見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

牙城はやはり崩れず。エネイブル連勝止まらず!われらがシュヴァルグランの結末は・・・2019キングジョージ6世&クイーンエリザベスS 。

さすがに相手関係が強すぎた。。。馬場どうこうじゃない。 そう思えたのが2019年のキングジョージ6世&クイーンエリザベスS。 エネイブル相手でも厳しいところにクリスタルオーシャンの参戦もあり、日本馬の前に立ちはだかる壁、というより、この2頭が来て…

アグネスワールド以来の英国G1制覇。日本生産馬では牝馬での制覇は史上初。マーフィー騎手で7番人気は美味しかった?2019ナッソーS・ディアドラ。

英国での日本調教馬のG1制覇は、なんとアグネスワールド以来ということで約20年ぶり。 しかも牝馬となると史上初でした。 マーフィー騎手も興奮していたのか派手なガッツポーズを披露。 相手関係、そんなに楽ではなかった中、デットーリ騎手の猛追をしのいで…

勢い止まらず。4馬身差で圧勝のパイロ産駒。2018兵庫ジュニアグランプリ・デルマルーヴル。

地方競馬でパイロ産駒といえば大物感もありますが、JRA所属のパイロ産駒で重賞戦線で活躍、というのは珍しい部類といえるかもしれません。 父パイロ・母カリビアンロマンス、母の父コマンズという、中央では珍しい父、母父のデルマルーヴルが小回りコースで…

地方転厩後初勝利!フェブラリーS勝ち馬がこんなところで負けられない。2019サンタアニタトロフィー・ノンコノユメ。

中央でバリバリやっていて、ドバイ遠征も経験。 気性難もあって難しいところもあったノンコノユメですが、地方転厩後初勝利を挙げました。 今年も猛暑となった2019年7月31日に行われた大井競馬場のサンタアニタトロフィー。 前走の帝王賞で3着と好走して復活…

3歳秋で早くもG1を4勝目。シンボリクリスエス産駒最強のダート馬か?2018チャンピオンズC・ルヴァンスレーヴ。

3歳馬総大将といえるダート王・ルヴァンスレーヴ。 3歳馬初の南部杯制覇もあり、古馬との対戦、かつ中京と舞台がかわってどうかと思われましたが、杞憂に終わりました。 父シンボリクリスエスでダートというとサクセスブロッケンが浮かびますが、それよりキ…

初ダートで4連勝中のデュープロセスを完封。逃げ切りで砂・芝マイル重賞V@2019ユニコーンS・ワイドファラオ。

府中はえてしてこういうことが起きる。 逃げ切り至難と思われている東京競馬ですが、微妙なペースで逃げられると中山よりも粘りが増してしまう。 父ヘニーヒューズだけにダート適性の下地はあれど、芝→ダであっさりこの時期に勝たれるようじゃなあ。 このレ…

父の日にサクラオリオンに贈った初重賞プレゼント。まさかの7頭立ての波乱の一戦逃げ切り。2019函館SS・カイザーメランジェ。

馬はなんもわるくありません。 悪いのは人間です。 禁止薬物が入っていた飼料を食べた可能性がある、という理由で相次ぐ除外馬が出たJRA。 信頼回復にどうつとめるつもりなのか。 頭数が少ないほうが盛り上がる?んなわけはない。 ましてスプリント。 終わっ…

ミッキーチャームの全弟が芝2000mで快勝。弟も川田騎手騎乗だ。2019メイクデビュー小倉・ダノンバリアント。

父ディープインパクト、母リップルスメイドから生まれたのはアーモンドアイ相手に逃げて善戦して秋華賞2着に粘ったミッキーチャームの全弟。 冠がかわったということはオーナーもかわったわけですが、ダノンバリアントが見事芝2000mでデビュー勝ち。 厩…

初コンビ田辺「折り合って運べ、最後までよく伸びてくれた」ワークフォース産駒が東京ではじけた@2019フリージア賞・アトミックフォース。

黄色に茶色の勝負服。 個人的に好きな取り合わせ、かつ、血統的にも面白いなと感じたのが、7番人気の伏兵ながら東京の芝200mでキレたワークフォース産駒のアトミックフォース。 母タックスシェルターということもあり、ここまで人気を落とす血統背景でもなさ…

「完勝。けん制しあう中でよく我慢してくれた」by津村。2019メイクデビュー東京・アイリスフィール。

ハービンジャー産駒といえば東京は???な感じでしたが、最近はトレンドが変わってきています。 母シルクアイリスから生まれたアイリスフィール。 スローペースの上がり勝負ということで、あまり評価しづらい面はありますが、とりあえず1つ勝てたのは大き…

ワールドエースの弟が兄と同じローテでクラシックへ。2019つばき賞・ワールドプレミアと武豊騎手。

重賞2勝のワールドエースの全弟で良血、かつ栗東・友道厩舎ということでクラシックへの参戦が期待されているのがワールドプレミア。 現状、やや不器用な面がありなかなか乗り難しいようですが、そこはレジェンドの武豊騎手がなんとか育ててくれることを期待…

道中の手ごたえどおりにしっかり伸びてくれたby松若@2019かささぎ賞・ラミエル。

父ジャスタウェイ・母カストリアから生まれたラミエル。 NHKマイルカップ、桜花賞が少し長く思えるスプリントよりの切れ味を見せ付けたのが2019年のかささぎ賞。 出世レースというわけでもないですが、ゴール前がかなり激戦で1分足らずとはいえ見ごたえのあ…

「ポテンシャルは高いし成長も楽しみ」by蛯名。無傷の3連勝でデルマルーヴル撃破@2019ヒヤシンスS・オーヴァルエース。

たかがリステッドレース、されどリステッドレース。 アメリカのG1であるケンタッキーダービーへの日本馬選定レースに指定されているレースを制したのはヘニーヒューズ産駒のオーヴァルエース。 美浦・高木厩舎ということで、大野騎手、かと思いきや、蛯名騎…

川田「いい内容で勝ってくれた」池江師も「調教どおり」。2019メイクデビュー京都・シュリ。

この記事を書いているのは2019年8月7日。 広島の原爆投下、長崎、そして終戦へ、とカレンダーは進んでいく時期で、かつ韓国をホワイト国から除外してことで、日韓の関係が悪化している最中。 そんな中この馬をご紹介するとは・・・ 父ハーツクライ、母エーゲ…

「またがった瞬間から雰囲気のいい馬」by石橋脩。復帰初戦V。2019メイクデビュー中山ヒシゲッコウ。

父ルーラーシップ・母ラルケット。 これだけ見てもピンと来ないかもしれませんが、ラルケットはマイルチャンピオンシップ勝ち馬ステルヴィオの母。 ということで、今回デビューを迎えたヒシゲッコウは、父が代わってG1馬の弟としての宿命を背負っての出走。 …

6頭立ての少頭数。初コンビの松山が直線はやめ先頭で押し切る。2019福寿草特別・ロジャーバローズ。

3歳500万条件で芝2000mとなると、そこそこのメンバーが揃いそうなものですが、なぜか頭数が揃わなかったのが2019年の福寿草特別。 なんと6頭立て。出れば賞金無条件でもらえたのになぜ登録すらなかったのか。 理由はわかりませんが勝ったのがディープインパ…

2019最初のリステッドレースの勝ち馬はドバウィ産駒。2019ジュニアカップ・ヴァッシュモン。

父ドバウィ・母ダクシャから生まれた○外血統のヴァッシュモン。 この血統だとなかなか日本でPOGで選ぶのは難しいところです。やや晩成?にも見えなくもない中、この時期にリステッドレースを勝てるというのは能力かなと。 ただ中山の芝マイルがギリギリと…

「八分の仕上がりでこれだけの走り」by菊川調教師。メジロドーベルの孫が福島で驀進@2018メイクデビュー福島。

父リアルインパクト・母メジロヒラリーから生まれたフジマサリアル。 芝1800mを選択したあたり、母系を重視しての選択だと思われます。 騎乗した田辺騎手も直線いい脚だったとコメントしており、まずまずのデビューとなりました。 初戦から動ける状態だ…

無敗の3冠馬・ディープインパクト、2019年7月30日に死す。

今日は悲しいニュースが飛び込んできました。 種付けを中止し、来年に向けて備えてきたディープインパクトが、亡くなりました。 キングカメハメハが種牡馬を引退となり、ディープインパクトも不在となると、種牡馬業界も戦国時代となりそうです。 ロードカナ…

「余裕があったしステッキも使っていない」by池添。エピファネイアのおいが末脚鋭く。2018メイクデビュー函館。

父オルフェーブル・母ロザリンドから生まれたオーソリティ。 美浦・木村厩舎の管理馬で、シルクレーシングと池添騎手ということで、ブラストワンピースくらいの期待をしたくなる血統背景。 父の主戦でもあった池添騎手としても、オルフェーブル産駒には愛着…

トップハンデ58でも問題なし。15年連続重賞Vを決めたのはこの男。2019中山金杯・ウインブライトと松岡正海。

ウインブライトといえばとにかく中山巧者。 とはいえ2500mとなると長い、というある意味困ったちゃんなわけですが、なぜ中山巧者が3番人気という美味しいオッズがついたのかはわかりませんが、重賞勝ち鞍こそ多いものの、G1だけが足りてない現状。 父ス…

メンバー唯一の葦毛。強い4歳が豪快に伸びて初重賞。2019京都金杯・パクスアメリカーナ。

昔は金杯(東)、金杯(西)といっていたわけですが、なぜかそちらのほうがレース名がしっくりきます。 京都競馬場は改修工事が決まっていることもあり、京都金杯→阪神金杯、になるであろう確率が高いのもありますね。 そういう意味じゃ西、東でレース名作っ…

アーモンドアイに続き今年もロードカナロア産駒。渡辺薫彦調教師4年目にして初重賞制覇@2019シンザン記念・ヴァルディゼール。

今年は牡馬が勝利したシンザン記念。 京成杯はいまだにクラシックに直結しませんが、シンザン記念は直結といえる内容が続いているだけに今年の勝ち馬にも注目したかったところ。 勝ったのは母ファーゴから生まれたロードカナロア産駒・ヴァルディゼール。 北…

700勝メモリアルの藤原英師「上を目指していける」2019メイクデビュー中京・シャレード

単勝1.4倍の支持を集めたのが2歳戦に強いダイワメジャー産駒・シャレード。 母はヴィヤダーナ。栗東・藤原英厩舎の管理馬。 1400mから始動ということもあり、オークスというよりは、父を見ても桜花賞、NHKマイルが来年の目標になりそうですが、2歳女王…

「着差以上の将来性。伸びしろも十分」by武豊。ダンゼン人気で大外一気。2019メイクデビュー中京・マイラプソディ。

デビュー前から評判にはなっていたハーツクライ、テディーズプロミスから生まれたマイラプソディ。 武豊騎手とのコンビでおなじみのキーファーズの所有馬。 良血を集めてはいるもののまだ大輪が咲いていないコンビではありますが、はたして今年はどうか。 個…

父の管理馬で決めた!菊沢一樹デビュー4年目の初重賞@2019七夕賞・ミッキースワロー。

アーモンドアイはじめ、G1のハイレベルな相手にぶつけられてきた父トーセンホマレボシ産駒の出世頭・ミッキースワロー。 美浦・菊沢厩舎の管理馬ということもあり、主戦は横山典弘騎手が長く務めてきました。 今回はなんと菊沢調教師の息子・菊沢一樹騎手を…

母ホシニイノリヲ・・・3連勝&初タイトルで栗田徹師も開業9年目でうれしいJRA重賞初勝利@2019プロキオンS・アルクトス。

七夕当日となる7月7日に行われた2019年のプロキオンS。 だから、というわけでもないでしょうが母ホシニイノリヲから生まれたアルクトスが3連勝で重賞初制覇。 強力な逃げ馬・マテラスカイが思った以上に前半からつつかれたこともあり5着に敗れる波乱の中、…

地方初参戦で重賞初V。2019スパーキングレディーカップ・ファッショニスタと川田騎手。

2番手追走の王道の競馬で抜け出し4馬身差、3着には10馬身差の圧勝を演じたのが、栗東・安田厩舎の管理馬でストリートセンス産駒のファッショニスタ。 牝馬の大物といえば、最近では牡馬をなでぎりにしたサンビスタがいるわけですが、それ以降は残念ながら小…

「ムチすら入れる必要がなかった」byマーフィー騎手。ダンゼン人気レッドアステル3番手から抜け出し圧勝。2019メイクデビュー中山。

短期免許で活躍中のオーストラリアの若武者・オイシン・マーフィー騎手騎乗も手伝って1.5倍の1番人気に推されたのがディープインパクト産駒・レッドアステル。 美浦・国枝厩舎の管理馬ということで、アーモンドアイ、アパパネという偉大な先輩に続けるかも注…

スタート一息も二の脚でハナへ。母セレブラール譲りの快速披露で3馬身差圧勝。2018さざんか賞・イベリス。

アーモンドアイやサートゥルナーリアこそいるものの、父ロードカナロアはやはり距離適性はマイル以下、と思える産駒が多いように思えます。 まあそういう意図でつけている生産者が多いから、というのもありますが、母が短距離系にロードカナロアをつけている…