見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2016G1

育ててくれた大井競馬場に恩返し。2016東京大賞典・アポロケンタッキーwith内田博幸

2強と思われた2016年の東京大賞典。 先行して押し切る王道の競馬で勝利したのがアポロケンタッキー。 山内調教師も久しぶりのG1、そしてウチパクも久しぶりに関西馬でG1勝利。 正しいかわからないけど、オウケンブルースリ以来になるのか? アウォ…

サトノの確変。ダイヤモンド→クラウン→アレス→そしてまたダイヤモンド。2016有馬記念・サトノダイヤモンドwithルメール。

あけましておめでとうございます。 2017年もよろしくお付き合いください。 というわけで元旦からスタート。 新年最初の記事はこちら。 久しぶりの1,2,3番人気での決着となった2016有馬記念。 1番人気はキタサンブラックかと思いきや、菊花賞馬サト…

美浦・藤沢厩舎、2歳G1連勝の快挙!外枠なんの、四位騎手と関東馬のコンビも斬新。2016朝日杯FS・サトノアレス。

サトノの呪い。 菊花賞のサトノダイヤモンドが粉砕してから勢いが止まりません。 サトノクラウンの香港ヴァーズ。 そしてサトノアレス。 惜しかったのは2着のモンドキャンノ。 道中かかりっぱなし。これでよく2着にもってきたな、という印象。 だらしなかっ…

フランケル娘!洋芝、東京、阪神、すべてこなした怪物牝馬!2016阪神ジュべナイルフィリーズ・ソウルスターリング!

母スタセリタに一番愛着のあった騎手。 それがクリストフ・ルメール騎手。 なんの因果か、その娘に日本で乗ることになろうとは。 藤沢厩舎、最高傑作となる可能性もある超大物。 距離もオークスはいけるんじゃないか? ミスエルテが短距離志向なだけに、桜花…

使い続けて幾星霜。応えた大野拓弥!2016チャンピオンズC・サウンドトゥルー!

負けても負けても使い続けた高木調教師。 それに応えた大野騎手。 最近ではあっさり外国人、という流れが多いJRAの有力馬。 そういう意味ですがすがしいレースでした。 とはいえホワイトフーガは帰ってこない。。。蛯名騎手が結果出してるだけに「なんも…

キタサン祭りは有馬記念まで続くのか?歌わなかった武豊@2016ジャパンカップ・キタサンブラック!

主戦・武豊。 もはや北村宏騎手が菊花賞制覇をしたことがかすんでしまうような1年間。 結果を出している以上、勝負の世界。 海外も視野に、というコメントが週刊Gallopにありましたが、はたして北島三郎さんがどう判断するか。 有馬記念を今年制覇すると仮…

松山騎手→浜中騎手。結果は1着。騎手は降着。後味悪し@2016マイルチャンピオンシップ・ミッキーアイル

ゲートをポンと出て16番枠からの不利もあるもののスムーズにハナ。 4コーナーまでは何の問題もない。 馬体を外からあわせたネオリアリズムのムーアは4コーナーですでに手綱をしごいていました。 よく持たせた、ともいえますが、ミッキーアイルに合わせなけれ…

マンハッタンカフェのG1ワンツーは史上初!2016エリザベス女王杯・クイーンズリング!

マリアライトは昨年よりも内容が悪いオールカマーだったこともあり、不利があってもなくても勝利まではいかなかった。 ミッキークイーンはさすがにぶっつけでは最後の脚に響きました。1つでも叩いていたら・・・とは思いますが。 となると3番人気のクイー…

2000m・直線長い東京コース。問題なくムーアで突破!次は香港のどこだ?2016天皇賞・秋モーリス!

馬場の真ん中を突き抜ける王者の競馬。 ネオリアリズムに敗れた札幌記念から2ヶ月。 きっちり調整してきたのはさすがに堀厩舎。 種牡馬入りしても2000mG1勝ちはやはり大きい。 次は香港でフィナーレとなりそうですが、果たしてカップ・マイルどちら…

里見治・クリストフ・ルメールともに初のクラシック制覇!2016菊花賞・サトノダイヤモンド。

サトノの呪い。 どんな高額馬を購入してもサトノはG1には届かない。 ついに崩れた2016菊花賞。 個人的には「菊花賞はやっぱり皐月賞馬!」を期待して蛯名正義ディーマジェスティ期待だったが、なんでエアスピネルにすら勝てないのか。 2着、3着は騎手の腕…

牝馬のユーイチ。大魔神佐々木も久々の美酒。2016秋華賞・ヴィブロスwith福永祐一

ビッグアーサーの藤岡師はこのレース、どう見ていたのか? 「うちの馬でもこんな風に乗ってほしかった・・・」が本音か。 紫苑Sでは落馬寸前の不利も受けながら2着。 そう考えるとビッシュとのオッズ差は不思議だったのかもしれない。 重賞連対記録が途絶え…

スウェプトオーバーボードおめでとう!産駒G1初勝利。2016スプリンターズS・レッドファルクス

前走で逃げたのが裏目なのもある。 が、4コーナーでドゥラメンテの皐月賞とまではいかないまでも、せめてもうちょい外に出せなかったものか。 最高にへたくそに乗った福永騎手に次のオファーは果たして。 リアルスティールは皮肉なことにライバル・ドゥラメ…