読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

さあ問題は次だ!ハービンジャーよ大志を抱け。2017アーリントンC・ペルシアンナイト。

デビューからずっと人気をしてきたハービンジャー産駒。 それがペルシアンナイトです。 もっと距離があってもよさそうな血統かなとは思いますが、結果的に陣営の選択が間違ってないんでしょう。 マイルで結果を残しています。 ベルーフは芝2000mを得意として…

ドバイ遠征組よ、奮起せよ!2017中山記念・ネオリアリズムとミルコ・デムーロ。

ドバイ遠征組。 中山記念から始動、というのが最近のトレンドです。 ドゥラメンテ、ジャスタウェイ、ヴィクトワールピサ・・・ 先輩たちに続けとばかりにヴィブロスやリアルスティールなどが今年も参戦した2017中山記念。 ヴィクトワールピサでドバイワール…

亡き父ステイゴールドにビッグなプレゼントなるか?2017フリージア賞・トリコロールブルー。

バリングラを負かしたのはまあまあ評価。 ただ、今年はハーツクライのほうがサンデーサイレンスでいえば勢いがある。 亡きステイゴールドにビッグなプレゼントをささげることができるのか? トリコロールブルーが見事2勝目を挙げました。 2017年のフリージ…

牝馬G3で存在感を見せ付ける男ととも久々の美酒@2017京都牝馬S・レッツゴードンキwith岩田騎手。

牝馬。1番人気。G3。 この3つがそろったとたん、神ってしまうのが2017年の岩田騎手。 愛知杯のマキシマムドパリに続いてこの馬も久々の勝利。 もともと勝ち味に遅い馬ではあるけど、ずいぶんかかりました。 波乱の桜花賞馬・レッツゴードンキ。 ストレイト…

父亡き後にG1制覇。できすぎたドラマか?2番人気・4歳馬でこのレース連勝のデムーロ騎手@2017フェブラリーS・ゴールドドリーム!

ゴールドアリュールが悲しいかな、亡くなりました。 その週に息子が結果を出す。 競馬ではよくある話です。 そんな話が現実となったのが2017フェブラリーS。 安定感はほぼない、という個性派・ゴールドドリーム。 なんとこの勝負服、フラワーパーク以来のG1…

これは超大物か!牝馬3冠、無敗で行くのか?2017つばき賞・ファンディーナ。

打倒ソウルスターリング。 打倒サトノアレス。 フジサワ包囲網が着々と狭くなっている2017年。 前走は逃げて9馬身差の楽勝。 今回は控えた3番手から楽に抜け出し連勝。 兄ナムラシングンよりも前で競馬ができ、かつ兄よりもキレる。 乗った川田騎手が「す…

主戦が四位騎手・関西馬と来ると、ついにウオッカ以来のクラシック制覇か?2017共同通信杯・スワーヴリチャード!

共同通信杯。 ジャングルポケット、昨年のディーマジェスティなど、数々のG1馬を輩出してきたレース。 東京巧者のプレスジャーニーがまた出てくるかと思いきや、今回は不在。 東京適性王の暫定決定戦みたいな感じになりました。 勝ったのは東スポ杯で2着に…

ルメールを止めるのはルメール?2017クイーンカップ・アドマイヤミヤビ。

チューニー、ダイワエルシエーロ・・・ このレースを通過点にするとどういうわけかオークスにつながる。 そんなイメージすらあるクイーンカップ。 って古いか。 ルメール騎手にはソウルスターリングがいることもあり、ルメール騎手もデビューから乗り続けて…

ブラックスピネルの妹は差して2勝目。2017あすなろ賞・モーヴサファイアwith北村友一。

2歳の夏から人気し続けて、そして裏切り続けたモーヴサファイア。 東京新聞杯勝ち馬のブラックスピネルの下、ということで期待値も高かっただけに、ようやくの2勝目が小倉500万下のあすなろ賞。 出世レース?ではないと思われますが、池添学厩舎は期待…

メイショウマンボも通過したこの路。この馬はどうだ?2017こぶし賞・マイスタイル。

武幸四郎騎手や田中博康騎手が2017年2月26日でいよいよムチを置いて調教師になります。 そんな武幸四郎騎手が号泣したのがメイショウマンボのオークス。 メイショウマンボがオークス制覇できたきっかけとなったレースがこぶし賞。 このレースを勝利していな…

堅い!と思ったら大波乱。これぞ新馬戦の醍醐味か?メイクデビュー東京・ピサノベルベットと松岡騎手。

東京コース。 良血馬がそろった1戦。 堅い、と誰しも思ったが、勝ったのはまさかまさかのピサノベルベット。 ひさびさにこの勝負服が躍動するのを見たような気がする。 松岡騎手、最近はサラリーマンっぽい結果しか出ていないので、そろそろ存在感を見せて…

前走ダートしんがり負け→芝で最低人気で勝利。2017春菜賞・ライズスクリュー!

前走シンガリ負け。 しかも前走はダート。今回は芝。 オリンピック精神でがんばってくれ! と思っていたら、まさかの最低人気馬の勝利。 それが2017年の春菜賞。 ライズスクリューと横山和生です。 弟が来月デビューということで、うかうかしれいられません…

スピはスピでもブラックスピネル!2017東京新聞杯・ブラックスピネルとミルコ・デムーロ。

スピネルで堅い。 そう思われた2017年の東京新聞杯。 終わってみたら確かにスピネル。 ただしエアじゃなくブラック。 ブラックといえば、G1意外で大物を食うイメージがあります。 ペインテドブラックがテイエムオペラオーをステイヤーズSで撃破。 って古すぎ…

松若騎手でクラシック制覇なるか?2017きさらぎ賞・アメリカズカップ。

2016年の勝ち馬はサトノダイヤモンドでした。 終わってみたら菊花賞・有馬記念を制覇。 今年のサトノはどんなもんでしょ? と思っていましたが。 ダイヤモンドの輝きには劣る。 アーサーとはそんなもの。 と思える結果が2017年のきさらぎ賞。 3番手からそつ…

ミリッサ相手になんとか逃げ切りは評価していいのか?2017エルフィンS・サロニカ。

たんたんとした逃げ。 ディープインパクト産駒で逃げ馬というとミッキーアイルが浮かびはしますが・・・ ミリッサが人気するような小粒なメンバー構成。 アドマイヤローザがいったん前に出るも差し返しての勝利は価値はある。 問題は3月の桜花賞トライアル…

わずか3頭出走の米国産馬が上位独占。2017ごぎょう賞・スーパーモリオン。

終わってみたら、、、というのが競馬タラレバです。 まさにそんなレースになったのが2017年のごぎょう賞。 ディープインパクト、キングカメハメハ全盛となっている2017年。 ○外が今回は3頭出走。 まさかのその3頭で1~3着独占。 昨今のJRAでは珍しい結果…

5ヶ月休み明け快勝。シュヴァルグラン・ヴィブロスのいとこ・インヴィクタ!@2017梅花賞

重賞までは手が届く。 が、G1にはご縁がない。 それがハービンジャー。 という歴史が続いていますが、覆せるのか? という馬が2017年梅花賞勝利のインヴィクタ。 サトノの里見オーナー。 ディープインパクト、キングカメハメハでおなじみの金子真人ホール…

ロードアルティマの最高傑作。2017クロッカスS・タイムトリップと戸崎圭太。

勝負服もかっこいい。 競馬の内容もかっこいい。 小回りのほうがあう馬かと思っていましたが、府中でこの脚を使えるとは。 坂もこなして本賞金もNHKマイルカップに向けてほぼ当確といえるライン。 父ロードアルティマというのがまた渋い。 昨年のきんもく…

準オープン勝ち馬→いきなりG1馬に。2017川崎記念・オールブラッシュ!

ウォーエンブレム産駒というと気性が荒いといったイメージ。 そして意外にも芝馬でブラックエンブレムを輩出している穴種牡馬です。 川崎記念に準オープン勝ちからの参戦でまさかの勝利。 ふがいないのがミツバ、サウンドトゥルーなどのオープン勢。 展開に…

九州男児が九州で一発回答。ミサイルマンもいるがカネヒキリ最高傑作なるか?2017佐賀記念・ロンドンタウン。

骨折明けとなった川田騎手。 先週のサトノアーサーは2着と結果を残せなかったといえます。 とはいえ、勝負勘など、やはり休むと鈍るもの。 しっかり巻き返しました。 カネヒキリは期待されつつも急逝してしまいました。 そんな中、種牡馬になれるかはわかり…

5番人気、6番人気で連勝。コロナシオン轟沈@2017セントポーリア賞・ダイワギャグニー。

父キングカメハメハ。 母トリプレックス。 それなりの血統なんですが、なぜか人気しない。 それが美浦・菊沢厩舎の管理馬・ダイワギャグニー。 POGでも人気のブエナビスタの初仔・コロナシオンは10着に大敗。 クラシックうんぬんの馬ではないことはこれで…

ミッキーアイル電撃引退もおいが後はがんばります!2017メイクデビュー東京・インシュラー。

美浦・宗像厩舎といえばバランスオブゲームが浮かびます。 久々に春クラシック参戦が可能な馬と出会えたのか? と思えるのがシルクレーシングの馬・インシュラー。 父マンハッタンカフェ 母アイルドフランス 芝1800mデビューで1番人気。 ヤネもルメール騎手…

57.5キロでも連覇達成。2017シルクロードS・ダンスディレクターwith武豊。

年を取ると難しいのが短距離界での活躍。 だいたい6歳くらいがピークなイメージもあります。 そんな中、ある意味異色の7歳馬がこのレースを連覇。 シルクロードSを2016年に続き制したのはダンスディレクター。 外を回して前をお掃除。 ネロがハイペースに…

キャンベルジュニア以上の○外か?新マイラー光臨。メイクデビュー京都・フィアーノロマーノ。

吉田和美。 マイラー。 と来ると浮かぶのが惜しまれつつ引退したモーリス。 早々と満口ということで、種牡馬生活もいいスタートを切りました。 そんな吉田和美&マイラーの新馬が快勝したのが今回の京都。 父ファストネットロック、という背景からも狙いはマ…

ブロードアピール再来か?2017根岸S・カフジテイクと福永祐一。

4コーナー最後方だった馬が2頭馬券に絡んだのが2017年の根岸S。 一昔前の話ですが、鬼脚で怒涛の追い込みを見せたブロードアピールを彷彿とさせる競馬だったのがカフジテイク。 好位をとって2着に入ったベストウォーリアがかなり強い、ということはわかり…

「まだまだ余裕」で2戦2勝。ダート1400mは日本レコードで走る馬・2017はこべら賞・アディラート!

ケンタッキーダービーの優先出走権をかけたレース。 カトレア賞とヒヤシンスS。 カトレア賞はモンサンレガーメが制し、まず1歩リード。 ですがフォギーナイトなども虎視眈々と出走権を狙っており、フェブラリーSより陣営の本気度が試されるレースがヒヤシン…

新G1・大阪杯に向けて好発進か?2017AJCC・タンタアレグリア。

G2までは通用するけどG1じゃ足りない。 そんなイメージがしたのがタンタアレグリア。 というよりも母タンタスエルテの仔は牡馬も牝馬も不思議とそんな感じの馬が多い。 昨年の春の天皇賞以来という長期休養明けも、インをつくと決めていた蛯名騎手の好判断で…

ウイン軍団、悲願のクラシック制覇なるか?2017若竹賞・ウインブライトwith松岡正海

デビューから期待はされつつも未勝利脱出に時間がかかりました。 姉のウインファビラスより仕上がりがやや遅いのは逆にクラシックに向けては好都合なのか? そう思えるのが若竹賞快勝のウインブライト。 2017年の牡馬クラシックは後ろから切れ味を見せる馬が…

ノンコノユメはおれが引き継ぐ?2017東海S・グレンツェントwith横山典弘。

初ダートのラストインパクト。 登録のみで回避にはなりましたがあがり馬・ミツバ。 古豪・アスカノロマン、インカンテーション。 など、メンバーがそろった今年の東海S。 勝ったのはシルクフォーチュン以来のダート大物かな?と思えるシルクレーシング所有の…

フランケルに対抗できるディープインパクト最高傑作の可能性も?2017メイクデビュー京都・ファンディーナ。

ロカの妹ブルークランズも出走していた芝1800mの新馬戦。 逃げて9馬身差をつけたのがナムラシングンの異父妹・ファンディーナ。 ヴィクトワールピサ→ディープインパクトに父が変わりましたが、兄譲りのキレはしっかり受けついでいる模様。 すべてがパーフェ…

兄はサトノラーゼン。ということは・・・早熟か?2017・京都3歳未勝利サトノクロニクル!

兄はサトノラーゼン。 となると、わたしが真っ先に浮かんだイメージとしては・・・ まあ3歳6月までだろう。 古馬になってからは成長力もないだろう。 というイメージ。 同じサトノなら今年に関してはサトノリュウガを推したい。 と思うけれど、いくら神って…

寒波じゃないよ涼風だよ!2017菜の花賞・スズカゼ!

涼風。 とは思えない寒波が2017年1月は日本列島に襲来していますが、中山競馬場には涼しい風が吹きました。 父ディープブリランテということで、3頭目になるのかなオープン馬。 とはいえ2勝馬をオープン馬と呼ぶのは個人的には抵抗があるな。 1000万条件と呼…

幸騎手、スティルインラブ以来の桜花賞制覇へ本賞金加算成功!2017紅梅S・アロンザモナ。

素質は高いのにデビュー戦からしばらく1番人気にならない馬。 最近では昨年の年度代表馬・キタサンブラックが挙げられます。 そんな可能性を秘めているのが、アロンザモナ。 牝馬の出世レースともいえる紅梅Sを勝利。 500万下を負けてからのオープン初参戦…

母ダイヤモンドビコー最期の作品を見届けよ!京都3歳未勝利・ゼンノワスレガタミ。

ダイヤモンドビコー。 名門・藤沢厩舎のお嬢様、というイメージがあった馬。 ワンパンチ足りない、ペリエ、といったイメージがあった馬ですが、惜しくも繁殖牝馬として活躍しつつ、亡くなりました。 その最後の産駒がゼンノワスレガタミ。 文字通り「忘れ形…

5番人気→3番人気→2番人気で3連単万馬券。。。2017若駒S・アダムバローズwith池添謙一。

何気に今年大物食いをやっているのが池添騎手。 サトノリュウガでエアウィンザーを破り。 そして今回は5頭立ての5番人気。つまり最低人気で逃げ切り。 まあ小粒なのが5頭、かつヴァナヘイム1強ムードが骨折で吹き飛んだこともありますが、インウィスパーズ松…

1,2番人気馬の叩きあい?ハンデ戦だぜ困っちゃうぜ和田くん浜中くん@2017日経新春杯・ミッキーロケット・シャケトラ!

馬券を購入していた人間は思ったはず。 見ごたえはあった。 が、望んだのはこの結末ではない。 それが2017年の日経新春杯。 ハンデ戦。 すなわち荒れる。 と思ったら、叩きあいにはなったが、1番人気ミッキーロケット、2番人気シャケトラの一騎打ち。 せめ…

非出世レース・・・シンザン記念と雲泥の差@2017京成杯コマノインパルスwith田辺騎手。

1番人気鬼門と思われたレース。 今年も京成杯が行われました。 ホープフルSと同じ中山競馬場芝2000m。 この短期間にやる意味があるのかはわかりませんが、今年は田辺騎手の手綱が冴えました。 3歳馬らしからぬ堂々たる1番人気の競馬をして見事勝利。 問題…

母アルーリングボイスで芝1600m。勝ったはいいが次はどうする?2017白梅賞・オールザゴーwith浜中俊。

この母系でマイルまで距離持つのか。 そう思ったのが2017年白梅賞の勝ち馬・オールザゴー。 父はステイゴールド。 これだけ見れば、なんでマイル持つのかなんて話しになるの?と思うかもしれません。 母が小倉2歳S勝ち馬のアルーリングボイス。 バリバリの短…

牝馬限定・芝2000mなら役者が違うわよ!2017愛知杯・マキシマムドパリ。

牝馬限定。 ハンデ戦。 これだけ見ると「荒れるよね」「荒れてくれ」「荒れるはず」と誰しも思う。 それがまして正月競馬だとしたらなおさらです。 中京競馬は坂ができたとはいえ、後ろの馬はやはりつらいはず。 そこを岩田騎手がうまく御したのがマキシマム…

「テンよし、中よし、しまいよし。すべて完璧」by石川騎手@メイクデビュー中山・ルヴォワール!

フランケル娘が今年のクラシックをやはり中心にまわるのか? ソウルスターリング、ミスエルテの3月以降のローテも気になる中、何気に2016年の2歳馬でブレイクしているのはハーツクライ。 母はイタリアのG1馬・リュヌドール。 牝馬で526キロはすごい。 テン…

マイネルの 馬が活躍 うれしいな@2017ニューイヤーS・マイネルアウラート。

社台・ノーザンファーム生産馬。 まあクラシック御用達です。 とはいえ、最近では引退しましたがモーリス、キタサンブラックのように非社台ががんばってます。 まあモーリスは吉田ファミリー所有で勝負服を見ても零細牧場感はゼロでしたけれども・・・ とは…

余裕あり。楽しみ増えた!by池添謙一@2017福寿草特別・サトノリュウガ!

ダンゼンの1番人気だったエアウィンザー。 武豊騎手もここは通過点、そして弥生賞、という流れで描いていたはずが、未来予想図はそうかんたんにはうまくいきません。 伏兵扱いとはいえ、2016年12月から「神ってる」サトノ軍団のサトノリュウガ。 父ハービン…

3年1ヶ月ぶりの勝利!2016兵庫ゴールドトロフィー・ニシケンモノノフ!

マイルは長い。 1200mはやや短い。 帯に短し襷に長し。 そんな感じの血統なのが父メイショウボーラーのニシケンモノノフ。 オープン入りしてから安定感がある走りはするものの勝利にはいたらず。 もどかしい競馬をしているうちに3年が過ぎました。 捲土重来…

目指すはオークス。田辺騎手「素質がすごい」2017寒竹賞・ホウオウパフューム。

パフュームときくと、悲劇の桜花賞馬・ワンダーパフュームが浮かぶ競馬ファンのみなさんこんばんは! 成長途上でとてつもない強さを見せたのがホウオウパフューム。 父ハーツクライ 母マチカネタマカズラ 成長力あるハーツクライだけにこの時期の芝2000…

ディープブリランテ2頭目のオープン馬。2017ジュニアC・ナイトバナレット!

2016,17のトレンドはどうやら「最後方」。 そんな不器用な馬がそろったのが今年の3歳馬のようです。 ホープフルS、シンザン記念を勝利したレイデオロ、キョウヘイ・・・ そして・・・ナイトバナレット。 シルクは冠やめてから調子がいい。 これはトーセンや…

千両賞の1,2着でここまでオッズが開くとは!2017シンザン記念・キョウヘイwith高倉稜。

アルアインに敗れたとはいえ、中身が濃かった前走の千両賞。 前回とりあげた記事をぜひお読みください。 playbackracing.hateblo.jp 読んでいたらキョウヘイは余裕で買えた馬。 父リーチザクラウンで最後方待機。おいおい極端な競馬は父譲りか? さらにどろ…

東のユタカも忘れないで!2017中山金杯・ツクバアズマオーwith吉田豊。

未完の大器。 ようやくの重賞制覇となったのが2017年中山金杯。 当然誰しも考えたであろう「金杯・1番人気・穴馬豊富」=荒れるでしょう。 が、見事に崩壊してしまったのが今年の金杯。 血統的にもここのところの戦績を考えても1番人気は妥当。 年末のグラ…

東西ともユタカスタートの2017年。いきなり武豊!2017京都金杯・エアスピネル。

デイリー杯2歳Sの勝ち馬。 そう考えれば京都・マイルは舞台がそろいすぎ。 ただいかんせん前走が3000m。 どんな競馬になるか注目となった2017京都金杯。 終わってみればさすがの武豊。 ようやく人気以上の結果を出してきたブラックスピネルをギリギリ…

10番人気馬またも大仕事。奥村武調教師も重賞初勝利。2017フェアリーS・ライジングリーズン!

美浦・奥村武調教師の重賞初勝利となった2017フェアリーS。 とはいえ、ずっと思っていますが・・・ これ、重賞の意味あるの???? と思えるくらいの寒いメンバーがそろいます。 500万下でも穴馬扱いの馬たちが「2着でも本賞金加算はおいしい」という理由…

育ててくれた大井競馬場に恩返し。2016東京大賞典・アポロケンタッキーwith内田博幸

2強と思われた2016年の東京大賞典。 先行して押し切る王道の競馬で勝利したのがアポロケンタッキー。 山内調教師も久しぶりのG1、そしてウチパクも久しぶりに関西馬でG1勝利。 正しいかわからないけど、オウケンブルースリ以来になるのか? アウォ…