見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2017G1

オークス4着からの飛躍。史上初紫苑S勝ち馬&ハービンジャー産駒のG1初勝利@2017秋華賞・ディアドラとクリストフ・ルメール。

父ハービンジャー。 鳴り物入りで来日したわけですが、ワークフォースともども期待されたほどの産駒がこれまで出てきませんでした。 G2くらいまではなんとかなるけど、G1ではおよびじゃない。 そう個人的には思っていたんですが、ついにその日が来ました。 …

内枠、出遅れ、台風による不良馬場・・・その結末は?2017天皇賞・秋・キタサンブラックと武豊。

宝塚記念は不可解な敗退をしてしまったキタサンブラック。 2017年は秋3戦と決まり、来年からは種牡馬入りも決まりました。 母父サクラバクシンオーにブラックタイド。どれだけ需要があるかは未知数ですが、強いという意味ではオルフェーブルくらいのイメージ…

父ルーラーシップ・母の父ディープインパクト、ともにG1初勝利@2017菊花賞・キセキ。

父ルーラーシップ 母の父ディープインパクト ともにG1初制覇となったのが2017年の菊花賞。 ダービー上位組、その最たるダービー馬レイデオロは神戸新聞杯勝利→ジャパンカップ、という異色のローテで挑むことになり菊花賞不在。 押し出される形で人気にな…

さらばビッグアーサー!リピーターが休み明けでも魅せた@2017スプリンターズS・レッドファルクスとミルコ・デムーロ。

ビッグアーサーのリベンジも期待された2017年のスプリンターズS。 結果は休み明けながらきっちり仕上げてきたレッドファルクスの連覇。 おいおい、あんな後ろってデュランダルじゃないんだから・・・ と思ってみていましたが・・・デュランダルなんですね。…

デムーロ、武豊の春3冠の記録を阻止。2017宝塚記念・サトノクラウン。

父マルジュというのは日本であまりご縁がないですが、この馬だけは大活躍。 香港でハイランドリールを撃破、京都記念に強い馬。 そんなイメージだったサトノクラウン。 クラシック戦線では人気を背負いながらも結果が出せませんでしたが、2歳からずっとハイ…

京王杯を昨年は1着。今年は9着。でも今年のほうが結果がいい。前走の着順はあてにならないね。2017安田記念・サトノアラジン!

モーリスでも制覇。 サトノアラジンでも制覇。 川田騎手、なにげに府中のマイルはうまい。 そして昨年に続き今年はハイペースでの逃げで粘ったロゴタイプがまたも8番人気で2着。 父ローエングリンのいいとこどり、というイメージですが、母のステレオタイ…

藤沢厩舎の悲願。牡馬クラシックついに制覇はキャロットファームとともに@2017日本ダービー・レイデオロ!

母の父シンボリクリスエスが1着3着となったのが2017年日本ダービー。 母系に入って味を出すのか。 そしてシンボリクリスエスといえば美浦・藤沢厩舎。 父にキングカメハメハを向かえ、レディブロンドからつながる藤沢ブランドがついに開花したのがレイ…

短距離王×フランスオークス馬=オークス馬・ソウルスターリング。2017オークス。

父フランケル 母スタセリタ。 これだけ見ると距離適性がよくわからない。 2歳女王になったこともあり、父が出たのかなと思いきや、今度は桜花賞を3着。 これでますますわからなくなって迎えたオークス。 結局、母系のよさにフランケルがコラボしたんだろう…

重賞初勝利がG1。アドマイヤ軍団も久々国内G1勝利。2017ヴィクトリアマイル・アドマイヤリードとクリストフ・ルメール。

ステイゴールドの牝馬。 種馬としては黎明期が長かったステイゴールドは大物牡馬がなかなか出ず、主な産駒がソリッドプラチナム、という時代もありました。 今ではオルフェーブル、フェノーメノ、ゴールドシップと一挙3頭がスタッドイン。 そんなステイゴー…

サトノダイヤモンド撃破。有馬記念のリベンジ完了。夢はフランスへ。2017天皇賞・春・キタサンブラック!

ルメール騎手で芝3200m。 あまりイメージはわかなかったんですが、サトノダイヤモンドはシュヴァルグランも差せず3着。 距離適性、というよりは、騎手の経験の差が出たようにも思える今年の春の天皇賞。 昨年波乱を演じたカレンミロティックが今年も参戦予…

ソウルスターリング撃破。低評価を覆し見事テン乗り池添騎手@2017桜花賞。

レーヌミノルをおろされた浜中騎手。 サロニカがまわってきました。 が、まさかの枠順確定後の出走取り消し。 結果的に騎乗馬なしということに。 そんなレーヌミノル、池添騎手がテン乗りで一発回答をしたのが2017桜花賞。 フランケル娘のソウルスターリング…

G1昇格元年・きっちり1番人気で応えた武豊。歌わないと決めたサブちゃんの歌声はいつ聴けるのか?2017大阪杯

終わってみれば「まあそうなるよね」という結果だったのが第一回となる記念すべき昇格元年・2017年大阪杯。 キタサンブラックがマルターズアポジーの逃げなんて気にもしないぜ、という感じの3番手追走。 やや押してステファノス。 無理して位置を取ると末脚…

アドマイヤムーンの後継種牡馬はオレだ!2017高松宮記念・セイウンコウセイと幸英明。

無免許運転でJRAからの裁定待ちの松田大作騎手。 ミルコ・デムーロ騎手が来日したてのころからいろいろ面倒みたり、男気のあるやつだと思っていたんですが、、、 セイウンコウセイ、乗りたかったでしょうけど、まあ社会的にやっちゃいけないことをやったわけ…

父亡き後にG1制覇。できすぎたドラマか?2番人気・4歳馬でこのレース連勝のデムーロ騎手@2017フェブラリーS・ゴールドドリーム!

ゴールドアリュールが悲しいかな、亡くなりました。 その週に息子が結果を出す。 競馬ではよくある話です。 そんな話が現実となったのが2017フェブラリーS。 安定感はほぼない、という個性派・ゴールドドリーム。 なんとこの勝負服、フラワーパーク以来のG1…