見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2018G3

目指せ香港!久々凱旋の札幌でG1馬の貫禄。2018クイーンS・ディアドラとクリストフ・ルメール。

父ハービンジャーといえば、牡馬ならペルシアンナイト、牝馬ならモズカッチャン、そしてディアドラです。 ディープインパクト産駒はクラシックでは目立ちますが、その後尻すぼみが多い中、ハービンジャーはしぶとく成長を続ける印象もあります。 そんなディ…

3戦3勝で重賞初V!栗東・森田厩舎は2頭出しでワンツーフィニッシュ。2018アイビスサマーダッシュ・ダイメイプリンセス。

気温35度の猛暑の中行われたのが2018年のアイビスサマーダッシュ。 台風12号の影響もあり、熱風が吹き付ける中、千直大好き娘が快走を見せました。 栗東・森田直行厩舎のダイメイプリンセスが、父キングヘイローの影響かローカルで輝きを放ちました。 2着…

「まだ馬体にゆるさが・・・」それでも3戦連続上がり最速。2018新潟2歳S・ケイデンスコールと石橋脩。

栗東・中内田厩舎といえば、古くは?グレイトパールのイメージがありましたが、最近はゴドルフィンというより、ノーザンファーム生産馬での活躍が目立ちます。 特に2歳馬の活躍が目立っており、今年もそれが出た形。 父ロードカナロア・母インダクティのケイ…

モレイラJRA重賞初勝利!2018キーンランドカップ・ナックビーナス。

高松宮記念3着の実績は、本賞金を考えるとあまり価値はありません。 競馬は勝ってこそ、とはいいますが、重賞なら2着以内、ではじめて意味をなすもの。 そういう意味では、ようやく重賞勝利でG1でもストレスなく参戦可能となりそうなのが、ダイワメジャー…

2年9ヶ月ぶりの勝利はレースレコード。ルメール騎手は開催3日連続重賞制覇@2018富士S・ロジクライ。

G1ではワンパンチ、ツーパンチ足りない印象があったロジクライ。 まさか2年9ヶ月も勝利から見放されるとは思っていませんでしたが、善戦マンというイメージがついてました。 父ハーツクライの5歳ということで、充実の秋、ということかもしれません。 今年は…

レースレコードで決めた!2年9ヶ月ぶりのV。完全復活!2018富士S・ロジクライとクリストフ・ルメール。

2018年のルメール騎手はもはや「神ってる」としかいえません。 武豊騎手が樹立した年間212勝更新すら狙えるポジションにつけています。 短期免許でモレイラ騎手、ムーア騎手など一流が来日するのが当たり前、かつ同じ時期にJRA騎手免許取得のミルコ・デム…

4ヶ月ぶりの実戦もダンゼン人気に応え3馬身ちぎって楽勝。2018サウジアラビアロイヤルカップ・グランアレグリア。

父ディープインパクト・母タピッツフライから生まれた美浦・藤沢厩舎の管理馬・グランアレグリア。 1戦1勝馬には不当?とも思える単勝1.3倍のオッズでいきなりの重賞・サウジアラビアRCに参戦。 厩舎の主戦・ルメール騎手が騎乗し、終わってみたら2着ドゴー…

池添騎手、福島以外の全場で重賞制覇&35年ぶり3歳馬のV@2018新潟記念・ブラストワンピース。

秋の天皇賞に向かうわけではなく、菊花賞に向かう馬は基本的に新潟記念は使わないイメージがあります。 8月後半とはいえ残暑はかなり厳しい、かつ、左回りを経験させたところで、本番は右回り。 セントライト記念、神戸新聞杯、から始動するのかと思われたの…

16キロ増が成長の証。連覇の武豊騎手はこれで3995勝目!2018小倉2歳S・ファンタジスト。

父ロードカナロアに母の父ディープインパクト。 それがなぜか短距離馬に出てくるのだから血統は不思議です。 勝負服はレッツゴードンキと同じということで、ストレイトガールはじめ、距離が持たない馬主?さんなのでしょうか。 とはいえ、昨年のアサクサゲン…

ホッカイドウ所属のナイママの野望をクビ差抑えたニシノの結晶@2018札幌2歳S・ニシノデイジーと勝浦正樹。

後方を進んだ6番人気のニシノデイジー。 父ハービンジャー・母ニシノヒナギク、美浦・高木登厩舎の管理馬です。 マクり気味に進出して押し切りをはかった道営のナイママをさらにその後ろから猛追して叩き合いを制しての勝利。 1番人気はキャロット馬のクラー…

単勝万馬券で3年ぶり、22戦ぶりの勝利。あっと驚く単勝100.8倍。2018七夕賞・メドウラークと丸田恭介。

丸田騎手といえば万馬券男。 とはいえ、重賞でやらかすとはさすがに思う競馬ファンも少なかったのか、福島ローカル、ハンデ戦と、いかにも穴の匂いがただようレースだったにもかかわらず、単勝万馬券。 父タニノギムレット・母アゲヒバリという血統からは、…

ドバイ帰りで日本レコード更新。4馬身差で国内4連勝&重賞初V@2018プロキオンS・マテラスカイと武豊。

ゴールデンバローズなど、ドバイのダートを使ったあと、素質開花ならずしぼんでしまうケースがけっこうあるイメージがあります。 そういった意味で、血統が○外なら、そういう問題は起きないのか、と思えたのが今年のプロキオンSのマテラスカイ。 ドバイを使…

美浦・藤沢厩舎with武豊騎手のコンビは14年半ぶりの重賞勝ち。良血の末脚爆発@2018アルテミスS・シェーングランツ。

姉にフランケル産駒のオークス馬・ソウルスターリングがいる母スタセリタの産駒で、まあこの配合になるよね、と思えるディープインパクトをかけて誕生したのがシェーングランツ。 何で嫌われたのかはわかりませんが、まさかの6番人気という伏兵での出走とな…

マイルの新星、不屈のミッキーグローリーが悲願の重賞初制覇。2018京成杯AH。

マイル路線に新星誕生ということで、美浦・国枝厩舎とルメール騎手とのコンビといえば、やはり桜花賞・オークス2冠のアーモンドアイが2018年は浮かぶわけですが、さらに古馬路線でもこのコンビが見られることになりました。 父ディープインパクト、母メリッ…

秋華賞ではライバルに。「チャンスありそう」春とは違うわよ!2018紫苑S・ノームコアとクリストフ・ルメール。

あと一歩で大一番を逃してきた春とは一味違う。 そんな競馬を見せたのが美浦・萩原厩舎所属の父ハービンジャー、母クロノロジストから生まれたノームコア。 直線で力強く抜け出して3馬身差圧勝。 いつもは2番手あたりから競馬する馬だったはずが、休養を経…

7歳夏。27戦目で待望の初重賞。自己最多タイの年間重賞5勝目はこの男。2018函館記念・エアアンセムwith藤岡佑介。

ここ3年連続で万馬券となっていた、荒れる函館記念。 2018年も波乱となり、勝利したのは5番人気のエアアンセム。 父シンボリクリスエス、母エアマグダラの産駒で、中位のインで脚をためながら、3コーナーからはじょじょに外へ。 直線でしっかりと脚を使い…

アグネスワールドのレコードにコンマ1秒。角田調教師にG1プレゼントなるか?2018北九州記念・アレスバローズ。

菱田騎手にとっても記念すべきJRA重賞初勝利となった2018年の北九州記念。 勝ったのは6歳のディープインパクト産駒・アレスバローズ。 6番人気と低評価だったものの、前走のCBC賞に続く重賞連勝となり、セントウルSの結果を待たずしてサマースプリントチャ…

横山和生騎手デビュー8年目で重賞初勝利。砂の新星誕生@2018エルムS・ハイランドピーク。

今年の3月のマーチSでも1番人気に支持されるなど、能力の高さはファンも認めていたトーセンブライト産駒のハイランドピーク。 島川オーナーは最近は冠を外すケースも多く、自家生産馬ですが、トーセンの冠はついていません。 マーチSはまさかの9着大敗も…

平成唯一の3歳牝馬Vの偉業。2018関屋記念・プリモシーンと北村宏司。

1996年のエイシンガイモン以来22年ぶりの3歳馬の勝利。 3歳牝馬としては1987年のクールハート以来31年ぶりとなる勝利と記録づくめとなった2018年の関屋記念の勝ち馬は、春のクラシック戦線でも人気していたディープインパクト産駒・プリモシーン。 重賞では…

強い!速い!入場人員レコードの中、レコードで決めた武豊@2018小倉記念・トリオンフ!

タートルボウル産駒の最高傑作となりつつあるのが、栗東・須貝厩舎のトリオンフ。 残念ながらセン馬のため、後世に血を受け継ぐことはできませんが、母メジロトンキニーズのファンも私含め多かったと思いますので、愛着のある血統といってもいいのではないで…

バツグンのスタートからスイスイ。9番人気で楽逃げ切り。シニスターミニスター産駒、芝重賞初勝利@2018葵S・ゴールドクイーン。

2018年の今年から新設重賞となった葵S。 1200m芝の重賞はJRAは豊富とはいえ、NHKマイルカップがある3歳春には3歳限定のスプリンター決定戦はこれまでありませんでした。 こんなんよりダート路線なんとかしてくれよ、と思う競馬ファンも多いかもしれません…

前走は出遅れて1番人気大敗→名誉挽回7番人気の逃げ切り。2018平安S・サンライズソアとミルコ・デムーロ。

6連勝を狙ったキングカメハメハ産駒のグレイトパールが1.7倍のオッズで出走したのが2018年の平安S。 連勝はいつか止まるもの、ではありますが、問題は「いつ止まるか」。 止まったときに馬券で切っていると美味しい馬券にありつけるわけです。 それが今回だ…

デビュー5年目小崎騎手、大きなハナ差で重賞初勝利@2018函館2歳S・アスターペガサス。

デビュー戦で短距離を選択したことが吉と出た、という話を以前していたのがジャイアンツコーズウェイ産駒のアスターペガサス。 スタート一息だったのはデビュー戦とかわりませんが、落ち着いて後方待機から、大外を突き抜けての勝利。 結果的には展開に恵ま…

東京、中山以外の初出走でまさかの初重賞V。人気泥棒卒業しました!2018中京記念・グレーターロンドン。

よく「オッズ泥棒」というありがたくないあだ名がついてしまう馬たちがいます。 美浦・大竹厩舎の管理馬・グレーターロンドンもその中の1頭。 父ディープインパクト×母ロンドンブリッジとなると、距離適性も悩ましいところですが、結局は母が勝つか、という…

11ヶ月ぶりの出走でなんとダート6連勝。1年半無敗継続中@2018アンタレスS・グレイトパールと川田騎手。

ダート無敗。 とはいいつつまだ一戦級とは戦っていないだけに能力の高さがどんなものか、試金石のレースになかなか出走できていないのが、栗東・中内田厩舎のグレイトパール。 父キングカメハメハ。 母フォーチュンワード。 キングマンボ系なので、ダートも…

大外一気でレコードV。藤沢厩舎は10年連続JRA重賞Vの偉業達成@2018アーリントンカップ・タワーオブロンドンとルメール。

父レイヴンズパスだから、というよりは気性の問題もあってか、マイルがギリギリ、いや1400mまでがベストと思われていたのが京王杯2歳S勝ち馬のタワーオブロンドン。 騎乗しているルメール騎手もマイルは半信半疑、というコメントを残していることもあり、こ…

ドンフォルティス、グレートタイム、スマハマなどを抑えて3歳ダート天下統一なるか?2018ユニコーンS・ルヴァンスレーヴとミルコ・デムーロ。

ゴールドドリームが古馬ダート界を統一しつつあるダート戦国時代。 3歳勢では、サクセスブロッケン以来ともいえるシンボリクリスエス産駒の来襲で、天下統一なるか注目です。 この記事を書いているのが2018年7月9日ということで、2日後にはジャパンダートダ…

昨年のリベンジ成功も。アドマイヤムーンの後継種牡馬第二の矢になるか?2018函館SS・セイウンコウセイと池添謙一。

昨年は高松宮記念勝ち馬がなぜ函館に?と思っていたら敗退していたのがセイウンコウセイの函館SS参戦でした。 もともとは松田騎手のお手馬でしたが、自業自得のミスで主戦をはずされ幸騎手に。 その後紆余曲折を経て松田騎手に手綱が戻ったものの、残念なら…

テイエムオーロラ以来8年ぶりの重賞勝利。国分恭介、内にこだわり10番人気快勝。2018マーメイドS・アンドリエッテ。

勝ち味に遅いものの、獲得賞金は1億を超えている馬。 それがディープインパクト産駒・アンドリエッテです。 どの相手とやってもそれなりに走れるが、どの相手もやっても勝ちきれない。 3歳時にはクラシックにも参戦していたわけで、能力だけなら、こんなとこ…

苦手な道悪こなしようやく初重賞制覇。秋につながる夢タイトル。2018エプソムカップ・サトノアーサーと戸崎圭太。

クラシックでも穴人気、そして一時は皐月賞馬・アルアインより人気していたのが、栗東・池江厩舎のディープインパクト産駒・サトノアーサー。 サトノダイヤモンドがここのところ輝きを失っている中、成長力を見せてようやく重賞制覇となったのが2018年エプソ…