見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2017G3

やったぞ木幡巧!やっちまったなルメール!明暗分かれた夏の新潟ダート決戦@2017レパードS・ローズプリンスダム。

鳳凰Sといい今回といい、、、二桁人気にならないとやる気が出ないのかこの馬は・・・ この馬から馬券購入し続けている人は大幅プラスなのではないか。 そう思えるのがアメリカ遠征帰りエピカリスが3着に敗れた2017レパードS勝ち馬・ローズプリンスダムです…

デムーロ→秋山電撃乗り代わり。むしろ吉と出たか?@2017小倉記念・タツゴウゲキ。

ショウナンパンドラとヌーヴォレコルトで決まった秋華賞。 そんな印象がした今年の小倉記念。 急な乗り代わりで代打で騎乗となった52キロの秋山騎手とタツゴウゲキ。 この勝負服、日ごろ見ないだけに斬新でした。 目立つレースはキャロットばかりじゃつま…

G1馬2頭の競演は若い娘に軍配。2017クイーンS・アエロリットと横山典弘。

どちらもまあ貫禄のあるG1馬とはいえないわけですが、今年のNHKマイルカップ勝ち馬のアエロリット、ヴィクトリアマイル勝ち馬のアドマイヤミヤビが、秋まで待たず復帰初戦をクイーンSとしました。 どちらも回避せず参戦したわけですが、アエリロットの逃…

西田騎手おめでとう!やっぱりピンクが似合うよね!2017アイビスサマーダッシュ・ラインミーティア!

西田騎手、毎年ちょっとずつ後退しているような・・・ 戦績じゃなく髪の毛が・・・ とはいえすごくいい人、というイメージがある。会ったことはないし馬券でお世話になったこともないんだけれども。 サクラエイコウオーのイメージというか、ピンクの勝負服と…

勝つときはすべて穴人気。またも1番人気破れ16連敗中@2017中京記念・ウインガニオン。

シルクメビウスの弟。 といわれてもピンとこない方のほうが増えてきたのかもしれません。 ステイゴールド産駒もこれから減っていくわけですが、個性派逃げ・先行馬として谷川岳Sから連勝でここにのぞんだウインガニオン。 やはり人気がなく5番人気。鞍上は…

父キンシャサノキセキ×母の父ディラントーマス=スプリンター?2017函館2歳S・カシアスと浜中俊。

勝負服が大樹レーシングに見えなくもない馬。 それが2017年の函館2歳S勝ち馬のカシアス。 父はキンシャサノキセキ。 母の父ディラントーマス。 なぜスプリンター?と思いますが、思いっきり父が出てるんでしょうなあ。 そして浜中騎手も函館の重賞は久しぶり…

メイショウサムソンとサンデーレーシングのコラボ。重馬場も 結果的には 味方した@2017函館記念・ルミナスウォリアーと柴山雄一。

吉田隼人。 今年ともにがんばろうと決めていたはずのゴールドアクターをおろされました。 そこで確変した模様です。 洋芝。 2000M。 とても合うとは思えない環境のタマモベストプレイでまさかの2着。 今週の函館2歳Sではモルトアレグロと出走予定で…

攻めに攻めて見事差しきり。寺島良厩舎が開業2年目で見事重賞初制覇!2017プロキオンS・キングスガード。

12番枠。しかもダート1400m。 内にもぐりこむ余裕はないはずですが、巧みにもぐりこみました。 そして直線では前がつまらないよう外へ。 そこからは豪快な末脚。 カフジテイクがやりたかった競馬でしょうが、カフジテイクの福永騎手は、教育の意味もこめて今…

後に骨折が判明も能力は示した@2017七夕賞・ゼーヴィントと戸崎啓太。

今年の福島は好事魔多し。 セダブリランテスで初重賞勝利を飾った石川騎手は、その後落馬負傷で戦線離脱。 そして今回、七夕賞を勝利したゼーヴィントは後に骨折が判明し、復帰は来年2018年になるとのこt。 どちらもシルクの所有馬。 馬にはなんの罪もない…

函館1200mレコード更新。またも3歳牝馬。2017函館スプリントS・ジューヌエコール!

正直、斤量を見直したほうがいいのでは・・・ ほぼ毎年50キロの軽量牝馬が来るレース。 それが函館スプリントステークス。 今年は高松宮記念勝ち馬・セイウンコウセイが56キロを魅力に感じたか参戦。 とはいえ、重賞勝利はこれひとつ。 格上とはいいきれ…

若武者岩崎VSベテラン戸崎のサンライズ対決実現!勝ったのはサンライズソア。2017ユニコーンS。

サンライズ2頭出しとなった2017ユニコーンS。 どちらも上位人気ながら、若武者・岩崎騎手とのコンビが新鮮だったサンライズソア。 ベテラン・戸崎騎手とのコンビのサンライズソア。 今回はベテランに軍配があがりました。 同じく2頭出しのテソーロ軍…

4コーナー先頭から強気に押し切り。4年半ぶりの重賞勝利の藤岡佑介騎手とともに@2017マーメイドS・マキシマムドパリ。

今年の愛知杯勝ち馬。 そう考えると順当なはずなんですが、なぜか3番人気。 これは5年以上重賞に縁がなかった藤岡兄効果? 1番人気はトーセンビクトリー。 武豊騎手も首をひねるばかりの敗戦で9着。 2番人気クインズミラーグロは幸騎手のそつのない騎乗…

重賞8度目の挑戦で念願の初勝利。内ラチ激突から復活は浜中も。2017エプソムC・ダッシングブレイズ。

東京新聞杯一番人気。 そう考えればエプソムカップを勝利しても驚きはしませんが。 父キトゥンズジョイというのが日本でなじみがないだけに、距離適性含め悩ましいところですが、結果的に中距離で正解。という切れ味でした。 まだ5歳。 秋の天皇賞に向けて…

武豊のお手馬でワンツーフィニッシュ。2017鳴尾記念・ステイインシアトル。

お手馬ともいえるスマートレイアーは久々にデムーロ騎手。 武豊騎手はオープンクラス未知数のステイインシアトルで挑んだのが2017鳴尾記念。 結果は1,2着とワンツーとなり、武騎手の勝利。 スマートレイアーの癖は誰よりも知っているだけに、そこも優位に…

重賞初挑戦で4馬身ちぎりすてた無傷の5連勝。2017平安S・グレイトパール!

昨年のアウォーディーのごとく、ダート転向後、破竹の連勝を続けたグレイトパール。 G3とはいえ、クリソライト・クリノスターオーの韓国G1ワンツー組、グレンツェントなどなど楽ではないメンバーが集まった2017年の平安S。 3コーナー手前からおっつけてい…

壮絶叩きあいin新潟@2017新潟大賞典・サンデーウィザードと石橋脩。

個人的に思い入れのある馬。 元POG馬。といいますか、日本ダービーまで、というしばりが多いのがPOGです。 となると、古馬になってからは次の2歳馬に目がいくわけですが、その馬を選んだかくらいはさすがに覚えています。 そんな1頭が2017年の新…

芝1200,1600,1800m。すべて庭です!2017福島牝馬S・ウキヨノカゼと吉田隼人。

牝馬の7歳。 となると、そろそろ繁殖入りも予想されるところですが、この馬は変わってますねいろんな意味で。 東京の芝マイルでも重賞勝利。 洋芝のスプリント戦・キーンランドカップでも重賞勝利。 そして今回は小回り福島芝1800mでも重賞勝利。 距離適性…

イタリア語の馬名がついたら鉄板だぜ!2017アンタレスS・モルトベーネとミルコ・デムーロ。

ドゥラメンテといい、イタリア語の馬との相性が異常にいい。 それが陽気なイタリアン・ミルコ・デムーロ騎手。 今回もモルトベーネに騎乗し見事重賞制覇。 驚いたのが2着のロンドンタウン。 佐賀記念の競馬から、地方巧者と軽視していましたが、中央の舞台で…

キャンベルジュニアを破ったのは評価したいところ@2017ダービー卿チャレンジトロフィー・ロジチャリス。

今年のウチパクは地味に乗れている。 そう思えたのが2017年ダービー卿チャレンジトロフィー。 1年前に一番人気だったキャンベルジュニアがまたも1番人気。 連勝中のグレーターロンドンが回避、ということで、当然2番手だったこの馬が人気を背負いました。…

ファンディーナと同じターファイトクラブの古豪が復活劇!2017マーチS・インカンテーションwith勝浦正樹。

佐賀記念勝ち馬のロンドンタウン。 川崎記念3着のコスモカナディアン。 人気しましたが轟沈。 中山と地方競馬の適性はまったく違う、ということで、格や調子の問題ではないでしょう。 とはいえ、ここで復活か、と思えたのが内でじっとしていたインカンテー…

2頭出しは人気薄から。池江も音無も同じ結果になったのが2017毎日杯・アルアイン・松山騎手。

きさらぎ賞にタンビュライトとアメリカズカップの2頭を出した音無厩舎。 勝利したのは人気薄の松若騎手騎乗のアメリカズカップ。 実績を考えたらアメリカズカップのほうが戦前から上だったので、オッズは謎ではありましたが・・・騎手なのか? そして今回1…

試行錯誤の結果がコレだ!2017ファルコンS・コウソクストレートwith戸崎圭太。

2歳時は「この馬、どこまで出世するんだ?」と思いましたが、オープンに入って大敗を続けたコウソクストレート。 中舘調教師もかなりの試行錯誤を繰り返し、舌をしばったり、創意工夫の結果が今回出ました。 ビービーバーレルといい、不思議と短距離・芝で…

待ってろソウルスターリング!3戦3勝。父並みにムチがいらない飛ぶ走り。2017フラワーカップ・ファンディーナと岩田騎手。

今年デビューで無傷の3連勝。 ムチがいらない。 岩田騎手もぞっこん。 そして前走つばき賞に騎乗した川田騎手の「いい経験させてもらいました」がすべてを物語る大物。 それがファンディーナ。 ディープインパクト産駒の中でもなぜか大型馬のほうが走るイメ…

遅咲きとはいえG1の香りはまだまだ?2017中山牝馬S・トーセンビクトリーと武豊。

個人的にはビッシュに期待したんですが、人気馬の中では壮絶な惨敗を喫しました。 秋華賞、ジャパンカップの疲れ、まだ抜けていないのか? 母トゥザヴィクトリーの良血馬・トーセンビクトリー。 ようやく華開いた感じはしますが、舞台がまあG3なのでね。 …

「頭がよくなったよ」byルメール。無難に白星発進@2017チューリップ賞・ソウルスターリング!

たった3ヶ月で頭がよくなる牝馬。 芦田愛菜か?とつっこみたくなる関東の天才少女・ソウルスターリング。 フランケル産ということで、オークス参戦は藤沢師も慎重な発言でしたが、もちろん桜花賞は参戦。 牡馬路線のサトノアレス、レイデオロに誤算が生じて…

キンシャサノキセキ再来なるか!2017オーシャンステークス・メラグラーナ!

2016年はリーディングジョッキーながら、G1での戦績があまりに物足りなかった戸崎圭太。 今年は牝馬クラシックはフローレスマジック、牝馬の古馬には相変わらずの1800m女帝のルージュバック、そして芝短距離にはこの馬。 そう、メラグラーナです。 南半球産…

幸・芝・短距離。穴馬再来、3着には人気薄もついてきた@2017阪急杯・トーキングドラム!

幸騎手で芝短距離馬というと、ギャラントアローが浮かびます。 とはいえこの馬は逃げではない。 思わぬ結果に陣営もとまどっているようですが、高松宮記念が微妙に距離が短いということで、保留or回避とのこと。 ビッグアーサー回避。 ダンスディレクター骨…

さあ問題は次だ!ハービンジャーよ大志を抱け。2017アーリントンC・ペルシアンナイト。

デビューからずっと人気をしてきたハービンジャー産駒。 それがペルシアンナイトです。 もっと距離があってもよさそうな血統かなとは思いますが、結果的に陣営の選択が間違ってないんでしょう。 マイルで結果を残しています。 ベルーフは芝2000mを得意として…

牝馬G3で存在感を見せ付ける男ととも久々の美酒@2017京都牝馬S・レッツゴードンキwith岩田騎手。

牝馬。1番人気。G3。 この3つがそろったとたん、神ってしまうのが2017年の岩田騎手。 愛知杯のマキシマムドパリに続いてこの馬も久々の勝利。 もともと勝ち味に遅い馬ではあるけど、ずいぶんかかりました。 波乱の桜花賞馬・レッツゴードンキ。 ストレイト…

主戦が四位騎手・関西馬と来ると、ついにウオッカ以来のクラシック制覇か?2017共同通信杯・スワーヴリチャード!

共同通信杯。 ジャングルポケット、昨年のディーマジェスティなど、数々のG1馬を輩出してきたレース。 東京巧者のプレスジャーニーがまた出てくるかと思いきや、今回は不在。 東京適性王の暫定決定戦みたいな感じになりました。 勝ったのは東スポ杯で2着に…

ルメールを止めるのはルメール?2017クイーンカップ・アドマイヤミヤビ。

チューニー、ダイワエルシエーロ・・・ このレースを通過点にするとどういうわけかオークスにつながる。 そんなイメージすらあるクイーンカップ。 って古いか。 ルメール騎手にはソウルスターリングがいることもあり、ルメール騎手もデビューから乗り続けて…

スピはスピでもブラックスピネル!2017東京新聞杯・ブラックスピネルとミルコ・デムーロ。

スピネルで堅い。 そう思われた2017年の東京新聞杯。 終わってみたら確かにスピネル。 ただしエアじゃなくブラック。 ブラックといえば、G1意外で大物を食うイメージがあります。 ペインテドブラックがテイエムオペラオーをステイヤーズSで撃破。 って古すぎ…

松若騎手でクラシック制覇なるか?2017きさらぎ賞・アメリカズカップ。

2016年の勝ち馬はサトノダイヤモンドでした。 終わってみたら菊花賞・有馬記念を制覇。 今年のサトノはどんなもんでしょ? と思っていましたが。 ダイヤモンドの輝きには劣る。 アーサーとはそんなもの。 と思える結果が2017年のきさらぎ賞。 3番手からそつ…

57.5キロでも連覇達成。2017シルクロードS・ダンスディレクターwith武豊。

年を取ると難しいのが短距離界での活躍。 だいたい6歳くらいがピークなイメージもあります。 そんな中、ある意味異色の7歳馬がこのレースを連覇。 シルクロードSを2016年に続き制したのはダンスディレクター。 外を回して前をお掃除。 ネロがハイペースに…

ブロードアピール再来か?2017根岸S・カフジテイクと福永祐一。

4コーナー最後方だった馬が2頭馬券に絡んだのが2017年の根岸S。 一昔前の話ですが、鬼脚で怒涛の追い込みを見せたブロードアピールを彷彿とさせる競馬だったのがカフジテイク。 好位をとって2着に入ったベストウォーリアがかなり強い、ということはわかり…

非出世レース・・・シンザン記念と雲泥の差@2017京成杯コマノインパルスwith田辺騎手。

1番人気鬼門と思われたレース。 今年も京成杯が行われました。 ホープフルSと同じ中山競馬場芝2000m。 この短期間にやる意味があるのかはわかりませんが、今年は田辺騎手の手綱が冴えました。 3歳馬らしからぬ堂々たる1番人気の競馬をして見事勝利。 問題…

牝馬限定・芝2000mなら役者が違うわよ!2017愛知杯・マキシマムドパリ。

牝馬限定。 ハンデ戦。 これだけ見ると「荒れるよね」「荒れてくれ」「荒れるはず」と誰しも思う。 それがまして正月競馬だとしたらなおさらです。 中京競馬は坂ができたとはいえ、後ろの馬はやはりつらいはず。 そこを岩田騎手がうまく御したのがマキシマム…

千両賞の1,2着でここまでオッズが開くとは!2017シンザン記念・キョウヘイwith高倉稜。

アルアインに敗れたとはいえ、中身が濃かった前走の千両賞。 前回とりあげた記事をぜひお読みください。 playbackracing.hateblo.jp 読んでいたらキョウヘイは余裕で買えた馬。 父リーチザクラウンで最後方待機。おいおい極端な競馬は父譲りか? さらにどろ…

東のユタカも忘れないで!2017中山金杯・ツクバアズマオーwith吉田豊。

未完の大器。 ようやくの重賞制覇となったのが2017年中山金杯。 当然誰しも考えたであろう「金杯・1番人気・穴馬豊富」=荒れるでしょう。 が、見事に崩壊してしまったのが今年の金杯。 血統的にもここのところの戦績を考えても1番人気は妥当。 年末のグラ…

東西ともユタカスタートの2017年。いきなり武豊!2017京都金杯・エアスピネル。

デイリー杯2歳Sの勝ち馬。 そう考えれば京都・マイルは舞台がそろいすぎ。 ただいかんせん前走が3000m。 どんな競馬になるか注目となった2017京都金杯。 終わってみればさすがの武豊。 ようやく人気以上の結果を出してきたブラックスピネルをギリギリ…

10番人気馬またも大仕事。奥村武調教師も重賞初勝利。2017フェアリーS・ライジングリーズン!

美浦・奥村武調教師の重賞初勝利となった2017フェアリーS。 とはいえ、ずっと思っていますが・・・ これ、重賞の意味あるの???? と思えるくらいの寒いメンバーがそろいます。 500万下でも穴馬扱いの馬たちが「2着でも本賞金加算はおいしい」という理由…