見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2017地方交流

独走でショコラブランをちぎりすてた!2017北海道スプリントC・ニシケンモノノフ。

北海道スプリントカップ。 ダート1000mだと思っていたんですが・・・いつのまに1200mに? メイショウボーラー産駒ではひょっとしたら最高傑作と思われるニシケンモノノフ。 中央ダートG1では適鞍がありませんが、JBCスプリントや韓国など、選…

いつもいつもJRA所属馬ばかりじゃつまらない!2017かきつばた記念・トウケイタイガー。

地方交流競走。 聞こえはいいですが、JRA所属馬の草刈場となって長い年月が過ぎました。 いまだに改善?されないのは、やはりあまりにも能力差があるからなのか。 オグリキャップレベルじゃないともはやG1では無理なんでしょうか。 とはいえG3までなら…

地方競馬の経験の差か?断然人気のリゾネーター、馬群に沈む。2017兵庫チャンピオンシップ・タガノディヴォと川島信二。

リゾネーターはじめ、2017年の3歳ダート馬、かなりいい馬が木幡巧也騎手にまわってきています。 アメリカ遠征ことついえたものの、ジャパンダートダービーで印が普通につくはずの馬、リゾネーターで挑んだ圧倒的1番人気の兵庫CS。 向こう正面で動く、と…

2着インカンテーション含め、レベルが高かったぜ!2017かしわ記念・コパノリッキー!

前走の内容や着順よりも、この馬は舞台と砂をかぶらない環境が整えば強い。 それがコパノリッキー。 思い出すのが単勝万馬券でのフェブラリーS制覇。 田辺騎手とのコンビ、がいまだにわたしはイメージとしては強いですが、すっかり武豊騎手とのコンビが定着…

キタサンは若手よりベテランの渋さが似合う?2017東京スプリント・キタサンサジンwith内田博幸。

地方競馬となるとやはり依頼されるのが戸崎、ウチパクの両名。 どちらも南関東を庭に活躍していたジョッキー。 キタサンサジン、テン乗りかつ人気を背負いながらも積極的にハナを奪う競馬で、見事勝利。 それにしてもキタサンの勝負服は若手はあまり着ないで…

ララベル・リンダリンダを粉砕。JRA所属の意地。2017マリーンカップ・ホワイトフーガ。

さすがにここまでメンツが弱いと結果出すよね。 そう思えたのが2017年マリーンカップのホワイトフーガ。 58キロという牝馬としてはかなりハードな斤量を背負いながらも、ここは快勝。 とはいえ、サンビスタ級の感じもしない。 牡馬相手はやはり厳しい馬に思…

武豊・クリソライト・G2。負ける要素がなかった。2017ダイオライト記念。

日本の生粋のG1では足りない。 しかも乗り難しい。 しかし能力は高い。 そんなクリソライト。武豊騎手はG1ではこの馬乗りませんが、その他の条件できっちり仕事をしてくれます。 韓国G1の勝利もありますが、キャロットで出資されている方はこの馬、かなり稼…

お父さんやったよ!ノボジャックにささげるブラゾンドゥリスの走りを見よ!2017黒船賞。

地方競馬、南関東といえば、戸崎ではなくウチパクでしょう! というみなさんこんばんは。 今回は高知競馬場で毎年開催されている黒船賞。 勝ったのはブラゾンドゥリス。 内田博幸騎手の手綱。 バレンタインSから連勝で決めました。 東京→高知と、コース形態…

戸崎騎手は牝馬で狙うのがよい?2017エンプレス杯・ワンミリオンス

Jpn2といわれても正直ピンときませんが、地方G2という格付けでよろしいのでしょうか? 2017年の牝馬限定戦開幕ともいえるエンプレス杯。 今年は順当に1番人気ワンミリオンスが快勝。 距離が微妙に長いかな、とも個人的には思っていましたが、庭ともいえる川…

準オープン勝ち馬→いきなりG1馬に。2017川崎記念・オールブラッシュ!

ウォーエンブレム産駒というと気性が荒いといったイメージ。 そして意外にも芝馬でブラックエンブレムを輩出している穴種牡馬です。 川崎記念に準オープン勝ちからの参戦でまさかの勝利。 ふがいないのがミツバ、サウンドトゥルーなどのオープン勢。 展開に…

九州男児が九州で一発回答。ミサイルマンもいるがカネヒキリ最高傑作なるか?2017佐賀記念・ロンドンタウン。

骨折明けとなった川田騎手。 先週のサトノアーサーは2着と結果を残せなかったといえます。 とはいえ、勝負勘など、やはり休むと鈍るもの。 しっかり巻き返しました。 カネヒキリは期待されつつも急逝してしまいました。 そんな中、種牡馬になれるかはわかり…