見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2018地方交流

逃げ切り重賞初勝利。プリンシアコメータはまさかのブービー@2018クイーン賞・アイアンテーラー。

浜中騎手騎乗のゴールドアリュール産駒・アイアンテーラー。 後ろは気にせず好ダッシュからハナを奪いました。 ハイラップをきざみ、後続にも脚を使わせる競馬で3馬身ちぎっての重賞初勝利。父譲りの先行力を見せ付けた感じです。 母の父ゴールドアリュール…

勢い止まらず。4馬身差で圧勝のパイロ産駒。2018兵庫ジュニアグランプリ・デルマルーヴル。

地方競馬でパイロ産駒といえば大物感もありますが、JRA所属のパイロ産駒で重賞戦線で活躍、というのは珍しい部類といえるかもしれません。 父パイロ・母カリビアンロマンス、母の父コマンズという、中央では珍しい父、母父のデルマルーヴルが小回りコースで…

3連勝で2歳ダート王に。北村友一・斉藤崇史調教師とも初G1制覇@2018全日本2歳優駿・ノーヴァレンダ。

地方交流G1をG1と呼んでいいのかは賛否がありますし、Jpn1と呼称が違う時点で、G1ではない、という考え方もあろうかと思いますが、コリアカップ、コリアスプリントなども、一応G1という認識ではわたしはいるので、G1という考え方でいきたいなと思います。 父…

ゴール寸前差し切りで兄弟制覇達成@2018兵庫ゴールドトロフィー・ウインムートと和田竜二。

人気を背負ったマテラスカイは本来なら武豊騎手で参戦を予定していたものの、まさかの香港競馬での騎乗停止により年末の地方交流レースには乗れなくなりました。 栗東・森厩舎が最近よくやる地方のジョッキーを乗せる、というスタンスで、今回は吉村騎手に手…

キングカメハメハ×デュランダル=長距離ダート馬?2019名古屋グランプリ・チュウワウィザード。

2018年は外国人騎手旋風が吹き荒れたわけですが、善戦していた日本人騎手の1人が川田騎手。 珍しくといってはなんですが、地方交流とはいえ外国人騎手の参戦なしとなったのが2018年の名古屋グランプリ。 ミツバ、グリムといったメンバーも参戦した中、勝った…

G1連勝でルメール旋風止まらず。2018帝王賞・ゴールドドリーム。

2番人気は終わってみたら低評価といえなくもなかったのが栗東・平田厩舎所属のゴールドドリーム。 不思議と1番人気に推されない馬ではありますが、ヤネがルメール騎手、血統はダートならと思われるゴールドアリュール産駒だけに、人気が上がらない原因は厩…

コースレコードで古馬撃破。今年の3歳ダート勢は層が厚い!2018白山大賞典・グリムと内田博幸。

総大将ルヴァンスレーヴをはじめ、今年の3歳ダート勢は層が厚いです。 ほかにもオメガパヒューム、ドンフォルティス、そしてコパノキッキングといったまだ重賞には出走していない大物もいます。 そんな中、ゼンノロブロイ産駒のグリムが、古馬相手の地方交流…

落馬負傷から復帰後重賞初勝利のユーイチ。2018日本テレビ盃・ケイティブレイブ。

アポロケンタッキー、サウンドトゥルーといったダート重賞の常連、さらに落ち目になってしまったテイエムジンソクも参戦した今年の日本テレビ盃。 勝ったのはアドマイヤマックス産駒の最高傑作になりそうなケイティブレイブ。 栗東・杉山厩舎はこの馬をうま…

全日本2歳優駿と同じ舞台で再び輝いた!2018スパーキングレディーカップ・リエノテソーロと吉田隼人。

川崎の水が合う。 そうとしか思えないのが、スパイツタウン産駒、2歳のときには全日本2歳優駿を制していたリエノテソーロ。 芝での大駆けもNHKマイルカップで見せてくれた1頭ですが、本質的にはダート、ということだったんでしょう。 主戦の吉田隼人騎手を背…

マジックマンに導かれ重賞2勝目。2018レディスプレリュード・プリンシアコメータ!

2019年の新元号にはデムーロ、ルメール、モレイラの3人が活躍しているであろう。 と予想されていたモレイラ騎手のJRAの騎手免許受験。 まさかの1次試験で落ちました。日本語は思った以上に壁があるのはわかりますが、デムーロ、ルメール騎手ともにきっちり…

大井の夜空に満月輝く!JRA勢相手に連覇達成。2018東京盃・キタサンミカヅキ!

今年で8歳になるキタサンミカヅキ。 父キングヘイロー、母の父サクラバクシンオーということで、サブちゃんは母父サクラバクシンオーでキタサンブラックも持っていたこともあり、相性がいいんでしょうか。 JRAからはネロ、グレイスフルリープ、そして快速逃…

史上初の3歳馬でのV!デムーロ「すごく強い」@2018マイルCS南部杯・ルヴァンスレーヴとミルコ・デムーロ。

シンボリクリスエスはたまに怪物を出す種牡馬。 ダートでは怪物というほどではなかったですが、これまでサクセスブロッケンを輩出。 ところが・・・今年の3歳・ルヴァンスレーヴはまさに怪物といえます。 3歳馬にして、史上初のマイルチャンピオンシップ南部…

「めっちゃ気持ちいい!!!」熱帯夜の完勝劇@2018ジャパンダートダービー・ルヴァンスレーヴとミルコ・デムーロ。

熱帯夜の大井競馬場で強烈な末脚を見せ付けたのが、1番人気のシンボリクリスエス産駒のルヴァンスレーヴ。 サクセスブロッケンがこれまでシンクリ産駒のダート馬では有名でしたが、全日本2歳優駿、ユニコーンS、そしてジャパンダートダービーと制した時点…

カネヒキリ産駒が鋭く差しきり連覇達成!2018マーキュリーカップ・ミツバと松山騎手。

連覇というのはどの業界にせよ難しいものです。 相手関係、自身が確実に1歳年を取るといったどうしようもない条件をクリアして初めて成し遂げられる偉業。 2018年のマーキュリーカップは連覇のかかるミツバと松山騎手のコンビが登場。 夏は上がり馬が人気に…

人気に応え重賞初勝利。フサイチペガサスの貴重な後継者なるか。2018北海道SC・テーオーヘリオス。

マスクゾロがフサイチペガサスの後継としては日本にいます。 が、ミスタープロスペクターの直仔というのが、今の日本ではあまり売りにならないのが現実かもしれません。 いっそ、マスクゾロもですが、アメリカのほうが需要、種付け料ともに上がってくるんじ…

鋭い末脚。ダートでハービンジャー!伏兵ハービンマオが勝利@2018関東オークス。

父ハービンジャー 母ダンシングマオ 産駒の名はハービンマオ。 いくらなんでも・・・と思いますが、アドマイヤベガやテイエムオペラオーなど、コテコテの馬名が案外強かったりしますので、この馬もそうなるのか? 個人的にはプリンセスノンコが強いと思って…

逃げ切りで重賞3勝目。ディープインパクト産駒異色のダート馬。2018マリーンカップ・アンジュデジール。

サンビスタの引退後、そしてホワイトフーガも引退してからは、確固たる地位を築いている女王は不在となっているダート。 勝ち馬がレースごとにコロコロ変わることも多く、地方もララベルくらいしか現状強い牝馬がいません。 そんな中、異色ともいえるディー…

初ナイター・初コンビ・初交流重賞V。2018かしわ記念・ゴールドドリームとルメール騎手。

左回り・マイル・国内。 この3つがそろっているときは、相手関係関係なく安定感が出てきているのが、昨年2017年はドバイ遠征でシンガリ負けを喫しスランプになってしまったゴールドアリュール産駒のゴールドドリーム。 なんとなく聖闘士星矢を思い出してし…

逃げ切りで見事重賞初勝利。亡くなった母の父スペシャルウィークにもささげる勝利@2018名古屋大賞典・サンライズソアとミルコ・デムーロ。

父シンボリクリスエスはここのところダート馬が多い。 エピファネイアは芝馬で出ましたが、サンライズソアはじめ、ルヴァンスレーヴなど、ダートの中距離砲として活躍しています。 カツゲキキトキトが地方馬の目安、というイメージがある最近の地方交流重賞…

単勝万馬券は亡き父サウスヴィグラスへのレクイエム。2018黒船賞・エイシンヴァラー。

地方競馬に多大な、いやそんな次元ではない貢献をしてくれていたサウスヴィグラスが2018年に入り亡くなってしまいました。 圧倒的なスピードとダート適性をしっかりと産駒に受け継がせる、かつ種付け料も高騰しないまま終始してくれたおかげで「配合相手に悩…

2馬身ちぎって新女王誕生なるか?サンビスタ、ホワイトフーガの後継者なるか@2018TCK女王盃・ミッシングリンクと戸崎圭太。

ララベルが出走、ということで大井のファンもJRA勢の再度撃破を期待したと思われる2018年のTCK女王盃。 終わってみたら中央の新興勢力にやられた、というレース。 父ヴィクトワールピサからダート馬、というのはドバイワールドカップ覇者であることを考えれ…