見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2018G1

8度目のG1挑戦でついに悲願達成。日本のG1初勝利のモレイラ騎手も珍しくガッツポーズ。2018エリザベス女王杯・リスグラシュー。

父ハーツクライといえば、牝馬でいえばヌーヴォレコルトがいますが、晩成血統ということもあり、本格化までには時間がかかる印象のある種牡馬です。 リスグラシューは2歳時から重賞戦線で活躍してきましたが、G1になるとあと一押しが足りない、という競馬が…

今年は1週早いダノン祭り。中内田厩舎またも2歳馬活躍。2018阪神ジュベナイルフィリーズ・ダノンファンタジー。

昨年はラッキーライラックが誕生した阪神JF。 今年はまたも1番人気馬の勝利ということで、この記事を書いている2019年2月28日の週はチューリップ賞の開催週ということで、今年復帰初戦を迎えることになるのが、昨年の2歳チャンプ・ダノンプレミアム同様、父…

前年覇者のペルシアンナイトをねじ伏せて今年も3歳馬が勝利@2018マイルチャンピオンシップ・ステルヴィオ。

美浦・木村調教師。 ビュイック騎手。 ともにJRAのG1初勝利となったのが2018年のマイルチャンピオンシップ。 ロードカナロア旋風が吹き荒れたとはいえ、吹いたのは実質アーモンドアイのみともいえる中、牡馬の期待馬がようやく3歳秋に開花。 明日の中山記念…

シルクジャスティス再来。レイデオロを完封して初G1制覇。2018有馬記念・ブラストワンピースと池添謙一。

美浦・大竹厩舎といえば、ルージュバック。 桜花賞での超スローペースに泣いての敗北以降、期待に応え切れていない厩舎というイメージもありました。 今年のダービー、菊花賞で上位人気を背負ったブラストワンピースも、結果的にクラシック無冠、かつ連にも…

脅威の3兄弟G1制覇。母シーザリオ偉大なり。2018ホープフルS・サートゥルナリアとミルコ・デムーロ。

繁殖入り当初から産駒が高額だったオークス馬、いやアメリカンオークス馬?ともいえるシーザリオ。 とはいえ、しばらくは泣かず飛ばずの産駒成績で、やはり名牝から名馬は生まれないのか、と思っていたら、エピファネイア、リオンディーズと結果を出してきま…

またもルメールマジック!和製ラムタラ再来か?2018菊花賞・フィエールマン。

もはや血統では語れなくなってきたのが、日本の菊花賞。 短距離血統なのに菊花賞馬、というと、わたしの世代はマチカネフクキタルが浮かびますが、短距離血統とかいう以前に、もはやローテすらどうでもいい、と思える結果となったのが2018年の菊花賞。 ラジ…

終わってみたらダービー馬が圧巻の勝利。2018秋の天皇賞・レイデオロとクリストフ・ルメール。

スワーヴリチャードが安田記念以来の競馬となった2018年の秋の天皇賞。 平成最後の天皇賞ということで、はたしてどの馬が勝つのか、注目していましたが、終わってみたら、東京コースならやはりこの馬。 日本ダービー勝ち馬のレイデオロが楽勝で終わりました…

無双・無敵。怪物ちゃん現る。2018秋華賞・アーモンドアイ。

強すぎる。 それしか形容が浮かばないのがロードカナロアの最高傑作のアーモンドアイ。 母のフサイチパンドラからスタミナを受け継ぎ、父のロードカナロアから卓越したスピードを受け継ぎました。 しいて難をあげれば、使い込めないところでしょうか。 父も…

福永家の悲願。日本ダービー制覇は5番人気・ディープインパクト産駒・金子真人HD。2018日本ダービー・ワグネリアン。

悲願というにはあまりにも重かった、「父・洋一が達成できなかった日本ダービー制覇 。 落馬事故がなかったら、どこまで記録を伸ばしていたのか、と思うくらいのマジックマンだったと思いますが、息子はマジックマンというよりは、堅実こつこつという感じも…

独壇場。母フサイチパンドラ最高傑作確定か?ロードカナロア産駒、2400mでG1勝利。2018オークス・アーモンドアイ。

距離延長が不安視されるはずのロードカナロア産駒・アーモンドアイ。 ところが、桜花賞時よりオッズは上昇。 人気的にはラッキーライラックと分け合っているようにも見えますが、実質1強で迎えたのが2018年のオークス。 桜花賞ではシンザン記念よりもキレる…

父パイロからダービー馬誕生。的場文男騎手はまたも2着。2018東京ダービー・ハセノパイロと矢野貴之。

2番人気の船橋・佐藤厩舎所属のハセノパイロ。 父はその名のとおりパイロ。 母はタイキアヴェニュー。母の父はティンバーカントリー。 という血統背景からもやはりダート主戦場といったところ。 悲願となtっている的場文男騎手のダービー制覇ですが、今年…

メジャーエンブレム、ソウルスターリングと2年連続桜花賞で期待を裏切った男・ルメール。今年はいかに?2018桜花賞・アーモンドアイ!!!

ダイワスカーレトやジェンティルドンナをはじめ、シンザン記念を牝馬で勝利すると、そのときの相手関係やレースレベル関係なく、なぜか出世してしまいます。 今年の勝ち馬は新種牡馬ロードカナロア産駒のアーモンドアイ。 間隔をあけないと使い込めない弱さ…

7番人気でオルフェーブル産駒が大仕事!戸崎騎手も初クラシック制覇@2018皐月賞・エポカドーロ。

戸崎騎手といえばクラシックでは軽視、というイメージしかなかったんですが、ようやくといったところでしょうか。 2018年皐月賞は2歳チャンプのダノンプレミアム不在の中、大混戦となりました。 1番人気はダノン相手に弥生賞では完敗と思えたワグネリアン。…

馬5:騎手5の時代到来か?ペース判断が巧みすぎるデムーロ騎手@2018大阪杯・スワーヴリチャード。

馬7:騎手3。 そう思われていましたが、最近ではほぼ五分五分じゃないかと。 そのくらい騎手の腕で勝ち負けしているな、と思えるのが2017年でいえば日本ダービーのレイデオロ、マイルチャンピオンシップのペルシアンナイト、そして今年の大阪杯・スワーヴ…

夢は見るものではなく叶えるもの。ノンコがやった@2018フェブラリーS・ノンコノユメと内田博幸。

「外国人騎手ばかりでつまらない」 というのが流行語?になりそうだった2017年のJRA。 デムーロ騎手の相馬眼が冴え渡り、乗る馬乗る馬、すべて違う馬でのG1制覇という不思議な記録もできました。 今年もその旋風が吹き荒れるのかと思われた2018年第一弾…

新電撃王はロイヤルブルーのゴドルフィンのJRAG1初制覇!2018高松宮記念・ファインニードル。

ゴドルフィンブルー。 日本でも見られるかと思いましたが、微妙な緑のラインが袖に入っての初参戦となったファインニードル。 ロイヤルブルーに緑はいらないな、と大半のファンは思っているわけですが、まあ仕方ない。 そしてハクサンムーン引退後、アドマイ…