見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2019新馬・未勝利

中山芝最後の新馬戦を制したのはゼーヴィントの全弟。2019メイクデビュー中山・パラダイスリーフと石橋脩。

父ディープインパクト・母シルキーラグーンといえばゼーヴィント。 芝中距離のオープン馬までのぼりつめる活躍を見せています。 その全弟は、美浦・木村厩舎所属のパラダイスリーフ。 全兄が芝2000mを得意としていたこともあり、陣営としてもレース選択は楽…

「新馬らしからぬセンス見せてくれた」by菊沢一樹。2019メイクデビュー中山・ミッキーフォンテン。

父ディープインパクト、母ブロームフォンテンから生まれた、美浦・菊沢厩舎所属のミッキーフォンテン。 3番人気とやや?低評価になりましたが、「追いきりに乗って、すごくレベルの高い馬だと思いました」と語る息子の菊沢一樹騎手が騎乗し見事勝利。 直線で…

母クロウキャニオンからまたも新馬勝ち馬。良血クールウォーターが余裕十分3馬身差圧勝@2019メイクデビュー中京。

2018年の神戸新聞杯では金子真人HDの勝負服で一発大仕事といえる勝利を見せたのが藤岡康太騎手。 日本ダービー馬・ワグネリアンの秋初戦を、見事代役で勝利して、オーナーの信頼も勝ち取りました。 そんな勝負服で母クロウキャニオンといえばカミノタサハラ…

2億8000万円馬がダンゼン人気に応える。2019メイクデビュー京都・サトノソロモンとミルコ・デムーロ。

高額落札馬なら走るかというとそうでもないのが競馬なわけですが、さすがの走りを見せたのが栗東・池江厩舎のディープインパクト産駒・サトノソロモン。 2番人気にトーセンラーの最高傑作の期待もあるトーセンスカイがおり、こちらは武豊騎手も期待の1頭。 1…