見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2017新馬・未勝利

9年連続産駒がJRA勝利。偉業達成クロウキャニオンの子@2017メイクデビュー京都・フォックスクリーク。

クズが出ない。 まさにこの形容がふさわしいのが金子真人ホールディングスの勝負服で走っていたクロウキャニオン。 母になってからのほうが有名になりました。 中内田調教師通算100勝のメモリアルともなった今回のメイクデビュー京都。 そつのない競馬で…

桜花賞馬の姉を超えろ!2017メイクデビュー東京・マウレアと戸崎圭太。

アユサンといえば、デムーロ兄弟ワンツーで決まった桜花賞が浮かびます。 主戦の丸山騎手だったら桜花賞はどうだったのか、というタラレバを考えるのも面白いですが、気づけば全妹がデビューしました。 姉と似たキレを見せて芝1600m府中コースを差し切…

「芝・ダどちらでもやれそう」by福永。2番手抜け出し4馬身差圧勝の2017メイクデビュー東京・デルタバローズ。

デルタといえばデルタブルース。 というのがこれまでの定説?だったわけですが、父イントゥミスチーフの○外・デルタバローズの登場で歴史が覆るかもしれません。 堀厩舎の管理馬に福永騎手、ということで、継続騎乗はなさそうなコンビではありますが、府中の…

芝2000mの勝ち時計がなんと2分12秒9.不良馬場の激戦を制したのが2017メイクデビュー京都・グレイルwith武豊。

メジロブライトのデビュー戦のオッズ・時計を見ると、とてもG1に縁があるような競馬ではありませんでした。 が、競馬は持ち時計だけではない、というのがメジロブライトが教えてくれた教訓ともいえます。 そういった意味で、非常に興味深いタイム。 芝2000m …

「こういう馬場でもよくがんばってくれた」byルメール。ラムセスバローズとの一騎打ちを制した2017メイクデビュー東京・オブセッション。

藤沢厩舎とルメール騎手。 というよりも、関東の厩舎とルメール騎手、といったほうがしっくりするかもしれないコンビ。 メジャーエンブレムも美浦・田村厩舎でしたし。 そんなコンビからまた新たな馬が登場。 芝2000mデビューということで、素質馬がそろった…

ミルコもニッコリ・楽逃げ切りの1番人気@2017メイクデビュー中山・グローリーヴェイズ。

シルクの勝負服でミルコ・デムーロ。 なんとなく田辺騎手のイメージが最近はありますが、クラシックではたぶん乗らないんだろうな、という内容で勝利したのがグローリーヴェイズ。 どスローを逃げて1着。 これじゃ次はどうなるかわからぬ。 最後に後ろを突…

1984年以降最高の単勝支持率87.74%!4馬身差圧勝で支持に応えた@2017・2歳未勝利・ヘンリーバローズ!

個人的に「2018年のダービー馬」と思っているのがヘンリーバローズ。 初戦はワグネリアンとのたたきあいに敗れましたが、相手はあっさり連勝でオープンも勝利。 かなりハイレベルだったのは間違いないメイクデビューでした。 残念ながら再度の戦線離脱になっ…

王様誕生か?アドマイヤの救世主なるか!2017メイクデビュー阪神・アドマイヤキング。

父キングカメハメハ 母アドマイヤテンバ と聞いても、特にピンとこないかもしれませんが、祖母はアドマイヤグルーヴ、おじはドゥラメンテとなると話は違ってきます。 まだ子供っぽくて競馬が分かっていない。 反応が遅かったけどよく伸びています。 が、騎乗…

「能力高く、まだ成長の余地あり」by藤岡佑介@2017メイクデビュー京都・タングルウッド。

地味に2017年の2歳戦で乗れている騎手。 それが藤岡康太騎手の兄・佑介騎手。 もともと川田騎手と同世代なわけで、あの世代は力はあるんですが、藤岡兄はまだG1を取れていません。 そういった意味でこの馬は案外おもしろいんじゃないか?と思えるコンビがメ…

ウオッカ、ダイワスカーレットに続きブエナビスタも2歳馬初勝利@2017メイクデビュー京都・ソシアルクラブ。

正直、大成しなさそうな馬名をもらってしまったソシアルクラブ。 せっかくお母さんがブエナビスタとおしゃれな名前をいただいたのになんで英語。。。 栗東・池添学厩舎と大内田厩舎はどういうわけか高額馬がけっこう委託されています。 まだG1で結果が出てい…

加藤祥太の減量も効いたドリームジャーニー産駒@2017メイクデビュー阪神・ドンアルゴス。

ドンといえばドンクール。 そんなイメージがありあしたが、ドンアルゴスなる馬が人気薄でメイクデビュー阪神を勝利。 父ドリームジャーニー 母ドナフュージョン 栗東・庄野厩舎 ということで、庄野といえばスワーヴリチャードのイメージもあります。 ドンク…

1週延ばして吉と出た。ダイワスカーレット娘・ダイワメモリー白星発進@2017メイクデビュー中山

ウオッカの仔・タニノフランケルも好調な滑り出しを見せた2017年。 この馬も負けていられません。 ライバルのダイワスカーレットもノヴェリスト産駒を初めて誕生させ、ダイワメモリーが登場。 芝マイルの予定を1週延ばして挑んだ芝2000m。 母同様マイ…

ウオッカの仔で初・2歳での勝ち上がり。楽逃げ切りでユーイチもニンマリ@阪神2歳未勝利・タニノフランケル。

ウオッカ産駒。 POGでは不思議と人気がありません。 それもそのはず。これまで強い馬が出てきてません。 そして重たい欧州配合を谷水オーナーが選択していることもあり、大物はそのうち出るのかもしれませんが、打率が悪そうなイメージも。 サンデー系、つけ…

二枚腰でしのぎきったダイワメジャー産駒。藤岡兄のパートナーなるか?2017メイクデビュー阪神・リュクスポケット。

馬名からはジャングルポケット産駒に思えるダイワメジャー産駒のリュクスポケット。 芝1800m、かつ阪神競馬場のメイクデビューということで、伝説の新馬戦の可能性もあるかもしれん。 と思って注目していましたが、、、レースレベルは正直低い。 逃げて粘り…

リアルインパクト、ネオリアリズム・・・おいも強い@2017メイクデビュー中山・アンフィトリテ。

父ロードカナロア 母アドマイヤフッキー 最初に物見はしたが、仕掛けたらいい反応。 いい瞬発力をみせてくれた。 ルメール騎手のコメントです。 とはいえ今回は1200m芝。 相手関係も正直たいしたことがなかったです。 今後も短距離路線になると思います、と…

ディープ産駒のワンツー。母ブルーミンバーの最高傑作なるか?2017メイクデビュー中山・トーセンブレス。

イメージどおり。フットワークもいい。 プレスジャーニーで今年のクラシック参戦を楽しみにしていたはずの柴田善騎手にとっては戦線離脱&栗東・佐々木厩舎への転厩はショックだったはず。 とはいえ、今年もトーセン馬との出会いがありました。 父ディープイ…

オルフェの全妹・白星発進。ヤネはもちろん池添謙一@2017メイクデビュー阪神・デルニエオール。

父ステイゴールド 母の父メジロマックイーン 黄金配合といわれてきましたが、ステイゴールドが亡くなったこともあり、残る産駒も多くはありません。 そんな中、ドリームジャーニーはじめ、とにかく相性のいいステイゴールド×オリエンタルアートから待望の牝…

豊もゾッコン!ビリーヴの息子がミッキーアイルの全妹を撃破。2017メイクデビュー阪神・ジャンダルム。

父キトゥンズジョイといえばダッシングブレイズが今年のエプソムカップを勝利して日本の馬場でも重賞を勝てる器であることを示しました。 そして前田オーナーは欧州より米国配合を好むオーナー。 ビリーヴにキトゥンズジョイをつけたのは果たして芝・ダ、ど…

出遅れて道中最後方も豪快に大外一気!18冠ベイビー・シルヴァンシャー@2017メイクデビュー阪神

父ディープインパクト 母アゼリ ほぼ毎年POG雑誌で騒がれ、そして消えていった馬が多いイメージ。 そんな中、今年の2歳は栗東・池江厩舎の期待馬ということでどんな競馬をするのか注目していましたが・・・ 断然人気でいきなり出遅れ。 終わってみたら3/4…

オークス馬・ウメノファイバーの孫が3番手から押し切る@2017メイクデビュー新潟・サンリヴァル。

おばあさんほどキレはないが、しぶとく伸びる。 ルーラーシップ産駒、母アンフィルージュのサンリヴァルが1800m芝を見事押し切り。 新潟は直線が長いわりに前が止まらない、という傾向が最終週まで続いた印象ですが、血統背景含め、そこまでの大物感はまだ感…

手綱を放してからいい脚を使ってくれたby武藤雅。メイクデビュー新潟・ニシノコデマリ。

父スウェプトオーバーボード。 やはりレッドファルクスが浮かびますが、東のルーキー武藤騎手がいいお手馬をゲットしました。 母ニシノツインクルとの間に生まれたニシノコデマリ。 1200m芝、で2番手追走から抜け出し勝利。 減量の恩恵ももちろんありますが…

母ルシュクルで「距離延長OK」のジャッジ。エビショーと矢作厩舎のタッグも新鮮@メイクデビュー新潟・エントシャイデン。

1200mか1600mで迷ったというエントシャイデンのデビュー。 母ルシュクルに父ディープインパクトということで、ブランボヌールの弟になることもあり、デビュー戦は迷うのも仕方ない。 とはいえ、近親にはダコールがいるように、2000mまではこなせて…

スリープレスナイトおばさんより強くなります!メイクデビュー札幌・ベルーガとモレイラ騎手。

父キンシャサノキセキ 母アドマイヤライト ということで、父が強く出ればスプリンターだよね、という配合でしたが、おばにスリープレスナイトがいるベルーガ。 見事にモレイラ騎手鞍上で人気に応え勝利。 直線で仕掛けてからはすごい加速力、ということで、N…

Goldの輝き・バブルな脚を見逃すな。2017メイクデビュー小倉・バブリーバローズ。

2017年の2歳のバローズ軍団はけっこうな高額馬が多い。 オーナーも気合が入っているはず。 と思ってたら、こっちかよ、というバブリーバローズがメイクデビュー小倉で鮮烈デビュー。 小倉デビューといえば古くはマイナスイメージでしたが、昨年のレーヌミノ…

2017.8.20 西のオルフェーブル・レゲンダアウレアwith松山弘平@メイクデビュー小倉。

毛色は父に似てるなあ、という西のオルフェーブル産駒・レゲンダアウレア。 洋芝でも小倉でも新潟でも勝ち馬を出してくる、というのはわたしにはちょっと驚きでした。 近親にはマジンプロスパーがいるということで、今回の1800mはどうなんだろう、と思ってい…

2017/8/20東のオルフェーブル・ラッキーライラックと石橋脩@メイクデビュー新潟

今年の8月20日はオルフェーブルデーといえる一日に。 晩成型が多いかなと思いきや、1番人気にこそならないものの勝利をもぎとるオルフェーブル産駒。 2,3歳のころの父と似ている感じもしますね。 松永幹夫厩舎の母ライラックスアンドレース産駒のラッ…

「ポテンシャル高い」byモレイラ。モーリス全弟白星発進。2017メイクデビュー札幌・ルーカス!

たかだか2歳新馬勝ちの馬が海外でも取り上げられた。 という衝撃の勝利を飾ったのがモーリスの弟・ルーカス。 モレイラ騎手、堀厩舎、モーリスの弟、となるとダンゼン人気かと思われましたが、1番人気はエアグルーヴの孫リシュプール、3着にはマイスターシ…

同厩レイエンダと互角の切れ味。「彼も走る」byルメール。メイクデビュー札幌・フラットレー。

藤沢厩舎&ルメール騎手。 お手馬だらけになっていますね。 骨折判明のレイデオロの弟・レイエンダは皐月賞はおそらく難しいでしょうし、ダービーも本賞金しだい。厩舎が厩舎だけに3歳春に無理はさせない可能性も。 となると、こっちに乗るんでしょうか。 …

ウオッカの仔・タニノフランケルを撃破。2017メイクデビュー新潟・サクステッドと吉田隼人。

キャロットの勝負服がほぼ毎週どこかで勝利している印象もある最近の競馬ですが、ひさびさにここまで人気薄のキャロット馬が勝利したのを見た気がします。 圧倒的1番人気に推されたのは父がフランケルに代わったウオッカの仔・タニノフランケル。 なぜこの…

2歳新馬が上がり32.0!圧巻の末脚・メイクデビュー新潟・ウラヌスチャームと石橋脩騎手。

出遅れ気味で後方待機となった4番人気ウラヌスチャーム。 父ルーラーシップから考えてもこんなにキレる脚持っているのか?と思えるデビュー戦圧勝でした。 上がり32.0は2歳史上最速タイの記録。 持ち時計=強い という単純比較にはなりませんが、次は新潟2…