見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2018新馬・未勝利

「最後までよく踏ん張ってくれた」by北村宏。2018メイクデビュー福島・クリスタルバローズ。

父ヴィクトワールピサ、母クロスバラードから生まれた美浦・奥村厩舎管理のクリスタルバローズ。 個人的にはバローズはダート、というイメージがありますが、この馬は芝中距離砲として今後活躍してきそうです。 デニムアンドルビー、キタノコマンドールの半…

ワグネリアン近親のブラックタイド産駒。栗東・清水久厩舎、キタサンブラックに続くか。2018メイクデビュー京都・アックアアルタ。

実況泣かせの馬名、というのが世の中存在します。 そういった意味で、この馬名はなかなかつらいものがあるのではないでしょうか。 父ブラックタイド、母アガルタから生まれたアックアアルタ。 道中は後方2,3番手から競馬をし直線でスムーズに抜け出し勝利…

「文句なし。これなら距離延びても」by藤原英調教師。2018メイクデビュー阪神・ヴァンドギャルドと北村友一。

父ディープインパクトということで、どうしても人気になるわけですが、きっちり1番人気に応えて勝利したのが、エポカドーロはじめ、クラシック、古馬G1で存在感を見せ付ける栗東・藤原英厩舎所属のヴァンドギャルドです。 社台ファームの所有馬ということで…

「フットワークが速くて切れ味がある。能力のある馬」ルメール絶賛。2018メイクデビュー中山・ルガールカルム。

デビューから単勝1.2倍という支持を受けたのがロードカナロア産駒のルガールカルム。 母サンデースマイルⅡということで、フルーキーの半妹になります。 フットワークが速くて切れ味がある。能力がある馬、というのが騎乗したルメール騎手のジャッジ。 サンデ…

武豊騎手3999勝目はジェニアルの弟。メイクデビュー阪神・ゴータイミング。

武豊騎手4000勝の偉業達成なった2018年ですが、そのひとつ手前の3999勝目となったのが、白とグレーの勝負服でおなじみのキーファーズの所有馬・ゴータイミング。 父ディープインパクト・母サラフィナ、という日本ではなく欧州でギニー走らせたほうがよくない…

良血リオンリオンとの対決を制したディアデラノビア産駒@メイクデビュー札幌・カウディーリョとモレイラ騎手。

父キングカメハメハ・母ディアデラノビアから生まれたカウディーリョ。 美浦・堀厩舎の管理馬ということで、基本外国人騎手騎乗が多いだけに、モレイラ騎手とのコンビも違和感なし。 兄姉にディアデラマドレ、ドレッドノータスがいるキャロットおなじみの配…

菊花賞馬・フィエールマンの弟が白星デビュー。2018メイクデビュー東京・ラストヌードル。

父がオルフェーブルにかわりましたが、菊花賞を4戦で制したフィエールマンの弟ということもあり注目が集まったラストヌードル。 1番人気こそモズカクシダマに譲ったものの、2番手追走からそつなく抜け出し快勝。 ヤネは田辺騎手、厩舎は美浦・手塚厩舎という…

ワグネリアンの全弟・カントルを差して勝利。上がり33秒台は秀逸。2018メイクデビュー京都・サトノウィザード。

父ロードカナロア、母ブロードストリートということで、両馬ともに現役時代を知っている競馬ファンは多いのではないでしょうか。 母は中距離タイプ、ということもあり、アーモンドアイが距離をもたせたこともあってか、芝2000mをデビュー戦に選択。 見事期待…

スタートで後手も巻き返し。荒くれ者の父の血か?2018メイクデビュー京都・エングレーバーと浜中俊。

2018年はキャロットの勝負服があまり目立たないまま残り2ヶ月ちょっとになりました。 そんな中、栗東・中内田厩舎からまたもスター候補が誕生。 父オルフェーブル、母マルティンスタークの間から生まれたエングレーバー。 スタートで後手をふんだものの、芝2…

圧巻の10馬身差楽勝。「ポテンシャルはかなりのもの」byルメール。2018メイクデビュー東京・メイクハッピー。

美浦・新開調教師というと、まだまだこれからというイメージもありますが、この馬で来年は飛躍の1年になるか、注目したい。 そんな1頭が、父スクエアエディー、母シラールールズという日本では???な血統のメイクハッピー。 好位の3番手追走から直線抜…

「ギブアップせずに最後まで頑張ってくれた」byモレイラ。行き場を失った1番人気馬@メイクデビュー東京・ブーザー。

父マンハッタンカフェ・母マンドゥラとの間に生まれた美浦・堀厩舎のブーザー。 金子真人HDの所有馬で美浦の出世馬というと、やはり国枝厩舎のアパパネになるんでしょうが、直線で前が狭くなり大外に切り返すロスがありながら、見事藤田菜七子騎手騎乗のゴー…

マリアライト&クリソライトの弟がダートで7馬身差圧勝。2018メイクデビュー阪神・クリソベリル。

父ゴールドアリュールという時点で、ダート向きかなと思える配合ですが、兄・姉には芝でもダートでもいけそうな感じのマリアライト、クリソライトがいるだけに、デビュー戦はダートを選択も今後の行方が気になるのが、栗東・音無厩舎の管理馬・クリソベリル…

「完璧。余力があったしこれから強くなる」byルメール。2018メイクデビュー阪神・ビーチサンバ。

金子真人HD所有、というだけでクラシックの匂いがしてくるわけですが、母フサイチパンドラからようやく怪物が出てきたように、久しぶりにこの馬からも大物なるか、注目なのが母フサイチエアデール。 フサイチリシャールでおなじみの父クロフネのビーチサンバ…

アイルランド産のジャスタウェイ産駒が重馬場で突き抜ける。メイクデビュー阪神・シャドウエンペラー。

父ジャスタウェイ、母リージェンシーから生まれたシャドウエンペラー。 今のところマイル前後の産駒が多く出ているジャスタウェイ産駒ですが、この馬もこのくらいの距離が合うようです。 そして注目はアイルランド産という点。 和田騎手、管理する栗東・岡田…

リリーノーブル弟がダノンプレミアム妹を撃破。2018メイクデビュー阪神・エクザルフと川田騎手。

6頭立てと少頭数になったものの、今年のクラシックを騒がせたリリーノーブルの弟とダノンプレミアムの妹が激突、というハイレベルなレースになったのが、芝2000mのメイクデビュー阪神。 栗東・松下武士厩舎の管理馬の父バゴ、母ピュアチャプレットから生まれ…

32歳バースデーを自身で祝う2馬身半差。2018メイクデビュー中山・リバーシブルレーンと大野拓弥。

スローペースの好位から抜け出した2番人気のリバーシブルレーン。 美浦・高木登厩舎の管理馬ということで、やはりタッグは大野騎手。 父ハーツクライ、母カウアイレーンということで、芝2000mを選択したのも間違いないところ。 今年の京都新聞杯を勝ったス…

3年前の兄プロフェットと同じ舞台で弟も圧勝。モレイラ「成長が楽しみ」@2018メイクデビュー札幌・クラージュゲリエ。

スローペースの中団を追走した2番人気のクラージュゲリエ。 栗東池江厩舎の管理馬ということで、期待もあつまったわけですが、ゴーサインが出されるとあっという間に後続に2馬身差の圧勝劇。 京成杯を勝った兄プロフェットについで、札幌芝1800mでのデビ…

アルママとの良血対決を制してきょうだい10頭目の勝ち上がり。2018メイクデビュー札幌・レーヴドカナロア。

レーヴディソールやレーヴミストラルなど、冠ではないですが「レーヴ」がつくと強い馬。 それがレーヴドスカーにロードカナロアをつけて生まれたこてこての馬名でもあるレーヴドカナロアです。 厩舎は一風変わったといっては失礼ですが、栗東・斉藤崇志厩舎…

390キロ。非凡な決め手披露でストレイトガールの妹が白星発進。2018メイクデビュー新潟・ビックピクチャー。

中団で脚をためた1番人気のビックピクチャー。 父ディープインパクト、母ネヴァーピリオドから生まれた2歳牝馬で、栗東・藤原厩舎の管理馬です。 ヴィクトリアマイル連覇を果たしたストレイトガールの半妹ということで、現状390キロと成長がほしい馬体なが…

思い出の函館1200mでパドトロワ産駒が白星発進。父譲りのスピードで快勝@メイクデビュー函館・ジゴロ。

3番手追走から直線抜け出しで5馬身差圧勝。 これだけ見ると大物感たっぷりなのが父パドトロワからうまれたジゴロです。 洋芝巧者だった父の血は健在といったところ。 父は函館スプリントSなどG3を3勝という短距離血統。今年がファーストクロップになるわ…

岩田「余裕があった」外から鮮やか差し切り。母・姉に続き函館で初陣勝利@2018メイクデビュー函館・アフランシール。

母ルシュクル、父ハーツクライから生まれたアフランシール。 この血統でおなじみのノースヒルズの生産馬です。 母はOPすずらん賞、姉のブランボヌールは函館2歳S、キーンランドカップを制しており、洋芝、特に函館巧者として名高かった馬たち。 父がハーツク…

藤沢厩舎・フランケル産駒・ルメール。ソウルスターリング再来か?2018メイクデビュー札幌・ミリオンドリームズ。

先行勢の後ろで折り合いよく進んだフランケル娘・ミリオンドリームズ。 単勝1.7倍の支持を受けての勝利で、今後への期待も高まります。 まだ子供っぽいけど、まじめな馬で、直線はいい反応でした。追いきりをやるごとによくなってきたし、次はもっとシャ…

「能力すごく高い。これからもっとよくなりそう」byデムーロ。ビッシュ弟白星発進。2018メイクデビュー新潟・ホウオウサーベル。

美浦・奥村厩舎の管理馬で、父ハーツクライ、母バランセラから生まれたホウオウサーベル。 G1こそ届いていないものの素質はG1級と期待されていたビッシュの半弟で、まだまだ精神面、肉体面ともに子供というジャッジもありますが、今後は秋の備え一息入れると…

「けいこ通りの伸び」調教にも騎乗の池添騎手が高評価。2018メイクデビュー函館・ラブミーファイン。

冠コパノ、ラブミーでおなじみ、最近は冠なしの馬もいますが、Dr.コパの所有馬ラブミーファイン。 父ジャスタウェイ・母ヤマノラヴ。 芝1800mデビューで次はコスモス賞というのは順当なローテに思えますが、函館2歳S参戦の話もあるようです。 1.3倍と圧…

「気性も前向き。いい勝ち方ができた」byユーイチ。2018メイクデビュー中京・カテドラル。

ダート馬の弟もダート馬、という単純な図式にならないのが競馬の奥深いところかもしれません。 エルムS勝ち馬・ジュベルムーサの半弟で父ハーツクライに変わった4番人気のカテドラル。 ダンゼン人気のダノンチェイサー、ヴィクトリアマイル連覇のヴィルシー…

ブラックエンブレム娘が仕上がり早でレコード1秒4更新。圧巻の逃げ切り@メイクデビュー函館・ウィクトーリア。

2008年の秋華賞勝ち馬・ブラックエンブレムといえば、丸刈りの岩田騎手とのコンビの印象がいまだにありますが、気づけばあれから10年。 大物と追いきりから期待されていたのが母と同じ美浦・小島茂厩舎管理のウィクトーリア。 父ヴィクトワールピサという…

4年連続2歳馬勝ちあがり。クロウキャニオンと似た孝行母さん@2018メイクデビュー福島・ボスジラ。

金子真人HDと田辺騎手。 このコンビではまだG1制覇は成し遂げられていませんが、とにかくクラシックに縁がありすぎるオーナーの馬だけに、田辺騎手もこの馬はなんとかものにしたい、と考えているのではないでしょうか? 福島デビューというとやや期待薄に思…

危なげない快勝に「調教よりも実戦タイプ」byユーイチ。ディープのおいが白星発進。2018メイクデビュー中京・ドラウプニル。

父ディープインパクト、母ヴェルサンディ。 栗東・斉藤厩舎の管理馬・ドラウプニルが福永騎手騎乗でまずは快勝。 スタートもよく荒れた中京の馬場も、うまく馬場のいいところをさばいて勝利。 調教よりも実戦タイプ、というジャッジでしたが、正直、重賞、オ…

ムチなし楽勝。スピード・スタミナ・フットワーク。ルメール絶賛@2018メイクデビュー東京・アガラス!

スピードもスタミナも完備。 フットワークも大きい。 距離は2000m以上でも全然問題ないと思うよ。 仮にリップサービスだとしても、デビュー初戦快勝の2歳馬に向けた賛辞にしては、期待値が高い。 そう思えるのが父ブラックタイド、母ロッシェノワールから生…

2018年の新種牡馬勝ちはジャスタウェイが第一号!2018メイクデビュー阪神・アウィルアウェイ。

発音しにくい馬は大坪さんなど、実況に困るのでシンプルにしてあげて。 と思うのが、ハーツクライの後継種牡馬としても期待が高いジャスタウェイ産駒のアウィルアウェイ。 アイルアウエーと読めばまあどうにあ実況にはなるんですけども。 母ウィルパワーから…