見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2018特別戦・条件戦

ダービーと同じ舞台で2勝目。秋への飛躍なるか?2018東京3歳500万下・グロンディオーズ!

父はルーラーシップ、母はシェリールということで、母シェリールの産駒は成長力が見込めるだけに3歳の春時点で2勝利目を挙げたのは大きいのでは?と個人的に期待を寄せているのが、美浦・田村厩舎のグロンディオーズ。 短期免許で来日中のボウマン騎手騎乗…

ダービー4着馬、フローラS勝ち馬を撃破の実力馬が3番人気。2018白百合S・メイショウテッコン。

乗り難しいといえるのが逃げ馬。 気分よくいけないと惨敗もある、というのが定めですが、サイレンススズカのように、逃げて差すくらいの強さがある怪物だと気分はどうでもいいのかもしれません。 現状、そこまでの大物逃げ馬はJRAにはいませんが、個性派なら…

無念の抽選除外。秋華賞に向けて再発進のマンハッタンカフェ娘@2018カーネーションカップ・ゴージャスランチ。

3/4の抽選に外れる確率は25%。 しかも大半の競馬ファンが「オークス出てきたら穴で」と目されていたのが美浦・鹿戸厩舎のマンハッタンカフェ産駒・ゴージャスランチ。 結果的には2勝目で本賞金加算に成功しただけに、吉と出たかもしれないのがカーネ…

ダンゼン人気に安堵の吉田隼人。単勝1.9倍で押し切った@2018雪うさぎ賞・ウィズ。

父ブラックタイドといえばキタサンブラック。 そして牝馬ではライジングリーズンなど、マイル以上のほうが合っている印象もある種牡馬ですが、繁殖相手次第でスプリンターも出てくる。 母シルキーウィズとの間に生まれたキタサンブラックと同じ栗東・清水久…

「大きなところにいけるだけのスケールを感じる」by石橋脩。余裕で連勝@2018山藤賞・フィエールマン。

スタート一息、道中後方で1番人気というのは中山となるとあせりますが、能力が抜けているとむしろ進路を選べて楽だったりします。 3コーナー過ぎからラクラク進出で押し切ったのが2018年山藤賞のディープインパクト産駒のフィエールマン。 美浦・手塚厩舎…

500万下条件戦のために開門前から行列@土曜・福島競馬。そのわけとは・・・2018開成山特別・オジュウチョウサンと武豊。

有馬記念に使いたい。 というせりふを500万下条件勝ち馬のオーナーから聞く日が来るとは、、、 と思えたのが福島競馬に参戦してきたオジュウチョウサンと武豊騎手のコンビで挑んだ開成山特別。 芝2600mということで、いかにも夏競馬といった感じですが、障害…

吉田和美の勝負服。芝1800m。モーリス再来なるか?2018デイジー賞・クリッパー。

たかが500万下のレースではありますが、ちょっと注目しておきたいのがディープインパクト産駒のクリッパー。 美浦・高橋文雅厩舎ということで、まだG1には縁がない厩舎所属ではありますが、育て方次第では大きく化ける可能性を秘めています。 ヤネは1…

前走クイーンC10着から自己条件で巻き返し。目指せオークス。2018ミモザ賞・レッドベルローズ。

今年のクイーンカップはなかなかレベルが高かったこともあり、敗れたのは仕方ない。 問題は次、ということであっさり自己条件に戻って快勝したのがディープインパクト産駒・レッドベルローズ。 スタート前にテンションが高い、最後に物見をしていた、という…

「エンジンのかかりが遅い」ながらも無事噴射。バルジューで連勝。2018君子蘭賞・ロケット。

栗東・石橋守厩舎といえば、やはりメイショウサムソンとのコンビが印象深い元騎手。 ライブリマウントとかも応援してました。 そんなダービージョッキーのもとに期待の3歳牝馬がいます。 父ディープスカイということで、ダービーつながりになる母モケットか…

全4戦コンビの嶋田純次「距離こなしてくれた」。秋華賞ならまだ間に合う。2018中山3歳500万下・ロードライト。

関東の若手騎手の奮起が期待される中、話題は藤田菜七子騎手ばかり。 栗東ではオーストラリア遠征など、意欲を見せている若武者もいますが、美浦は善臣おじさん、エビショーさん、ノリさんとベテランの存在感は目立つものの、JRA生え抜きの若手でようやく成…

不利2回。横一線の追い比べを制した皐月賞馬の全弟。兄アルアインに続けるか!2018大寒桜賞・ダノンマジェスティ。

デムーロ騎手が武豊TVに出演していたときに「怖くて乗りたくない」と言い放ったのが、皐月賞馬・アルアインの全弟でもあるダノンマジェスティ。 初戦の勝ちっぷりからきさらぎ賞でも人気を背負ったわけですが、乗り難しい面が出て結果が出せず。 中京の芝220…

「差はわずかでも自分の分だけは精一杯走ってくれた」by川田@2018阪神3歳500万下・アドマイヤアルバ。

伏兵との競り合いを制してどうにか2勝利目をあげたのが川田騎手騎乗のアドマイヤアルバ。 父ハーツクライでマイル、というのもなんだかなという感じですが、10番人気のバトルマイスター相手に接戦では、ちと先々苦労しそうな感じもします。 自分の分だけ…

若葉S3着→福島の500万下。さすがに力が違ったか。酒井学騎手も期待の1頭@2018ひめさゆり賞・ロードアクシス。

父ブレイクランアウトというと、武豊騎手で1番人気になった朝日杯が浮かびます。 マイラーだったイメージはありますが、産駒で2000m芝をこなす馬が出たというのは生産者サイドからするとうれしい誤算ではないでしょうか。 栗東・奥村豊厩舎管理馬のロ…

「レースを覚えてきている」by丸田。父ヨハネスブルグはやはり短距離向か?2018沈丁花賞・セイウンクールガイ。

ヨハネスブルグはあまり注目されてきませんでしたが、気づけばフサイチパンドラにも種付けされている、という魅力があるのかないのかわからない血統。 短距離馬、というイメージですが、サウスヴィグラスやスウェプトオーヴァーボードなど、思わぬ大物を出す…

初コンビのユーイチ「高いポテンシャルを感じる」2億8000万円の落札価格に見合うかどうか?2018アザレア賞・スーパーフェザー。

テイエムオペラオーが1000万円で落札されていたというのは有名な話。 そして、最近ではサトノでおなじみの里見オーナーが、昔のフサイチ関口オーナーみたく、「セレクトセールで高い順に買って行けばどれか当たる」的な手法もあってか、ようやくサトノダイヤ…

父アッミラーレから芝マイラー馬が誕生。2018・3歳500万下・ディアジラソル。

アッミラーレといえば札幌など小回りのダートで一発、というイメージがあった馬で、種牡馬入りしていることを知っている方も少ないのではないでしょうか。 母系が芝適性を底上げするとはいえ、生産者の意図としてはダート馬を作りたいからアッミラーレをつけ…

直線の追い比べを制し2勝目ゲット。ハービンジャー産駒今年もいけるのか?2018山吹賞・レイエスプランドル。

ハナ差でも余力十分な勝利。 2018年の石橋脩騎手、かなり乗れてます。 父ハービンジャー、母レイナソフィアから生まれたレイエスプランドル。 順調なら日本ダービーを狙う、とのことですが、ハービンジャー産駒だけに秋によくなりそう。 春より秋、が馬券の…

毎日杯8着から巻き返し。「500万下なら力が上」by浜中。2018あずさ賞・アルムフォルツァ。

まさかの6頭立てという少頭数で行われた2018年あずさ賞。 芝2400mの500万下条件ということで、この距離が思ったほど人気がないのかわかりませんが、勝ったのは2番人気のアルムフォルツァ。 父ハーツクライ、母タガノスティード。 2着が3番人気のトーセン…

クビ差辛勝もヤネは「完勝」。藤原英昭厩舎エポカドーロに続き第二の矢か?新緑賞・グレートウォリアー。

高額馬だけに結果が欲しかったディープインパクト産駒のグレートウォリアー。 栗東・藤原英昭厩舎としてはエポカドーロで皐月賞制覇したものの、手ごまは多いほうがいい。 そういった意味で、ようやく2勝目ということで、京都新聞杯あたりならダービー切符…

ヴィクトリーのおい、スタミナがあるbyデムーロ。アドミラブルのリベンジなるか?2018アルメリア賞・フランツ。

2018年はディープインパクト産駒が正直物足りない。 そしてハーツクライ産駒もぱっとしていないのが現状です。 さすがに長期政権をキングカメハメハ含め担ってきたわけですが、新たな血脈が流行らないと日本にとっても今後心配、という側面はあります。 とは…

「逃げたほうが強い馬」by中谷雄太。思惑通り危なげなし。2018萌黄賞・モズスーパーフレア。

父スパイツタウンといえば、リエノテソーロでおなじみの美浦・武井厩舎がよく知っている血統かもしれません。 が、栗東・音無厩舎のスパイツタウン産駒もまた、1200mから1600mが適性のようで、ある意味使いやすい産駒かもしれません。 昨年の小倉2歳Sから人…

能力もスタミナももある。長く脚を使うタイプbyミルコ・デムーロ。2018ゆきやなぎ賞・サトノワルキューレ。

サトノフェイバーがまさかの戦線離脱となってしまったサトノ軍団。 きさらぎ賞勝ち馬ということで、3冠すべて本賞金だけでいけそうだっただけに痛すぎる戦線離脱。 個人的にはサトノオンリーワンに期待していた今年の3歳世代ですが、堀調教師が管理していて…

「早め早めに動いて」by津村。結果的に大正解。3戦連続2着にさよならいおん。2018フローラルウォーク賞・ミュージアムヒル。

人気を背負って早め早め、という競馬をすると、何かしらに差されてしまうイメージもありますが、さすがに3戦連続2着となるとそうもいっていられない。 というのが、父ハーツクライ・母ロペットチャペルから生まれたミュージアムヒル。 マイルで勝ってますが…

前走芝で大敗もダートでしっかり巻き返し。メイショウ3頭出しは人気薄のこの馬@2018昇竜S・メイショウヒサカタ。

父シニスターミニスターという面を考えればダートなら問題なし、いやむしろ買いでしょ、という結果になったのが2018昇竜S。 前走は芝で前に行ってバテて大敗でしたが、あくまで舞台が芝。 タマモアモーレ、メイショウオーパスと人気馬2頭をひっさげて見事勝…

全4戦コンビの武豊「一戦ごとによくなっている」。2018つばき賞・ユーキャンスマイル。

父キングカメハメハ。 母ムードインディゴ。 金子真人配合といえるユーキャンスマイルは、皐月賞には間に合いませんが、まだまだダービー、菊花賞にはいけそうな強さを見せつけ、未勝利戦に続いての連勝。 高額馬で話題のシルヴァンジャーはまたも勝てず3着…

「距離が延びても問題ないし楽しみな馬」byルメール。2018フリージア賞・ギベオン。

父ディープインパクト・母コンテスティッドから生まれた社台所有のギベオン。 いいメンバーが集まった500万条件だったわけですが、東京の2000mで勝利したのは大きい。 ダービートライアルのプリンシパルSあたりならさらに連勝が伸びそうな予感。 ル…

17頭を引き連れて「完封」。余裕の逃げ切りでオープン入り@2018かささぎ賞・ラブカンプー!

サクラバクシンオーは今ではキタサンブラックの母の父、として有名になっていますが、障害の一流馬を出していたり、日本でも名種牡馬の域に入っていた種牡馬。 後継となっているのがショウナンカンプなわけですが、まだまだ父の域にまでは至っていません。 …

「控えても競馬ができそう」by戸崎圭太。オルフェ産駒が2戦連続逃げ切り勝利。2018あすなろ賞・エポカドーロ。

母ダイワパッション。 となるとマイル以下かな、と思っていましたが、父にオルフェーブルをつけたところ2000mまでいける馬になったようです。 とはいえG1の香りはまだまだしない状況。 展開に恵まれた逃げ、ということもあり、今後は控える競馬で味が出るか…

ホエールキャプチャの全弟が京都で吼えた。2018こぶし賞・パクスアメリカーナ。

父クロフネ 母グローバルピース となるとやはりホエールキャプチャが浮かびますが、全弟はイメージが違う馬名がついてパクスアメリカーナ。 なんとなくローマンエンパイアを思い出すような名前です。 昨年の未勝利戦勝利から連勝を決めましたが、NHKマイルカ…

3馬身半差の楽勝。追っ手からもいい脚by藤岡康太。シルクフォーチュンなるか?2018くすのき賞・コマビショウ。

栗東・南井厩舎といえばほぼ主戦は古川騎手、というイメージが最近はありますが、この馬は藤岡康太騎手。 ダートの追い込み、といえばシルクフォーチュンと藤岡康太、というイメージがわたしの中ではいまだにあるので、そういった意味で父エンパイアメーカー…