見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

「けいこ通りの伸び」調教にも騎乗の池添騎手が高評価。2018メイクデビュー函館・ラブミーファイン。

冠コパノ、ラブミーでおなじみ、最近は冠なしの馬もいますが、Dr.コパの所有馬ラブミーファイン。 父ジャスタウェイ・母ヤマノラヴ。 芝1800mデビューで次はコスモス賞というのは順当なローテに思えますが、函館2歳S参戦の話もあるようです。 1.3倍と圧…

「気性も前向き。いい勝ち方ができた」byユーイチ。2018メイクデビュー中京・カテドラル。

ダート馬の弟もダート馬、という単純な図式にならないのが競馬の奥深いところかもしれません。 エルムS勝ち馬・ジュベルムーサの半弟で父ハーツクライに変わった4番人気のカテドラル。 ダンゼン人気のダノンチェイサー、ヴィクトリアマイル連覇のヴィルシー…

カンパニー産駒初、杉山調教師も初重賞制覇。2018目黒記念・ウインテンダネスと内田博幸。

カンパニーといえば超晩成ともいえる馬でした。 ウオッカ、ディープスカイ、ダイワスカーレットなどと叩き合っていたカレも早くも種牡馬です。 産駒も2歳から、というのは出てこないだろうなあとは見ていましたが、重賞勝ち馬を輩出するまでになるとは思い…

バツグンのスタートからスイスイ。9番人気で楽逃げ切り。シニスターミニスター産駒、芝重賞初勝利@2018葵S・ゴールドクイーン。

2018年の今年から新設重賞となった葵S。 1200m芝の重賞はJRAは豊富とはいえ、NHKマイルカップがある3歳春には3歳限定のスプリンター決定戦はこれまでありませんでした。 こんなんよりダート路線なんとかしてくれよ、と思う競馬ファンも多いかもしれません…

ダービーと同じ舞台で2勝目。秋への飛躍なるか?2018東京3歳500万下・グロンディオーズ!

父はルーラーシップ、母はシェリールということで、母シェリールの産駒は成長力が見込めるだけに3歳の春時点で2勝利目を挙げたのは大きいのでは?と個人的に期待を寄せているのが、美浦・田村厩舎のグロンディオーズ。 短期免許で来日中のボウマン騎手騎乗…

ダービー4着馬、フローラS勝ち馬を撃破の実力馬が3番人気。2018白百合S・メイショウテッコン。

乗り難しいといえるのが逃げ馬。 気分よくいけないと惨敗もある、というのが定めですが、サイレンススズカのように、逃げて差すくらいの強さがある怪物だと気分はどうでもいいのかもしれません。 現状、そこまでの大物逃げ馬はJRAにはいませんが、個性派なら…

大井の帝王、ついに佐々木竹見騎手超え達成。7152勝利目を地元・大井で決める@2018/8/12大井5R・シルヴェーヌ!

今日はレア競馬からこのレースを取り上げます。 大井の帝王が生みの苦しみを味わいましたが、狙ったのか、たまたまなのかわかりませんが、地元・大井でついに悲願達成のニュース。 61歳にして7152勝利という偉業、いや、これギネスじゃないの???と思える…

福永家の悲願。日本ダービー制覇は5番人気・ディープインパクト産駒・金子真人HD。2018日本ダービー・ワグネリアン。

悲願というにはあまりにも重かった、「父・洋一が達成できなかった日本ダービー制覇 。 落馬事故がなかったら、どこまで記録を伸ばしていたのか、と思うくらいのマジックマンだったと思いますが、息子はマジックマンというよりは、堅実こつこつという感じも…

「着差以上に強い勝ち方。まだ良くなる余地ある」by鮫島克。グレートタイム完封@2018鳳雛S・ハーベストムーン。

2018年3月の500万下卒業からここまで待機していたハーベストムーン。 栗東・浅見厩舎の管理馬ということで、使い込んでよくなるイメージもある厩舎です。 大物と目されている金子真人HD所有のグレートタイムの猛追をしのいでオープン勝ち。 これで3勝目とい…

無念の抽選除外。秋華賞に向けて再発進のマンハッタンカフェ娘@2018カーネーションカップ・ゴージャスランチ。

3/4の抽選に外れる確率は25%。 しかも大半の競馬ファンが「オークス出てきたら穴で」と目されていたのが美浦・鹿戸厩舎のマンハッタンカフェ産駒・ゴージャスランチ。 結果的には2勝目で本賞金加算に成功しただけに、吉と出たかもしれないのがカーネ…

前走は出遅れて1番人気大敗→名誉挽回7番人気の逃げ切り。2018平安S・サンライズソアとミルコ・デムーロ。

6連勝を狙ったキングカメハメハ産駒のグレイトパールが1.7倍のオッズで出走したのが2018年の平安S。 連勝はいつか止まるもの、ではありますが、問題は「いつ止まるか」。 止まったときに馬券で切っていると美味しい馬券にありつけるわけです。 それが今回だ…

独壇場。母フサイチパンドラ最高傑作確定か?ロードカナロア産駒、2400mでG1勝利。2018オークス・アーモンドアイ。

距離延長が不安視されるはずのロードカナロア産駒・アーモンドアイ。 ところが、桜花賞時よりオッズは上昇。 人気的にはラッキーライラックと分け合っているようにも見えますが、実質1強で迎えたのが2018年のオークス。 桜花賞ではシンザン記念よりもキレる…

ブラックエンブレム娘が仕上がり早でレコード1秒4更新。圧巻の逃げ切り@メイクデビュー函館・ウィクトーリア。

2008年の秋華賞勝ち馬・ブラックエンブレムといえば、丸刈りの岩田騎手とのコンビの印象がいまだにありますが、気づけばあれから10年。 大物と追いきりから期待されていたのが母と同じ美浦・小島茂厩舎管理のウィクトーリア。 父ヴィクトワールピサという…

ダンゼン人気にミルコ「かなり強かった」友道師「しまいもしっかり」@2018中京2歳S・アドマイヤマーズ。

父ダイワメジャーから牡馬の大物というのはずいぶん出ていない印象があります。 最近ではメジャーエンブレムが2歳女王&NHKマイルカップ勝ち、くらいで、G1で勝ち負けとなるとなかなか出てこないのが現状。 マイル前後のテリトリーも、ロードカナロアが種牡…

4年連続2歳馬勝ちあがり。クロウキャニオンと似た孝行母さん@2018メイクデビュー福島・ボスジラ。

金子真人HDと田辺騎手。 このコンビではまだG1制覇は成し遂げられていませんが、とにかくクラシックに縁がありすぎるオーナーの馬だけに、田辺騎手もこの馬はなんとかものにしたい、と考えているのではないでしょうか? 福島デビューというとやや期待薄に思…

危なげない快勝に「調教よりも実戦タイプ」byユーイチ。ディープのおいが白星発進。2018メイクデビュー中京・ドラウプニル。

父ディープインパクト、母ヴェルサンディ。 栗東・斉藤厩舎の管理馬・ドラウプニルが福永騎手騎乗でまずは快勝。 スタートもよく荒れた中京の馬場も、うまく馬場のいいところをさばいて勝利。 調教よりも実戦タイプ、というジャッジでしたが、正直、重賞、オ…

デビュー5年目小崎騎手、大きなハナ差で重賞初勝利@2018函館2歳S・アスターペガサス。

デビュー戦で短距離を選択したことが吉と出た、という話を以前していたのがジャイアンツコーズウェイ産駒のアスターペガサス。 スタート一息だったのはデビュー戦とかわりませんが、落ち着いて後方待機から、大外を突き抜けての勝利。 結果的には展開に恵ま…

東京、中山以外の初出走でまさかの初重賞V。人気泥棒卒業しました!2018中京記念・グレーターロンドン。

よく「オッズ泥棒」というありがたくないあだ名がついてしまう馬たちがいます。 美浦・大竹厩舎の管理馬・グレーターロンドンもその中の1頭。 父ディープインパクト×母ロンドンブリッジとなると、距離適性も悩ましいところですが、結局は母が勝つか、という…

カネヒキリ産駒が鋭く差しきり連覇達成!2018マーキュリーカップ・ミツバと松山騎手。

連覇というのはどの業界にせよ難しいものです。 相手関係、自身が確実に1歳年を取るといったどうしようもない条件をクリアして初めて成し遂げられる偉業。 2018年のマーキュリーカップは連覇のかかるミツバと松山騎手のコンビが登場。 夏は上がり馬が人気に…

ムチなし楽勝。スピード・スタミナ・フットワーク。ルメール絶賛@2018メイクデビュー東京・アガラス!

スピードもスタミナも完備。 フットワークも大きい。 距離は2000m以上でも全然問題ないと思うよ。 仮にリップサービスだとしても、デビュー初戦快勝の2歳馬に向けた賛辞にしては、期待値が高い。 そう思えるのが父ブラックタイド、母ロッシェノワールから生…

2018年の新種牡馬勝ちはジャスタウェイが第一号!2018メイクデビュー阪神・アウィルアウェイ。

発音しにくい馬は大坪さんなど、実況に困るのでシンプルにしてあげて。 と思うのが、ハーツクライの後継種牡馬としても期待が高いジャスタウェイ産駒のアウィルアウェイ。 アイルアウエーと読めばまあどうにあ実況にはなるんですけども。 母ウィルパワーから…

人気に応え重賞初勝利。フサイチペガサスの貴重な後継者なるか。2018北海道SC・テーオーヘリオス。

マスクゾロがフサイチペガサスの後継としては日本にいます。 が、ミスタープロスペクターの直仔というのが、今の日本ではあまり売りにならないのが現実かもしれません。 いっそ、マスクゾロもですが、アメリカのほうが需要、種付け料ともに上がってくるんじ…

父パイロからダービー馬誕生。的場文男騎手はまたも2着。2018東京ダービー・ハセノパイロと矢野貴之。

2番人気の船橋・佐藤厩舎所属のハセノパイロ。 父はその名のとおりパイロ。 母はタイキアヴェニュー。母の父はティンバーカントリー。 という血統背景からもやはりダート主戦場といったところ。 悲願となtっている的場文男騎手のダービー制覇ですが、今年…

11ヶ月ぶりの出走でなんとダート6連勝。1年半無敗継続中@2018アンタレスS・グレイトパールと川田騎手。

ダート無敗。 とはいいつつまだ一戦級とは戦っていないだけに能力の高さがどんなものか、試金石のレースになかなか出走できていないのが、栗東・中内田厩舎のグレイトパール。 父キングカメハメハ。 母フォーチュンワード。 キングマンボ系なので、ダートも…

大差勝ち。丸2年負けなしで重賞9連勝の怪物。2着に2秒4差のG1を見逃すな!2018中山グランドジャンプ・オジュウチョウサン!

レコードをなんと3秒6も更新してしまい、もはや国内に敵なし、と決定付ける強さを改めて見せ付けたのが2018中山グランドジャンプのオジュウチョウサン。 メイショウドトウに見えなくもないアップトゥデイトの逆転は、おそらく最後までないんだろうな、と思…

大外一気でレコードV。藤沢厩舎は10年連続JRA重賞Vの偉業達成@2018アーリントンカップ・タワーオブロンドンとルメール。

父レイヴンズパスだから、というよりは気性の問題もあってか、マイルがギリギリ、いや1400mまでがベストと思われていたのが京王杯2歳S勝ち馬のタワーオブロンドン。 騎乗しているルメール騎手もマイルは半信半疑、というコメントを残していることもあり、こ…

ダンゼン人気に安堵の吉田隼人。単勝1.9倍で押し切った@2018雪うさぎ賞・ウィズ。

父ブラックタイドといえばキタサンブラック。 そして牝馬ではライジングリーズンなど、マイル以上のほうが合っている印象もある種牡馬ですが、繁殖相手次第でスプリンターも出てくる。 母シルキーウィズとの間に生まれたキタサンブラックと同じ栗東・清水久…

「大きなところにいけるだけのスケールを感じる」by石橋脩。余裕で連勝@2018山藤賞・フィエールマン。

スタート一息、道中後方で1番人気というのは中山となるとあせりますが、能力が抜けているとむしろ進路を選べて楽だったりします。 3コーナー過ぎからラクラク進出で押し切ったのが2018年山藤賞のディープインパクト産駒のフィエールマン。 美浦・手塚厩舎…

父クロフネ。レース運びのうまさは秀逸。1番人気ミディオーサ抑え快勝@2018メイクデビュー東京・エメラルファイト。

2018年6月23,24日と、石川騎手がメイクデビュー東京の土日の芝連勝を飾った第一弾がエメラルファイトとのコンビ。 父クロフネの産駒で牡馬の活躍馬というと、フサイチリシャールのイメージ、牝馬ならホエールキャプチャといったイメージで、やはりマイラーの…

「大きなところを狙える」石川騎手絶賛!ヴィクトワールピサの最高傑作なるか?2018メイクデビュー東京・アンブロークン。

大きいところをまだ勝てていない美浦の石川騎手。 和製ムーアというのは褒め言葉なんでしょうが、ムーア騎手ほどの存在感、何かやってくれるんじゃないかという期待感はまだまだです。 とはいえ、2着に入った4番人気のオメガも、キセキと同じオーナーで期…