見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2019特別戦・条件戦

ワグネリアンの全弟カントル、府中1800mで2勝目ゲット@2019セントポーリア賞。

3番手追走の1番人気カントル。 栗東・藤原英厩舎ということで全兄ワグネリアンとは違う厩舎にはいってはいますが、能力の高さを見せ付けました。 ただ、まだまだ課題は多い、というのが藤原調教師のジャッジ。期待している画ゆえの厳しさなんでしょうが、兄…

初コンビ田辺「折り合って運べ、最後までよく伸びてくれた」ワークフォース産駒が東京ではじけた@2019フリージア賞・アトミックフォース。

黄色に茶色の勝負服。 個人的に好きな取り合わせ、かつ、血統的にも面白いなと感じたのが、7番人気の伏兵ながら東京の芝200mでキレたワークフォース産駒のアトミックフォース。 母タックスシェルターということもあり、ここまで人気を落とす血統背景でもなさ…

ワールドエースの弟が兄と同じローテでクラシックへ。2019つばき賞・ワールドプレミアと武豊騎手。

重賞2勝のワールドエースの全弟で良血、かつ栗東・友道厩舎ということでクラシックへの参戦が期待されているのがワールドプレミア。 現状、やや不器用な面がありなかなか乗り難しいようですが、そこはレジェンドの武豊騎手がなんとか育ててくれることを期待…

道中の手ごたえどおりにしっかり伸びてくれたby松若@2019かささぎ賞・ラミエル。

父ジャスタウェイ・母カストリアから生まれたラミエル。 NHKマイルカップ、桜花賞が少し長く思えるスプリントよりの切れ味を見せ付けたのが2019年のかささぎ賞。 出世レースというわけでもないですが、ゴール前がかなり激戦で1分足らずとはいえ見ごたえのあ…

6頭立ての少頭数。初コンビの松山が直線はやめ先頭で押し切る。2019福寿草特別・ロジャーバローズ。

3歳500万条件で芝2000mとなると、そこそこのメンバーが揃いそうなものですが、なぜか頭数が揃わなかったのが2019年の福寿草特別。 なんと6頭立て。出れば賞金無条件でもらえたのになぜ登録すらなかったのか。 理由はわかりませんが勝ったのがディープインパ…

川田騎手「直線で動き出してからはしっかりと捕まえてくれた」。4コーナーでの不利も克服。2019メルボルンT・プランドラー。

中団を追走した1番人気のプランドラー。 父はディープインパクト、母はプラウドスペルという良血が残念ながら皐月賞、ダービーは参戦できない結果となりましたが、この時期に2勝目をあげておけば、菊花賞に向けては視界良好。 2着には8番人気のタニノドラマ…

心配機能が高く距離延びていい。ハービンジャー産駒、菊花賞に名乗りか?3歳500万下・ラクローチェ。

栗東・角田厩舎の管理馬のラクローチェ。 管理する角田師は、ヒシミラクルで大波乱を巻き起こした菊花賞含め、G1でキラリ光る騎乗を見せてくれていた騎手。 そういった意味で、遅咲きになりますがこの馬は秋には面白いことになりそうなのが、父ハービンジャ…

フラワーカップ6着からここでは1番人気。自己条件では力が違った@2019デイジー賞・アイリスフィール。

父ハービンジャー・母シルクアイリス。 父を見るだけで、先々期待できてしまうようになりました。 以前のハービンジャー産駒は時計勝負は無理。洋芝なら。クラシック???無理でしょ。 というイメージでしたが、モズカッチャン世代(言い方あってるかはわか…

シンザン記念7着からの巻き返し。「立て直せていた」と武豊。2019.阪神3歳500万下・ゴータイミング。

キーファーズといえば、母系が一流×ディープインパクトや、北米のいい馬を買っていますがなかなか結果が出ていないイメージがあります。 そしてキーファーズの野望は、凱旋門賞を武豊騎手と勝利すること。 血統背景だけ見れば可能と思える馬たちが多いですが…

福島巧者で2勝目も福島。しぶとく押し切り@2019ひめさゆり賞・レターオンザサンド。

競馬で一番安定感があるのは前目につけること。 とはいえ、それが常にできて成績をのこすのは難しい。 そういった意味でコースは限定されるものの、福島なら安心してみていられそうな馬がゴールドヘイロー産駒のレターオンザサンド。 クラシックやNHKマイル…

2戦2勝のコンビとなった藤井騎手。「どんどんステップアップしている」2019あずさ賞・カリボール。

ジャスタウェイと同じ勝負服で、ジャスタウェイ産駒は現状この馬のみ、ということで、先々もっと大きいところで見たいと思えるのが、セレクトセールで落札された母レイズアンドコールとジャスタウェイの間に生まれたカリボール。 下ネタじゃないよと、自虐的…

残り200mでまだ中団。エンジンかかるとグイグイ伸びた。菊花賞の隠しダマか?2019新緑賞・パラダイスリーフ。

シルクホースレーシングの代表馬といえばいまやアーモンドアイ、ブラストワンピースになるでしょう。 わたしの世代は今は亡き後藤騎手とのコンビが印象深いシルクグレイッシュや、藤田騎手とのコンビの印象が強いシルクジャスティス、シルクプリマドンナとい…

「道中の手ごたえどおり」by松若。力強い末脚で差し切り。2019かささぎ賞・ラミエル。

母カストリアとの間に生まれたラミエル。 栗東・橋口慎介厩舎の管理馬です。 500万下とはいえ勝ちっぷりはなかなかのもの。 小倉の芝1200mで後方待機から外に出して差し切りは力がないとできない芸当かもしれません。 葵Sあたりに出てくるのでしょうが、オー…

祝・武幸四郎調教師重賞初勝利。レースレコードのおまけつき@2019ファルコンS・ハッピーアワーと吉田隼人。

武幸四郎「調教師」が初重賞制覇を成し遂げたのが当時3月開催だったマイラーズカップのオースミタイクーン。 そして調教師としての初重賞勝利もまた3月ということで、やはり運気というか、人間には何かそういう持って生まれたものでもあるのか?と思ってしま…

早めに仕掛けた藤岡康太「よく応えてくれた」。芝短距離馬の母からダート中距離馬が登場。2019沈丁花賞・ブラックウォーリア。

母ステファニーチャンといえば、短距離、ローカル、芝というイメージがあった牝馬で、わたしは現役時代に馬券でお世話になったこともあり印象に残っています。 そこに父のブラックタイドをかけあわせたら、ダート中距離馬が出てきたのが栗東・西村厩舎所属の…

二の脚速くハナへ、そのまま押し切り。父ショウナンカンプ譲りの快速披露。2019萌黄賞・ファイトフォーラヴ。

父ショウナンカンプといえば、ラブカンプーがまず代表産駒といえます。 昨年のスプリンターズSは2着と大健闘したものの、2019年に入ってからは突如別馬となったか、二桁着順2回を繰り返して本番の高松宮記念に挑むことになっています。 父ショウナンカンプと…

松山「非常に強い競馬」本田師「安心してみていられた」きさらぎ賞3着の力はホンモノ。2019アルメリア賞・ランスオブプラーナ。

2番人気の父ケープブランコ・母マイプラーナから生まれたランスオブプラーナ。 きさらぎ賞3着から挑んだ500万下で、本来なら圧倒的な人気になってもおかしくないところ、血統背景が嫌われるのか、フシギと人気になりません。 7頭立てという少頭数で、楽にハ…

6戦目にして初の逃げ。鞍上・横山武してやったり!2019くすのき賞・ラインカリーナ。

ライン、という冠で浮かぶのは桜花賞、NHKマイルカップ馬のラインクラフト、あるいはまだまだ現役活躍中のラインスピリットあたりになるんでしょうか。 いずれも芝マイルかスプリントという馬たちですが、このラインは一味違う? 父パイロというダート血統で…

8ヶ月、7戦ぶりの勝利。父スクリーンヒーロー同様晩成か?2019黄梅賞・レノーアと田辺騎手。

今年の関東のリーディングは、短期免許で荒稼ぎして帰国したマーフィー騎手ガ17勝と2019年3月上旬現在でまだトップ。 とっくに帰国している短期免許の騎手よりも下回っている美浦の騎手たち、奮起を!と思っていましたが、和製ムーアともいわれていた石川騎…

「真面目に走っていないが能力は高い」byデムーロ。2019水仙賞・アドマイヤスコール。

父ディープブリランテ・母ピンクプリメリアという血統のアドマイヤスコール。 地味に母系がいいので注目はしていましたが、500万下とはいえこの時期に2勝目はかなり大きいのではないでしょうか。 皐月賞トライアルにも間に合いますし、本質的には秋によくな…

とんねるず・木梨さん命名のタイミングナウ、ダート1200m出遅れでも無傷の連勝@2019ごぎょう賞。

いきなり出遅れで1馬身ほど後手にまわったものの、気づけば2番手追走。 そして終わってみたら2着に2馬身差と、ダートの短距離では末恐ろしい素質を秘めた勝ちっぷりが、父タピットのタイミングナウ。 栗東・角居厩舎の管理馬で、この勝負服おなじみの武豊…

断然人気サトノジェネシスが馬場の中央抜け出し快勝。2019ゆりかもめ賞。

昨年は年度代表馬にまでのぼりつめたブラストワンピースが勝利したのが3歳500万下の特別戦・ゆりかもめ賞。 たかが条件戦とはいえ、日本ダービー前、さらに皐月賞前にダービーと同じ舞台を経験できるのはこのレースだけ、ということでレアといえばレアです。…

新馬戦2着以来のコンビの岩田「だいぶ良くなっていた」3番手追走から危なげなく抜け出し@2019春菜賞・ココフィーユ。

父ロードカナロア 母ブルーミングスノー から生まれた美浦・斉藤誠厩舎のココフィーユ。 斉藤厩舎と岩田騎手といえばヌーヴォレコルトのイメージもありますが、同じく牝馬のコンビ、かつ父ロードカナロアの主戦だった岩田騎手騎乗で2ヶ月ぶりの勝利となりま…

「今後に期待が持てる馬」初コンビの藤懸騎手笑顔。4馬身差余裕の逃げ切り@2019はこべら賞・ケイアイターコイズ。

3番人気と終わってみれば低評価だったのがキンシャサノキセキ産駒のケイアイターコイズ。 栗東・山内厩舎の管理馬ということで、ベンツのメンコがトレードマーク。 古くは桜花賞4頭出しなど派手なイメージがあった厩舎ですが最近はダートで目立っているイメ…

ラストドラフトと接戦は伊達じゃなかった。ダンゼン人気で2連勝@2019若竹賞・ヒシイグアスとミナリク騎手。

美浦・堀厩舎といえば外国人騎手メイン、というイメージもありますが、今年は休養から復帰した石橋脩騎手も活躍中。 そして頼みのデムーロ、ルメール騎手とも3歳牡馬はアドマイヤマーズ、サートゥルナリアで早々と予約済となると、ヤネに悩みそうな感じもし…

6戦中4戦コンビの川又「この馬のレースができた」3ヶ月、4戦ぶりの逃げ切り@2019なずな賞・ジャスティン。

二の脚を利かせて先頭にたち3馬身のリードで4コーナーを通過。 直線に向いても手応え十分で、残り300mから追い出され1番人気のランスオブブラーナを見事ハナ差しのいで勝利。 楽に行けましたし、この馬のレースができました、が主戦といえる川又騎手のコメ…

「もっと上にいける」byルメール。後続に影も踏ませず圧巻の逃げ切り@2019菜の花賞・コントラチェック。

父ディープインパクト・母リッチダンサーといえば、姉にバウンスシャッセ、兄にムーンクエイクがおり、美浦・藤沢厩舎所属のキャロットファーム所有馬、というイメージがありますが、今年の菜の花賞勝ち馬・コントラチェックもまた、美浦・藤沢厩舎の管理馬…

父ベーカバドからついに大物か?9馬身差に続いて5馬身差圧勝!2019黒竹賞・デアフルーグ!

今年のダートの新星としては、東海S勝ちのケイムホーム産駒・インティが挙げられますが、3歳にも大物が多数揃っています。 昨年の全日本2歳優駿こそ参戦していませんが、父ベーカバド・母バイクーニャンから生まれたデアフルーグが、主戦の津村騎手を背に、…