元が違うのか。 父ヴィクトワー…

スマートレイアー弟は距離延びていい?メイクデビュー阪神・プラチナムバレットwithルメール騎手。

香港ヴァーズに出走して掲示板に載れたスマートレイアー。 ただ、距離は長いだろうなと思っていました。 2000mギリギリのイメージがあった姉と比べて、弟は父が代わって長距離砲になったようです。 1.5倍の支持を受けたメイクデビュー阪神。 ルメー…

安田記念勝ち馬ロゴタイプを撃破した実力はホンモノだった。2016ターコイズS・マジックタイム。

中山マイルなら負けられなかった? 前走ダート出走で迷走するのかと思われた桜花賞馬・レッツゴードンキが2着に入り、珍しく実績馬のワンツーとなった2016年のターコイズS。 昨年の大波乱のイメージがあっただけに、堅い決着となった今年。 たたき4戦目で…

今年の2歳はハイレベルすぎる?来年のダート界を背負う逸材。2016全日本2歳優駿・リエノテソーロ!

武井調教師がオーナーに購入を勧めた馬。 余裕で落札価格を回収しています。 それが全日本2歳優駿勝ち馬・リエノテソーロ。 エピカリスという大物も牡馬で出ている2歳馬。 モーニン、コパノリッキー、ホッコータルマエなどJRAのダート界を背負った連中が…

美浦・藤沢厩舎、2歳G1連勝の快挙!外枠なんの、四位騎手と関東馬のコンビも斬新。2016朝日杯FS・サトノアレス。

サトノの呪い。 菊花賞のサトノダイヤモンドが粉砕してから勢いが止まりません。 サトノクラウンの香港ヴァーズ。 そしてサトノアレス。 惜しかったのは2着のモンドキャンノ。 道中かかりっぱなし。これでよく2着にもってきたな、という印象。 だらしなかっ…

有終の美。最初のお婿さんはキズナに内定。2016名古屋グランプリ・アムールブリエ。

有終の美。 サンビスタも勝利して繁殖に入ったわけですが、この馬も強敵・ケイティブレイブを倒しての繁殖入り。 名古屋グランプリ制覇のアムールブリエです。 偉大なる母・ヘヴンリーロマンス。 何をつけてもダート馬が出てくるのが摩訶不思議ですが、引退…

逃げ・右回り・地方騎手、、、そろいすぎたか?2016カペラS・ノボバカラ!

武蔵野Sで控えるも味がなかったノボバカラ。 やはり右回り・逃げ、は真骨頂。 そういう意味ではコーリンベリーは初中山がこたえたのか。 せっかく好スタートをきったのに控えたのはなぜなのか。 ヤネ含め、1番人気で購入してはいけない馬なのかもしれません…

フランケル娘!洋芝、東京、阪神、すべてこなした怪物牝馬!2016阪神ジュべナイルフィリーズ・ソウルスターリング!

母スタセリタに一番愛着のあった騎手。 それがクリストフ・ルメール騎手。 なんの因果か、その娘に日本で乗ることになろうとは。 藤沢厩舎、最高傑作となる可能性もある超大物。 距離もオークスはいけるんじゃないか? ミスエルテが短距離志向なだけに、桜花…

ありがとう&さようなら!強すぎる香港2冠かつ無敗!2016香港カップ・モーリス。

ムーア騎手お気に入りのモーリス。 「乗るごとに強さを増している」というコメントも。 とはいえこれで種牡馬生活に入るモーリス。 日本以上に外国から種付け依頼が来るようなイメージもあるモーリス。 2000mもこなした、いや、2000mこそ真骨頂?…

モーリス不在なら負けられない!香港馬が意地を見せた@2016香港マイル・ビューティーオンリー!

昔はよく安田記念にも来てくれた香港馬。 最近はなかなか来てくれません。 地元・香港のレース体系が充実、かつ賞金も悪くないだけに、日本の左回りをわざわざ使う気がしなくなったんでしょうか。 今年はロゴタイプ、ネオスターダムが期待された香港マイル。…

マジックマンの本領発揮!ダントツ人気のハイランドリールを差した@2016香港ヴァーズ・サトノクラウン。

言い方悪いですが「いちばん期待していなかった香港G1」。 ハイランドリールが参戦、という時点で日本馬以前に相手が強すぎると思いきや・・・ ステイゴールド??? と思えるすごい脚で追い込んできたのがマルジュ産駒のサトノクラウン。 血統だけ見れば外…

8歳。短距離王者衝撃の復活!高松宮記念勝ち馬エアロヴェロシティ、2016香港スプリント制覇!

ビッグアーサーにライアン・ムーア騎手。 レッドファルクスにはミルコ・デムーロ騎手。 ですが終わってみたら日本馬惨敗。 レッドは出遅れたのが致命的。 ビッグアーサーは特に致命的な不利はなかったものの、本調子には見えない走り。 前走惨敗のダメージ?…

武豊「強いね」。メンバー最速の末脚を繰り出す虎!2016寒椿賞・シゲルベンガルトラ。

直線が長くなった中京競馬場。 東京競馬のような追い込みが決まります。 父プリサイスエンドはなかなか大物が出ませんが、いよいよか? 武豊騎手いわく「強いね」「展開もはまってくれたけど、いい条件だったし力どおりかな。ダートの短距離向きだね」。 来…

去年は5馬身差。今年はクビ差。それでも勝てばいいのだ@2016ステイヤーズS・アルバート。

今年は単130円。 圧倒的な人気を背負ったアルバート。 とはいえこのレース、テイエムオペラオーも敗れたレース。 日経賞ともども、中山でいきなり荒れる珍しい別定戦重賞の1つ。 とはいえ世界のライアン・ムーア。 昨年ほどのキレは斤量もあって見せられ…

2016年、藤沢厩舎当たり年なのか?2016・葉牡丹賞・レイデオロ。

なんとなくシーザリオに見える競馬。 藤沢厩舎は今年は当たり年か? そう思える2勝馬誕生となったのが葉牡丹賞のレイデオロ。 中山競馬場で後方から追走。 しかも4コーナーではずぶい面を見せて最後方。 が、終わってみたらエンジンが違う。 あっさり抜け…

年明けはきさらぎ賞から!サトノダイヤモンドに続くのか?2016シクラメン賞・サトノアーサー。

2016年。 サトノダイヤモンドのダービー制覇を阻んだのが川田騎手騎乗のマカヒキでした。 その川田騎手がサトノの最有力馬と目されるサトノアーサーで2勝目。 次はきさらぎ賞ということで、ダイヤモンドと同じローテを歩むのか。 2着はシゲルボブキャット…

「金」が欲しい!池添謙一が吼えた。2016金鯱賞・ヤマカツエース。

G2までならやたら強い。 そんな馬、いませんか? 特に「金」がつく重賞になるとなぜか燃えるオリンピックに出てほしいとすら思える馬がヤマカツエース。 2000m巧者、かつローカル向き、小回り向き。 そういう意味では条件がそろいましたが、左回りでも…

ファンファーレから聴いてほしい。船橋競馬最終章・2016クイーン賞・トロワボヌール!

牝馬は特に顕著な中央勢の厚さ。 その中でも2番手集団といえる能力の持ち主たちが参戦のクイーン賞。 当然といえる結果かもしれませんが、JRA勢のワンツーでした。 勝ったのはトロワボヌール。 2着のタイニーダンサーは3歳馬ということもあり、来年以…

福永騎手復帰待ってるぜ!2016ラジオNIKKEI杯京都2歳S・カデナ

好事魔多し。 福永騎手、香港遠征含め、有馬記念のシュヴァルグランも乗れなくなりました。 香港スプリントのビッグアーサー、どうなるんだろう。 同じく痛恨だったであろう騎乗停止の浜中騎手が乗れなくなったヴァナヘイムは今回のみのピンポイントと見られ…

使い続けて幾星霜。応えた大野拓弥!2016チャンピオンズC・サウンドトゥルー!

負けても負けても使い続けた高木調教師。 それに応えた大野騎手。 最近ではあっさり外国人、という流れが多いJRAの有力馬。 そういう意味ですがすがしいレースでした。 とはいえホワイトフーガは帰ってこない。。。蛯名騎手が結果出してるだけに「なんも…

ワークフォースについに大物誕生か?2016白菊賞・ゴールドケープwith丸山元気。

鳴り物入りとまではいきませんが期待されて入ってきたワークフォース。 フランケルはいきなり結果を出していますが、重たい欧州血統はなかなか日本の馬場・競馬に適応するのに苦労しています。 そんなワークフォースが、2歳馬から早くも2勝馬を出していま…