見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2018新馬・未勝利

アイルランド産のジャスタウェイ産駒が重馬場で突き抜ける。メイクデビュー阪神・シャドウエンペラー。

父ジャスタウェイ、母リージェンシーから生まれたシャドウエンペラー。 今のところマイル前後の産駒が多く出ているジャスタウェイ産駒ですが、この馬もこのくらいの距離が合うようです。 そして注目はアイルランド産という点。 和田騎手、管理する栗東・岡田…

リリーノーブル弟がダノンプレミアム妹を撃破。2018メイクデビュー阪神・エクザルフと川田騎手。

6頭立てと少頭数になったものの、今年のクラシックを騒がせたリリーノーブルの弟とダノンプレミアムの妹が激突、というハイレベルなレースになったのが、芝2000mのメイクデビュー阪神。 栗東・松下武士厩舎の管理馬の父バゴ、母ピュアチャプレットから生まれ…

32歳バースデーを自身で祝う2馬身半差。2018メイクデビュー中山・リバーシブルレーンと大野拓弥。

スローペースの好位から抜け出した2番人気のリバーシブルレーン。 美浦・高木登厩舎の管理馬ということで、やはりタッグは大野騎手。 父ハーツクライ、母カウアイレーンということで、芝2000mを選択したのも間違いないところ。 今年の京都新聞杯を勝ったス…

3年前の兄プロフェットと同じ舞台で弟も圧勝。モレイラ「成長が楽しみ」@2018メイクデビュー札幌・クラージュゲリエ。

スローペースの中団を追走した2番人気のクラージュゲリエ。 栗東池江厩舎の管理馬ということで、期待もあつまったわけですが、ゴーサインが出されるとあっという間に後続に2馬身差の圧勝劇。 京成杯を勝った兄プロフェットについで、札幌芝1800mでのデビ…

アルママとの良血対決を制してきょうだい10頭目の勝ち上がり。2018メイクデビュー札幌・レーヴドカナロア。

レーヴディソールやレーヴミストラルなど、冠ではないですが「レーヴ」がつくと強い馬。 それがレーヴドスカーにロードカナロアをつけて生まれたこてこての馬名でもあるレーヴドカナロアです。 厩舎は一風変わったといっては失礼ですが、栗東・斉藤崇志厩舎…

390キロ。非凡な決め手披露でストレイトガールの妹が白星発進。2018メイクデビュー新潟・ビックピクチャー。

中団で脚をためた1番人気のビックピクチャー。 父ディープインパクト、母ネヴァーピリオドから生まれた2歳牝馬で、栗東・藤原厩舎の管理馬です。 ヴィクトリアマイル連覇を果たしたストレイトガールの半妹ということで、現状390キロと成長がほしい馬体なが…

思い出の函館1200mでパドトロワ産駒が白星発進。父譲りのスピードで快勝@メイクデビュー函館・ジゴロ。

3番手追走から直線抜け出しで5馬身差圧勝。 これだけ見ると大物感たっぷりなのが父パドトロワからうまれたジゴロです。 洋芝巧者だった父の血は健在といったところ。 父は函館スプリントSなどG3を3勝という短距離血統。今年がファーストクロップになるわ…

岩田「余裕があった」外から鮮やか差し切り。母・姉に続き函館で初陣勝利@2018メイクデビュー函館・アフランシール。

母ルシュクル、父ハーツクライから生まれたアフランシール。 この血統でおなじみのノースヒルズの生産馬です。 母はOPすずらん賞、姉のブランボヌールは函館2歳S、キーンランドカップを制しており、洋芝、特に函館巧者として名高かった馬たち。 父がハーツク…

藤沢厩舎・フランケル産駒・ルメール。ソウルスターリング再来か?2018メイクデビュー札幌・ミリオンドリームズ。

先行勢の後ろで折り合いよく進んだフランケル娘・ミリオンドリームズ。 単勝1.7倍の支持を受けての勝利で、今後への期待も高まります。 まだ子供っぽいけど、まじめな馬で、直線はいい反応でした。追いきりをやるごとによくなってきたし、次はもっとシャ…

「能力すごく高い。これからもっとよくなりそう」byデムーロ。ビッシュ弟白星発進。2018メイクデビュー新潟・ホウオウサーベル。

美浦・奥村厩舎の管理馬で、父ハーツクライ、母バランセラから生まれたホウオウサーベル。 G1こそ届いていないものの素質はG1級と期待されていたビッシュの半弟で、まだまだ精神面、肉体面ともに子供というジャッジもありますが、今後は秋の備え一息入れると…

「けいこ通りの伸び」調教にも騎乗の池添騎手が高評価。2018メイクデビュー函館・ラブミーファイン。

冠コパノ、ラブミーでおなじみ、最近は冠なしの馬もいますが、Dr.コパの所有馬ラブミーファイン。 父ジャスタウェイ・母ヤマノラヴ。 芝1800mデビューで次はコスモス賞というのは順当なローテに思えますが、函館2歳S参戦の話もあるようです。 1.3倍と圧…

「気性も前向き。いい勝ち方ができた」byユーイチ。2018メイクデビュー中京・カテドラル。

ダート馬の弟もダート馬、という単純な図式にならないのが競馬の奥深いところかもしれません。 エルムS勝ち馬・ジュベルムーサの半弟で父ハーツクライに変わった4番人気のカテドラル。 ダンゼン人気のダノンチェイサー、ヴィクトリアマイル連覇のヴィルシー…

ブラックエンブレム娘が仕上がり早でレコード1秒4更新。圧巻の逃げ切り@メイクデビュー函館・ウィクトーリア。

2008年の秋華賞勝ち馬・ブラックエンブレムといえば、丸刈りの岩田騎手とのコンビの印象がいまだにありますが、気づけばあれから10年。 大物と追いきりから期待されていたのが母と同じ美浦・小島茂厩舎管理のウィクトーリア。 父ヴィクトワールピサという…

4年連続2歳馬勝ちあがり。クロウキャニオンと似た孝行母さん@2018メイクデビュー福島・ボスジラ。

金子真人HDと田辺騎手。 このコンビではまだG1制覇は成し遂げられていませんが、とにかくクラシックに縁がありすぎるオーナーの馬だけに、田辺騎手もこの馬はなんとかものにしたい、と考えているのではないでしょうか? 福島デビューというとやや期待薄に思…

危なげない快勝に「調教よりも実戦タイプ」byユーイチ。ディープのおいが白星発進。2018メイクデビュー中京・ドラウプニル。

父ディープインパクト、母ヴェルサンディ。 栗東・斉藤厩舎の管理馬・ドラウプニルが福永騎手騎乗でまずは快勝。 スタートもよく荒れた中京の馬場も、うまく馬場のいいところをさばいて勝利。 調教よりも実戦タイプ、というジャッジでしたが、正直、重賞、オ…

ムチなし楽勝。スピード・スタミナ・フットワーク。ルメール絶賛@2018メイクデビュー東京・アガラス!

スピードもスタミナも完備。 フットワークも大きい。 距離は2000m以上でも全然問題ないと思うよ。 仮にリップサービスだとしても、デビュー初戦快勝の2歳馬に向けた賛辞にしては、期待値が高い。 そう思えるのが父ブラックタイド、母ロッシェノワールから生…

2018年の新種牡馬勝ちはジャスタウェイが第一号!2018メイクデビュー阪神・アウィルアウェイ。

発音しにくい馬は大坪さんなど、実況に困るのでシンプルにしてあげて。 と思うのが、ハーツクライの後継種牡馬としても期待が高いジャスタウェイ産駒のアウィルアウェイ。 アイルアウエーと読めばまあどうにあ実況にはなるんですけども。 母ウィルパワーから…

父クロフネ。レース運びのうまさは秀逸。1番人気ミディオーサ抑え快勝@2018メイクデビュー東京・エメラルファイト。

2018年6月23,24日と、石川騎手がメイクデビュー東京の土日の芝連勝を飾った第一弾がエメラルファイトとのコンビ。 父クロフネの産駒で牡馬の活躍馬というと、フサイチリシャールのイメージ、牝馬ならホエールキャプチャといったイメージで、やはりマイラーの…

「大きなところを狙える」石川騎手絶賛!ヴィクトワールピサの最高傑作なるか?2018メイクデビュー東京・アンブロークン。

大きいところをまだ勝てていない美浦の石川騎手。 和製ムーアというのは褒め言葉なんでしょうが、ムーア騎手ほどの存在感、何かやってくれるんじゃないかという期待感はまだまだです。 とはいえ、2着に入った4番人気のオメガも、キセキと同じオーナーで期…

母はアメリカG1短距離勝ち馬。父は中距離馬。デビューは芝1200mで正解か?2018メイクデビュー函館・アスターペガサスと小崎騎手。

2018母が短距離馬だから産駒も短距離馬、というほど単純ではないのが競馬でもあり、生産の難しさでもあります。 1200mスペシャリストだったレディブロンドの弟は、あのディープインパクト。 姉が短距離だから弟も、というわけでもなく、なかなか調教師として…

単勝50.6倍。セレクトセール高額落札馬ホウオウライジン撃破。2018メイクデビュー阪神・ブレイキングドーン。

父ヴィクトワールピサ、母アグネスサクラ。 ノースヒルズの勝負服でこの単勝オッズでの勝利というと、なんとなくですが、皐月賞のノーリーズンが浮かんでしまいます。 デビュー戦ということで、血統や追いきりだけでほぼオッズが決まってしまうだけに、ダー…

「デカい仕事をしそう」by岩部絶賛。ダンゼン人気ベルクワイア撃破。2018メイクデビュー東京・トーセンギムレット。

名前にギムレットと入っている。 となると父はやはりタニノギムレット?かと思いきや、なぜかディープブリランテという不思議な馬がトーセンギムレット。 父ディープブリランテ・母エラドゥーラから生まれた2歳牡馬です。 ダンゼン人気のベルクワイアをたた…

「マイルまでなら大丈夫。強かった」byデムーロ。メイクデビュー東京・ロードアクア。

ロードカナロア、タイキシャトルが秋の天皇賞に出ていたら・・・ 誰しも1度は思ったかもしれませんが、アーモンドアイのオークス制覇で、圧倒的なスピード能力のあるマイラーなら、距離はこなせる。 とはいえ、母系の力もまた強いもので、栗東・浅見厩舎か…

タニノギムレット産駒・函館1番星@2018メイクデビュー函館・ウインスピリタス。

タニノギムレット産駒の最高傑作といえばウオッカですが、奇しくもこの記事を書いている2018年7月6日に、ウオッカ管理の角居調教師が酒気帯び運転で逮捕というニュースが入りました。 調教師という仕事だけに、前日のお酒が残っていた可能性が高いわけですが…

母重賞3勝ショウリュウムーン×オルフェーブル=2018メイクデビュー阪神・ショウリュウイクゾ!

母ショウリュウムーンといえば、チューリップ賞勝利、古馬になってからも朝日CCを勝利など、成長力もあった牝馬。 栗東・佐々木厩舎の管理馬だったこもとあってか、産駒のショウリュウイクゾも佐々木厩舎でデビューになりました。 父は皐月賞馬エポカドーロ…

兄にリオンディーズ。アーモンドアイ以上の大物なるか?メイクデビュー阪神・サートゥルナーリアwithミルコ・デムーロ。

栗東・角居厩舎といえば、解散を決めている名門。 ウオッカ以来超大物がいないわけですが、あんな怪物がそうそう出てくるわけでもありません。 そういった意味で、今年の牝馬クラシック2冠馬・アーモンドアイと似ていて、母が現役時代に活躍していた牝馬で…

世代最後の芝の新馬勝ち。全兄はトーセンスターダム。妹はいかに?2018メイクデビュー阪神・センテリュオと福永祐一。

オーストラリアG1を2勝している日本馬。 いや元日本馬といえばトーセンスターダムです。 日本の3歳クラシックでも人気をしていた同馬だけに、このくらいは走れる、とは思うわけですが、日本国内にいたらG1を2つ、は厳しかったのではないでしょうか。 そん…

ケンタッキーダービー馬・オーブの初年度産駒。「ノンコ」って冠なの?2018メイクデビュー東京・プリンセスノンコ。

ノンコノユメが去勢手術後、ようやく能力全開となったのが2018年。 そんなノンコノユメの妹?が根岸Sと同じ週の東京競馬場でデビュー。 父オーブはアメリカのケンタッキーダービー馬、かつ初年度産駒ということで、日本の馬場への適性は未知数でしたが、…

ノンコの夢は次世代へ。今度は牝馬だ!2018メイクデビュー東京・プリンセスノンコ。

ノンコノユメが根岸Sに出走した週にデビューということで注目が集まったのがプリンセスノンコ。 今までの不調がうそのような豪脚が復活したノンコノユメには妹?の支えもあったのかもしれません。 それはそれとして、レース内容も濃く、侮れない1頭に今後は…

池添&池添。夢のコラボがクラシック制覇なるか?2018メイクデビュー中京・サラキア。

池添謙一騎手と池添学調教師は兄弟なわけですが、弟は大物を預かるケースはあるものの、まだまだ、といったところ。 とはいえ、昨年ブレイクを果たした中内田調教師もはじめから順風だったわけでもなく、苦労の末にダノンプレミアム含め、2歳馬から結果が出…