読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

父はディヴァインライト。ではありません紛らわしい。2016メイクデビュー阪神・ディヴァインハイツ。

日本ではそれほど目立たないアッゼニ騎手。 この馬で勝利はうれしかったのではないでしょうか。 とはいえ来年のクラシック戦線では乗れません。 石坂厩舎となると武豊?といきたいところですが、エアウィンザーがいますし牡馬はなかなか。 母がドバウィハイ…

シンコウラブリイの孫。2億5千万円の高額馬をちぎる。2016メイクデビュー阪神・インウィスパーズ。

高い馬を購入していればいつかクラシックが獲れる。 ある意味、実証してしまったサトノ軍団の2016年。 とはいえ、競馬ファンからすれば「それは相馬眼とはいわないよね?」という話で、やはり自分の目で走る馬を値段関係なく見極められる男を信頼したい…

ガールじゃないよゲールだよ!2016メイクデビュー阪神・シャイニーゲール。

シャイニーの冠馬。 なんとなく穴馬で馬券でついつい抑えてしまう。 シャイニープリンスとか。 そんなシャイニーから新たな穴馬が誕生。 シャイニーゲールです。 とはいえ新馬だけに人気は背負ってました。 道中は2番手追走から抜け出したわけですが、余裕…

スマートレイアー弟は距離延びていい?メイクデビュー阪神・プラチナムバレットwithルメール騎手。

香港ヴァーズに出走して掲示板に載れたスマートレイアー。 ただ、距離は長いだろうなと思っていました。 2000mギリギリのイメージがあった姉と比べて、弟は父が代わって長距離砲になったようです。 1.5倍の支持を受けたメイクデビュー阪神。 ルメー…

勝ちタイムまで姉シンハライトと同じ。ひとマクりで勝負あり。2016メイクデビュー京都・ミリッサwithクリストフ・ルメール

シンハライトの妹。 となるとメイクデビューで人気するのもうなずける。 まして混合戦とはいえ芝の1600m。 父がダイワメジャーに替わったとはいえ問題なくこなせる距離でした。 負かした2着にも2番人気のパンサーバローズ。 そういう意味では上位馬の強さ…

マウントロブソン全弟。「2400mもいけそう。これからもっとよくなる」byムーア。2016メイクデビュー京都・ポポカテペトル。

実況が舌を噛みそうな馬名、ありますよね? そんな馬が快勝してしまったのがメイクデビュー京都・芝2000mデビューのこの馬。 ポポカテペトル。 どこで切ればいいのか?も悩む馬名。 金子真人ホールディングスといえば、呼びやすい馬名が名馬になるイメージも…

ノースフライトの孫。脅威の末脚。ドゥラメンテの再来か?2016メイクデビュー東京・ハナレイムーンと石橋脩!

堀厩舎。 2歳戦は石橋脩。 となると浮かぶのが2冠馬ドゥラメンテ。 ノースフライトの孫・ハナレイムーンが衝撃のデビュー。 初戦から33.7の脚を使い楽勝。 ラスト1ハロンまで追い出しを我慢する余裕。 果たして石橋のままいくのか。 予定どおり?ミルコ・デ…

クロフネ再来か。金子真人ホールディングスの大物ダート馬、ついに参上@2016メイクデビュー東京・フォギーナイト!

金子真人。 芦毛。 ○外。 3拍子そろってしまった2億円ホースがついにデビューしました。 タピット産駒のフォギーナイトです。 単1倍台はまあ仕方ない。 勝ちっぷりも見事。 鞍上のムーア騎手はまだ物足りない様子で、次はもっとよくなるとコメント。 来年…

きょうだい8頭目の勝ち上がり。優秀すぎる母クロウキャニオンに乾杯@2016メイクデビュー京都・クリアザトラック!

母は偉大なり。 クロウキャニオンにこそふさわしいことばかもしれません。 今年の2歳馬も金子真人ホールディングス所有でクリアザトラック。 芝の1600mをそつなくデムーロ騎手が先行抜け出しで楽勝。 NHKマイルカップ向きかもしれませんし、ダートでもや…

ルーラーシップ産駒ワンツー。ハイレベルな新馬の予感@2016メイクデビュー京都・ダノンディスタンス

いかにも和田騎手が好みそうな長距離砲。 高額落札馬ながらも結果が出せなかったアゲヒバリは繁殖に入ってついに戴冠なるのか? と思わせるのがダノンディスタンス。 2着の3代目ヒシマサルも能力がかなり高い馬。前評判も高い。 ヒシアケボノの主戦でもあ…

ディアデラノビアの仔がG1に手が届く日は来るのか?@2016メイクデビュー東京・バルデス!

母ディアデラノビア。 ソコソコ強い馬が出てくるがワンパンチ、ツーパンチ足りない馬が多い。 今年のバルデスはどうか。 ハービンジャーを東京デビューとはおそれいったが、逃げたスワーヴノートンをかわして無難に勝利。 中山や洋芝とか小回りのイメージが…

アメリカのチャンピオンスプリンター×ディープインパクト×池江厩舎=アルアイン・メイクデビュー京都。

母がアメリカのチャンピオンスプリンター 父がディープインパクト かつ牝馬。 となるとこの距離・芝マイルからスタートは問題なし。 思ったよりキレがなかったのは気になるが、まずは白星発進。 ムーア騎手、本番のモーリスも含めさすがだな、といわざるをえ…

菊花賞3着のエアスピネルの弟・エアウィンザー未勝利脱出@2016京都2歳未勝利。

圧倒的1番人気で後方からの競馬。 自在性を持ちつつあるエアスピネルを兄にもつエアウィンザー。 初戦で勝てると見込んだがムーヴザワールド相手に2着。 未勝利戦とはいえ、2歳戦では後方待機は度胸がいる騎乗かもしれませんが、兄・母とも知っている武豊…

ブエナビスタに似ている?エンジンのかかりは遅いが末脚が異常!メイクデビュー京都・コロナシオン。

POGでは話題になっていた馬。 そしてわたしが迷わず見送った馬。 理由は初仔は選びたくないから、というだけのものでしたが・・・ ホンモノなのかこれは? 父キングカメハメハに母父スペシャルウィークってのもまあトレンドといえばトレンド。 ルメール騎手…

サトノダイヤモンドの妹白星発進!14番人気の逃げ切りを阻止。とはいえ時計が・・・@2016メイクデビュー京都・リナーテ。

皐月賞馬の妹でもなく、ダービー馬の妹でもない。 サトノダイヤモンドの妹というだけで重圧など感じる必要もない気もしますが、まずは白星発進が妹のリナーテ。 父ステイゴールドに変わったのがどう出るか。 昔はソリッドプラチナムなど牝馬で強いのを出して…

2着ピスカデーラもいい馬だよ!でもここは通過点だね四位騎手@2016・2歳未勝利スワーヴリチャード!

2着のピスカデーラのPOだっただけに複雑きわまりないレースでしたが、まあ「役者が違った」といえるレース。 初戦は俗に言う「へぐった」レースということもあり、余計なレースとなった今回。 さすがに四位騎手も仕掛けを遅らせることなく、堂々と押し切…

新馬戦で同着!サトノアーサーとスズカフロンティア@2016メイクデビュー阪神。

ルメールが凱旋門賞で不在だったこともあり、サトノアーサーは川田騎手だったのかなと予想。 そしてスズカフロンティアも先行抜け出しで完璧なレース。 福永騎手もこの馬はなかなかじゃないか、と思ってるんじゃ。 ムーヴザワールドとエアウインザーの戦いも…

伝説の新馬戦なるか?2016メイクデビュー阪神・ムーヴザワールドとエアウインザー

デビュー前から評判だったムーヴザワールドとエアウインザー。 ムーヴザワールドを見る形でエアウインザーが追走して4コーナー。 先に仕掛けたのはエア。 いっしゅん包まれる形になりましたが、ムーヴは追い出しを少し我慢。 そこからちょっと規格外の脚を…

姉はベルカント。だからぼくもスプリンター?いや無限の可能性がある!2016メイクデビュー阪神・アットザトップ。

ベルカントはスプリンターズSはやや消化不良な結果。 ところが同じ日に弟が阪神でデビュー。 アットザトップ。松若騎手で出走してました。 1番人気で逃げ、いややや大逃げ。 父はサクラバクシンオーの姉と違い、デュランダル。 デュランダル産駒は思ったほど…

武豊4000勝目!2着もメイショウだ。2016・3歳未勝利・メイショウヤクシマ!

3歳未勝利もファイナルとなった2016年9月18日。 どうにか1勝できたのがメイショウヤクシマ。 とはいえ2着のメイショウオルソは道中でひどい不利。 これがなければ・・・と思える脚で追い込んできましたが、あまりに位置取りが後ろ過ぎました。 太…

アイルハヴアナザーは芝馬を出すのか?デムーロ年間100勝目。メイクデビュー阪神・シグルーン。

ダート馬大量。 そんな予想をしていたアイルハヴアナザー。 母系しだいとはいえ、ここまで芝馬が出てくるとは。 そして、デムーロがそつなく乗ったとはいえ、評判馬カデナを抑えて勝つとはなかなかの素質。 そしてこの勝利でデムーロ騎手は2016年の年間…

ヤマカツ+4文字は出世の予感?2016メイクデビュー札幌・ヤマカツグレース。

ヤマカツスズランはじめ、ヤマカツ+4文字で牝馬は期待したくなるのはわたしだけでしょうか。 札幌のメイクデビューで登場したのがヤマカツグレース。 血統を見ておきましょうか。 父ハービンジャー 母ヤマカツマリリン 池添兼雄厩舎所属。 この血統ですの…

2016夏、最後の最後に大物デビュー圧勝!メイクデビュー小倉・ヴァナヘイムwith浜中俊

2016夏はなかなか大物感がある馬がいなかった印象があるメイクデビュー。 最後の最後で出てきたな、という印象です。 マーメイドS勝ち馬のグルヴェイグを母に、キングカメハメハを父にもつヴァナヘイム。 きっちり差して勝利、という内容もよかった。 ゴー…

モレイラ絶賛!芝で走るクロフネ牝馬は大物確定!メイクデビュー札幌・コリエドール

まあブログタイトルどおりの話ではあるんですが、サトノアレスとの一騎打ちを制したコリエドール。 父クロフネ 母の父サンデーサイレンスということで、どうしても牝馬クラシックを期待したくなります。 馬体が合ってからさらに一伸び。 勝負根性も持ち合わ…

フローレスマジック&ルメールを粉砕!まさに巧の技・メイクデビュー新潟・シャイニードライヴ。

ダート向きと見られるカジノドライヴですが、昨年の仔を見る限り、芝でもやれます。 ましてこの時期の相手なら十分勝ち負け。 とはいえ、ダンゼン人気のフローレスマジックを封じた先行力。 減量が効いた着差とはいえ、内容だけみれば辛勝というより楽勝。 …

池江&トーセンはハズレなのか?ミラアイトーンと武幸四郎@メイクデビュー小倉。

冠をはずしてからなかなかの運気の島川オーナー。 「弟もいいけどこの馬もいいんだ」というコメントがPOG雑誌に載っており、かつ写真も掲載されていた評判馬。 ミライアトーン。 栗東・池江厩舎所属。 川田・浜中が基本ラインのこの厩舎、勝負がかかってない…

まさに高速!メイクデビュー新潟の直線をひた走った大物・コウソクストレート!

高速ストレート。 160kmくらいをイメージしたいところですが、競馬界にもそんな大物が現れました。 コウソクストレートです。 戸崎騎手騎乗で見事1番人気に応えての勝利。 新潟の直線を気持ちよく駆け抜けました。 スプリント色が強い、という陣営の判断も…

父母合わせて16冠の輝き・メイクデビュー函館・ソウルスターリングとルメール。

父はヨーロッパが生んだ怪物・フランケル。 母はアメリカ・ヨーロッパをまたにかけての活躍をした名牝・スタセリタ。 そのご両親から生まれたのがソウルスターリング。 日本で走っているのが不思議な血統です。 藤沢調教師もこの血統背景を考えてか、洋芝デ…

「テン良し中良ししまい良し。センスの塊」と池江師絶賛の馬とは?メイクデビュー中京・クライムメジャー!

何度聞いても「メイクデビュー」に慣れないみなさんこんばんは! 今回は新馬戦について取り上げます。 大物感が漂う血統背景ではない。 ただ、勝ちっぷりがすばらしい。 かつ、オルフェーブル、ラブリーデイなど世代問わず実績を残してきた池江ジュニアのこ…