読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

ありがとう&さようなら!強すぎる香港2冠かつ無敗!2016香港カップ・モーリス。

ムーア騎手お気に入りのモーリス。 「乗るごとに強さを増している」というコメントも。 とはいえこれで種牡馬生活に入るモーリス。 日本以上に外国から種付け依頼が来るようなイメージもあるモーリス。 2000mもこなした、いや、2000mこそ真骨頂?…

マジックマンの本領発揮!ダントツ人気のハイランドリールを差した@2016香港ヴァーズ・サトノクラウン。

言い方悪いですが「いちばん期待していなかった香港G1」。 ハイランドリールが参戦、という時点で日本馬以前に相手が強すぎると思いきや・・・ ステイゴールド??? と思えるすごい脚で追い込んできたのがマルジュ産駒のサトノクラウン。 血統だけ見れば外…

8歳。短距離王者衝撃の復活!高松宮記念勝ち馬エアロヴェロシティ、2016香港スプリント制覇!

ビッグアーサーにライアン・ムーア騎手。 レッドファルクスにはミルコ・デムーロ騎手。 ですが終わってみたら日本馬惨敗。 レッドは出遅れたのが致命的。 ビッグアーサーは特に致命的な不利はなかったものの、本調子には見えない走り。 前走惨敗のダメージ?…

アメリカの悲劇のヒロイン・レディイーライを最強の1勝馬とデットーリが差す!2016BC・フィリー&メアターフ・ヌーヴォレコルト参戦。

レディイーライの参戦で盛り上がった2016年ブリーダーズカップ・フィリー&メアターフ。 武豊騎手とヌーヴォレコルトが参戦。 スタートは絶好。 位置もふだんと同じような位置取りを取れました。 が、相手が強すぎた。。。 レディイーライは王道の競馬でゴー…

挑戦することに意義あるもブービー討ち死に@2016メルボルンカップ・カレンミロティック23着withベリー騎手。

とにかく馬だらけ。 かつ内にこだわる騎手心理からからぎゅうぎゅうづめみたいになってます道中。 24頭立て、というのは日本ではもう見られないだけに新鮮です。 10万人が集まった今年のメルボルンカップ。 口笛が響くのがいかにも海外という感じです。 …

マカヒキ大敗・ポストポンドは馬群に飲まれた大波乱?いや順当な結果。アイルランド勢躍進!2016凱旋門賞・ファウンド!

アイルランド恐るべし。 3頭で上位独占とは。。。 そしてガリレオはこのレース鬼門とも言われていたがあっさり突破。 まあ世界のムーア。さすがの手綱。 ワークフォース以来の勝利とは意外な感じです。 そして外枠は残念ながら言い訳にはならないのがマカヒ…

スーパーなのは勝負服もだ!2016コリアスプリント・スーパージョッキー。

追い込んで見せ場らしきものは作れたが、日本馬は実質完敗。 そう思える第一回コリアスプリント。 コリアカップ同様、2番手追走の馬が前を掃除して押し切る、といういかにもな結果。 勝ったのは香港のスーパージョッキー。 勝負服がまたレインボーでド派手…

ミッドタームを差したのは見事だが5頭立てじゃなんともいえんぞ!2016ニエル賞・マカヒキとルメール騎手。

登録段階ではけっこうな頭数もいたニエル賞。 いざ始まったら5頭立て。 実質2頭立てといえるレースとなりました。 逃げたのは欧州でも春に期待をされてはいたミッドターム。 マカヒキは3番手から追走します。 初めての環境、コースということを考えると着差…

「クリソライト、Thanks!」の実況もしびれる!2016第1回コリアC・クリソライト。

フルゲート16頭で行われた第一回コリアカップ。 第一回のジャパンカップもこんな感じだったのかな、と思わせる結果となりました。 日本から遠征したクリソライトには韓国のダービージョッキー・藤井騎手。 ジョー・フジイとして大活躍。 クリノスターオー…