見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2019G2

好スタートからマイペース逃げ切りで横山典弘25年連続重賞V。2019青葉賞リオンリオン。

昔は3着までダービー出走権がもらえたわけですが、今は2着以内。 正直、ダービートライアルではないですが京都新聞杯と何が違うのか?と思えるのが青葉賞。本賞金で2着ならトライアルだろうがなかろうがどっちみち出られるじゃないかと。 現実に、今年のダー…

アーモンドアイと1馬身差は伊達じゃない?改めて実力発揮で初タイトル。2019阪神牝馬S・ミッキーチャーム。

関東圏に輸送すると結果が出ない、というディープインパクト産駒が昨年の秋華賞では逃げてアーモンドアイの2着にはいったミッキーチャーム。 栗東・中内田調教師と川田騎手とのコンビはダノンが強力なイメージがありますが、キセキをはじめ、先行させるとほ…

「ウオッカ追悼競走」で角居厩舎の後輩が手向けの勝利。2019ニュージーランドT・ワイドファラオ。

15歳という若さで急逝した64年ぶりの牝馬の日本ダービー制覇となったウオッカの追悼競走となった2019年のニュージーランドトロフィー。 勝ったのはウオッカを管理していた栗東・角居厩舎の管理馬・ワイドファラオ。 父ヘニーヒューズ、母ワイドサファイアと…

逃げる予定が・・・まさかの出遅れ→ゴール寸前差しきり。母の雪辱をかけいざオークスへ。2019フローラS・ウィクトーリア。

個人的には同じヴィクトワールピサ産駒のアクアミラビリスに期待している2019年の3歳牝馬ですが、母ブラックエンブレムは安定していい仔を出しています。 前走の500万下まで、逃げて安定した内容を残していたウィクトーリアですが、大事なオークストライアル…

ディープ産駒重賞200勝目。メモリアルVは久々のマイル戦の2歳王者・2019マイラーズカップ・ダノンプレミアム。

大阪杯に出てくれば有力と思われていたディープインパクト産駒のダノンプレミアム。 キセキとの兼ね合いがあったのかは知るよしもありませんが、川田騎手としては結果オーライとなったのがマイラーズカップに参戦でG2を連勝して安田記念に挑むことになりそう…

師弟ともに年男。飛躍の1年なるか!2019スプリングS・エメラルファイト。

父クロフネというと1800mくらいまでがいいイメージもありますが、まさにどんぴしゃの狙い済ました舞台となったのが、皐月賞トライアルとはいえ小粒なメンバー構成となった2019年のスプリングステークス。 1番人気の距離不安のあるファンジストという時点で…

春の盾へ再接近。戸崎圭太でも問題なし。晩成の金子真人HD管理馬は侮れない。2019阪神大賞典・シャケトラ。

今年から謹慎があけて復帰しているのが栗東・角居調教師。 管理していたウオッカが亡くなるなど悲しいニュースもあった2019年でしたが、この馬の復活、かつ連勝はサートゥルナーリアよりうれしいのかもしれません。 マンハッタンカフェ産駒のシャケトラ。金…

道悪巧者の母×その母と重賞2勝のコンビ・池添騎手で波乱の結果に。2019弥生賞・メイショウテンゲン。

母メイショウベルーガといえば牡馬相手の長距離で善戦していた牝馬です。 デビュー6戦目ということもあり、これまで期待値ほどの内容を残せていなかったこともあってか10頭立ての8番人気と低評価。 父ディープインパクトというバックボーンがあってこのオッ…

中山1800m4戦4勝!G1馬を上回ったコース巧者がいよいよ海外遠征へ。2019中山記念・ウインブライト。

松岡騎手のお手馬といえば古くはサンツェッペリンの皐月賞2着があります。 その後はお手馬こそいるもののG1の香りがする馬とはなかなか出会えずじまいでしたが、成長力のあるこのステイゴールド産駒となら、ひょっとしたら・・・と思える快勝だったのが連覇…

復帰直後の角居調教師、石橋脩ともども出直し2019年。1年1ヶ月ぶり出走で見事復活。2019AJCCシャケトラ。

馬と人との華麗なる復活劇。 父マンハッタンカフェに成長力がある、というのもあるでしょうが、菊花賞馬フィエールマンの復帰初戦となった今回、石橋脩騎手騎乗のシャケトラが渾身のムチに応え見事1年1ヶ月ぶりに勝利に導きました。 フィエールマンも元お…

33年連続重賞制覇の武豊騎手。「本当に今後が楽しみ」止まらぬ新星インティ6連勝で初重賞V@2019東海S

ダート界に新星誕生となったのが2019年の東海S。 昨年はルヴァンスレーヴ、オメガパヒュームなど、明け4歳馬たちが活躍した1年でしたが、準オープン勝ちまで5連勝で来たとはいえ、いきなりの重賞、G2で1番人気はプレッシャーもあったことでしょう。 目標と…

得意の京都で4度目の正直。メジロ×ディープインパクトで初重賞制覇。2019日経新春杯・グローリーヴェイズとミルコ・デムーロ。

世代レベルが高いか低いか、真価が問われるのが明け4歳馬。 昨年はきさらぎ賞2着など、クラシック戦線で活躍していたディープインパクト産駒のグローリーヴェイズ。 シルクレーシングの所有馬ということで、同期のアーモンドアイ、ブラストワンピースの背中…