見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2019海外重賞

エグゼルタントが今期G1を3勝目。日本馬ハッピーグリンははたして・・・2019チャンピオンズ&チャターカップ。

ジャパンカップにもさりげなく参戦していたハッピーグリン。 今年はマスターフェンサーがアメリカ行脚を続けていることもあり、日本馬も中堅どころ前後が世界でどこまで通用するのか、目安になるような馬の遠征が目立ちます。 とはいえハッピーグリン、、、…

2001年香港ヴァーズのステイゴールドの血が騒いだか?2019クイーンエリザベス2世カップ・ウインブライト!

香港で光輝くというのは、やはり血のなせるわざなのか。 今は希少なステイゴールド産駒、最後の大物かもしれません。 母サマーエタニティは惜しいところまでいく産駒は出してきたものの、G1制覇にいたりませんでしたが、ここにきて孝行息子誕生。 ウイン軍団…

昨年5着→今年2着と善戦のマテラスカイwith武豊。しかし勝ったのは・・・2019ドバイゴールデンシャヒーン・エックスワイジェット。

昨年よりも臨戦課程はよくなかった栗東・森厩舎のマテラスカイ。 時計が速いほうが向いているということもあり、毎年先行有利となりがちなドバイの馬場はこの馬向き。 とはいえ、今年は昨年のリベンジを狙うロイエイチをはじめ、強力北米勢が再度参戦という…

史上初の連覇達成@2019ドバイワールドカップ・サンダースノーとスミヨン騎手。

昨年2018年のドバイはとにかく先行有利というレースが多く、正直レベルを疑問視していたんですが、今年も連覇となると、認めざるをえないのが、ダーレー生産、ゴドルフィン所有のサンダースノー。 北米では善戦すれど勝てない馬ですが、ドバイになると強い。…

日本馬一蹴でG1初制覇はドバウィ産駒。2019ドバイシーマクラシック・オールドペルシアン。

日本からは古豪シュヴァルグラン、ダービー馬レイデオロ、大阪杯勝ち馬スワーヴリチャードが出走した2019ドバイシーマクラシック。 特にレイデオロはリピーターということで期待されましたが、まさかのハナということで、そもそもドバイが合わないんだろうな…

海外G1初制覇。凱旋門賞は無念の断念。2019ドバイターフ・アーモンドアイ。

凱旋門賞を狙うなら復帰初戦で芝1800mはないだろう。 と誰しも思ったと思えるのが、ジャパンカップですさまじいレコードをたたきだしたわれらがアーモンドアイ。 世界のロードカナロアといわれた馬から、またも世界の~と言われる馬が誕生したのは、母…