見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2018OP

きょうだい3頭目のG1制覇へ夢が膨らむ勝ちっぷり@2018萩S・サートゥルナーリア。

キャロット御用達といえるのが、母シーザリオの産駒。 しばらく結果が出てませんでしたが、エピファネイア、リオンディーズといった産駒を出してきて、今年はロードカナロアからまた大物が出てきました。 栗東・中竹厩舎の管理馬・サートゥルナーリアです。 …

「早仕掛けでもしっかり我慢できていた」by音無調教師。キタサンブラックに続けるか。2018芙蓉S・ミッキーブラック。

ブラックというと、古くはペインテドブラックが浮かびますが、最近ではやはりキタサンブラックでしょう。 ブラックといえば、ブラックタイド産駒、というイメージどおり、この馬もまたブラックタイド産駒として偉大な先輩に続けるか注目です。 母マラコスタ…

クールに逃げ切り。全5戦コンビの松田大作「さらに良くなる余地がある」2018ききょうS・イッツクール。

松田大作騎手といえば、本格化前のセイウンコウセイの主戦。 交通事故を起こしたことで、干されそうになりつつ、最近は復調している印象がある中堅騎手の1人。 父アルデバランⅡ、ということを考えると、マイルがギリギリという印象もあるのが出世頭のダンス…

美浦・青木師、初の特別勝ち。スクリーンヒーロー産駒で牝馬クラシックへ。2018クローバー賞・ウインゼノビア。

母ゴシップクイーンとの間に生まれたスクリーンヒーロー産駒のウインゼノビア。 スタート良くハナに立つとそのまま押し切り貴重なオープン勝ちを決めました。 ウインの主戦ともいえる松岡騎手とのタッグで、初のオープン勝ちを決めたのが美浦・青木孝文調教…

出負けしつつも二の足でハナ。逃げ切りでデビュー連勝。2018もみじS・ニホンピロヘンソンと浜中俊。

父ルーラーシップはテトラドラクマをはじめ、短距離馬を出すケースがありますが、この馬もどうやら先行する短距離馬。 母ニホンピロアブミから生まれたニホンピロヘンソン。 マイペースでハナに立ってからはスムーズな競馬で逃げ切り。 スプリント色が強いだ…

マイペースで悠々逃げ切り。異質のハーツクライ産駒誕生か?2018野路菊S・カテドラルと福永祐一。

マイペースで逃げたのが2番人気のカテドラル。 1番人気は小倉で圧勝して挑んだヴェロックス。前走同様に後ろから競馬して勝負をかけましたが前が止まらず2着。 池添学調教師はOP馬こそ保有しているものの、まだ重賞で結果が出せる馬が出ていません。 兄の…

さらに上積みがありそうby松山騎手。ダンゼン人気シングルアップが楽逃げ切り。2018フェニックス賞。

2018年は正月競馬から重賞3連勝、桜花賞・オークスの2冠達成のアーモンドアイを所有するなど、破竹の勢いといえるシルクレーシング。 生粋のスプリンターといえる配合からなかなか面白い馬が出てきたのが、キンシャサノキセキ産駒・シングルアップ。 栗東…

田部和則厩舎・五十嵐冬樹、思い出すのはコスモバルク。それ以上の器なのか?2018コスモス賞・ナイママ。

イタリア、イギリスと渡っているダノンバラードを日本に呼び戻すきっかけになった馬が道営の田部和則厩舎管理馬のナイママ。 父ダノンバラード、母ニシノマドカから生まれたナイママ、デビュー戦は圧巻の11馬身差の圧勝。 初芝となった今回のコスモス賞も…

ダンゼン人気にミルコ「かなり強かった」友道師「しまいもしっかり」@2018中京2歳S・アドマイヤマーズ。

父ダイワメジャーから牡馬の大物というのはずいぶん出ていない印象があります。 最近ではメジャーエンブレムが2歳女王&NHKマイルカップ勝ち、くらいで、G1で勝ち負けとなるとなかなか出てこないのが現状。 マイル前後のテリトリーも、ロードカナロアが種牡…

「大きなハナ差」by中内田調教師。貴重な2勝目でいざオークスへ。2018忘れな草賞・オールフォーラブ。

オークスによく直結するといわれるレースが忘れな草賞。 古くはチョウカイキャロル、最近ではミッキークイーンなど、この時期に芝2000mでオープンの競馬を経験するというのは、牝馬にとっては大きいのかもしれません。 不思議とフローラSでは結果が出る馬が…

「何がなんでもハナ!」G1馬タイムフライヤー5着敗退の大波乱。8,3,11番人気で決着。2018若葉S・アイトーン。

父キングズベスト。 いまいち適性がわからない種牡馬の1頭ではないでしょうか。 ホープフルS勝ち馬が復帰初戦に選んだのは意外や意外、弥生賞でもスプリングSでもない若葉S。 輸送を嫌ったか、本番前に疲労を残したくなかったかは知りませんが、マツクニさ…

大物再戦。全日本2歳優駿1,2着馬がオープンで激突。2018伏竜S・ドンフォルティス。

ドバイ遠征とかぶったこともあり、主戦2人が乗れなかった昨年の全日本2歳優駿の1,2着馬であるルヴァンスレーヴとドンフォルティス。 乗り方ひとつで着順が変わるということが今回わかったので、能力差はほぼなし、と思われます。 父ヘニーヒューズとい…

3連勝で桜花賞切符ゲット。父マンハッタンカフェも期待大@2018アネモネS・ハーレムライン。

結果的には逃げたレッドレグナント、2番手のハーレムラインでいったいったで決まった2018アネモネS。 レース自体は味気ない内容でしたが、競馬がとにかく上手。 大野騎手も自力でクラシック切符をゲットして参戦、というのはひょっとして初めて?なのではな…

ケンタッキーダービーポイント国内トップ。さあ次はどこへ?藤岡兄とアメリカ行きなるか?2018ヒヤシンスS・スマハマ。

父ネオユニヴァース。 海外でも結果が出そうな匂いがしてくるのが今年のヒヤシンスS勝ち馬のスマハマ。 母はサウンドザビーチ。 海外遠征に前向きな厩舎??? かどうかすらイメージがわかない栗東・高橋亮厩舎の管理馬です。 オーナーと相談でアメリカ含め…

スプリント路線無傷の3連勝。父ロードカナロアに一番似ているのはこの馬。2018マーガレットS・アンフィトリテ。

世界の短距離王・ロードカナロア。 ところが代表産駒がステルヴィオ。 こちらはひょっとしたらダービーまでギリギリこなしてしまうかもしれない能力の高さを秘めています。 が、父の売りは「絶対的な破壊力あるスピード」。 そういう意味では一番受け継いだ…

ビートたけし命名馬、皐月賞参戦が内定。2018すみれS・キタノコマンドール。

すごーくふるい話でいえば、フサイチコンコルドが和製ラムタラと呼ばれるきっかけとなったレース。 それがすみれS。 今では新馬、すみれS勝ちのみだと本賞金で厳しいかもしれませんねダービー。 若駒S勝ち馬のケイティクレバーが地味に強いと思っていたので…

父ジャスティンフィリップってだあれ・・・テソーロは芝・ダ兼用。2018クロッカスS・リョーノテソーロ。

父ローズキングダムという渋すぎる血統のアンブロジオが1番人気に推された2018年のクロッカスS。 終わってみたら、「テソーロか」という感じですが、こちらも父を見ても「???」という感じの血統でした。 父ジャスティンフィリップ。 母タウンベル。 と聞…

姉エイジアンウインズのG1制覇から10年。妹はいかに?2018エルフィンS・レッドサクヤと福永祐一。

苦節10年。 「姉はG1馬」「近親に○○がいる良血」といった話は競馬雑誌、POGなどでは盛んなわけですが、そんなのは正直ゴロゴロいるわけです。 ディープインパクトの兄がブラックタイドです。 いえいえ、ブラックタイドの弟がディープインパクトです。…

3馬身差の楽勝劇。勇退決まった目野厩舎とまな弟子小林徹のキズナ@2018若駒S・ケイティクレバー

今年2月で勇退が決まっている目野調教師。 ディープインパクトも勝利したこのレースを逃げて勝利。 新しい厩舎でクラシックを目指すことになるわけですが、コバテツさんで行ってほしい、と切に思います。 ストーンステッパーや、ケイティブレイブなどダート…

阪神JF5着は伊達じゃなかった。マイルまではもつbyデムーロ@2018紅梅S・モルトアレグロ。

マイルまでもつ。 これは3歳牝馬にとっては、まして3歳春までは非常に重要なポイント。 桜花賞、NHKマイルカップ、そして安田記念と3つもG1があるわけで、そういう意味では、マイル適性の有無はいずれはスプリンター色が強くなるにせよ、3歳までは…