読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

重賞初勝利がG1。アドマイヤ軍団も久々国内G1勝利。2017ヴィクトリアマイル・アドマイヤリードとクリストフ・ルメール。

ステイゴールドの牝馬。 種馬としては黎明期が長かったステイゴールドは大物牡馬がなかなか出ず、主な産駒がソリッドプラチナム、という時代もありました。 今ではオルフェーブル、フェノーメノ、ゴールドシップと一挙3頭がスタッドイン。 そんなステイゴー…

サトノダイヤモンド撃破。有馬記念のリベンジ完了。夢はフランスへ。2017天皇賞・春・キタサンブラック!

ルメール騎手で芝3200m。 あまりイメージはわかなかったんですが、サトノダイヤモンドはシュヴァルグランも差せず3着。 距離適性、というよりは、騎手の経験の差が出たようにも思える今年の春の天皇賞。 昨年波乱を演じたカレンミロティックが今年も参戦予…

ソウルスターリング撃破。低評価を覆し見事テン乗り池添騎手@2017桜花賞。

レーヌミノルをおろされた浜中騎手。 サロニカがまわってきました。 が、まさかの枠順確定後の出走取り消し。 結果的に騎乗馬なしということに。 そんなレーヌミノル、池添騎手がテン乗りで一発回答をしたのが2017桜花賞。 フランケル娘のソウルスターリング…

G1昇格元年・きっちり1番人気で応えた武豊。歌わないと決めたサブちゃんの歌声はいつ聴けるのか?2017大阪杯

終わってみれば「まあそうなるよね」という結果だったのが第一回となる記念すべき昇格元年・2017年大阪杯。 キタサンブラックがマルターズアポジーの逃げなんて気にもしないぜ、という感じの3番手追走。 やや押してステファノス。 無理して位置を取ると末脚…

アドマイヤムーンの後継種牡馬はオレだ!2017高松宮記念・セイウンコウセイと幸英明。

無免許運転でJRAからの裁定待ちの松田大作騎手。 ミルコ・デムーロ騎手が来日したてのころからいろいろ面倒みたり、男気のあるやつだと思っていたんですが、、、 セイウンコウセイ、乗りたかったでしょうけど、まあ社会的にやっちゃいけないことをやったわけ…

父亡き後にG1制覇。できすぎたドラマか?2番人気・4歳馬でこのレース連勝のデムーロ騎手@2017フェブラリーS・ゴールドドリーム!

ゴールドアリュールが悲しいかな、亡くなりました。 その週に息子が結果を出す。 競馬ではよくある話です。 そんな話が現実となったのが2017フェブラリーS。 安定感はほぼない、という個性派・ゴールドドリーム。 なんとこの勝負服、フラワーパーク以来のG1…