見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2017海外重賞

3連単100万馬券炸裂!K・リョン騎手&ビューティージェネレーション大金星・サトノアラジン11着大敗@2017香港マイル。

正直、今年の日本馬ではきつかったろうな、と思えたのが今年の香港スプリントとマイルでした。 とはいえ11着大敗は種牡馬としての価値を考えると痛すぎる敗戦だったのが日本馬・サトノクラウン。 芝マイルは適性はもちろんあるんでしょうが、能力は正直そ…

クイーンエリザベス勝ち馬ネオリアリズム参戦!迎え撃つ香港馬との激闘を見逃すな!2017香港カップ。

春の香港G1を制覇したネオリアリズム出走で、盛り上がったのが2017香港カップ。 その他2000mまでなら期待ができるステファノス、昨年は香港ヴァーズに参戦し掲示板確保のスマートレイアーが参戦。 モーリス級は今年は国内からは参戦はありませんが、キタサ…

有終の美飾るGⅠ7勝目。ハイランドリールに食い下がったのはタリスマニックとトーセンバジル@2017香港ヴァーズ。

サトノクラウンの一世一代ともいえる走りに屈した2016年のハイランドリール。 リベンジしようと思ったらサトノクラウンはいない、ということで、今年のメンバーなら負けられない、といったところ。 残り100mで2着のタリスマニックをさらに突き放す危な…

ミスタースタニングを筆頭に上位5頭はすべて香港馬。出て来い第二のロードカナロア@2017香港スプリント・ミスタースタニング。

短距離は香港が強い。 そのイメージを崩したのは実はロードカナロアだけで、あとの日本馬はこのレース、実は鬼門。 それが2017香港スプリントです。 終わってみたら上位掲示板はすべて香港馬。 スプリンターズSでは遠征して5着だったブリザードが3着に入…

初参戦でいきなりG1勝利。馬も初G1。日本馬も初勝利。と記録づくめの2017第2回コリアスプリント・グレイスフルリープ。

昨年は日本馬は残念ながら馬券圏外となったコリアスプリント。 今年は古豪・グレイスフルリープが武豊騎手とのコンビで参戦。 1200mは短いのでは?ともいわれていましたが・・・まさかの3番手追走。 スピードに乗ったまま直線へ。 もったままといった形で先…

日本馬ワンツー!高速のいったいったを見逃すな。2017・第2回コリアカップ・ロンドンタウンと岩田騎手。

昨年の覇者クリソライトの連覇がかかった今年のコリアカップ。 夏の間にめきめき力をつけてきたカネヒキリ産駒・ロンドンタウンがエルムS勝利によってここの出走がかないました。 鞍上の岩田騎手、クリソライトの武豊騎手ともに韓国競馬は初参戦。 中距離の…

勝ち馬は あえて書かない 次本番 2017フォワ賞。

日本人からすると勝って当たり前、と思われているのが凱旋門賞の前哨戦・フォワ賞。 とはいえ、現地で本気で凱旋門を狙いにいっている厩舎サイドは使わないレース。 なぜ日本人はここにこだわってるのかいまだによくわかりません。 今年はサトノダイヤモンド…

レース当時朝無念の出走取り消しのエピカリス。勝利したのはタピット産駒の葦毛@2017ベルモントS・タップリット!

サンダースノーと互角に戦えたUAEダービーだっただけに、かなり期待していたんですが、、、まさかの出走取り消し。 それがエピカリス。ルメール騎手も今年春は好調だっただけに残念でした。 そんな2017年のベルモントステークスを勝利したのは、ラニと同…

堀・モレイラ・海外G1。終わってみたらやっぱりか。2017クイーンエリザベス2世C・ネオリアリズム。

ハナにいく、と戦前予想されていたネオリアリズム。 まさかのスタート後の不利。 そしてしばらくかかりっぱなし。 折り合いがついたころには向こう正面。 しびれを切らしたか3コーナーすぎで早くも先頭。 さすがに仕掛けが早い、と思いきや、モレイラの抜群…

どろんこ馬場にもほどがあったぜbyカフジテイク・・・2017ゴドルフィンマイル・セカンドサマー。

大雨でどろんこになった2017ドバイ。 むしろ後ろからいくこの馬には展開が向くか?と思えたのが2017ゴドルフィンマイル。 前哨戦ともいえるフェブラリーSは津村騎手で3着。 騎手がどうの、という以前に馬が不器用すぎるので、とにかく展開に左右される。 海…

稲妻の雪が舞い降りた@2017UAEダービー・サンダースノー!

引き続き2017ドバイミーティング回顧を。 日本の3歳ダート王と目されているエピカリスと、前走でエピカリスに食い下がる根性を見せたアディラートが出走した2017UAEダービー。 エピカリスがハナ、というのはまあ想定はできましたが、海外だけに控えるのかと…

相手関係小粒とはいえさすがモレイラ一発回答・2017ドバイターフ・ヴィブロス!

日本の競馬ファンが「馬主ならこの騎手に1度は乗ってもらいたい」と思う外国人ジョッキーが、ムーア騎手とモレイラ騎手でしょう。 デムーロ、ルメール騎手はもはや日本人。 福永騎手がドバイ遠征をしていたにもかかわらず、あえてのモレイラ起用。 きっちり…

ハイランドリール、まさかのシンガリ負け。ブービーは日本馬サウンズオブアース。2017ドバイシーマクラシック

前回に続いて2017ドバイミーティングを見ていきます。 今回はドバイシーマクラシック。 わずか7頭立てとなった競馬でしたが、個人的には波乱の結果。 日本馬はサウンズオブアースが参戦。 ステイゴールド臭がしたのでかなり期待していたんですが・・・ブー…

ワンマンショー。世界最強ダート王見参。2017ドバイワールドカップ・アロゲート!

本日からしばらく2017年のドバイ回顧を行いたいと思います。 第一弾はもちろんこちら。ドバイワールドカップ。 ラニ、ゴールドドリーム、アポロケンタッキーなど、伏兵以前におよびではないようなオッズがイギリスブックメーカーではつきました。 まあ結果も…