見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2019地方交流

紅一点&長谷川調教師も重賞初制覇@2019北海道スプリングカップ・ヤマニンアンプリメ。

ヤマニンの勝負服で浮かぶ馬として、昭和の方々はやはりヤマニンゼファー。 平成ならヤマニンパラダイスあたりになるんでしょうか。 最近はクラシックで出会えないヤマニン軍団ですが、ダート短距離で楽しめそうな馬が、栗東の若手、長谷川調教師のもとでス…

川崎のラーゴブルーがダートグレード初勝利@2019マリーンカップ。

距離の1600mでどこまでやれるか楽しみにしていたJRAのオウケンビリーヴが出走取り消しということで、頭数も7頭となってしまったのが2019年の牝馬限定地方交流競走のマリーンカップ。 アイアインテーラー、リエノテソーロについで人気に推されたのが父ハ…

菜七子悲願の重賞制覇はお預けの2着。2019東京スプリント・キタサンミカヅキ。

フェブラリーSの入場者数が1万人以上昨年より増えた、というだけあって、相変わらずの人気なのがJRAの藤田菜七子騎手。 着実に白星を積み重ねており、今年はついに初G1騎乗を単勝1桁の人気馬で飾りました。 現状、外を回して追い込むというのが中央開催では…

好位から押し切り重賞3勝目。2019名古屋大賞典・グリムと武豊。

このカナヤマホールディングスの勝負服に武豊、というのも珍しい印象もありますが、古くはメジロマックイーンなど緑の勝負服との縁も深かっただけに、緑が濃すぎる気もしますが、似合っています。 ゼンノロブロイ産駒で、インティでもおなじみの栗東・野中厩…

4馬身差完勝で、重賞2勝目。待ってろインティ。2019ダイオライト記念・チュウワウィザード。

インティのフェブラリーS出走は、東海S1着でなければ厳しかったのが2019年でした。 そういった意味ではストップ・ジ・インティの1番手だったのがチュウワウィザード。 まだ4歳馬ということで、今後が楽しみな1頭ですが、今回はアポロケンタッキー、オー…

完勝で重賞3勝目。父スパイキュールの最高傑作か?2019エンプレス杯・プリンシアコメータと岩田騎手。

2番人気のプリンシアコメータ。 これまでの実績を考えると、単勝が美味しかったともいえます。 岩田騎手も自信を持って騎乗していたようで、2番手追走から余裕綽々で抜け出して2馬身ちぎって楽勝となりました。 1番人気は前走で重賞初制覇となったピスカリア…