見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2019OP

2番手追走から押し切り「重賞で好走していた地力を示してくれた」by笑顔の原田騎手。2019ききょうS・プリンスリターン。

父ストロングリターン、と聞くとG1じゃなあ・・・と思われるかもしれませんが、結構いい血統なんですよね。 そういった意味で今年のこの馬は注目。 母プリンセスプライドとの間に生まれたプリンスリターン。 父と母の馬名から少しずつもらったようなプリンス…

「夏に比べて体がしっかり」by池添。関東馬・シルク・池添=G1馬なるか?2019芙蓉S・オーソリティ。

シルクレーシング・関東馬・池添騎手。 これがそろうと浮かぶのがいまや川田騎手のお手馬?になってしまったと思われるハービンジャー産駒のブラストワンピース。 そんな三拍子そろった馬が再び池添騎手で来年のクラシックに挑めるかどうかと思えるのが2019…

2000m初勝利→1800、1600m→ついに1400mで2勝目。2019クロッカスS・ディキシーナイトとオイシン・マーフィー。

デビューで中距離スタートの馬が、えてして短距離路線に行くという流れはわりとこれまでもあったわけですが、だいたい3歳夏以降にそういった動きが多かったように思えます。 クラシック戦線に乗ってみて、相手関係、距離の壁を感じての転進というイメージ。…

キズナ一番星が接戦を制し連勝。池添「いいスタート&理想的な競馬」2019コスモス賞・ルーチェデラヴィタ。

キズナ、エピファネイア産駒が登場したのが2019年の新馬戦。 キズナはビアンフェで早々に函館2歳S制覇といいスタートを切っています。 そんなキズナ産駒の初年度産駒の初勝利となっているのがルーチェデラヴィタ。 母の父トウカイテイオーに父キズナというこ…

「真面目な馬なので距離を短くして正解」by和田。2019フェニックス賞・マイネルグリット。

1番人気に推されたスクリーンヒーロー産駒のマイネルグリット。 父は長距離砲なのに仔は短距離系というのは、マンハッタンカフェと似た産駒傾向ですが、この馬もまた芝マイル以下に適性あり、ということなんでしょう。 母マイネショコラーデでマイネルという…

「ポテンシャルは高いし成長も楽しみ」by蛯名。無傷の3連勝でデルマルーヴル撃破@2019ヒヤシンスS・オーヴァルエース。

たかがリステッドレース、されどリステッドレース。 アメリカのG1であるケンタッキーダービーへの日本馬選定レースに指定されているレースを制したのはヘニーヒューズ産駒のオーヴァルエース。 美浦・高木厩舎ということで、大野騎手、かと思いきや、蛯名騎…

2019最初のリステッドレースの勝ち馬はドバウィ産駒。2019ジュニアカップ・ヴァッシュモン。

父ドバウィ・母ダクシャから生まれた○外血統のヴァッシュモン。 この血統だとなかなか日本でPOGで選ぶのは難しいところです。やや晩成?にも見えなくもない中、この時期にリステッドレースを勝てるというのは能力かなと。 ただ中山の芝マイルがギリギリと…

芝で3戦後ダートで連勝。父マリブムーンの大物なるか?2019鳳雛S・マドラスチェック。

美浦の大野騎手といえばスノードラゴンのスプリンターズSの勝利もありますが、やはりサウンドトゥルーのダートでの活躍が印象深い騎手。 そういった意味で、アナザートゥルースもお手馬にはいますが、若駒でダートの大物との出会いは先々が楽しみというコン…

初コンビの北村友一「いい意味でイメージと違って切れた」2019白百合S・レッドアネモス。

いまさらなんですが、当ブログはオープンレースを「OP」と表記しているわけですが、JRAはちょろちょろ呼び名をかえていることもあり、リステッドレース、という名前に今はなっています。 また2019年6月1日から、500万、1000万、1600万条件の呼び名がそれぞれ…

「ロスなく立ち回って男馬相手にいい勝ち方」by高柳調教師。7番人気伏兵が快勝。2019端午S・ヴァニラアイス。

幸騎手とダートといえば古くはブルーコンコルド、ホッコータルマエがいますが、最近はスティルインラヴ以降いいお手馬がいない印象もあります。 毎年多くの騎乗依頼を受けている幸騎手、そろそろ大物と、と思っていたところ、ダート3戦2勝でオープン勝利を決…

国枝調教師&津村騎手ともに「距離延長OK」中団から早めに動いたカレンブーケドールが押し切り@2019スイートピーS。

冠カレンといえばどの馬が浮かぶでしょうか。 カレンチャン カレンミロティック 今年から産駒デビューのカレンブラックヒル そこまで並べるかわかりませんが、大物感のあるカレンがオークス切符を手中にしました。 父ディープインパクト、母ソラリアから生ま…

「6,7分のデキでこのパフォーマンス」ラヴズオンリーユー、3馬身差で楽勝。いざオークスへ。2019忘れな草賞。

ミッキークイーンや古くはチョウカイキャロルなどなど、残念桜花賞ともいわれた忘れな草賞。 最近はあまり「残念」といわれなくなったのは、NHKマイルカップのステップレースが直近で2つも開催されていることもあり、桜花賞に出られないマイラーはそちらに…

「ポテンシャルは高いし、成長が楽しみ」by蛯名。無傷の3連勝@2019ヒヤシンスS・オーヴァルエース。

アメリカ・ケンタッキーダービーの日本馬出走選定レースとなっているのが、リステッドレースですが、ヒヤシンスSです。 フェブラリーSと同じ府中のダート1600mということで、能力がないと勝てない舞台ということもあり、例年好メンバーが揃います。 2…

栗東・中内田厩舎はダノンファンタジーだけではない?3番手から余裕抜け出しで皐月賞切符ゲット。2019若葉S・ヴェロックス。

ジャスタウェイの初年度産駒から、印を集める形で皐月賞出走となりそうなのが、皐月賞トライアル若葉S勝ち馬のヴェロックス。 母セルキスといわれてもピンときませんが、相馬眼が異常とも思える金子真人HDだけに、さすがといわざるを得ません。 ただ、今回負…

芝1200mで破竹の4連勝。「1400mまではいけそう」byルメール。2019マーガレットS・ディアンドル。

ロードカナロア産駒の最高傑作といえば、アーモンドアイです。 現状では、という条件つきですが、今後もおそらく最高傑作のままなのではないか、というくらいの強さ。 母フサイチパンドラとの相性があう種牡馬にようやく出会えた、と思えるくらい長い期間か…

「自分で動いて後ろを封じた」by池添&池江調教師。ホープフルS2着のアドマイヤジャスタを撃破@2019すみれS・サトノルークス。

栗東・池江厩舎 冠・サトノ となると、サトノダイヤモンドが浮かびますが、同じく父ディープインパクトで母リッスンの高額落札馬・サトノルークスがすみれSに参戦。 勝っても皐月賞の優先出走権は得られませんが、すでに2勝しているサトノルークスにとっては…

落鉄しても底力発揮。最後方一気で桜へ。2019エルフィンS・アクアミラビリスとミルコ・デムーロ。

エリザベス女王杯勝ち馬・クイーンズリングの半妹で、父ヴィクトワールピサのアクアミラビリス。 姉も管理していた栗東・吉村厩舎の管理馬ということもあり、前走のフェアリーSは消化不良の競馬だったものの今回はきっちり勝利。 体も減っていてぎりぎりの仕…

ディープインパクト、マカヒキが通った道をこの勝負服が再び。2019若駒S・ヴェロックスと川田騎手。

名馬の登竜門。 かつ、金子真人HDの勝負服ならなおさら登竜門といえるのが、日本ダービー馬マカヒキ、3冠ディープインパクトも通った道である若駒Sです。 とはいえ、いずれの馬も逃げではなかったわけで、今年の勝ち馬ヴェロックスは果たしてどうか。 新種牡…