見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2017特別戦・条件戦

キャロットおなじみの名馬たちのめいが、すさまじい瞬発力発揮で連勝を決めた@2017さざんか賞・アンフィトリテ。

ルメール騎手いわく「ラスト200mはすごい瞬発力だった」。 500万条件ということもあり、鵜呑みにはまだまだできませんが、おじにリアルインパクト、ネオリアリズムとキャロットなじみの馬がいるアンフィトリテ。 父ロードカナロアからはやや長めの距…

母とは反対に怒涛の追い込みで2勝目ゲット。オイスターチケット最高傑作なるか?2017つわぶき賞・アンコールプリュ。

藤岡康太、といえば、逃げor追い込み、と極端なイメージがあります。 逃げでいえばジョーカプチーノ。 追い込みでいえば晩年のシルクフォーチュン。 そしてこの馬。アンコールプリュ。 若手とも言い切れない微妙なお年頃になってきた康太騎手も、ジョーカプ…

馬のリズムに任せていったら逃げ切った@2017ひいらぎ賞・マイネルキャドーと柴田大知。

うーん。勝つには勝ったけど、大物感がない。 父ディープブリランテといえばセダブリランテスがいますが、この馬ははたしてどうなんだろう。 6月デビューで東京の未勝利戦勝利以来、ようやくの2勝利目なわけですが、気づいたら逃げ切った、という内容。 乗…

力強い末脚。カフジテイクの芝バージョン誕生か?2017こうやまき賞・カフジバンガードと藤岡康太。

冠カフジといえばカフジテイク。 ドバイにも参戦しましたが、G1まではまだまだ道のりは遠いかもしれません。 そんなテイク先輩より、お先にG1が狙えるカフジ馬がこの馬。 カフジバンガードです。 父は今年ブレイクのハービンジャー、母はエミリア。 栗東・松…

外に出したらいい脚を使ってくれたby田辺。NHKマイルカップへレリゴー!2017黒松賞・タイセイアベニール。

冠タイセイ 父ベーカバド こうしてみると重賞の香りはしてきませんが、ハービンジャーから大物が出るまで多少時間がかかったように、タイセイ、ベーカバドとも、そろそろ出てくるんでしょうか。 2着には3番人気セイウンリリシイ、3着には1番人気ヴェルス…

岩田もびっくり!ポツン最後方から終わってみたらクビ差で勝利。2017樅の木賞・ワークアンドラブ。

岩田騎手にはロンドンタウンという韓国G1馬がいるわけですが、まだまだお手馬は欲しいところ。 そういった意味で、2歳でダート2勝は大きいです。 勝負服を見ればわかりますが、ドクターコパさん所有。 コパノ~ではない馬もいるんですよね。 父シニスタ…

デビュー4戦目の初ダートで快勝。目指せケンタッキーダービー!2017カトレア賞・ルッジェーロ。

初ダートでいきなり一発回答。 キンシャサノキセキというと芝短距離、というイメージはありますが、この馬は芝・ダ兼用の強みがあります。 3番手追走から余裕で抜け出して勝利のルッジェーロ。 ケンタッキーダービーの日本馬選定レースでまずは10ポイント…

貴重なローズキングダム産駒。幼い面もあるけど、よくがんばった!byルメール。2017ベゴニア賞・アンブロジオ。

父ローズキングダム。これだけでも競馬ファンはなぜか笑顔になってしまう。 地味にがんばる種牡馬が、なぜか競馬ファンは好きだったりします。 ブラックタイドからキタサンブラックが出たように、こつこつ種牡馬生活を続けていれば一発は打てるはず。 ゴール…

「すごくいい馬。将来性も高い」by川田@2017白菊賞・リリーノーブル!

父ルーラーシップの最高傑作といえば菊花賞馬・キセキ。 牡馬がいい、というイメージの種牡馬でしたが、ここに来て牝馬の大物を輩出してきました。 母ピュアチャプレット、というのは初めてわたしは聞きましたが、今後期待できそうな繁殖牝馬かなという印象…

1.1倍のミスターメロディを豪快に交わし圧巻のレコードV@2017寒椿賞・メイショウオーパスと幸英明。

緒戦で2歳レコードをたたき出した快速ダート馬・ミスターメロディ。 当然ここでも1番人気。1.1倍というなかなか500万下では見られないオッズを背負いました。 ただ1ハロン延長で最後の最後で脚が鈍ったのもありますが、勝ったのは2番人気メイショ…

ブラックタイド産駒はここにもいる。ブービー人気で最後方からごぼうぬき@2017万両賞・ヒシコスマーと幸英明。

ブラックタイド産駒といえばやはりキタサンブラック。 とはいえ来年は種牡馬となるため代表産駒が不在になります。 そういう意味で、勝っても人気にならない、といういい意味での個性を受け継いでいると思われるのが今回の万両賞の勝ち馬。 最後方から突き抜…

スクリーンヒーローの後継者はここにもいるぜ!葉牡丹賞・ジェネラーレウーノ!

デビュー戦から人気を背負っていたジェネラーレウーノ。 取りこぼしたものの、未勝利はあっさり脱出して挑んだのが葉牡丹賞。 2000mにこだわるのはやはり来年のクラシックを見据えてといったところ。 どうにか逃げ切り、という期待値ほどの内容ではなか…

アユサンの全妹が2勝目ゲット。次は阪神JF。戸崎騎手2歳女王獲得なるか?2017赤松賞・マウレア。

スタートで後手にまわったものの、すばやくリカバリー。 狭いところを抜け出す勝負根性を見せたのが美浦・手塚厩舎所属のディープインパクト産駒・マウレア。 桜花賞馬・アユサンの全妹ということで、血統的にも桜を期待される素質馬。 次は阪神ジュヴェナイ…

サージュミノルを差しきり2歳コースレコードで連勝@2017もちの木賞・ビッグスモーキー。

馬名からはヘビースモーカー?に思えるビッグスモーキー。 父キングカメハメハ・母スモークンフローリック。 栗東・清水久厩舎ということで、キタサンブラックと同じですね。 3番人気で挑んだ今回、浜中騎手がインを選択したのが結果的に功を奏して1着。 …

「リラックスして走れていた」。父フランケルに母ワイルドココ。マイル以下が本領か?2017秋明菊賞・シグナライズとクリストフ・ルメール。

初めての1400mということで未勝利戦からの連勝なるか注目されたシグナライズ。 父フランケルということで、問題なく通過しました。 ソウルスターリングはオークスはこなしたものの、どうやら距離の壁はあるようなので、やはりフランケルはマイル以下、…

新馬戦に続く福島1800m連勝の珍記録達成@2017きんもくせい特別・レーツェルと北村宏。

過去にはナリタブライアンもこのレースを勝って3冠馬になったレース。 それが、福島競馬場のきんもくせい特別です。 とはいえ、当時と違い今は1800mになってます。 そして、今年の勝ち馬はレーツェル。 マイネレーツェルがどうしても浮かびますが、所有はキ…

目指せホープフルS初代王者。2017百日草特別・ゴーフォザサミット。

サミットと聞くと、スーパーが浮かぶ庶民ではあります。 山本英俊オーナーといえば、里見オーナーと同じく「高額馬を買うがハズレばかり」のイメージ。 ですが、サトノダイヤモンド、サトノクラウン、さらにサトノアレスといきなり覚醒したセガサミー里見さ…

逃げ切り→差し切り。変幻自在のエスポワールシチーの弟・オキザリス賞・ダークリパルサーwith戸崎圭太。

味のある競馬を見せてくれたのが兄にエスポワールシチーを持つこの馬。 父ハードスパンにかわりましたが、もちろんダート馬。 美浦・金成厩舎ということで地味ですがダークリパルサーはデビューは逃げ切り、今回は差し切りと変幻自在の競馬を見せて2連勝。 …

意外や意外。今季初勝利となったムーア騎手。逃げ切りで次はホープフルSへ。2017黄菊賞・ジュンヴァルロ。

今年のムーアはちょっと・・・ 乗れてないというより、これまでが神がかりすぎていたんでしょう。 ムーアも人間なんだな、と感じさせられたのが2017年。 かわりにデムーロ騎手がやりたい放題勝ちまくっています。 とはいえそんなムーア騎手の今期初勝利とな…

「すばらしい能力の持ち主。本当にヤバイ」byデムーロ。アメリカ3冠レリゴー♪2017プラタナス賞・ルヴァンスレーヴ。

父シンボリクリスエスといえば、古くはサクセスブロッケンなど、どちらかといえばダート、というイメージがありました。 最近ではエピファネイアが出てきたこともあり、芝・ダ兼用中距離、というイメージに私の中では変わりましたが、一発屋、というイメージ…

トゥザヴィクトリーの息子を撃破し2勝目!ダービー2着の兄を超えるか?2017黄菊賞・マイハートビートと幸英明。

2000mはやはり長いのか? そう思えたのがトゥザヴィクトリーとロードカナロアの間に生まれたトゥザフロンティア。 とはいえ勝ち馬はサトノクロニクル、ダービー2着のサトノラーゼンの弟・マイハートビート。 血統だけでいえば負けていなかっただけに、オッ…

大差勝ちの次は4馬身差圧勝。20年ぶりのレコード更新の快速馬誕生@2017なでしこ賞・ハヤブサマカオーとルメール騎手。

速すぎる。 父シニスターミニスターということで、素人目にもダートだろうな、というのはわかりますが、相手関係がある競馬で大差勝ち、そして4馬身差楽勝、となると、来年のUAEダービー、またアメリカ3冠の夢が見たくなります。 それが今年のなでしこ賞勝…

「馬の地力に助けられた」by吉田隼人。次は全日本2歳優駿or阪神JF@2017くるみ賞・モルトアレグロ!

マイルまではもってほしい。 POGで指名しているだけに悲願ともいえますが、モルトアレグロが1400m芝で2勝目をあげました。 単1.8倍という圧倒的支持に応えたものの、距離は1600mがギリギリ、というのが主戦・吉田隼人騎手のジャッジ。 同じスパイツタウン…

「上のクラスでも楽しみ」byデムーロ。将来性に太鼓判か。2017サフラン賞・レッドレグナント。

ロードカナロアといえばやはり岩田騎手。 ところが新種牡馬産駒デビューとなった今年、大物には乗れていません。 いい出会いがあるといいのですが・・・と思いますが、こればかりはめぐり合わせ・タイミング。 500万下とはいえなかなかのメンバーがそろった2…

「かなり能力はありそう」by武豊。断然の上がりで勝利@2017ヤマボウシ賞・ドンフォルティス。

ドンといえばドンクール。 やはりダートが似合う冠ではあります。 父ヘニーヒューズということで、アジアエクスプレスは朝日杯FSを制覇してはいますが、持ち味はやはりダートなのかなと。 後方4番手追走から鮮やかに差しきったドンフォルティス。 ヤネは熊…

北村宏「まだまだ可能性がありそう」。距離延長大歓迎のハービンジャー産駒@2017アスター賞・ノームコア。

たかが500万下。されど500万下。 なのが2歳の500万下ですね。 なぜかといえば理由はカンタン。勝てば即オープン馬だから。 福島の新馬戦を楽勝して挑んだのが中山コース。 右回り、かつ小回り向きなのかと思われるのが今回の勝ち馬のノームコア 2…

古馬相手の1000万条件も楽勝。次は神戸新聞杯?2017信濃川特別・キセキ。

ようやくここにきて素質開花。 大物感がただようだけに、ぜひ菊花賞に向かってほしい! そう思えるのが古馬相手の1000万条件戦・信濃川特別を制したキセキ。 次は神戸新聞杯あたりかな、と調教師コメントもありましたが、菊花賞には向かわない、というコメン…

残念オークス。忘れな草賞のパクりのようなタイトルがついた@2017メルボルンT・アルメリアブルーム。

今年の3歳牝馬はソウルスターリング一強、となりそうな予感がしたオークスでした。 とはいえ、完成度の違いでこの時期にクラシックに間に合わなかった馬も当然います。 牝馬・福永・栗東管理馬、となると、遅咲きでいえばヴィブロスが浮かびます。 そこまで…

会心の勝利に岩田笑顔。ファンディーナの代わりにこの馬でクラシック制覇か?2017矢車賞・ディアドラ。

皐月賞2着のペルシアンナイトを輩出し、ようやく日本の馬場に適性を見せ始めたハービンジャー。 牝馬路線でもなかなかの馬が出てきました。 矢車賞を勝利したディアドラ。 ブエナビスタの初仔でPOGでも人気のコロナシオンはここでも3着。 母を超える、…

12番人気で劇走。未勝利脱出まで7戦→昇級初戦いきなり勝利。2017ゆきつばき賞・カレンと井上敏樹騎手。

地味に牝馬ががんばっているディープブリランテ産駒。 未勝利脱出に7戦もかかった馬。 それがカレンです。カレンチャンではなくカレン。 しかも未勝利脱出はダート。 そして今回は芝。 当然人気も限りなくない。 まさかの大外一気での連勝。誰が予想したで…