見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2019G3

初ダートで4連勝中のデュープロセスを完封。逃げ切りで砂・芝マイル重賞V@2019ユニコーンS・ワイドファラオ。

府中はえてしてこういうことが起きる。 逃げ切り至難と思われている東京競馬ですが、微妙なペースで逃げられると中山よりも粘りが増してしまう。 父ヘニーヒューズだけにダート適性の下地はあれど、芝→ダであっさりこの時期に勝たれるようじゃなあ。 このレ…

父の日にサクラオリオンに贈った初重賞プレゼント。まさかの7頭立ての波乱の一戦逃げ切り。2019函館SS・カイザーメランジェ。

馬はなんもわるくありません。 悪いのは人間です。 禁止薬物が入っていた飼料を食べた可能性がある、という理由で相次ぐ除外馬が出たJRA。 信頼回復にどうつとめるつもりなのか。 頭数が少ないほうが盛り上がる?んなわけはない。 ましてスプリント。 終わっ…

トップハンデ58でも問題なし。15年連続重賞Vを決めたのはこの男。2019中山金杯・ウインブライトと松岡正海。

ウインブライトといえばとにかく中山巧者。 とはいえ2500mとなると長い、というある意味困ったちゃんなわけですが、なぜ中山巧者が3番人気という美味しいオッズがついたのかはわかりませんが、重賞勝ち鞍こそ多いものの、G1だけが足りてない現状。 父ス…

メンバー唯一の葦毛。強い4歳が豪快に伸びて初重賞。2019京都金杯・パクスアメリカーナ。

昔は金杯(東)、金杯(西)といっていたわけですが、なぜかそちらのほうがレース名がしっくりきます。 京都競馬場は改修工事が決まっていることもあり、京都金杯→阪神金杯、になるであろう確率が高いのもありますね。 そういう意味じゃ西、東でレース名作っ…

アーモンドアイに続き今年もロードカナロア産駒。渡辺薫彦調教師4年目にして初重賞制覇@2019シンザン記念・ヴァルディゼール。

今年は牡馬が勝利したシンザン記念。 京成杯はいまだにクラシックに直結しませんが、シンザン記念は直結といえる内容が続いているだけに今年の勝ち馬にも注目したかったところ。 勝ったのは母ファーゴから生まれたロードカナロア産駒・ヴァルディゼール。 北…

父の管理馬で決めた!菊沢一樹デビュー4年目の初重賞@2019七夕賞・ミッキースワロー。

アーモンドアイはじめ、G1のハイレベルな相手にぶつけられてきた父トーセンホマレボシ産駒の出世頭・ミッキースワロー。 美浦・菊沢厩舎の管理馬ということもあり、主戦は横山典弘騎手が長く務めてきました。 今回はなんと菊沢調教師の息子・菊沢一樹騎手を…

母ホシニイノリヲ・・・3連勝&初タイトルで栗田徹師も開業9年目でうれしいJRA重賞初勝利@2019プロキオンS・アルクトス。

七夕当日となる7月7日に行われた2019年のプロキオンS。 だから、というわけでもないでしょうが母ホシニイノリヲから生まれたアルクトスが3連勝で重賞初制覇。 強力な逃げ馬・マテラスカイが思った以上に前半からつつかれたこともあり5着に敗れる波乱の中、…

今年も大波乱。11年で7度目の馬単万馬券の片棒をかついだのはこの2人!サラス&レッドランディーニ@2019マーメイドS

過去10年で馬単の万馬券が6回。 それでも堅めの馬券が売れてしまうのが謎なのがマーメイドS。 牝馬限定、ハンデ戦、開催時期も暑い時期。 そりゃ荒れるよね、というより、格下のほうが元気がいいよねって感じで毎年ほぼ荒れています。 今年はオルフェーブル…

秋は兄弟対決なるか?晩成のダービー馬の弟が馬具で一変。2019エプソムカップ・レイエンダ。

兄がG1馬。 そんなことは弟は知ったこっちゃありません。馬ですから。 ふだんどおりカイバを食べて、いやいやながら調教を受けて。。。 という感じだったろうレイデオロの全弟・レイエンダ。 キャロットでも高額募集となったわけですが、そんなのは馬には…

モズアトラクションとの長い併せ馬。中央初タイトルで重賞3勝目。2019平安S・チュウワウィザード。

2019年はルメール、デムーロ騎手以外を抑えて東西リーディングを快走しているのが栗東の川田騎手。 腕はもちろんのこと、最近ではゴドルフィン、中内田厩舎、池江厩舎などいいパイプがあることもあり、安定感ある競馬が続いています。 しいていえば、G1にな…

平成最後の重賞ウィナーは重賞初出走のこの馬。短期免許来日中のレーン騎手もJRA重賞初勝利@2019新潟大賞典・メールドグラース。

オーストラリアの若手のホープが新潟の競馬ファンを魅了したのが2019年の新潟大賞典。 混戦模様のときほど騎手の腕の見せ所といったところですが、2連勝中のルーラーシップ産駒・メールドグラースの重賞初挑戦、初制覇を見事にエスコート。 競馬でやめるとこ…

トンネル抜けた!苦節3年半。いぶし銀の産駒にはこの男が似合うのか?2019福島牝馬S・デンコウアンジュと柴田善臣。

今年52歳のベテランが久々に?仕事をしました。 メイショウサムソン産駒で、大波乱となったヴィクトリアマイルでの好走経験もあったデンコウアンジュ。 追い込みということで、福島は・・・と思っていましたが、早め早めかと思いきや豪快に大外を突き抜けて…

アイルハヴアナザー産駒JRA重賞初勝利@2019アンタレスS・アナザートゥルースと大野騎手。

サウンドトゥルーといえば大野騎手とのコンビが印象的だったわけですが、南関東に移籍し、まだ現役続行中。 とはいえ、大野騎手としてはお手馬の大きな柱を失ったわけで、困ったな、と思っていたところに、遅咲きのこの馬が花を咲かせそうです。 JRA重賞で初…

24年ぶり牝馬のV。12番人気でまんまと逃げ切り。単勝、枠連、馬単、3連複、3連単、すべてレース史上最高配当。2019アーリントンカップ・イベリス。

血統的にはここまで人気しない馬ではなかったとは思いますが、これまでの戦績、マイルは長いという先入観もあってか、牝馬ということもあり12番人気に甘んじていたのが、今が旬といえるロードカナロア産駒のイベリス。 ベルカントの妹ということを考えると、…

止まらぬ4歳旋風。菊3着馬が長距離戦でさすがの走り。平成最後の盾は金子真人HDか?2019ダイヤモンドS・ユーキャンスマイル。

新潟で古馬にぶつけてから菊花賞へ、という妙なトレンドが生まれたのが2018年でしたが、明暗はわかれ、ブラストワンピースは敗れ、ユーキャンスマイルは3着に健闘しました。 とはいえ、新潟と京都3000mの因果関係こそ不明なものの、古くは新潟記念から秋の天…

ルメール代役丸山元気「乗っていただけ」完璧、華麗なる一人旅@2019フラワーカップ・コントラチェック。

美浦・藤沢厩舎といえば古豪、のイメージもありましたが、ここにきてレイデオロでダービー制覇も成し遂げており、最後に華を咲かすべく有力馬が集っています。 桜花賞はグランアレグリアがいるとして、オークス、秋華賞にはこの馬、コントラチェックがいると…

3ヶ月半ぶり32キロ増もなんのその。昨年の雪辱&初重賞。2019京都牝馬S・デアレガーロと池添謙一。

美浦・大竹厩舎と池添謙一騎手といえば、昨年の年度代表馬、有馬記念勝ち馬のブラストワンピースですが、今回はサンデーレーシングの勝負服で穴をあけました。 父マンハッタンカフェ・母スーヴェニアギフトから生まれたデアレガーロ。 母は短距離適性の強い…

G1初騎乗の菜々子に負けじと西で兄弟子・丸山元気が重賞連勝@2019小倉大賞典・スティッフェリオ。

実況泣かせの馬というのはまあいるわけですが、重賞クラスでこれはきつい。 いまだに何て発音すればいいのかよくわからないのが、ステイゴールド産駒のスティッフェリオ。 ステイフェリオにすりゃいいのに。 サイモンラムセスの大逃げにも動じず、道中は5番…

直線で前が開かないシーンもしのいで差し切り。4連勝で桜花賞へ。2019チューリップ賞・ダノンファンタジー。

評判も高いし前哨戦も強いが、本番でなぜか勝てない。 ダノンあるあるかもしれません。 昨年はダノンプレミアムが皐月賞、ダービーと期待されつつ結果的に皐月賞未出走、ダービーは掲示板を外すという結果に終わりました。 先日行われた金鯱賞で復活の勝利を…

電撃王が見えてきた。「スタートからチョー速かった」byルメール。2019オーシャンS・モズスーパーフレア。

エース不在のスプリント界に新星誕生となったか。 アメリカ産の○外・父スパイツタウンのモズスーパーフレアがハナを切ってそのまま押し切り。 2着には2番手追走のナックビーナスと、いったいったの競馬ですが、1,2番人気馬のいったいったなので、前がハイレ…

かつてのダービー候補がまさかの芝1400mで復活。シンガリポツンから突き抜けた@2019阪急杯・スマートオーディン。

栗東・池江厩舎といえばクラシック御用達の厩舎。 ましてや京都新聞杯勝ち馬がまさか古馬になって芝1400m、しかも11番人気で復活を遂げるとはさすがに予想だにせず。。。 とはいえ、11番人気とはいえ単勝は30倍台ということで見ている人は見ている…

父ロードカナロア悲願のスプリントG1制覇はこの馬でなるか?2019シルクロードS・ダノンスマッシュと北村友一。

2019年は開幕してから日本人騎手の健闘が目立ちます。 中でも北村友一騎手の存在感はなかなかのもの。 クロノジェネシスでのクラシック参戦も予定されており、飛躍の1年なるか注目ですが、古馬戦線ではやはりこの馬。 栗東・安田調教師はロードカナロアを世…

正攻法で堂々の重賞連勝&4連勝。いざフェブラリーSは藤田菜七子で参戦が決定。2019根岸S・コパノキッキング。

短期免許で昨年12月から来日していたマーフィー騎手。 日本の競馬にフィットしてからは破竹の勝利数を重ね、帰国前に関東リーディング1位となりました。 ほかの騎手は何しているの???と思うくらいの勝利で、1番人気の勝利よりそれ以下の勝利数のほうが…

2,3歳時に重賞勝ちの姉・妹とは対照的。引退直前6歳春に9度目挑戦重賞制覇@2019愛知杯・ワンプレスアウェイ。

父ステイゴールドといえば晩成というイメージもありますガ、フェノーメノ、ゴールドシップ、オルフェーブルなど最近の牡馬は早々と結果を残すシーンが多かった印象もあります。 母ストレイキャットからはキャットコインなど、2,3歳時で活躍する牝馬が多く出…

兄アルフレードがG1を制した舞台で妹が躍動。2019フェアリーS・フィリアプーラと丸山元気。

最高気温6度と冷え込んだ2019年1月12日の中山競馬場。 美浦・菊沢厩舎の管理馬・父ハービンジャーのフィリアプーラが直線で外に持ち出されると鋭く伸びて差し切り。 2011年の朝日杯FS勝ち馬アルフレードの半妹が、同じ中山芝マイルで初重賞制覇となりました…

ノヴェリスト×サンデーサイレンスからようやく重賞勝ち馬。2世代目で結果が出ました@2019京成杯ラストドラフト。

ドイツ血統と相性がいい、と思われる日本の種牡馬ですが、逆はどうなのか、が注目なのがノヴェリストです。 日本の繁殖牝馬×ドイツ系の種牡馬、というのは過去にデータが少ないこともあり、今後気になるところですが、ノヴェリストの2世代目からようやく重賞…