見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2017特別戦・条件戦

残念オークス。忘れな草賞のパクりのようなタイトルがついた@2017メルボルンT・アルメリアブルーム。

今年の3歳牝馬はソウルスターリング一強、となりそうな予感がしたオークスでした。 とはいえ、完成度の違いでこの時期にクラシックに間に合わなかった馬も当然います。 牝馬・福永・栗東管理馬、となると、遅咲きでいえばヴィブロスが浮かびます。 そこまで…

会心の勝利に岩田笑顔。ファンディーナの代わりにこの馬でクラシック制覇か?2017矢車賞・ディアドラ。

皐月賞2着のペルシアンナイトを輩出し、ようやく日本の馬場に適性を見せ始めたハービンジャー。 牝馬路線でもなかなかの馬が出てきました。 矢車賞を勝利したディアドラ。 ブエナビスタの初仔でPOGでも人気のコロナシオンはここでも3着。 母を超える、…

12番人気で劇走。未勝利脱出まで7戦→昇級初戦いきなり勝利。2017ゆきつばき賞・カレンと井上敏樹騎手。

地味に牝馬ががんばっているディープブリランテ産駒。 未勝利脱出に7戦もかかった馬。 それがカレンです。カレンチャンではなくカレン。 しかも未勝利脱出はダート。 そして今回は芝。 当然人気も限りなくない。 まさかの大外一気での連勝。誰が予想したで…

コンビで連勝・ユーイチ「いいポジションからいい競馬」秋の飛躍に期待の石坂厩舎の秘蔵っこ@2017あやめ賞・グラットシエル。

栗東・石坂厩舎。 そう聞くとやはりジェンティルドンナでしょう。 後継者となるとなかなか出てくるもんじゃない。 牡馬・牝馬とも、さすがにジェンティルほどの大物は毎年入ってはきません。 が、この馬は古馬になって化ける予感がする。 それがあやめ賞を勝…

さあダービー!いや、本賞金では菊花賞になるのか?4戦連続騎乗のルメールも期待するアドマイヤロブソン@2017あずさ賞。

3代目。 と聞くとエグザイル系の話かと思われるかもしれませんが、もちろん馬です。 3代目ヒシマサル、がんばってますよ。 セレクトセールの落札価格を回収するには時間かかりそうですが、未勝利脱出にダートを使ったのは仕方ないにせよ、やはり本領は芝長…

「根気のいい馬で一生懸命走ってくれた」。オークス切符まであと1つ。2017デイジー賞・マナローラ。

皐月賞では人気薄クリンチャー4着でダービー出走の切符をゲットしたノースヒルズ。 牝馬は今年はやや不作気味でしたが、オークスに間に合いそうな馬が登場。 ハーツクライ×シェープアップから生まれたマナローラ。 栗東・鮫島厩舎と美浦の北村宏騎手という…

番外編。藤田菜七子はやはり追い込み騎手なのか?2017年4月8日福島6R・4歳500万下。

今回は番外編。というよりある意味このブログの趣旨でもある「独断と偏見」で選んだレース。 2017年4月8日の福島6R。4歳以上500万下。若手限定競走。 逃げた馬と最後方待機の馬で決まったレースとしてわたしの中での印象はブロードアピールとエイシンサンル…

最後方から突き抜け楽勝。金子真人&田辺騎手は2017トレンドか?2017山吹賞・チャロネグロ。

金子真人ホールディングスの信頼度を着々と積み上げているのが、美浦の田辺騎手。 逆に運気が落ちてるのか上がってきたのかわからないのが栗東の浜中騎手。 田辺騎手はシャケトラで日経賞を制覇。 そして今回山吹賞チャロネグロで勝利し、ダービー出走をかけ…

「この馬強いな」。byミルコ・デムーロ。信じていいのか?2017アザレア賞・アドミラブル。

まあ2強オッズなのでどちらかが勝利するとは思っていましたが、アドマイヤの勢いもとまってきましたアドマイヤミヤビ桜花賞大敗含め。 利一さん、豊を降ろしてから運気も落ちてる気もするけど。 初コンビとなったデムーロが前走2着ながら騎乗していたメル…

オークス候補がまたも田辺騎手に。2017ミモザ賞・ルヴォワール。

アドマイヤミヤビ、リスグラシューがハーツクライ産で活躍している2017年の3歳牝馬。 またも面白い馬が出てきました。 キャロットの勝負服で手塚厩舎という、ちょっと異色に思える牝馬ですが「余力を残して勝ちたい」という田辺騎手余裕のコメントからも大…

「距離ももつと思うし、いいものを持っている」初コンビ池添謙一一発回答。2017君子蘭賞・カワキタエンカ。

池添騎手といえば、デュランダル、スイープトウショウ、オルフェーブルなど、後ろから豪快に競馬するイメージもありますが、2017年はわりと前目の馬で目立っています。 皐月賞にはオープン連勝中のアダムバローズ。 そしてここにきて面白そうな馬が出てきま…

紅一点であっさり。2017年は3歳牝馬が粒ぞろい。2017黄梅賞・ハローユニコーン。

ハーツクライ。 3歳牝馬。 リスグラシューはじめ、トレンドになっています。 またもハーツクライから2勝馬が誕生。 オークスには間に合うと思いますが、桜花賞に登録するとのこと。 本賞金が足りるのか抽選になるのかはわかりませんが、忘れな草賞とかのほ…

自分、不器用なんで。でも勝つときはあっさりです。2017水仙賞・イブキと田辺騎手。

今年の新種牡馬のルーラーシップとリーチザクラウン。 どちらにも共通なのが、好位で競馬、ができない。 そんな血脈が産駒にも受け継がれているようです。 新潟2歳ステークスで上位人気だったイブキ。 高速馬場が合わなかったのか、中山でまさかの逃げ切り。…

ブチコ姉さん、ぼくが後はがんばります@2017くすのき賞・シロニイ。

ブチコ。 シロニイ。 金子真人ホールディングスにしては雑なネーミングが続く白毛一族。 まあ「遊び」は車のハンドルしかり、大事な要素ではありますが。 デビュー戦から芝で人気していたのが信じられないくらいの、毎度毎度のダート巧者。 4コーナー先頭の…

メイショウボーラー産駒のオープン馬。これは応援しなきゃ@2017かささぎ賞・デスティニーソング。

小倉といえばメイショウカイドウ。 函館といえばエリモハリアー。 そんな感じでローカル競馬場にはその競馬場をこよなく愛するサラブレッドがこれまで数多くいました。 小倉を愛する人といえば橋口元調教師。 そして、小倉1200m芝を愛した馬といえば・…

亡き父ステイゴールドにビッグなプレゼントなるか?2017フリージア賞・トリコロールブルー。

バリングラを負かしたのはまあまあ評価。 ただ、今年はハーツクライのほうがサンデーサイレンスでいえば勢いがある。 亡きステイゴールドにビッグなプレゼントをささげることができるのか? トリコロールブルーが見事2勝目を挙げました。 2017年のフリージ…

これは超大物か!牝馬3冠、無敗で行くのか?2017つばき賞・ファンディーナ。

打倒ソウルスターリング。 打倒サトノアレス。 フジサワ包囲網が着々と狭くなっている2017年。 前走は逃げて9馬身差の楽勝。 今回は控えた3番手から楽に抜け出し連勝。 兄ナムラシングンよりも前で競馬ができ、かつ兄よりもキレる。 乗った川田騎手が「す…

ブラックスピネルの妹は差して2勝目。2017あすなろ賞・モーヴサファイアwith北村友一。

2歳の夏から人気し続けて、そして裏切り続けたモーヴサファイア。 東京新聞杯勝ち馬のブラックスピネルの下、ということで期待値も高かっただけに、ようやくの2勝目が小倉500万下のあすなろ賞。 出世レース?ではないと思われますが、池添学厩舎は期待…

メイショウマンボも通過したこの路。この馬はどうだ?2017こぶし賞・マイスタイル。

武幸四郎騎手や田中博康騎手が2017年2月26日でいよいよムチを置いて調教師になります。 そんな武幸四郎騎手が号泣したのがメイショウマンボのオークス。 メイショウマンボがオークス制覇できたきっかけとなったレースがこぶし賞。 このレースを勝利していな…

前走ダートしんがり負け→芝で最低人気で勝利。2017春菜賞・ライズスクリュー!

前走シンガリ負け。 しかも前走はダート。今回は芝。 オリンピック精神でがんばってくれ! と思っていたら、まさかの最低人気馬の勝利。 それが2017年の春菜賞。 ライズスクリューと横山和生です。 弟が来月デビューということで、うかうかしれいられません…

わずか3頭出走の米国産馬が上位独占。2017ごぎょう賞・スーパーモリオン。

終わってみたら、、、というのが競馬タラレバです。 まさにそんなレースになったのが2017年のごぎょう賞。 ディープインパクト、キングカメハメハ全盛となっている2017年。 ○外が今回は3頭出走。 まさかのその3頭で1~3着独占。 昨今のJRAでは珍しい結果…

5ヶ月休み明け快勝。シュヴァルグラン・ヴィブロスのいとこ・インヴィクタ!@2017梅花賞

重賞までは手が届く。 が、G1にはご縁がない。 それがハービンジャー。 という歴史が続いていますが、覆せるのか? という馬が2017年梅花賞勝利のインヴィクタ。 サトノの里見オーナー。 ディープインパクト、キングカメハメハでおなじみの金子真人ホール…

5番人気、6番人気で連勝。コロナシオン轟沈@2017セントポーリア賞・ダイワギャグニー。

父キングカメハメハ。 母トリプレックス。 それなりの血統なんですが、なぜか人気しない。 それが美浦・菊沢厩舎の管理馬・ダイワギャグニー。 POGでも人気のブエナビスタの初仔・コロナシオンは10着に大敗。 クラシックうんぬんの馬ではないことはこれで…

「まだまだ余裕」で2戦2勝。ダート1400mは日本レコードで走る馬・2017はこべら賞・アディラート!

ケンタッキーダービーの優先出走権をかけたレース。 カトレア賞とヒヤシンスS。 カトレア賞はモンサンレガーメが制し、まず1歩リード。 ですがフォギーナイトなども虎視眈々と出走権を狙っており、フェブラリーSより陣営の本気度が試されるレースがヒヤシン…

ウイン軍団、悲願のクラシック制覇なるか?2017若竹賞・ウインブライトwith松岡正海

デビューから期待はされつつも未勝利脱出に時間がかかりました。 姉のウインファビラスより仕上がりがやや遅いのは逆にクラシックに向けては好都合なのか? そう思えるのが若竹賞快勝のウインブライト。 2017年の牡馬クラシックは後ろから切れ味を見せる馬が…

寒波じゃないよ涼風だよ!2017菜の花賞・スズカゼ!

涼風。 とは思えない寒波が2017年1月は日本列島に襲来していますが、中山競馬場には涼しい風が吹きました。 父ディープブリランテということで、3頭目になるのかなオープン馬。 とはいえ2勝馬をオープン馬と呼ぶのは個人的には抵抗があるな。 1000万条件と呼…

母アルーリングボイスで芝1600m。勝ったはいいが次はどうする?2017白梅賞・オールザゴーwith浜中俊。

この母系でマイルまで距離持つのか。 そう思ったのが2017年白梅賞の勝ち馬・オールザゴー。 父はステイゴールド。 これだけ見れば、なんでマイル持つのかなんて話しになるの?と思うかもしれません。 母が小倉2歳S勝ち馬のアルーリングボイス。 バリバリの短…

余裕あり。楽しみ増えた!by池添謙一@2017福寿草特別・サトノリュウガ!

ダンゼンの1番人気だったエアウィンザー。 武豊騎手もここは通過点、そして弥生賞、という流れで描いていたはずが、未来予想図はそうかんたんにはうまくいきません。 伏兵扱いとはいえ、2016年12月から「神ってる」サトノ軍団のサトノリュウガ。 父ハービン…

目指すはオークス。田辺騎手「素質がすごい」2017寒竹賞・ホウオウパフューム。

パフュームときくと、悲劇の桜花賞馬・ワンダーパフュームが浮かぶ競馬ファンのみなさんこんばんは! 成長途上でとてつもない強さを見せたのがホウオウパフューム。 父ハーツクライ 母マチカネタマカズラ 成長力あるハーツクライだけにこの時期の芝2000…