見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2019新馬・未勝利

オークス馬・シンハライトの姪っ子がデビュー戦躍動。2019メイクデビュー中山・アヌラーダプラ。

父キングカメハメハ。 父ディープインパクト。 平成の競馬を担った産駒たちの登場も今後は徐々に減っていきます。二大巨頭を失った日本の馬産ですが、層が厚いのは間違いないところ。 キンカメは特に後継種牡馬として最有力のロードカナロアがアーモンドアイ…

「センスのいい走り。先々まで楽しみ」byユーイチ。ゴールドシップの後継者なるか?メイクデビュー阪神・ロータスランド。

父ポイントオブエントリー、母リトルミスマフェットという日本ではまったくなじみがない配合で生まれているのが栗東・角居厩舎の2歳馬・ロータスランド。 勝負服をレースで見るとわかりますが、ゴールドシップと同じ勝負服。 芝のマイルを選択したのは陣営も…

13年ぶり2歳レコード更新。圧巻の大差逃げ切りはヴィクトワールピサ産駒。20192歳未勝利・ゴルコンダ。

逃げ切りでの圧勝というのは評価しづらい。 まして2歳戦となると特に。 そういった意味で、???と疑いたいレースがヴィクトワールピサ×ゴレラから生まれた美浦・木村厩舎のゴルコンダ。 ルメール騎手騎乗ということもあり、人気に応えた形ですが、相手関係…

シーオブクラスのおいが日本でデビュー。背中には武豊。2019メイクデビュー札幌・エカテリンブルク。

2018年の凱旋門賞はエネイブルの勝利に終わったわけですが、猛追した女傑・シーオブクラスは今年に入って体調整わず、、、悲しいかな亡くなってしまいました。 繁殖牝馬としてその極上のキレを受けついでくれる産駒が出てくると思っていたので、個人的にかな…

残り200mから一気!「すごく乗りやすくてセンスのいい馬」byルメール。2019メイクデビュー新潟・カトゥルスフェリス。

馬名がオシャレなのはいいが、意味がわからない。 そんな馬、最近日本に増えてきている印象があります。 そういう意味で、いまだに意味がわたしはわかりませんが、カトゥルスフェリスは父ディープインパクト、母ステファニーズキトゥンという配合で1.3倍とい…

エピファネイア産駒の初勝利の背中には武豊。2019メイクデビュー函館・スマートカーリー。

楽ではない流れをハナでしのぎきったのが、父エピファネイア、母レティセントガールから生まれたスマートカーリー。 スマートと武豊騎手といえば、スマートファルコンが浮かびますがくしくも同じ逃げ馬となりました。 そして記念すべきエピファネイア産駒の…

兄ジナンボーに続く新馬勝ち。アパパネの三男坊、悲願のG1制覇なるか?メイクデビュー中京・ラインベック。

12冠ベイビーとして名高いのが父ディープインパクト×母アパパネ。 今のところ無冠が続いているのが産駒成績。 今年の三男坊は果たしてどうなのか。 例年、美浦・国枝厩舎に入ってきたアパパネの仔ですが、今年は栗東・友道厩舎にきました。 その流れもあっ…

ミッキーチャームの全弟が芝2000mで快勝。弟も川田騎手騎乗だ。2019メイクデビュー小倉・ダノンバリアント。

父ディープインパクト、母リップルスメイドから生まれたのはアーモンドアイ相手に逃げて善戦して秋華賞2着に粘ったミッキーチャームの全弟。 冠がかわったということはオーナーもかわったわけですが、ダノンバリアントが見事芝2000mでデビュー勝ち。 厩…

「完勝。けん制しあう中でよく我慢してくれた」by津村。2019メイクデビュー東京・アイリスフィール。

ハービンジャー産駒といえば東京は???な感じでしたが、最近はトレンドが変わってきています。 母シルクアイリスから生まれたアイリスフィール。 スローペースの上がり勝負ということで、あまり評価しづらい面はありますが、とりあえず1つ勝てたのは大き…

川田「いい内容で勝ってくれた」池江師も「調教どおり」。2019メイクデビュー京都・シュリ。

この記事を書いているのは2019年8月7日。 広島の原爆投下、長崎、そして終戦へ、とカレンダーは進んでいく時期で、かつ韓国をホワイト国から除外してことで、日韓の関係が悪化している最中。 そんな中この馬をご紹介するとは・・・ 父ハーツクライ、母エーゲ…

「またがった瞬間から雰囲気のいい馬」by石橋脩。復帰初戦V。2019メイクデビュー中山ヒシゲッコウ。

父ルーラーシップ・母ラルケット。 これだけ見てもピンと来ないかもしれませんが、ラルケットはマイルチャンピオンシップ勝ち馬ステルヴィオの母。 ということで、今回デビューを迎えたヒシゲッコウは、父が代わってG1馬の弟としての宿命を背負っての出走。 …

「八分の仕上がりでこれだけの走り」by菊川調教師。メジロドーベルの孫が福島で驀進@2018メイクデビュー福島。

父リアルインパクト・母メジロヒラリーから生まれたフジマサリアル。 芝1800mを選択したあたり、母系を重視しての選択だと思われます。 騎乗した田辺騎手も直線いい脚だったとコメントしており、まずまずのデビューとなりました。 初戦から動ける状態だ…

700勝メモリアルの藤原英師「上を目指していける」2019メイクデビュー中京・シャレード

単勝1.4倍の支持を集めたのが2歳戦に強いダイワメジャー産駒・シャレード。 母はヴィヤダーナ。栗東・藤原英厩舎の管理馬。 1400mから始動ということもあり、オークスというよりは、父を見ても桜花賞、NHKマイルが来年の目標になりそうですが、2歳女王…

「着差以上の将来性。伸びしろも十分」by武豊。ダンゼン人気で大外一気。2019メイクデビュー中京・マイラプソディ。

デビュー前から評判にはなっていたハーツクライ、テディーズプロミスから生まれたマイラプソディ。 武豊騎手とのコンビでおなじみのキーファーズの所有馬。 良血を集めてはいるもののまだ大輪が咲いていないコンビではありますが、はたして今年はどうか。 個…

「完璧だった。すごく乗りやすいし、能力も高い」byルメール。絶賛、圧巻の走り。メイクデビュー東京・ワーケア。

父ハーツクライ・母チェリーコレクト。 美浦・手塚厩舎の管理馬のワーケアが、東京の芝1800mで圧巻の走り。 母はG2のイタリアオークス、G3のイタリア1000ギニーを勝っている10戦8勝の良血。 切れ味バツグンの走りで、エンジンがかかってからがとにかくはんぱ…

「いい内容で勝ってくれて、先々が楽しみに」by和田。2019メイクデビュー阪神・トリプルエース。

5番手追走から抜け出したのが父シャマーダル、母リブルピルエットのトリプルエース。 ばりばりのヨーロピアン血統が、日本の高速馬場に対応できるのかと思いましたが、スプリント戦で結果を残せたのは2歳としては大きいかも。 気性的に幼いのでこのあとは放…

2019新種牡馬産駒初勝利はキズナ産駒!「将来性がある」by池添。メイクデビュー阪神・ルーチェデラヴィタ。

産駒のデキがいい、と期待されてはいたキズナ産駒。 とはいえ、そこまで牝系がいい繁殖が集まった印象も正直ありませんでした。 そんなキズナ産駒、かつ2019年の新種牡馬産駒JRA初勝利は母トウカイライフから生まれたルーチェデラヴィタが3番人気で見事メイ…

中山芝最後の新馬戦を制したのはゼーヴィントの全弟。2019メイクデビュー中山・パラダイスリーフと石橋脩。

父ディープインパクト・母シルキーラグーンといえばゼーヴィント。 芝中距離のオープン馬までのぼりつめる活躍を見せています。 その全弟は、美浦・木村厩舎所属のパラダイスリーフ。 全兄が芝2000mを得意としていたこともあり、陣営としてもレース選択は楽…

「新馬らしからぬセンス見せてくれた」by菊沢一樹。2019メイクデビュー中山・ミッキーフォンテン。

父ディープインパクト、母ブロームフォンテンから生まれた、美浦・菊沢厩舎所属のミッキーフォンテン。 3番人気とやや?低評価になりましたが、「追いきりに乗って、すごくレベルの高い馬だと思いました」と語る息子の菊沢一樹騎手が騎乗し見事勝利。 直線で…

母クロウキャニオンからまたも新馬勝ち馬。良血クールウォーターが余裕十分3馬身差圧勝@2019メイクデビュー中京。

2018年の神戸新聞杯では金子真人HDの勝負服で一発大仕事といえる勝利を見せたのが藤岡康太騎手。 日本ダービー馬・ワグネリアンの秋初戦を、見事代役で勝利して、オーナーの信頼も勝ち取りました。 そんな勝負服で母クロウキャニオンといえばカミノタサハラ…

2億8000万円馬がダンゼン人気に応える。2019メイクデビュー京都・サトノソロモンとミルコ・デムーロ。

高額落札馬なら走るかというとそうでもないのが競馬なわけですが、さすがの走りを見せたのが栗東・池江厩舎のディープインパクト産駒・サトノソロモン。 2番人気にトーセンラーの最高傑作の期待もあるトーセンスカイがおり、こちらは武豊騎手も期待の1頭。 1…