見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2018新馬・未勝利

BUセール出身の素質馬にモレイラ「能力高い」。大外まくりで豪快勝利@2018メイクデビュー札幌・モンテアーサー。

BU出身ということで、セレクトセール出身より地味な印象もありますが、父シンボリクリスエス、母ラストワルツから生まれたモンテアーサーは、なかなかのインパクトを残してのデビューとなりました。 1700万という落札価格はJRAブリーズアップセールではなか…

「現時点で言うことなし」by浜中。8馬身差圧勝のジャスタウェイ産駒。2018メイクデビュー小倉・ヴェロックス。

金子真人HDと栗東・中内田厩舎というのもこれまででは珍しいかもしれません。 ダノンのイメージが強い厩舎ですが、金子真人HDの勝負服となると、やはり注目せざるを得ません。 母セルキスとの間に生まれたヴェロックス。 真夏の小倉芝1800mデビューとな…

ジェンティルドンナ全妹が白星発進。「乗りやすかった」byルメール。2018メイクデビュー新潟・ドナアトラエンテ。

個人的な主観ですが、実況泣かせの馬に大物はいない、というのがあります。 これまでの名馬は発音しやすい馬が多い印象があります。 わたしの中ではディアデラノビアがけっこう発音しにくく、早口がきついイメージがありましたが、ジェンティルドンナの全妹…

「ジョッキーが早めの競馬をしてくれた」by池添師。2018メイクデビュー阪神・ディグラーシャとミルコ・デムーロ。

1番人気の池添学厩舎所属のディープインパクト産駒・ディグラーシャ。 牝馬ながら芝1800mのメイクデビューで牡馬と対戦。 スタートはあまり速くありませんでしたが、直線はしっかりと伸びてまずは1勝。 カイ食いがよくなく、パドックでも細かったという…

「力のいる馬場も得意なようだね」byミルコ・デムーロ。ハービンジャーなら納得か?2018メイクデビュー阪神・グラディーヴァ。

芝1800mで行われた2018年12月22日のメイクデビュー阪神。 父ハービンジャー・母カノーロから生まれたグラディーヴァは栗東・中竹厩舎の管理馬。 デムーロ騎手騎乗にしては珍しく6番人気の低評価。 2番人気になったウラノメトリアがレベルが高いと思っていた…

母シーイズトウショウの主戦池添騎手「もっとよくなりそう」@2018メイクデビュー中山・ブレイブメジャー。

スティルインラブの牝馬3冠はいずれも2番人気によるもので、珍しいというか、おそらく史上初ではないかと思います。 そんなスティルインラブの1冠目・桜花賞の2着馬がサクラバクシンオー産駒のシーイズトウショウ。 トウショウの勝負服といえば平成はやはり…

アドマイヤラクティのおいが白星発進。2018メイクデビュー中山・ジュピターズライトと丸山元気。

父ハービンジャー・母サトノジュピターから生まれたシルクレーシング所有のジュピターズライト。 美浦・金成厩舎の管理馬で、デビュー戦は6番人気で迎えました。 おじにコーフィールドカップ勝ち馬のアドマイヤラクティがいる血統ということで、やはり距離は…

「とても乗りやすくて、どんな競馬にも対応できそう」by松山。2018メイクデビュー小倉・ルタンブル。

エイシンフラッシュといえば日本ダービー馬であると同時に、デムーロ騎手とのコンビでおなじみの秋の天皇賞勝ち馬。 種牡馬入りしてはいますが、なかなかいい繁殖にめぐり合えていない印象もあります。 母コスモライセンスとの間に生まれたルタンブルは2000m…

地方の名手とダービートレーナーのタッグ。2018メイクデビュー新潟・レッドアネモスと森泰斗。

父ヴィクトワールピサ・母マチカネハヤテから生まれたレッドアネモス。 栗東・友道厩舎の管理馬ということで、今年の日本ダービーをワグネリアンと福永祐一騎手で制覇したトレーナー。 「いい馬」「センスがある」と騎乗した森騎手、友道調教師ともに褒めた…

戦線復帰後初勝利。若武者・坂井が帰ってきてもがんばれ!2018メイクデビュー阪神・ヒンドゥタイムズと中谷雄太。

2019年開幕です。新年明けましておめでとうございます。 昨年の2018年は最初から最後まで外国人騎手旋風が吹き荒れて終わりましたが、新年号でリスタートとなる今年、競馬界ははたしてどんな風が吹くのでしょうか。 ロードカナロアがサートゥルナリアでホー…

伝説の新馬戦。菊花賞当日の京都芝1800mを制したのはワールドエース全弟・メイクデビュー京都・ワールドプレミア。

父ディープインパクト・母マンデラということで、クラシックに届きそうで届かなかったワールドエースの全弟がワールドプレミアです。 これだけご大層な名前がついたということもあり、セレクトセールの落札価格はなんと2億4000万円。 元が取れるとは正直思え…

エアグルーヴの孫が2番手抜け出しで快勝。2018メイクデビュー東京・ランフォザローゼス。

ランフォザ、ときくと、わたしはランフォザドリームが浮かびますが、冠じゃないので、別にいいのか。 今年の2歳馬が絶好調の美浦・藤沢厩舎からまたも有力な馬が登場。 父キングカメハメハ・母ラストグルーヴということで、エアグルーヴから続く系譜、かつド…

モレイラ「能力高い」ウオッカの仔で初の新馬勝ちの偉業達成。2018メイクデビュー東京・タニノミッション。

父フランケルなど、わりと重たい種牡馬を中心に種付けされているのがウオッカ。 これまでは古馬になってからよくなってくる産駒は出てきたものの、早いうちに活躍する馬がほぼ皆無だった印象もあります。 そんな中、父をかえるとここまで変わるか、と思える…

マウントロブソン、クロフネの近親の金子真人配合馬がまたも快勝。メイクデビュー札幌・レースガーデン。

母ウィンターコスモスも父ディープインパクトも、金子真人HDが持っていた馬、ということで、ラブリーデイはじめ、もはや自家生産で重賞なら楽に勝てる、という個人馬主とは思えないレベルにきています。 今年のエプソムカップ3着馬のグリュイエールの全弟・…

「最後までよく踏ん張ってくれた」by北村宏。2018メイクデビュー福島・クリスタルバローズ。

父ヴィクトワールピサ、母クロスバラードから生まれた美浦・奥村厩舎管理のクリスタルバローズ。 個人的にはバローズはダート、というイメージがありますが、この馬は芝中距離砲として今後活躍してきそうです。 デニムアンドルビー、キタノコマンドールの半…

ワグネリアン近親のブラックタイド産駒。栗東・清水久厩舎、キタサンブラックに続くか。2018メイクデビュー京都・アックアアルタ。

実況泣かせの馬名、というのが世の中存在します。 そういった意味で、この馬名はなかなかつらいものがあるのではないでしょうか。 父ブラックタイド、母アガルタから生まれたアックアアルタ。 道中は後方2,3番手から競馬をし直線でスムーズに抜け出し勝利…

「文句なし。これなら距離延びても」by藤原英調教師。2018メイクデビュー阪神・ヴァンドギャルドと北村友一。

父ディープインパクトということで、どうしても人気になるわけですが、きっちり1番人気に応えて勝利したのが、エポカドーロはじめ、クラシック、古馬G1で存在感を見せ付ける栗東・藤原英厩舎所属のヴァンドギャルドです。 社台ファームの所有馬ということで…

「フットワークが速くて切れ味がある。能力のある馬」ルメール絶賛。2018メイクデビュー中山・ルガールカルム。

デビューから単勝1.2倍という支持を受けたのがロードカナロア産駒のルガールカルム。 母サンデースマイルⅡということで、フルーキーの半妹になります。 フットワークが速くて切れ味がある。能力がある馬、というのが騎乗したルメール騎手のジャッジ。 サンデ…

武豊騎手3999勝目はジェニアルの弟。メイクデビュー阪神・ゴータイミング。

武豊騎手4000勝の偉業達成なった2018年ですが、そのひとつ手前の3999勝目となったのが、白とグレーの勝負服でおなじみのキーファーズの所有馬・ゴータイミング。 父ディープインパクト・母サラフィナ、という日本ではなく欧州でギニー走らせたほうがよくない…

良血リオンリオンとの対決を制したディアデラノビア産駒@メイクデビュー札幌・カウディーリョとモレイラ騎手。

父キングカメハメハ・母ディアデラノビアから生まれたカウディーリョ。 美浦・堀厩舎の管理馬ということで、基本外国人騎手騎乗が多いだけに、モレイラ騎手とのコンビも違和感なし。 兄姉にディアデラマドレ、ドレッドノータスがいるキャロットおなじみの配…

菊花賞馬・フィエールマンの弟が白星デビュー。2018メイクデビュー東京・ラストヌードル。

父がオルフェーブルにかわりましたが、菊花賞を4戦で制したフィエールマンの弟ということもあり注目が集まったラストヌードル。 1番人気こそモズカクシダマに譲ったものの、2番手追走からそつなく抜け出し快勝。 ヤネは田辺騎手、厩舎は美浦・手塚厩舎という…

ワグネリアンの全弟・カントルを差して勝利。上がり33秒台は秀逸。2018メイクデビュー京都・サトノウィザード。

父ロードカナロア、母ブロードストリートということで、両馬ともに現役時代を知っている競馬ファンは多いのではないでしょうか。 母は中距離タイプ、ということもあり、アーモンドアイが距離をもたせたこともあってか、芝2000mをデビュー戦に選択。 見事期待…

スタートで後手も巻き返し。荒くれ者の父の血か?2018メイクデビュー京都・エングレーバーと浜中俊。

2018年はキャロットの勝負服があまり目立たないまま残り2ヶ月ちょっとになりました。 そんな中、栗東・中内田厩舎からまたもスター候補が誕生。 父オルフェーブル、母マルティンスタークの間から生まれたエングレーバー。 スタートで後手をふんだものの、芝2…

圧巻の10馬身差楽勝。「ポテンシャルはかなりのもの」byルメール。2018メイクデビュー東京・メイクハッピー。

美浦・新開調教師というと、まだまだこれからというイメージもありますが、この馬で来年は飛躍の1年になるか、注目したい。 そんな1頭が、父スクエアエディー、母シラールールズという日本では???な血統のメイクハッピー。 好位の3番手追走から直線抜…

「ギブアップせずに最後まで頑張ってくれた」byモレイラ。行き場を失った1番人気馬@メイクデビュー東京・ブーザー。

父マンハッタンカフェ・母マンドゥラとの間に生まれた美浦・堀厩舎のブーザー。 金子真人HDの所有馬で美浦の出世馬というと、やはり国枝厩舎のアパパネになるんでしょうが、直線で前が狭くなり大外に切り返すロスがありながら、見事藤田菜七子騎手騎乗のゴー…

マリアライト&クリソライトの弟がダートで7馬身差圧勝。2018メイクデビュー阪神・クリソベリル。

父ゴールドアリュールという時点で、ダート向きかなと思える配合ですが、兄・姉には芝でもダートでもいけそうな感じのマリアライト、クリソライトがいるだけに、デビュー戦はダートを選択も今後の行方が気になるのが、栗東・音無厩舎の管理馬・クリソベリル…

「完璧。余力があったしこれから強くなる」byルメール。2018メイクデビュー阪神・ビーチサンバ。

金子真人HD所有、というだけでクラシックの匂いがしてくるわけですが、母フサイチパンドラからようやく怪物が出てきたように、久しぶりにこの馬からも大物なるか、注目なのが母フサイチエアデール。 フサイチリシャールでおなじみの父クロフネのビーチサンバ…

アイルランド産のジャスタウェイ産駒が重馬場で突き抜ける。メイクデビュー阪神・シャドウエンペラー。

父ジャスタウェイ、母リージェンシーから生まれたシャドウエンペラー。 今のところマイル前後の産駒が多く出ているジャスタウェイ産駒ですが、この馬もこのくらいの距離が合うようです。 そして注目はアイルランド産という点。 和田騎手、管理する栗東・岡田…

リリーノーブル弟がダノンプレミアム妹を撃破。2018メイクデビュー阪神・エクザルフと川田騎手。

6頭立てと少頭数になったものの、今年のクラシックを騒がせたリリーノーブルの弟とダノンプレミアムの妹が激突、というハイレベルなレースになったのが、芝2000mのメイクデビュー阪神。 栗東・松下武士厩舎の管理馬の父バゴ、母ピュアチャプレットから生まれ…

32歳バースデーを自身で祝う2馬身半差。2018メイクデビュー中山・リバーシブルレーンと大野拓弥。

スローペースの好位から抜け出した2番人気のリバーシブルレーン。 美浦・高木登厩舎の管理馬ということで、やはりタッグは大野騎手。 父ハーツクライ、母カウアイレーンということで、芝2000mを選択したのも間違いないところ。 今年の京都新聞杯を勝ったス…