見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2018G3

重賞4勝目をレースレコード&連覇で決めた。2018ターコイズS・ミスパンテールと横山典弘。

G1では足りないがG3なら勝ち負け、という馬けっこういますよね。 そういった意味で、典型的とも言えるのがダイワメジャー産駒のミスパンテール。 外国人騎手を乗せない流儀なのかわかりませんが、とにかくベテラン起用が多い厩舎。 主戦は横山典弘騎手。脚質…

舞台は再び東京芝1600m。リスグラシュー、1年3ヶ月ぶりの美酒。2018東京新聞杯。

2019年の宝塚記念勝ち馬・リスグラシュー。 牡馬相手でもやれる手ごたえを感じたのは1年前のこのレースではないでしょうか。 2018年の東京新聞杯です。 古馬になってからはややマイラーというイメージを陣営も持っていた馬ということもあり、マイル路線中心…

逃げて粘って大きなハナ差。史上初の2戦目での勝利。南井調教師は5年ぶりの重賞勝利。2018きさらぎ賞・サトノフェイバー。

ダノンマジェスティ、グローリーヴェイズといった素質馬が集まったのが2018年のきさらぎ賞。 この記事を書いているのは2019年7月13日、ということもあり、今は長期休養中となっているのがゼンノロブロイ産駒のサトノフェイバー。 里見オーナーは毎年1,2頭を…

ミルコ「どんどん強くなっている」良血エアウィンザー、3馬身差圧勝。2018チャレンジカップ。

父キングカメハメハ・母エアメサイア。 この血統ならアンカツかユタカに乗ってもらいたい、と思いますが、アンカツは太りすぎ?、ユタカはなぜか載せてもらえないということもあり、デムーロ騎手が主戦みたくなっているのがエアウィンザー。 全兄のエアスピ…

逆襲の逃げ切りで初重賞。積極策が吉と出た@2018レパードS・グリム。

父ゼンノロブロイといえば、美浦・藤沢厩舎のシンボリクリスエスの後継として活躍した1頭。 サンテミリオンのアパパネとの同着オークスの印象も強く牡馬の大物、となるとピンと来ないですが、ここにきてダートでまずまずの強さを誇る馬が出ました。 栗東・野…

強い、速い!入場人員小倉競馬場レコードの中、レコードタイムで勝利。13年ぶりの1番人気馬の勝利はまたも武豊騎手。2018小倉記念・トリオンフ。

人気馬不振が続いていた小倉記念でしたが、今年になってついに1番人気の連敗がストップ。 止めたのは武豊騎手騎乗のタートルボウル産駒・トリオンフ。 貴重なタートルボウル産駒の重賞勝ち馬だけに、セン馬なのは残念ですが、このレース、1番人気の勝利はな…

東京大好き!1年5ヶ月ぶりの重賞2勝利目もやはり東京。3連勝でいざG1へ。2018武蔵野S・サンライズノヴァ。

父ゴールドアリュールといえばダービーにも出走していましたが、本質はダートということで、産駒もその色が濃い印象です。 父と違って溜めて伸びるのが母ブライトサファイヤから生まれたサンライズノヴァ。 戸崎騎手との相性がいいのか、成長期なのかはわか…

ハイペースを3番手追走からグイグイ伸びる!成長見せつけ重賞初勝利@2018福島記念・スティッフェリオと丸山元気。

順調に勝ち星量産中の妹弟子・藤田菜七子。 それに負けてはならないのは、野中騎手もですが、やはり長男・丸山元気騎手。 そういう意味で、ローカルとはいえほっとしたのではないかと思えるのがステイゴールド産駒で成長も期待されるスティッフェリオとのコン…

「僕はまたがっていただけ」by柴田大知。テン乗り・内枠なんのその。ダート短距離界に新星誕生@2018カペラS・コパノキッキング。

逃げ・先行でダート短距離でのし上がってきたのが栗東・村山厩舎のコパノキッキング。 出遅れたら終わり、という敗退もこれまでありましたが、ここにきて末脚爆発という競馬で新境地を見せています。 中山での重賞参戦となり、追い込みでどこまで届くか、と…

中京の主役は今年も3歳馬。G1クビ差2着は伊達じゃない。2018中日新聞杯・ギベオンとクリスチャン・デムーロ。

3歳世代の勢いは秋以降も止まらないのはアーモンドアイに限った話ではありません。 NHKマイルカップ2着馬のギベオンが、短期免許来日中の常連・クリスチャン・デムーロ騎手で見事初の古馬対戦を白星で飾りました。 道中は8番手を追走。 人気薄の12番人気ショ…

唯一の重賞ウィナーを舐めるな!4頭横並びの大激戦を制したのは8番人気@2018東京スポーツ杯2歳S・ニシノデイジー。

札幌2歳S勝ち馬となると、例年その後は人気になるケースが多いんですが、この馬はそういった意味でも異色といえます。 父ハービンジャー・母ニシノヒナギクから生まれたニシノデイジーは、唯一の重賞勝ち馬にもかかわらず8番人気での出走。 父ハービンジャー…

目指せ香港!久々凱旋の札幌でG1馬の貫禄。2018クイーンS・ディアドラとクリストフ・ルメール。

父ハービンジャーといえば、牡馬ならペルシアンナイト、牝馬ならモズカッチャン、そしてディアドラです。 ディープインパクト産駒はクラシックでは目立ちますが、その後尻すぼみが多い中、ハービンジャーはしぶとく成長を続ける印象もあります。 そんなディ…

3戦3勝で重賞初V!栗東・森田厩舎は2頭出しでワンツーフィニッシュ。2018アイビスサマーダッシュ・ダイメイプリンセス。

気温35度の猛暑の中行われたのが2018年のアイビスサマーダッシュ。 台風12号の影響もあり、熱風が吹き付ける中、千直大好き娘が快走を見せました。 栗東・森田直行厩舎のダイメイプリンセスが、父キングヘイローの影響かローカルで輝きを放ちました。 2着…

「まだ馬体にゆるさが・・・」それでも3戦連続上がり最速。2018新潟2歳S・ケイデンスコールと石橋脩。

栗東・中内田厩舎といえば、古くは?グレイトパールのイメージがありましたが、最近はゴドルフィンというより、ノーザンファーム生産馬での活躍が目立ちます。 特に2歳馬の活躍が目立っており、今年もそれが出た形。 父ロードカナロア・母インダクティのケイ…

モレイラJRA重賞初勝利!2018キーンランドカップ・ナックビーナス。

高松宮記念3着の実績は、本賞金を考えるとあまり価値はありません。 競馬は勝ってこそ、とはいいますが、重賞なら2着以内、ではじめて意味をなすもの。 そういう意味では、ようやく重賞勝利でG1でもストレスなく参戦可能となりそうなのが、ダイワメジャー…

2年9ヶ月ぶりの勝利はレースレコード。ルメール騎手は開催3日連続重賞制覇@2018富士S・ロジクライ。

G1ではワンパンチ、ツーパンチ足りない印象があったロジクライ。 まさか2年9ヶ月も勝利から見放されるとは思っていませんでしたが、善戦マンというイメージがついてました。 父ハーツクライの5歳ということで、充実の秋、ということかもしれません。 今年は…

レースレコードで決めた!2年9ヶ月ぶりのV。完全復活!2018富士S・ロジクライとクリストフ・ルメール。

2018年のルメール騎手はもはや「神ってる」としかいえません。 武豊騎手が樹立した年間212勝更新すら狙えるポジションにつけています。 短期免許でモレイラ騎手、ムーア騎手など一流が来日するのが当たり前、かつ同じ時期にJRA騎手免許取得のミルコ・デム…

4ヶ月ぶりの実戦もダンゼン人気に応え3馬身ちぎって楽勝。2018サウジアラビアロイヤルカップ・グランアレグリア。

父ディープインパクト・母タピッツフライから生まれた美浦・藤沢厩舎の管理馬・グランアレグリア。 1戦1勝馬には不当?とも思える単勝1.3倍のオッズでいきなりの重賞・サウジアラビアRCに参戦。 厩舎の主戦・ルメール騎手が騎乗し、終わってみたら2着ドゴー…

池添騎手、福島以外の全場で重賞制覇&35年ぶり3歳馬のV@2018新潟記念・ブラストワンピース。

秋の天皇賞に向かうわけではなく、菊花賞に向かう馬は基本的に新潟記念は使わないイメージがあります。 8月後半とはいえ残暑はかなり厳しい、かつ、左回りを経験させたところで、本番は右回り。 セントライト記念、神戸新聞杯、から始動するのかと思われたの…

16キロ増が成長の証。連覇の武豊騎手はこれで3995勝目!2018小倉2歳S・ファンタジスト。

父ロードカナロアに母の父ディープインパクト。 それがなぜか短距離馬に出てくるのだから血統は不思議です。 勝負服はレッツゴードンキと同じということで、ストレイトガールはじめ、距離が持たない馬主?さんなのでしょうか。 とはいえ、昨年のアサクサゲン…

ホッカイドウ所属のナイママの野望をクビ差抑えたニシノの結晶@2018札幌2歳S・ニシノデイジーと勝浦正樹。

後方を進んだ6番人気のニシノデイジー。 父ハービンジャー・母ニシノヒナギク、美浦・高木登厩舎の管理馬です。 マクり気味に進出して押し切りをはかった道営のナイママをさらにその後ろから猛追して叩き合いを制しての勝利。 1番人気はキャロット馬のクラー…

単勝万馬券で3年ぶり、22戦ぶりの勝利。あっと驚く単勝100.8倍。2018七夕賞・メドウラークと丸田恭介。

丸田騎手といえば万馬券男。 とはいえ、重賞でやらかすとはさすがに思う競馬ファンも少なかったのか、福島ローカル、ハンデ戦と、いかにも穴の匂いがただようレースだったにもかかわらず、単勝万馬券。 父タニノギムレット・母アゲヒバリという血統からは、…

ドバイ帰りで日本レコード更新。4馬身差で国内4連勝&重賞初V@2018プロキオンS・マテラスカイと武豊。

ゴールデンバローズなど、ドバイのダートを使ったあと、素質開花ならずしぼんでしまうケースがけっこうあるイメージがあります。 そういった意味で、血統が○外なら、そういう問題は起きないのか、と思えたのが今年のプロキオンSのマテラスカイ。 ドバイを使…

美浦・藤沢厩舎with武豊騎手のコンビは14年半ぶりの重賞勝ち。良血の末脚爆発@2018アルテミスS・シェーングランツ。

姉にフランケル産駒のオークス馬・ソウルスターリングがいる母スタセリタの産駒で、まあこの配合になるよね、と思えるディープインパクトをかけて誕生したのがシェーングランツ。 何で嫌われたのかはわかりませんが、まさかの6番人気という伏兵での出走とな…

マイルの新星、不屈のミッキーグローリーが悲願の重賞初制覇。2018京成杯AH。

マイル路線に新星誕生ということで、美浦・国枝厩舎とルメール騎手とのコンビといえば、やはり桜花賞・オークス2冠のアーモンドアイが2018年は浮かぶわけですが、さらに古馬路線でもこのコンビが見られることになりました。 父ディープインパクト、母メリッ…

秋華賞ではライバルに。「チャンスありそう」春とは違うわよ!2018紫苑S・ノームコアとクリストフ・ルメール。

あと一歩で大一番を逃してきた春とは一味違う。 そんな競馬を見せたのが美浦・萩原厩舎所属の父ハービンジャー、母クロノロジストから生まれたノームコア。 直線で力強く抜け出して3馬身差圧勝。 いつもは2番手あたりから競馬する馬だったはずが、休養を経…

7歳夏。27戦目で待望の初重賞。自己最多タイの年間重賞5勝目はこの男。2018函館記念・エアアンセムwith藤岡佑介。

ここ3年連続で万馬券となっていた、荒れる函館記念。 2018年も波乱となり、勝利したのは5番人気のエアアンセム。 父シンボリクリスエス、母エアマグダラの産駒で、中位のインで脚をためながら、3コーナーからはじょじょに外へ。 直線でしっかりと脚を使い…

アグネスワールドのレコードにコンマ1秒。角田調教師にG1プレゼントなるか?2018北九州記念・アレスバローズ。

菱田騎手にとっても記念すべきJRA重賞初勝利となった2018年の北九州記念。 勝ったのは6歳のディープインパクト産駒・アレスバローズ。 6番人気と低評価だったものの、前走のCBC賞に続く重賞連勝となり、セントウルSの結果を待たずしてサマースプリントチャ…

横山和生騎手デビュー8年目で重賞初勝利。砂の新星誕生@2018エルムS・ハイランドピーク。

今年の3月のマーチSでも1番人気に支持されるなど、能力の高さはファンも認めていたトーセンブライト産駒のハイランドピーク。 島川オーナーは最近は冠を外すケースも多く、自家生産馬ですが、トーセンの冠はついていません。 マーチSはまさかの9着大敗も…

平成唯一の3歳牝馬Vの偉業。2018関屋記念・プリモシーンと北村宏司。

1996年のエイシンガイモン以来22年ぶりの3歳馬の勝利。 3歳牝馬としては1987年のクールハート以来31年ぶりとなる勝利と記録づくめとなった2018年の関屋記念の勝ち馬は、春のクラシック戦線でも人気していたディープインパクト産駒・プリモシーン。 重賞では…