見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2017新馬・未勝利

不良馬場で豪脚披露。祖母プライムステージ、近親スクリーンヒーローがダートデビュー@メイクデビュー東京・アサクサスポット。

新人、若手の中では関東では武藤雅騎手が乗れているように思えます。 藤田菜七子も今年はまずまずのスタートなわけですが、中央開催で若手の台頭となると、制裁点数キングの木幡巧か武藤かなと。 そんな武藤騎手の手綱でふらふらしながら豪快に差し切ったの…

2番手追走から早め先頭で押し切りのハービンジャー娘。モズカッチャン超えなるか?2017メイクデビュー中山・アングレームと江田照男。

父ハービンジャーの牝馬、となると今年のエリザベス女王杯勝ち馬・モズカッチャンが最高傑作になってます。 2匹目のドジョウはいるのか?という意味で注目の馬がこちら。 母シャラントレディとの間に生まれたアングレーム。 牝馬限定のメイクデビュー中山で…

「今後を計算しやすくなった」by藤原英師。2番手追走→余裕の抜け出し。2017メイクデビュー阪神・ギベオン。

最近はサンデーレーシングにすっかりお株を奪われてしまった社台ファーム。 社台の勝負服といえば、やはりジェニュイン、ハーツクライ、そして昨年引退のイスラボニータといったところ。 アメリカG1を2勝した名牝・コンテスティドを母に持ち、父はディープ…

父ロードカナロアを手がけた安田隆師「能力の高さを見せてくれた」大外一気の末脚@2017メイクデビュー阪神・ダイタオニック。

母トゥハーモニーと父ロードカナロアとの間に生まれたダイアトニック。 勢いのあるシルクレーシングの所有馬。 父ロードカナロアはスプリント色が強い産駒は案外小物が多いイメージ。 ステルヴィオはじめ、大物になりそうな連中はマイル以上で活躍しています…

パワーアップしたらもっとすごくなるbyルメール。晩成のハーツクライ産駒、先々期待だ@メイクデビュー阪神・ラルムドール。

ルメール、デムーロとも、あまり辛口なコメントを残さないだけに、コメントの内容は半信半疑くらいでちょうどいいとは思いますが、この馬はハーツクライ産駒。 ヌーヴォレコルトのように、3歳春から力を出す馬もいますが、基本的には「落ち着け。もう少し経…

ピンクカメオ・ブラックホークのおいが危なげなく白星発進。2017メイクデビュー中京・ステイフーリッシュと中谷雄太。

ブラックホーク、ピンクカメオというと、浮かぶのは芝、マイル。 そして金子真人HD、といったところでしょうか。 そんな名馬のおいにあたるステイフーリッシュが、デビュー戦を勝利。 栗東・矢作厩舎ということで、主戦?ともいえる中谷騎手でメイクデビュ…

「道中遊ぶところがあって・・・」by戸崎圭太。終わってみたら競り合いを制し勝利@2017メイクデビュー中山・ツヅミモン。

こどもは多少元気があったほうがいい。 これは馬にもいえるようです。 車のハンドルもそうですが、遊びがないとかえって危ない。 そういった意味で馬名は出世するイメージはないものの、勝ちっぷりはまずまずだったのが、ツヅミモン。 牝馬ながら1.7倍の…

「もともと走る馬と思っていた。期待通り」by美浦・武井調教師@2017メイクデビュー東京・パルマリア。

美浦・武井厩舎といえばリエノテソーロのイメージが強い厩舎。 今年の2歳はモルトアレグロが個人的に出世する、と見ていますが、新たなスターが誕生。 父ロードカナロア・母エルダンジュから生まれたパルマリア。 断然人気に推されたデビュー戦。3番手から…

スプリンター×スプリンター=2400mOK?メイクデビュー京都・サンラモンバレーとC.デムーロ。

父ロードカナロア。 母モンローブロンド。 両方とも現役時代を知っている身としては「はい、スプリンターを作りに来たな」と思える血統。 ところが・・・騎乗したクリスチャン・デムーロ騎手は「2400mもOK」のジャッジ。 デビューは芝マイルを選択。 これで…

マリアライトの全妹が2歳戦で勝利。5馬身差の衝撃@メイクデビュー中山・エリスライトと蛯名正義。

マリアライトといえば「晩成」というイメージがあります。 が、2歳戦、かつ新馬から結果を出すとは予想外・規格外と思えたのが今回の勝ち馬・エリスライト。 マリアライトと同じくディープインパクト産駒ということで、全妹。 いい素質があるが、もう少しリ…

池江厩舎が放つ新たな矢。母米G1馬×ディープインパクト。2017メイクデビュー阪神・ヴェルテアシャフト。

池江厩舎はやはりいい血統の馬が入ってきます。 最近では栗東では中内田調教師、高野調教師のところにもサンデーレーシングのなかなかの馬が入ってきていますが、安定の池江といったところ。 今年もペルシアンナイトではじめてG1レーシングにG1勝利をプ…

残り1ハロンで右ムチ一発で加速。巨体を揺らしてぐいぐい伸びた@2017メイクデビュー東京・ブライトワンピース。

父ハービンジャーというと、キレよりコク、というイメージがありましたが、最近のモズカッチャンやディアドラを見ると、切れ味を持つ産駒も増えてきました。 そういう意味でこの2歳馬もコクよりキレ。 美浦・大竹厩舎といえばルージュバック。 なんとかG1…

アタマ差で人気に応え「内容には満足」by角居師。2017メイクデビュー京都・サトノワルキューレとミルコ・デムーロ。

サトノといえば、最近は美浦のほうが勢いがややある印象。 サトノアレス、サトノクラウンあたりです。 とはいえ、サトノダイヤモンドが年内休養となったこともあり、栗東の大物サトノがいないな、と思っていたらまあまあ小粒なのが出てきました。 父ディープ…

唯一上がり34秒台。カンパニー、ヴィクトリーに続けるか?2017メイクデビュー京都・フランツ!

アドマイヤワイフ。 といえば近藤英子さん。 利一さんの運気は今年はまあまあでしたが、オーストラリアではアドマイヤが鬼門なのか悲しい亡くなり方もあった2017年。 奥さんは頭数こそ少ないものの味のある馬を所有しているイメージ。 おじに皐月賞馬ヴィク…

「素質あり。切れ味。瞬発力良し」武豊が笑顔@2017メイクデビュー京都・サウンドキアラ。

父ディープインパクト 母サウンドバリアー ということで、お母さんを重賞で馬券で買ったことがあるオールドファンも多いのでは? バツグンの手ごたえで直線を向くとメンバー最速の上がり34.4の決め手で勝ちあがったのが3番人気だったサウンドキアラ。 母は20…

良馬場で2歳コースレコードを0.7秒更新。後続8馬身ぶっちぎり@2017メイクデビュー東京・ミスターメロディと戸崎圭太。

父スキャットダディといえばやはりダート。 ハナを奪った米国産馬ミスターメロディ。 直線で余力十分で後続を突き放し、終わってみたら8馬身差。 これだけなら「まあ強い馬が出てきたね」ですむ話ですが、まさかの従来のタイムを0.7も更新する2歳コースレ…

出遅れ→終わったみたら3馬身差。評判馬シーリアを撃破@2017メイクデビュー京都・ダノンフォーチュン!

ダノンというとマイル以下、というイメージがわたしにはあるんですが、この馬はちと違うのかもしれません。 父ディープインパクト 母ペニーズフォーチュン 1番人気で出遅れ。 普通ならあせるところですが、落ち着いた騎乗を見せた浜中騎手。 3コーナー過ぎ…

「しっかり走って満点」by藤原英昭師。兄ステファノスを超えるか?2017メイクデビュー京都・フィニフティ。

スタート後に少し促されましたがポジションは絶好。 追ってからも危なげなし。 距離はもっと延びてもいい。 というのが騎乗した福永騎手のジャッジ。 母ココシェニックは安定していい仔が出てきます。 ステファノスの全妹ということで、父はもちろんディープ…

9年連続産駒がJRA勝利。偉業達成クロウキャニオンの子@2017メイクデビュー京都・フォックスクリーク。

クズが出ない。 まさにこの形容がふさわしいのが金子真人ホールディングスの勝負服で走っていたクロウキャニオン。 母になってからのほうが有名になりました。 中内田調教師通算100勝のメモリアルともなった今回のメイクデビュー京都。 そつのない競馬で…

桜花賞馬の姉を超えろ!2017メイクデビュー東京・マウレアと戸崎圭太。

アユサンといえば、デムーロ兄弟ワンツーで決まった桜花賞が浮かびます。 主戦の丸山騎手だったら桜花賞はどうだったのか、というタラレバを考えるのも面白いですが、気づけば全妹がデビューしました。 姉と似たキレを見せて芝1600m府中コースを差し切…

「芝・ダどちらでもやれそう」by福永。2番手抜け出し4馬身差圧勝の2017メイクデビュー東京・デルタバローズ。

デルタといえばデルタブルース。 というのがこれまでの定説?だったわけですが、父イントゥミスチーフの○外・デルタバローズの登場で歴史が覆るかもしれません。 堀厩舎の管理馬に福永騎手、ということで、継続騎乗はなさそうなコンビではありますが、府中の…

芝2000mの勝ち時計がなんと2分12秒9.不良馬場の激戦を制したのが2017メイクデビュー京都・グレイルwith武豊。

メジロブライトのデビュー戦のオッズ・時計を見ると、とてもG1に縁があるような競馬ではありませんでした。 が、競馬は持ち時計だけではない、というのがメジロブライトが教えてくれた教訓ともいえます。 そういった意味で、非常に興味深いタイム。 芝2000m …

「こういう馬場でもよくがんばってくれた」byルメール。ラムセスバローズとの一騎打ちを制した2017メイクデビュー東京・オブセッション。

藤沢厩舎とルメール騎手。 というよりも、関東の厩舎とルメール騎手、といったほうがしっくりするかもしれないコンビ。 メジャーエンブレムも美浦・田村厩舎でしたし。 そんなコンビからまた新たな馬が登場。 芝2000mデビューということで、素質馬がそろった…

ミルコもニッコリ・楽逃げ切りの1番人気@2017メイクデビュー中山・グローリーヴェイズ。

シルクの勝負服でミルコ・デムーロ。 なんとなく田辺騎手のイメージが最近はありますが、クラシックではたぶん乗らないんだろうな、という内容で勝利したのがグローリーヴェイズ。 どスローを逃げて1着。 これじゃ次はどうなるかわからぬ。 最後に後ろを突…

1984年以降最高の単勝支持率87.74%!4馬身差圧勝で支持に応えた@2017・2歳未勝利・ヘンリーバローズ!

個人的に「2018年のダービー馬」と思っているのがヘンリーバローズ。 初戦はワグネリアンとのたたきあいに敗れましたが、相手はあっさり連勝でオープンも勝利。 かなりハイレベルだったのは間違いないメイクデビューでした。 残念ながら再度の戦線離脱になっ…

王様誕生か?アドマイヤの救世主なるか!2017メイクデビュー阪神・アドマイヤキング。

父キングカメハメハ 母アドマイヤテンバ と聞いても、特にピンとこないかもしれませんが、祖母はアドマイヤグルーヴ、おじはドゥラメンテとなると話は違ってきます。 まだ子供っぽくて競馬が分かっていない。 反応が遅かったけどよく伸びています。 が、騎乗…

「能力高く、まだ成長の余地あり」by藤岡佑介@2017メイクデビュー京都・タングルウッド。

地味に2017年の2歳戦で乗れている騎手。 それが藤岡康太騎手の兄・佑介騎手。 もともと川田騎手と同世代なわけで、あの世代は力はあるんですが、藤岡兄はまだG1を取れていません。 そういった意味でこの馬は案外おもしろいんじゃないか?と思えるコンビがメ…

ウオッカ、ダイワスカーレットに続きブエナビスタも2歳馬初勝利@2017メイクデビュー京都・ソシアルクラブ。

正直、大成しなさそうな馬名をもらってしまったソシアルクラブ。 せっかくお母さんがブエナビスタとおしゃれな名前をいただいたのになんで英語。。。 栗東・池添学厩舎と大内田厩舎はどういうわけか高額馬がけっこう委託されています。 まだG1で結果が出てい…

加藤祥太の減量も効いたドリームジャーニー産駒@2017メイクデビュー阪神・ドンアルゴス。

ドンといえばドンクール。 そんなイメージがありあしたが、ドンアルゴスなる馬が人気薄でメイクデビュー阪神を勝利。 父ドリームジャーニー 母ドナフュージョン 栗東・庄野厩舎 ということで、庄野といえばスワーヴリチャードのイメージもあります。 ドンク…

1週延ばして吉と出た。ダイワスカーレット娘・ダイワメモリー白星発進@2017メイクデビュー中山

ウオッカの仔・タニノフランケルも好調な滑り出しを見せた2017年。 この馬も負けていられません。 ライバルのダイワスカーレットもノヴェリスト産駒を初めて誕生させ、ダイワメモリーが登場。 芝マイルの予定を1週延ばして挑んだ芝2000m。 母同様マイ…