読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

1200mで折り合う。これはマイルはだめなんでしょうか?2016クリスマスローズS・マイネルバールマンwith柴田大知。

1200m戦にしては馬群が離れた面白いレースになりました。 2016年クリスマスローズS。 デビュー以来、人気しつつも裏切ってきたマイネルバールマン。 1200mでピタっと5番手で折り合ってしまったのを見ると、マイルはきついのか? 1400mあたりはよさそうです…

ドレッドノータスの末脚を封じ込める勝負根性が光る。2016アンドロメダS・レッドソロモン!

アンドロメダと聞くと瞬?が浮かぶ世代のみなさんこんばんは。 ネビュラチェーン。 と競馬からそれそうなので、本題に。 オープンレースですが、ゴール前の見ごたえがすばらしいレース。 大外のドレッドノータスは重賞勝ち馬ということもあり、ここは人気薄…

マイネルバールマンを差して見事オープン入り@2016福島2歳S・メイソンジュニア。

腕は確か。 ただ騎乗がたまに荒いので騎乗停止が多い。 そんなイメージがある栗東の菱田騎手。 タガノの馬に乗っていたり、ブエナビスタなどでおなじみのマツパクさんがかわいがっていたイメージがあります。 久々にオープン馬をゲット。 テン乗りで見事な騎…

ベルーフ完封で久々のオープン馬@2016・カシオペアS・ヒルノマテーラ四位洋文。

ヒルノといえば・・・ ヒルノダムールくらいしかわたしは浮かびません。 久々にオープン馬がヒルノから誕生。 2016カシオペアSを制覇したヒルノマテーラ。 父マンハッタンカフェってのもやはりオーナーのこだわりか。 次はおそらくG3だろうけれど、来年のG1…

拍手が起きたオープンレース!幻惑大逃げ横山ノリ騎手@2016ブラジルカップ・ミツバ!

陣営も想定していなかった大逃げ。 イングランディーレの再来とも思える横山ノリ騎手の奇策。 見事にハマり葦毛2頭を粉砕。 アメリカ帰りのラニは幻惑されず己の競馬を貫くも3着。 とはいえ、海外遠征明けとしては悪くない。 次はみやこS予定とのこと。真…

重賞で早く見たい!ダイワメジャー産駒のダート界の大物とは?2016室町S・ブルドッグボス。

ダイワメジャーといえば2歳馬から古馬までバラエティーに富んだ仔を出すということで根強い人気があります。 特に2歳戦に強い、というのはアピール材料になります。 そんなダイワメジャーからダートでG1を狙える逸材が栗東にいます。 ブルドッグボスです。…

東京でも結果が出た。次はどうする?2016アイビーS・ソウルスターリングwithルメール。

父母ともに欧米のG1馬。 この血統背景なので本来なら1番人気のはず。 ただわたしも含め、感じたであろうことが「ヨーロッパの重たい血統と思われるフランケルじゃ東京の高速芝は対応しきれないのでは?」。 杞憂に終わってしまった楽勝劇。 今年は関東馬メ…

馬場の真ん中突き抜け連勝!ユーイチ飛躍の2016か?2016もみじS・レッドアンシェル!

先週の福永騎手は「神ってた」。 そう思えるレースがもみじS。 1番人気とはいえ気性もなかなか難しく、能力をいかんなく発揮させるのは騎手の腕が必要なレッドアンシェル。 マンハッタンスカイの仔は不思議と牡馬はマイラー前後が出てくる。 牝馬はなぜか…

2着?もういらないっすよボク!2016カンナS・タイムトリップwith戸崎圭太。

血統がとにかく渋いのがタイムトリップ。 父ロードアルティマっていうだけでファンが増えそうな。 とにかく本賞金が加算できず苦しんでいた素質馬がようやくここで オープン勝ち。 まあ相手は弱かったのは否めないけれど。 追い込んだダノンハイパワーも展開…

途中から先頭に立つ自信の競馬@2016ポートアイランドS・ウインプリメーラとヴェロン。

4コーナーをまわってからややお行儀がよくなかったように思えるウインプリメーラ。 とはいえこのメンバーならやれますな。 そして松若騎手のブラックスピネル、展開もあるけれど、古馬相手のマイルはちょっと荷が重いのでは? もうちょっと距離があったほう…

ブラックスピネル再来か?松若手放すなよ!2016野路菊S・アメリカズカップ。

ブラックスピネルの再来。 そう思えるまたも松若騎手とのコンビでの2歳オープン馬の誕生。 勝負服がまさにアメリカン。 血統背景を見てみると・・・ マンハッタンカフェ×レインボークエスト。 2400mOKじゃないか? とはいえ、なんだかんだまた乗り代…

アジアエクスプレス再来か?はたまた・・・2016すずらん賞・リエノテソーロ!

父スパイツタウンというところからも短距離適性ありありなのはわかりました。 それは2着のタイムトリップにもいえたこと。ロードアルティマの仔というだけでも応援したくなった1頭。圧倒的人気には応えきれず2着でした。 勝ったのは連闘で挑んだリエノテ…

大物と聞いてはいたが小物なの?2016クローバー賞・ブラックオニキスとトラスト。

ブラックオニキス、昔ゲームでありました。 そんななつかしいイメージのあるこの馬。 果たして将来性は2着馬・トラストともどもどうなんでしょうか。 今年は未勝利馬のユアスイスイが人気をしていたようにレベルはかなり低かったように思えます。 特に残念だ…

先行・閃光!クインズサリナ楽勝@2016フェニックス賞。

出世レースとはとてもいえないですが、小倉2歳Sのステップレースもどき?になっているのが、フェニックス賞。 フェニックスというよりここで打ち止めな馬が多い気もしますが、やはり牝馬が強いレース。 今年も牝馬が快勝。 クインズサリナが先行楽抜け出しで…

オークス馬の姪が2連勝!おばを超えるかディーパワンサ!@2016中京2歳S。

ディープブリランテの仔はパワー型。 そんな論調がPOG雑誌には散見されました。 が、仮にそれが当たりなのだとしてもこの馬は一味違う。 洋芝ではなく中京でオープン快勝。 しかも逃げずに差して勝つというレースセンス。 そして、今年のオークス馬・シン…

2着ココロノアイ陣営も脱帽の復活劇!2016福島テレビOP・ウインフルブルーム!

父スペシャルウィーク 母ハナノメガミ のイケメンといえばウインフルブルーム。 日本ダービーでもおもしろい1頭になれたはずが長期休養。 そして1年半ぶりに帰ってきたのがこのレース。 2番手追走から先に仕掛けたココロノアイを差すという競馬。 馬場の…