見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2019G1

ダービーがG1初制覇となったバローズ軍団。浜中騎手は悲願の初ダービー制覇。2019日本ダービー・ロジャーバローズ。

師匠の前で悲願のダービー制覇。 とはいえ祖父との約束は残念ながら果たせなかったのが浜中騎手。 伏兵、いや超伏兵といえる京都新聞杯を逃げて2着のロジャーバローズに騎乗し、大逃げリオンリオンの2番手追走から押し切る競馬。 本命なら堂々たる強い競馬、…

レース史上最少のキャリア6戦目で春の盾を奪取。2019天皇賞(春)フィエールマンとルメール。

菊花賞馬といえばやはり翌年狙うのは春の天皇賞。 始動戦がAJCCというのは、なんとなくスペシャルウィークっぽいイメージはありましたが、今年の春の天皇賞は正直大阪杯、ドバイにメンバーが分散しすぎたこともあり、やや小粒。 ステイゴールド産駒のエタリ…

平成最後の桜花賞もやっぱりディープインパクト産駒。グランアレグリアが年明け初戦を制しNHKマイルカップへ。@2019桜花賞。

2019年4月は「平成最後の○○」という企画が多かったように思えます。まあ競馬に限った話ではないんですが。 とはいえカレンダー的に平成最後の桜花賞となった今年。 デビュー戦で叩きあったグランアレグリア、ダノンファンタジーがそのまま2,1番人気に推され…

ディープインパクト以来無敗の皐月賞馬誕生。2019皐月賞・サートゥルナーリアとルメール。

母シーザリオといえば初年度からしばらくは産駒の芽が出ませんでしたが、後半になって大物ばかり出してきます。 母父スペシャルウィークが偉大なのか、いろんな要因はありそうですが、父ロードカナロアが思った以上に成功しているのはディープインパクトにと…

レース前の主役は藤田菜七子。終わってみたら1番人気武豊。スポーツ紙ジャックは菜々子?2019フェブラリーS・インティ。

ケイムホーム産駒というと、中央では頭数はそれなりにいるものの大物感はなかったわけですが、栗東・野中厩舎の管理馬・インティは、大事に大事に使ってきたのが古馬になってついに実りました。 前走の東海Sでは初めての重賞でかつ1番人気を背負う中、後続…