見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2017新馬・未勝利

「調教での手ごたえどおり、上手に競馬をしてくれた」2017メイクデビュー阪神・アイアンクロー。

父アドマイヤムーン。 そう聞くと浮かぶのはハクサンムーン。 アドマイヤムーン自身はジャパンカップを勝利したり、長距離で活躍してましたが、エンドスウィープということで、やはりスプリント色が強いんでしょう。 ローテはしばらく1200mにこだわって…

反応よし・余裕あり。最後は手綱を緩める余裕。2017メイクデビュー阪神・アマルフィコースト。

浜中騎手。 レーヌミノルの降板、ミッキークイーンでのヴィクトリアマイル惨敗など、2017上半期はいまいちだった印象もありますが、ここにきてエプソムカップをダッシングブレイズで勝利。 宝塚記念では再度ミッキークイーンとコンビを組むだけに勢いは大事…

「出たなり」の後方追走から大外一気!断然人気レピアーウィット撃破@メイクデビュー東京・プレトリア!

アジアエクスプレスの弟・レピアーウィット。 芝デビューとなりました。 セレクトセールで億単位で落札された馬だけに断然人気もやむなし。 ですが、血統がいい馬が常に勝つわけではないのが競馬。 JRAブリーズアップセールで1250万円で落札されたプレト…

「すごく堂々としていた」両親所有の金子オーナー満足げ@メイクデビュー東京・ジナンボー!

名牝から名馬が生まれない。 ウオッカ、ダイワスカーレット、メジロドーベル・・・ 日本の例外といえるのはエアグルーヴ・アドマイヤグルーヴと続く系統でしょうか。 はたしてこの馬はどうか。 アパパネの息子・ジナンボー。 やる気がない名前ですが、金子真…

「走る馬」絶好調のルメールを背にサトノオンリーワンを完封。2017メイクデビュー東京・ステルヴィオ。

くしくも父が勝利した安田記念当日に見参したのがロードカナロア産駒のステルヴィオ。 母ラルケットから少しスタミナをもらえたのかデビューから芝マイルで結果を出しました。 フローレスマジックで今年のオークス参戦を果たした美浦・木村調教師の管理馬。 …

「調教の雰囲気と同様にまじめに走ってくれた」by北村友一。ノヴェリスト産駒最初の勝利はこの馬!メイクデビュー阪神・ヴァイザー!

個人的にドイツの血統は面白いと思っていて、そんな中から出てきたのがノヴェリスト。 今年の2歳がデビュー1年目ということになります。 わたしの期待馬はダンスインザムードにノヴェリストをつけた今年の2歳。 栗東・松永幹厩舎ということで、初ものずく…

2017東から最初の勝ち名乗りはこの馬。メイクデビュー東京・ヴィオトポスと柴田大知。

ああマイネヴィータは聞いたことがあるな。 フラワーカップやフローラSなど3歳春に重賞で人気を背負ったナリタブライアン産駒。 結果的には人気に応えることはかないませんでしたが、母として面白い馬を出してきました。 ヴィオトポス。 父マツリダゴッホで…

今年の一番星も平田厩舎&ユーイチ@2017メイクデビュー阪神・ケイアイノーテック。

ファンが多かったケイアイガーベラ。 そこにディープインパクトを配合してきたということで、POGでもけっこうとりあげられていた馬。 それがケイアイノーテック。 2017年も福永&平田コンビで新馬が開幕。 とはいえ、平田厩舎といえば秋山or池添がやはり馬券…

堅い!と思ったら大波乱。これぞ新馬戦の醍醐味か?メイクデビュー東京・ピサノベルベットと松岡騎手。

東京コース。 良血馬がそろった1戦。 堅い、と誰しも思ったが、勝ったのはまさかまさかのピサノベルベット。 ひさびさにこの勝負服が躍動するのを見たような気がする。 松岡騎手、最近はサラリーマンっぽい結果しか出ていないので、そろそろ存在感を見せて…

ミッキーアイル電撃引退もおいが後はがんばります!2017メイクデビュー東京・インシュラー。

美浦・宗像厩舎といえばバランスオブゲームが浮かびます。 久々に春クラシック参戦が可能な馬と出会えたのか? と思えるのがシルクレーシングの馬・インシュラー。 父マンハッタンカフェ 母アイルドフランス 芝1800mデビューで1番人気。 ヤネもルメール騎手…

キャンベルジュニア以上の○外か?新マイラー光臨。メイクデビュー京都・フィアーノロマーノ。

吉田和美。 マイラー。 と来ると浮かぶのが惜しまれつつ引退したモーリス。 早々と満口ということで、種牡馬生活もいいスタートを切りました。 そんな吉田和美&マイラーの新馬が快勝したのが今回の京都。 父ファストネットロック、という背景からも狙いはマ…

フランケルに対抗できるディープインパクト最高傑作の可能性も?2017メイクデビュー京都・ファンディーナ。

ロカの妹ブルークランズも出走していた芝1800mの新馬戦。 逃げて9馬身差をつけたのがナムラシングンの異父妹・ファンディーナ。 ヴィクトワールピサ→ディープインパクトに父が変わりましたが、兄譲りのキレはしっかり受けついでいる模様。 すべてがパーフェ…

兄はサトノラーゼン。ということは・・・早熟か?2017・京都3歳未勝利サトノクロニクル!

兄はサトノラーゼン。 となると、わたしが真っ先に浮かんだイメージとしては・・・ まあ3歳6月までだろう。 古馬になってからは成長力もないだろう。 というイメージ。 同じサトノなら今年に関してはサトノリュウガを推したい。 と思うけれど、いくら神って…

母ダイヤモンドビコー最期の作品を見届けよ!京都3歳未勝利・ゼンノワスレガタミ。

ダイヤモンドビコー。 名門・藤沢厩舎のお嬢様、というイメージがあった馬。 ワンパンチ足りない、ペリエ、といったイメージがあった馬ですが、惜しくも繁殖牝馬として活躍しつつ、亡くなりました。 その最後の産駒がゼンノワスレガタミ。 文字通り「忘れ形…

「テンよし、中よし、しまいよし。すべて完璧」by石川騎手@メイクデビュー中山・ルヴォワール!

フランケル娘が今年のクラシックをやはり中心にまわるのか? ソウルスターリング、ミスエルテの3月以降のローテも気になる中、何気に2016年の2歳馬でブレイクしているのはハーツクライ。 母はイタリアのG1馬・リュヌドール。 牝馬で526キロはすごい。 テン…