見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

能力もスタミナももある。長く脚を使うタイプbyミルコ・デムーロ。2018ゆきやなぎ賞・サトノワルキューレ。

サトノフェイバーがまさかの戦線離脱となってしまったサトノ軍団。 きさらぎ賞勝ち馬ということで、3冠すべて本賞金だけでいけそうだっただけに痛すぎる戦線離脱。 個人的にはサトノオンリーワンに期待していた今年の3歳世代ですが、堀調教師が管理していて…

「早め早めに動いて」by津村。結果的に大正解。3戦連続2着にさよならいおん。2018フローラルウォーク賞・ミュージアムヒル。

人気を背負って早め早め、という競馬をすると、何かしらに差されてしまうイメージもありますが、さすがに3戦連続2着となるとそうもいっていられない。 というのが、父ハーツクライ・母ロペットチャペルから生まれたミュージアムヒル。 マイルで勝ってますが…

前走芝で大敗もダートでしっかり巻き返し。メイショウ3頭出しは人気薄のこの馬@2018昇竜S・メイショウヒサカタ。

父シニスターミニスターという面を考えればダートなら問題なし、いやむしろ買いでしょ、という結果になったのが2018昇竜S。 前走は芝で前に行ってバテて大敗でしたが、あくまで舞台が芝。 タマモアモーレ、メイショウオーパスと人気馬2頭をひっさげて見事勝…

ストップ・ザ・オジュウチョウサン2018!林騎手とのラストランが実るか?2018阪神スプリングジャンプ・アップトゥデイト。

2000回騎乗で引退を決めている林騎手。 オジュウチョウサンとの長きにわたるライバル関係は今年の後半戦ももちろん続くはずですが、その背中に林騎手の姿はおそらくないでしょう。 今年の上半期には達成すると思われる「障害レース2000回騎乗」。 オジュウを…

伏兵だったターコイズSから一転1番人気。それでも勢い止まらず楽勝@2018京都牝馬S・ミスパンテール。

伏兵→本命になってもひょうひょうと乗れるのがベテランの味。 父ダイワメジャーというと、2歳からバリバリというイメージがありましたが、この馬は3歳でもそれなりの走りを見せ、さらに進化を遂げる珍しいダイワメジャーかもしれません。 母エールドクラー…

夢は見るものではなく叶えるもの。ノンコがやった@2018フェブラリーS・ノンコノユメと内田博幸。

「外国人騎手ばかりでつまらない」 というのが流行語?になりそうだった2017年のJRA。 デムーロ騎手の相馬眼が冴え渡り、乗る馬乗る馬、すべて違う馬でのG1制覇という不思議な記録もできました。 今年もその旋風が吹き荒れるのかと思われた2018年第一弾…

8歳あっぱれ!3年ぶり3度目の常連V@2018ダイヤモンドS・フェイムゲーム。

オーストラリア遠征含め、長距離砲として名高いフェイムゲーム。 ゴールドシップを惜しいところまで追い詰めた春の天皇賞はあるものの、G1はまだ未勝利。気づけば8歳になりました。 父ハーツクライは成長力が売りとはいえ、8歳まで重賞を勝てる産駒となる…

全4戦コンビの武豊「一戦ごとによくなっている」。2018つばき賞・ユーキャンスマイル。

父キングカメハメハ。 母ムードインディゴ。 金子真人配合といえるユーキャンスマイルは、皐月賞には間に合いませんが、まだまだダービー、菊花賞にはいけそうな強さを見せつけ、未勝利戦に続いての連勝。 高額馬で話題のシルヴァンジャーはまたも勝てず3着…

「距離が延びても問題ないし楽しみな馬」byルメール。2018フリージア賞・ギベオン。

父ディープインパクト・母コンテスティッドから生まれた社台所有のギベオン。 いいメンバーが集まった500万条件だったわけですが、東京の2000mで勝利したのは大きい。 ダービートライアルのプリンシパルSあたりならさらに連勝が伸びそうな予感。 ル…

JRA→大井・藤田厩舎でいきなり一発回答@2018桜花賞(S1)プロミストリープ。

以前、中央→南関東で成功した例としては東京ダービー勝ち馬バルダッサーレがいますが、どちらかというと「まぐれ」といった内容でした。 ですが、今回移籍したヘニーヒューズ産駒のプロミストリープはホンモノ。 まぐれでもなんでもなく、内枠で痛恨の出遅れ…

単勝万馬券は亡き父サウスヴィグラスへのレクイエム。2018黒船賞・エイシンヴァラー。

地方競馬に多大な、いやそんな次元ではない貢献をしてくれていたサウスヴィグラスが2018年に入り亡くなってしまいました。 圧倒的なスピードとダート適性をしっかりと産駒に受け継がせる、かつ種付け料も高騰しないまま終始してくれたおかげで「配合相手に悩…

新電撃王はロイヤルブルーのゴドルフィンのJRAG1初制覇!2018高松宮記念・ファインニードル。

ゴドルフィンブルー。 日本でも見られるかと思いましたが、微妙な緑のラインが袖に入っての初参戦となったファインニードル。 ロイヤルブルーに緑はいらないな、と大半のファンは思っているわけですが、まあ仕方ない。 そしてハクサンムーン引退後、アドマイ…

17頭を引き連れて「完封」。余裕の逃げ切りでオープン入り@2018かささぎ賞・ラブカンプー!

サクラバクシンオーは今ではキタサンブラックの母の父、として有名になっていますが、障害の一流馬を出していたり、日本でも名種牡馬の域に入っていた種牡馬。 後継となっているのがショウナンカンプなわけですが、まだまだ父の域にまでは至っていません。 …

ケンタッキーダービーポイント国内トップ。さあ次はどこへ?藤岡兄とアメリカ行きなるか?2018ヒヤシンスS・スマハマ。

父ネオユニヴァース。 海外でも結果が出そうな匂いがしてくるのが今年のヒヤシンスS勝ち馬のスマハマ。 母はサウンドザビーチ。 海外遠征に前向きな厩舎??? かどうかすらイメージがわかない栗東・高橋亮厩舎の管理馬です。 オーナーと相談でアメリカ含め…

1000万条件からとんとん拍子に3連勝でG3制覇。タートルボウルの最高傑作なるか?2018小倉大賞典・トリオンフ。

最近の「大賞典男」といえばヒットザターゲット。 古くはメイショウカイドウなんかがいたわけですが、騎手で「大賞典男」が実はいます。 今回トリオンフで小倉大賞典4勝目を挙げた川田騎手。 昨年6月になくなったタートルボウル産駒が初のJRA重賞勝ちを決…

「控えても競馬ができそう」by戸崎圭太。オルフェ産駒が2戦連続逃げ切り勝利。2018あすなろ賞・エポカドーロ。

母ダイワパッション。 となるとマイル以下かな、と思っていましたが、父にオルフェーブルをつけたところ2000mまでいける馬になったようです。 とはいえG1の香りはまだまだしない状況。 展開に恵まれた逃げ、ということもあり、今後は控える競馬で味が出るか…

ホエールキャプチャの全弟が京都で吼えた。2018こぶし賞・パクスアメリカーナ。

父クロフネ 母グローバルピース となるとやはりホエールキャプチャが浮かびますが、全弟はイメージが違う馬名がついてパクスアメリカーナ。 なんとなくローマンエンパイアを思い出すような名前です。 昨年の未勝利戦勝利から連勝を決めましたが、NHKマイルカ…

バースデー田辺&20年ぶり重賞制覇の小西調教師。さらに師弟コンビ初重賞制覇@2018クイーンカップ・テトラドラクマ。

小西厩舎所属だった田辺騎手。 今では関東の上位にランクインするようになりましたが、苦労している期間が長かった騎手の1人。 「腕は確か」と周りから言われていたのになぜか騎乗馬がそろわない、という悪循環から解き放たれたのはコパノリッキーとの出会…

3連勝で皐月賞直行へ。隔年で皐月賞を勝てる不思議なこのレース勝ち馬。今年はその隔年。2018共同通信杯・オウケンムーン。

父オウケンブルースリ。 ここ数年は繁殖牝馬がとにかく集まらず、とうとう種付け1頭、にまで追い込まれました。 このまま廃業か・・・と思っていた昨年から今年にかけて急に産駒が勝ちだしています。 その中の1頭にいたのがオウケンムーン。 まさかG3を勝…

皐月賞馬・日本ダービー馬・エリザベス女王杯勝ち馬。すべて撃破はまさかのこの馬。2018京都記念・クリンチャー。

どろんこ馬場で2着に食い込んだ2017年の菊花賞。 それがディープスカイ産駒のクリンチャーです。 藤岡兄が主戦ということもあり、人気の盲点になり続けてきたわけですが、今回は盲点、というより、相手関係を考えると仕方ない、と思える豪華メンバーが…

世代最後の芝の新馬勝ち。全兄はトーセンスターダム。妹はいかに?2018メイクデビュー阪神・センテリュオと福永祐一。

オーストラリアG1を2勝している日本馬。 いや元日本馬といえばトーセンスターダムです。 日本の3歳クラシックでも人気をしていた同馬だけに、このくらいは走れる、とは思うわけですが、日本国内にいたらG1を2つ、は厳しかったのではないでしょうか。 そん…

3馬身半差の楽勝。追っ手からもいい脚by藤岡康太。シルクフォーチュンなるか?2018くすのき賞・コマビショウ。

栗東・南井厩舎といえばほぼ主戦は古川騎手、というイメージが最近はありますが、この馬は藤岡康太騎手。 ダートの追い込み、といえばシルクフォーチュンと藤岡康太、というイメージがわたしの中ではいまだにあるので、そういった意味で父エンパイアメーカー…

父サクラ 母父サクラ 母サクラ。2018黄梅賞・カイザーメランジェ。

父サクラオリオン 母サクラジュレップ 母の父サクラプレジデント よくこれだけ配合できたな、と思うくらいのサクラ配合で誕生したのがカイザーメランジェ。 冠サクラでないのが残念ですが、ダンゼン人気のラストプリマドンナを豪快に差し切っての勝利。 中央…

3ヶ月ぶり・牡馬相手も楽勝で2勝目ゲット。待ってろラッキーライラック。2018水仙賞・ロサグラウカと石橋脩騎手。

牝馬の中距離砲にはつらいのが桜花賞前までのシーズン。 どうしても牡馬とぶつけざるを得ません。 忘れな草賞、オークストライアルの季節になれば1800m以上で同性相手の勝負ができるわけですが、フラワーカップくらいしか現状牝馬限定中距離、となるとないん…

スプリント路線無傷の3連勝。父ロードカナロアに一番似ているのはこの馬。2018マーガレットS・アンフィトリテ。

世界の短距離王・ロードカナロア。 ところが代表産駒がステルヴィオ。 こちらはひょっとしたらダービーまでギリギリこなしてしまうかもしれない能力の高さを秘めています。 が、父の売りは「絶対的な破壊力あるスピード」。 そういう意味では一番受け継いだ…

ビートたけし命名馬、皐月賞参戦が内定。2018すみれS・キタノコマンドール。

すごーくふるい話でいえば、フサイチコンコルドが和製ラムタラと呼ばれるきっかけとなったレース。 それがすみれS。 今では新馬、すみれS勝ちのみだと本賞金で厳しいかもしれませんねダービー。 若駒S勝ち馬のケイティクレバーが地味に強いと思っていたので…

去り行く伯楽へ恩返しは重賞勝利。競馬の神様、豊様?2018阪急杯・ダイアナヘイロー。

さりゆくあなたへ~ 送る言葉~ 3年B組な感じの卒業シーズン。調教師の引退シーズンになりました。 そして阪急杯といえばブルーショットガンで大穴引退勝利を決めた松永幹夫騎手もいることもあり、何かドラマがおきるレース。 今年は福島信晴調教師が引退を…

中山1800mなら納得の競馬。問題はこの距離でG1がないこと。2018中山記念ウインブライト。

1800mのG1が欲しいなあ。 というボヤキは今に始まったことではなく、古くはバランスオブゲームあたりはそんな嘆きをつぶやいていたように思えます。 そんないい意味でも悪い意味でも後継者になりそうなのが2018年中山記念勝ち馬・ウインブライト。 G1で…

13年連続重賞勝利は川田騎手。ファインニードル、今年こそ戴冠なるか?2018シルクロードS。

強いことは強い。 ただG1になるととたんに持ち味が出なくなる。 そんな馬、けっこういますよね。 そういった意味で、本賞金こそ多いものの、はたして本番はどうか、と思われるのが2018年のシルクロードS勝ち馬。 ファインニードルです。 昨年のスプリンター…

父ジャスティンフィリップってだあれ・・・テソーロは芝・ダ兼用。2018クロッカスS・リョーノテソーロ。

父ローズキングダムという渋すぎる血統のアンブロジオが1番人気に推された2018年のクロッカスS。 終わってみたら、「テソーロか」という感じですが、こちらも父を見ても「???」という感じの血統でした。 父ジャスティンフィリップ。 母タウンベル。 と聞…