見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2017G3

14着まで0.4秒差。ハンデキャッパー思わずニヤリ?初コンビヨコノリで一発回答@2017ターコイズS・ミスパンテール。

何回見ても芝1800mのハンデ戦のオープンにしか思えない。 それが今年で3回目となるターコイズS、G3です。 しかも距離がマイル。 せめて1800mの記録だけは残してほしかったんですが、それだと中山牝馬Sとまったく同じ舞台ということもあるんだろうか。 それ…

7度目の重賞挑戦でようやく初タイトル。ゼンノロブロイの後継種牡馬を目指せるか?2017中日新聞杯・メートルダール。

ローカルコースで常に上位人気になりつつ勝てなかったのが父ゼンノロブロイ・母イグジビットワンの間に生まれたメートルダール。 新潟でよく人気になるイメージがありましたが、やはりファンはこの馬、左回り巧者、というイメージがあるんでしょうか。 今回…

貴重なカネヒキリ産駒。唯一参戦の3歳馬が初重賞制覇。来年もドバイへGo!2017カペラS・ディオスコリダーと津村明秀。

父カネヒキリといえば今年は韓国G1を制したロンドンタウンが後継種牡馬にノミネートされていると思われます。 地方ではロケットマンあたりも今後の活躍しだいでなんとかなる、のかな。 そんなカネヒキリ産駒から、ドバイ経験からたくましくなったイレギュラ…

不良馬場のデビュー戦からなんと11秒3も持ち時計短縮。武豊久々にクラシック制覇なるか?2017京都2歳S・グレイル♪

武豊騎手といえば昔は2歳から有力馬だらけ、で困ったという時期がありました。 最近はそこまでお手馬がそろわない印象でしたが、今年は一味違います。 ビリーヴ産駒のジャンダルムは早々と本賞金でのクラシック出走を確実にしています。 距離の壁、はあるか…

人気急落も結果は2016年と同じ。逃げ切り連覇&吉原寛人うれしいJRA重賞初勝利@2017京阪杯・ネロ!

昨年の西山牧場はまずまずの成績を残せました。 高松宮記念はセイウンコウセイ、そして今回の京阪杯を1年ぶりに連覇という形で勝利で飾ったネロ。 さらに年末の大井・シンデレラマイルでは、鉄人・的場文男騎手騎乗のニシノラピートが11番人気ながら逃げ切…

さあダービーへ!福永祐一待望のダービージョッキーなるか?2017東スポ杯2歳S・ワグネリアン!

ユーイチ、ついにダービーはこの馬でいけるか? そう思える大器が順調に成長を遂げています。 父ディープインパクト・母ミスアンコール。 もちろん金子真人HD所有のワグネリアン。 3戦3勝で、本賞金でいえば菊花賞までいける切符をゲット。 出走馬のレベルも…

キンシャサ娘が大外一気!またも栗東・中内田調教師管理馬ブレイク@2017ファンタジーS・ベルーガ!

ベルーガときくと、「ああメイショウベルーガね」が浮かぶ競馬ファンのみなさんこんばんは! キンシャサノキセキといえば、生粋のスプリンター。 受け継いだ遺伝子もやはり距離の壁は越えられないようで、マイルがほんとのギリギリといったところ。 そういっ…

コンビで5戦4勝。オペラオーをほうふつとさせる葦毛のテイエム@2017みやこS・テイエムジンソクとフルキチ。

クロフネ産駒というと、やはり葦毛が走るイメージがあります。 ホエールキャプチャ、そしてフサイチリシャール。 さらに今回のこの馬。テイエムジンソク。 竹之下騎手が主戦でずっと乗ってましたが、あまりに準オープンでもたつくのにさすがにオーナーがキレ…

三浦騎手、復帰後重賞初勝利おめでとう!2017武蔵野S・インカンテーション。

この勝負服はいろんな意味で今年春のクラシックをにぎわせました。 そう、皐月賞で牝馬で1番人気に支持されたファンディーナと同じ、ターファイトクラブの所有馬。 小回り巧者、かなとマーチSの復活劇を見て思ったんですが、関東の競馬場との相性がいいのか…

重賞3勝目。今年重賞10勝目となった武豊「次も楽しみ」@2017富士S・エアスピネル!

結局この勝負服にはこの男しかいないのかな。 と思えたのが2017富士Sを勝利したエアスピネルと武豊騎手。 札幌記念ではルメール騎手に乗り代わりという屈辱を味わったものの、結果オーライでダイアナヘイローで北九州記念を制覇できた武騎手。 イスラボニー…

3年2ヶ月ぶり。G1ジョッキーが意地を見せた&南井調教師も4年ぶりの重賞勝利@2017シリウスS・メイショウスミトモ。

スミトモと聞くと、浮かぶのは住友、でしょうか。 ですがメイショウの冠ですので、やはり平将門と並んで日本史で学ぶ藤原純友ではないでしょうか。 歴史ではひとくくりに「海賊」とされていますが、もと公家です。 といっているとどんどん競馬から離れていく…

ハナ、ハナの激戦も涼しい顔。オークス4着馬が秋の女王へ初重賞制覇@2017紫苑S・ディアドラ。

父ハービンジャー。 今年のクラシックではひとつのキーになる種牡馬です。 桜花賞、オークスとも負けはしたものの最速の上がりを出しているディアドラ。 オークス4着から挑んだ秋華賞トライアルでしたが、ハナ、ハナの接戦を見事ものにしました。 とはいえこ…

サマーマイルシリーズ王者&初重賞制覇!2017京成杯AH・グランシルク。

シルクの勝負服と田辺騎手。 グランシルクといえば3歳のNHKマイルカップでは1番人気だった記憶が。 その後、不発、不発、おしい、なんていう競馬を繰り返しているうちに善戦マンになっていったわけですが、勝つときはあっさり。 ウインガニオンとともにサ…

ストーミーアトランティックって誰?異色の○外アサクサゲンキが4角先頭で押し切り@2017小倉2歳S。

栗東・音無厩舎の管理馬ということで、武豊騎手はイイコトズクシとこの馬、好きなほう選んでいいよと言われてこちらを選択。 結果は見事1着。 さすがに馬を見る力はすさまじいものがあるんでしょうか。 ○外血統のアサクサゲンキ。 馬名のとおり元気いっぱい…

オルフェーブル産駒重賞勝ち馬第一号はこの馬@2017札幌2歳S・ロックディスタウンとルメール騎手。

毛色がそっくりなんだよなあ。 と思えるのがキャットコインの妹でもあり、同じサンデーレーシングの所有馬でもある新種牡馬オルフェーブル産駒のロックディスタウン。 オルフェーブルといえばやはり池添騎手。 ハービンジャー産駒で今年のヴィクトリアマイル…

一走入魂。縁あって出会ったタツゴウゲキでサマー2000シリーズ制覇@2017新潟記念・タツゴウゲキと秋山真一郎。

たまたまデムーロ騎手から回ってきたのが前走の小倉記念のタツゴウゲキ。 鮫島師が「秋山に合うと思った」というひらめきで依頼した結果がこうしてサマー2000チャンピオンになったことを考えると、人と馬との縁はどこに転がっているのかわからないな、という…

ダイワメジャー産駒同士のたたきあいを制して勝利@2017新潟2歳S・フロンティア!

中内田調教師といえば、S・モハメド殿下の馬を委託されていたり、期待の1人。 とはいえ、まだまだパフォーマンスは栗東の中では低い。 G2まではどうにか勝たせられるが、G1が・・・ 昨年のヴゼットジョリーに続き、今年も3番人気で出走となったフロンティ…

29戦目で重賞初勝利。9歳のファルブラヴ産駒がホッカイドウで輝く@2017キーンランドカップ・エポワスとクリストフ・ルメール。

父ファルブラヴと聞くと、中山で行われたジャパンカップでサラファンと入れ替わりになるか?と思えるきわどい勝利をおさめた馬。 欧州の長距離砲からは不思議と日本では短距離馬が出る。 まあわたしの持論なんですが、そこそこ当たっている気がします。 逆に…

4連勝で重賞初制覇。福島信晴厩舎&武豊はダンディコマンド以来20年ぶりの勝利@2017北九州記念・ダイアナヘイロー。

キングヘイローは血統的にはとてもスプリンターには見えませんでしたが、終わってみたら短距離のほうが合っていた、ということで、その血統が受け継がれたのがダイアナヘイロー。 4歳になって素質開花。 4連勝でいっきにオープン馬に。夏は牝馬とはいえこの…

今年もいったいったの結果。3度目の重賞制覇は久々のマイル。2017関屋記念・マルターズアポジー!

わたしたちはイメージがなくなってましたが、この馬、もともとマイラーだったんですね。。。 大阪杯にも出走していたマルターズアポジー。 父ゴスホークケン、母マルターズヒートということで、両親とも現役世代を知るだけに感慨深い血統です。 武士沢騎手も…

ダンゼン人気のテイエムジンソクを倒しさあG1へ。カネヒキリ最高傑作なるか?2017エルムS・ロンドンタウン。

昨年の覇者・リッカルドも出走していた今年のエルムS。 テイエムジンソクが勢いを買われてダンゼンの一番人気。 古川騎手も重賞で人気馬となると本当に久しぶりということで、アインブライド以来のG1勝利に向けて驀進したいところでしたが・・・ 今年は久…

やったぞ木幡巧!やっちまったなルメール!明暗分かれた夏の新潟ダート決戦@2017レパードS・ローズプリンスダム。

鳳凰Sといい今回といい、、、二桁人気にならないとやる気が出ないのかこの馬は・・・ この馬から馬券購入し続けている人は大幅プラスなのではないか。 そう思えるのがアメリカ遠征帰りエピカリスが3着に敗れた2017レパードS勝ち馬・ローズプリンスダムです…

デムーロ→秋山電撃乗り代わり。むしろ吉と出たか?@2017小倉記念・タツゴウゲキ。

ショウナンパンドラとヌーヴォレコルトで決まった秋華賞。 そんな印象がした今年の小倉記念。 急な乗り代わりで代打で騎乗となった52キロの秋山騎手とタツゴウゲキ。 この勝負服、日ごろ見ないだけに斬新でした。 目立つレースはキャロットばかりじゃつま…

G1馬2頭の競演は若い娘に軍配。2017クイーンS・アエロリットと横山典弘。

どちらもまあ貫禄のあるG1馬とはいえないわけですが、今年のNHKマイルカップ勝ち馬のアエロリット、ヴィクトリアマイル勝ち馬のアドマイヤミヤビが、秋まで待たず復帰初戦をクイーンSとしました。 どちらも回避せず参戦したわけですが、アエリロットの逃…

西田騎手おめでとう!やっぱりピンクが似合うよね!2017アイビスサマーダッシュ・ラインミーティア!

西田騎手、毎年ちょっとずつ後退しているような・・・ 戦績じゃなく髪の毛が・・・ とはいえすごくいい人、というイメージがある。会ったことはないし馬券でお世話になったこともないんだけれども。 サクラエイコウオーのイメージというか、ピンクの勝負服と…

勝つときはすべて穴人気。またも1番人気破れ16連敗中@2017中京記念・ウインガニオン。

シルクメビウスの弟。 といわれてもピンとこない方のほうが増えてきたのかもしれません。 ステイゴールド産駒もこれから減っていくわけですが、個性派逃げ・先行馬として谷川岳Sから連勝でここにのぞんだウインガニオン。 やはり人気がなく5番人気。鞍上は…

父キンシャサノキセキ×母の父ディラントーマス=スプリンター?2017函館2歳S・カシアスと浜中俊。

勝負服が大樹レーシングに見えなくもない馬。 それが2017年の函館2歳S勝ち馬のカシアス。 父はキンシャサノキセキ。 母の父ディラントーマス。 なぜスプリンター?と思いますが、思いっきり父が出てるんでしょうなあ。 そして浜中騎手も函館の重賞は久しぶり…

メイショウサムソンとサンデーレーシングのコラボ。重馬場も 結果的には 味方した@2017函館記念・ルミナスウォリアーと柴山雄一。

吉田隼人。 今年ともにがんばろうと決めていたはずのゴールドアクターをおろされました。 そこで確変した模様です。 洋芝。 2000M。 とても合うとは思えない環境のタマモベストプレイでまさかの2着。 今週の函館2歳Sではモルトアレグロと出走予定で…

攻めに攻めて見事差しきり。寺島良厩舎が開業2年目で見事重賞初制覇!2017プロキオンS・キングスガード。

12番枠。しかもダート1400m。 内にもぐりこむ余裕はないはずですが、巧みにもぐりこみました。 そして直線では前がつまらないよう外へ。 そこからは豪快な末脚。 カフジテイクがやりたかった競馬でしょうが、カフジテイクの福永騎手は、教育の意味もこめて今…

後に骨折が判明も能力は示した@2017七夕賞・ゼーヴィントと戸崎啓太。

今年の福島は好事魔多し。 セダブリランテスで初重賞勝利を飾った石川騎手は、その後落馬負傷で戦線離脱。 そして今回、七夕賞を勝利したゼーヴィントは後に骨折が判明し、復帰は来年2018年になるとのこt。 どちらもシルクの所有馬。 馬にはなんの罪もない…