見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2017G2

7歳牝馬が古豪を撃破。史上初、同一重賞9勝目偉業達成おめでとう!2017京都大賞典・スマートレイアーと武豊。

京都といえば武豊。 スーパークリークはじめ、数々のすばらしいレースを見せてきました。 そんなレジェンドがついに京都大賞典9勝目を達成。 スマートレイアーが強気の牡馬挑戦で見事勝利。 サウンズオブアース、シュヴァルグランなど、G1キャリア豊富な馬…

サトノアラジン、グレーターロンドンの猛追をしのいでスーパーG2勝利@2017毎日王冠・リアルスティール!

福永騎手のお手馬だった2頭が、ともに秋には別のパートナーとコンビを組むことになりました。 皮肉なことにどちらも外国人騎手。 とはいえ、リアルスティールについては外国人騎手のほうが正直合っていると思われます。 そんな競馬ファンが多かったのか、今…

旧勢力・上がり馬もよせつけず!次はジャパンカップへ。2017神戸新聞杯・レイデオロとクリストフ・ルメール。

菊花賞トライアル・神戸新聞杯。 とはいっても勝った馬は菊花賞に出なければならない、という規定はありません。 そして勝ち馬がダービー馬だとしても2冠を狙わなければならない規定もありません。 が、次がジャパンカップってのは。。。スタホみたいなロー…

牡馬相手のほうが燃える!重賞4勝目。2017オールカマー・ルージュバックと北村宏。

騎乗停止になってしまったのは4コーナーの判断。 とはいえ、勝ちに行く騎乗、かつ本番のエリザベス女王杯と同じ距離で牡馬を倒したのは大きい。 非根幹距離のほうが強い馬、というイメージのあるルージュバック。 意外なことに同性相手の重賞は勝てません。…

台風18号の影響もなんのその。ファンディーナ、モズカッチャンも粉砕。2017ローズS・ラビットランと和田竜二。

何のミスもしていない。かつ人気以上の結果を出してきた。 なのに降ろされた。 奮起したのがオークス2着馬・モズカッチャンからラビットランに乗ることになった和田竜二。 今年は関西リーディング上位をキープ。夏の小倉でもきっちり勝利数を増やしており、…

皐月賞馬を並ぶまもなく交わした菊沢厩舎の菊候補。父トーセンホマレボシにも初重賞をプレゼント@2017セントライト記念・ミッキースワロー。

ディープインパクトの孫が地味にがんばっている2017年。 ディープブリランテ産駒のセダブリランテスが夏の福島でG3勝利。 残念ながら菊花賞見送りにはなりましたが、来年以降も期待したくなる1頭。 そして今回はトーセンホマレボシ産駒が皐月賞馬・アルアイ…

北九州記念1番人気5着。鬱憤晴らして余裕のV@2017セントウルS・ファインニードルとM.デムーロ。

北九州記念で1番人気5着。 それがセントウルSでも再度1番人気、というのはあまりわたしの記憶にはないような。 モハメド殿下の馬が今年の秋は地味にG1に参戦するケースが増えてきそうだな、という予感もあります。 父アドマイヤムーンといえばジャパンカッ…

夏の季節にサクラが満開。2着ナリタハリケーンで大波乱。G1不在の札幌記念はやはりこうか。2017札幌記念・サクラアンプルール!

久しぶりにG1馬の出走がなかった2017札幌記念。 海外G1制覇後、復帰初戦を迎えるはずだったネオリアリズムが回避し、堀調教師は代打・マウントロブソンを出しました。 が、まあ距離もそうですが、甘くはないですね。 大阪杯で見せ場たっぷりの競馬を見せた…

東京大好きフェイムゲーム!東京ハンデ重賞完全制覇達成@2017目黒記念。

ゴールドシップにあと少しまで迫った春の天皇賞。 それがフェイムゲーム。 オーストラリアG1では1番人気にもなりましたが、いまだにG1は未勝利です。 東京を得意としているように、左回りのほうがスムーズ。 とはいえ、ここまで人気を落としていたとは…

58キロ。重馬場。東京1400m。すべてあっさり克服。叩き2戦目で一変。2017京王杯SC・レッドファルクスとミルコ・デムーロ。

1200m専用機。 そう思えた昨年のスプリンターズS勝ち馬・レッドファルクス。 今年の高松宮記念はビッグアーサー不在でしたが、まさかの取りこぼし。 得意の左回り、中京コースでの連をはずした競馬内容から今回も不安視、を個人的にしていましたが。 …

権利を取った翌日に骨折判明。2017京都新聞杯・プラチナムバレット!

メンバーはそこまで強くない団子でしたが、一番外をまわして結果豪快に差しきったプラチナムバレット。 アグネスフライトやキズナほどの破壊力ではなかったですが、ペプチドアマゾンレベルの印象は残りました。 浜中騎手もレーヌミノルばいばいで運気を逃し…

2年7ヶ月ぶりの勝利。皐月賞馬がマイルで復活。2017マイラーズC・イスラボニータとルメール。

主戦は蛯名正義。 だったはずが、知らない間にルメールが主戦となったのがイスラボニータ。 社台の方針?ソウルスターリング含め、最近この勝負服とルメールは多いような。 古くはハーツクライでディープインパクトを有馬記念で封じたときもこの勝負服でした…

鮫島厩舎、オークス3頭出し内定か。「力があるのはわかっていた」by和田竜二。2017フローラS・モズカッチャン!

キタサンブラック? と見間違えるような黒と茶色の勝負服。 今年はオーナーより勝負服がトレンドなのか、と思わせたのが2017フローラSで12番人気で劇走したモズカッチャン。 なんとなくヤマトマリオンを思い出しましたが、本番はきつそうだな。 ハービンジャ…

「感動をありがとう」池江調教師ウルウル。1年半ぶりの勝利。2017阪神牝馬S・ミッキークイーン。

昨年はなんだかんだでG1未勝利だったミッキークイーン。 浜中騎手の運気の悪さが伝染したんでしょうか。 2017年の復帰初戦も昨年同様、阪神牝馬Sとなりました。 有馬記念の内容からも1番人気。 クイーンズリングともども危ない人気馬かなと思っていましたが…

父を早くも超えた孝行息子!シュタルケ騎手の冴え渡る手綱に導かれG2制覇@2017・NZT・ジョーストリクトリ。

父より競馬が上手かもしれぬ。 そう思えたのがジョーカプチーノの初年度産駒から出てきたジョーストリクトリ。 昨年はマイネルバールマンのほうが期待されてましたが、あっさり逆転しましたね。 前走のファルコンステークスで期待していた馬でしたが、まさか…

金子真人&田辺騎手の斬新コンビであっさりG2制覇。2017日経賞・シャケトラ。

それにしても2017年の田辺騎手は乗れています。 3歳牝馬のお手馬だらけで、どの馬でオークスに向かうのかわからないくらい2勝馬を多く抱えています。 人気馬でも結果を出し、何気に1番人気馬に騎乗する回数はそこまで多くないだけに回収率もいいジョッキー…

2017.3.20 姉を超えるために。松岡騎手もやる気が違うぜ!2017スプリングS・ウインブライト!

2歳王者・サトノアレスと2着馬・モンドキャンノも出走し、弥生賞よりハイレベルとなった2017年のスプリングS。 勝ったのは5番人気と穴人気していたウインブライト。 デビューからもたついていましたが、成長力でカバーし、ついに皐月賞・ダービー出…

完勝だが相手が弱すぎたか?白星発進で4連勝。2017阪神大賞典・サトノダイヤモンド。

阪神が合うとも思えないシュヴァルグラン。 そういう意味では2着はまあかっこはついた。 むしろ京都のほうがいい。 というのは勝ち馬も一緒か。 阪神コース適性・中3週実績で大穴・トウシンモンステラに期待したが・・・ まあ相手関係の問題か。 小崎は悪…

フランケル、ブラックタイド、ローエングリン・・・2017牝馬クラシックは混戦か?フィリーズレビュー・カラクレナイとミルコ・デムーロ。

フランケル、ブラックタイドと来て今度はローエングリン。 リスグラシューもハーツクライ産駒。 2017年の桜花賞路線はキングカメハメハ、ディープインパクトの全盛期の牙城を崩す年になるんでしょうか。 クイーンズリングなど、春の牝馬クラシックはワンパン…

同じ重賞を3ヶ月で2度制覇!今後この記録は破られることなし?2017金鯱賞・ヤマカツエース。

昨年12月に金鯱賞を勝利し、有馬記念では見せ場たっぷり4着だったヤマカツエース。 得意の舞台、芝2000mに戻り復帰初戦となったわけですが、まさかの同じ重賞を3ヶ月でまたも制覇。 当然今年からG1となった大阪杯を視野に入れるようですが、ウィ…

低レベルにもほどがあるぜJRA@2017弥生賞・カデナと福永祐一。

例年、弥生賞といえばメンバーがそろうんですが・・・ 2勝馬、重賞未経験のダイワギャグニーが2番人気に推される、という低レベルだった2017年の弥生賞。 このメンバーであんな後ろから競馬しているようでは、申し訳ないが本番はいらないでしょうなカデナ…

ドバイ遠征組よ、奮起せよ!2017中山記念・ネオリアリズムとミルコ・デムーロ。

ドバイ遠征組。 中山記念から始動、というのが最近のトレンドです。 ドゥラメンテ、ジャスタウェイ、ヴィクトワールピサ・・・ 先輩たちに続けとばかりにヴィブロスやリアルスティールなどが今年も参戦した2017中山記念。 ヴィクトワールピサでドバイワール…

新G1・大阪杯に向けて好発進か?2017AJCC・タンタアレグリア。

G2までは通用するけどG1じゃ足りない。 そんなイメージがしたのがタンタアレグリア。 というよりも母タンタスエルテの仔は牡馬も牝馬も不思議とそんな感じの馬が多い。 昨年の春の天皇賞以来という長期休養明けも、インをつくと決めていた蛯名騎手の好判断で…

ノンコノユメはおれが引き継ぐ?2017東海S・グレンツェントwith横山典弘。

初ダートのラストインパクト。 登録のみで回避にはなりましたがあがり馬・ミツバ。 古豪・アスカノロマン、インカンテーション。 など、メンバーがそろった今年の東海S。 勝ったのはシルクフォーチュン以来のダート大物かな?と思えるシルクレーシング所有の…

1,2番人気馬の叩きあい?ハンデ戦だぜ困っちゃうぜ和田くん浜中くん@2017日経新春杯・ミッキーロケット・シャケトラ!

馬券を購入していた人間は思ったはず。 見ごたえはあった。 が、望んだのはこの結末ではない。 それが2017年の日経新春杯。 ハンデ戦。 すなわち荒れる。 と思ったら、叩きあいにはなったが、1番人気ミッキーロケット、2番人気シャケトラの一騎打ち。 せめ…