見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2018G2

「馬の雰囲気を見て決めた」byノリ。まさかの逃げでリスグラシュー以下を完封。2018阪神牝馬S・ミスパンテール。

3歳クラシックではちょっと足りない感じのあったミスパンテール。 父ダイワメジャーだと、なかなか成長力のイメージがこれまでは個人的にはなかったんですが、この馬を見て評価を変えないといけないなと思う成長力を見せています。 ヤネにノリさんを迎えて…

ディープインパクト×メリッサ=マイラー。32年ぶり1勝馬が勝利。2018ニュージーランドT・カツジ。

メリッサといえば現役時代は短距離、ローカルというイメージが強かったんですが、王道のディープをつけると、距離も少し持つ、さらに中央開催でも結果が出せるようです。 中山で権利取り不可欠な1勝馬としては後方待機はリスクはあったとは思いますが、ヤネ…

砂→芝に戻り4戦3勝。キセキじゃないぜガンコだぜ!2018日経賞・ガンコと藤岡佑介。

クリンチャーの京都記念制覇など、今年の藤岡佑介は一味違う。 プロ野球の広島風にいえば「神ってる」といったところ。 とはいえ、神ならG1は勝たないといけない。 父ナカヤマフェスタという点を考えると、これまでよくダートで結果出してきたよなと思える血…

伏兵キンカメ産駒がサクラに名乗り。グイっと抜け出た半馬身。2018フィリーズレビュー・リバティハイツ。

社台の勝負服がG1で縁がなくなってずいぶん経ちます。 ひょっとしてイスラボニータ以降、勝ってないのかな。 サンデーレーシングの勝負服のほうがG1では多く見られるようになってずいぶん経ちます。 昔はジェニュインやハーツクライなどがこの勝負服で活躍…

ダイヤモンド・エースも粉砕。G1王手なるか?2018金鯱賞・スワーヴリチャードとM・デムーロ。

趣味:金鯱賞ともいえるヤマカツエース。 輝きはダイヤモンドに再びなれるか、凱旋門賞以来のレースとなるサトノダイヤモンド。 新G1大阪杯の前哨戦としてはまだまだ確立していないとも思える金鯱賞。 2018年は左回りなら負けられないスワーヴリチャードが参…

伏兵の前残りをゴール前で豪快に阻止。遅れてきた大物なるか?2018フローラS・サトノワルキューレwithデムーロ。

サトノの牝馬は走らない。 競馬あるあるだったわけですが、2018年はそうでもないらしいという結果がオークストライアル・フローラSで出ました。 栗東・角居厩舎だけにクラシックに向けてぬかりなし、と行きたいところではありますが、この厩舎、遅れてきた大…

京都・G2となると無類の強さを発揮。本番の安田記念はユーイチに秘策ありか?2018マイラーズカップ・サングレーザー。

G2となるとやたら強い馬っていますよね。 ところがG1になるとからきし、という馬が今年も出てきましたのでご紹介しましょう。 2018マイラーズカップ勝ち馬のサングレーザー。 昨年のスワンSに続いてまたも関西圏のG2を勝利。 会員の方からすれば賞金をとにか…

父ロードカナロアからまさかのクラシック馬が出るのか?2018スプリングS・ステルヴィオとクリストフ・ルメール。

父ロードカナロアには無限の可能性がある。 そう思えたのが初年度産駒から飛び出したステルヴィオ。 これは・・・2400mあるいはひょっとしたら菊花賞でもいけるんじゃないか、と思える末脚。 かつ折り合いに苦労しないイメージもあり、ルメール騎手とも合っ…

ダノンプレミアムに一番近い位置にいるのはオレだ!2018スプリングS・ステルヴィオ。

NHKマイルカップ、あるいは世界の短距離王を狙える馬を作りたい。 そんなイメージがあったロードカナロアの種牡馬デビューだったわけですが、かなり意外な結果が出ている、という印象を受けます。 初年度産駒だけで決め付けはできませんが、思った以上に距離…

菊花賞2着馬対決。ディープスカイ対ステイゴールド産駒の行方は?2018阪神大賞典・レインボーライン。

岩田騎手といえば、わたしはデルタブルースなど、短距離のロードカナロアよりも長距離が上手い騎手というイメージがいまだにあります。 そういった意味で、真骨頂というか、ようやくふだんの力を発揮してきたなと思えたのが2018年の阪神大賞典。 クリンチャ…

初対決のライバル一蹴。まさにプレミアムか?無敗の2歳チャンプ@2018弥生賞・ダノンプレミアム。

栗東・中内田調教師といえばグレイトパールはじめ、海外馬主からも厚い信頼を寄せられている若手の一人です。 不思議とサンデーレーシング、社台の大物が出てきてないイメージもありますが、それは堀厩舎やほかの厩舎に任せて、わが道を行く、というほうが個…

2018.4.18 無敗の2歳女王が貫禄の走り。ミッキー「文句なし」。2018チューリップ賞・ラッキーライラック。

G3から昇格なったのが今年のチューリップ賞。 そもそもフィリーズレビューがG2、ということ自体意味不明だったので、そういう意味では妥当なんですが、ならフィリーズレビューをG3に、となぜならないのかは謎。 そんなチューリップ賞ですが、昨年の阪神JFの…

皐月賞馬・日本ダービー馬・エリザベス女王杯勝ち馬。すべて撃破はまさかのこの馬。2018京都記念・クリンチャー。

どろんこ馬場で2着に食い込んだ2017年の菊花賞。 それがディープスカイ産駒のクリンチャーです。 藤岡兄が主戦ということもあり、人気の盲点になり続けてきたわけですが、今回は盲点、というより、相手関係を考えると仕方ない、と思える豪華メンバーが…

中山1800mなら納得の競馬。問題はこの距離でG1がないこと。2018中山記念ウインブライト。

1800mのG1が欲しいなあ。 というボヤキは今に始まったことではなく、古くはバランスオブゲームあたりはそんな嘆きをつぶやいていたように思えます。 そんないい意味でも悪い意味でも後継者になりそうなのが2018年中山記念勝ち馬・ウインブライト。 G1で…

善戦マンが覚醒すると怖い?第二のステイゴールドなるか?2018AJCC・ダンビュライト。

武豊騎手とのコンビで皐月賞3着で大穴を開けてからその後は未勝利が続いたダンビュライトでしたが、準オープンで古馬を撃破し貴重な2勝目をあげて2017シーズンをフィニッシュ。 年明けはどこから始動するかなと思ったら、強気にG2から。 とはいえ谷…

勝つには勝ったが、逃げてどうする?2018東海S・テイエムジンソクとフルキチ。

ゴールドドリームの鬼脚に敗れたチャンピオンズカップ。 今回はムーアもゴールドドリームも不在となると、さすがに横綱といったところ。 とはいえ、、、逃げて勝っても次につながらない。 フェブラリーSを逃げきる、なんて選択肢がもしあるんだとしたら、そ…

ステイゴールド産駒、最後の飛躍なるか?2018日経新春杯・パフォーマプロミスとミルコ・デムーロ。

1月のハンデ戦ということで、当然メンバーはそろわないわけですが、G2なのは変わらない。 1日6勝というド派手なパフォーマンスで決めたデムーロ騎手鞍上のパフォーマプロミス。 母アイルビーバウンドということで、そこそこの血統ではあります。 ただ、レ…