読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

「距離延びても大丈夫だということが分かってよかった」by田辺@2017忘れな草賞・ハローユニコーン。

登録はしたものの、結局忘れな草賞にまわってきたハローユニコーン。 ハーツクライ産駒ではリスグラシューがソウルスターリングにようやく先着の2着を確保しましたが、やはりこの血統はオークスが似合う。 問題はドスローだった今回の展開。 オークスはこん…

「クラスが違う感じ」木幡巧絶賛。2017伏竜S・リゾネーター!

シルクの勝負服でダートというと、シルクフォーチュンがやはり浮かびます。 とはいえこの馬はもっと器用。血統もシルクにしては、って感じのマル外。 かつ強い。 エピカリスがUAEダービー2着とまずまずの結果を残しておそらく帰国後にジャパンダートダー…

「幅広がる競馬」byウチパク。「新境地開拓」by矢作調教師@2017マーガレットS・オールザゴー!

個人的にマイル以上は切れ味鈍ると思っていただけになぜ1400mでやや人気がなかったのか謎だったのがオールザゴー。 母アルールイングボイスは生粋のスプリンターとはいえ、父にステイゴールドを迎えたので、どうにか1400mのオープンなら持つだろうと思ってい…

勝っても人気しない馬。キタサンブラック先輩に続けるか?2017若葉S・アダムバローズと池添謙一。

勝っても勝っても人気しない。 先行馬。 まるで3歳のころのキタサンブラックのような地味な強さがあるのがアダムバローズ。 今年はハーツクライの当たり年?なのか、リスグラシュー、アドマイヤミヤビetc・・・ ディープインパクト産駒の大物牝馬・ファンデ…

丸田騎手でG1参戦!これはフロックでもなんでもない!アネモネS・ライジングリーズン!

フェアリーSを10番人気で勝利。 まあフロックと思われても不思議はないんですが、ブラックタイドはほんと中山上手い。 キタサンブラック級とはいえないかもしれませんが、これはひょっとするとひょっとするのか? 桜花賞トライアル・アネモネSを選択した…

2017年の3歳オープンは荒れる!またも小波乱。2017すみれステークス・クリンチャー!

もはや逃げるしかないタガノアシュラ。 まあほっとけば誰かが捕まえてくれる。 と思いきや、今回は粘る粘る。 頭数が少ないとなぜか荒れる2017年の3歳オープン戦。 結果的にすみれSも荒れました。 勝ったのはクリンチャー。 ディープスカイ産駒ということで…

ミリッサ相手になんとか逃げ切りは評価していいのか?2017エルフィンS・サロニカ。

たんたんとした逃げ。 ディープインパクト産駒で逃げ馬というとミッキーアイルが浮かびはしますが・・・ ミリッサが人気するような小粒なメンバー構成。 アドマイヤローザがいったん前に出るも差し返しての勝利は価値はある。 問題は3月の桜花賞トライアル…

ロードアルティマの最高傑作。2017クロッカスS・タイムトリップと戸崎圭太。

勝負服もかっこいい。 競馬の内容もかっこいい。 小回りのほうがあう馬かと思っていましたが、府中でこの脚を使えるとは。 坂もこなして本賞金もNHKマイルカップに向けてほぼ当確といえるライン。 父ロードアルティマというのがまた渋い。 昨年のきんもく…

幸騎手、スティルインラブ以来の桜花賞制覇へ本賞金加算成功!2017紅梅S・アロンザモナ。

素質は高いのにデビュー戦からしばらく1番人気にならない馬。 最近では昨年の年度代表馬・キタサンブラックが挙げられます。 そんな可能性を秘めているのが、アロンザモナ。 牝馬の出世レースともいえる紅梅Sを勝利。 500万下を負けてからのオープン初参戦…

5番人気→3番人気→2番人気で3連単万馬券。。。2017若駒S・アダムバローズwith池添謙一。

何気に今年大物食いをやっているのが池添騎手。 サトノリュウガでエアウィンザーを破り。 そして今回は5頭立ての5番人気。つまり最低人気で逃げ切り。 まあ小粒なのが5頭、かつヴァナヘイム1強ムードが骨折で吹き飛んだこともありますが、インウィスパーズ松…

マイネルの 馬が活躍 うれしいな@2017ニューイヤーS・マイネルアウラート。

社台・ノーザンファーム生産馬。 まあクラシック御用達です。 とはいえ、最近では引退しましたがモーリス、キタサンブラックのように非社台ががんばってます。 まあモーリスは吉田ファミリー所有で勝負服を見ても零細牧場感はゼロでしたけれども・・・ とは…

ディープブリランテ2頭目のオープン馬。2017ジュニアC・ナイトバナレット!

2016,17のトレンドはどうやら「最後方」。 そんな不器用な馬がそろったのが今年の3歳馬のようです。 ホープフルS、シンザン記念を勝利したレイデオロ、キョウヘイ・・・ そして・・・ナイトバナレット。 シルクは冠やめてから調子がいい。 これはトーセンや…