見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

史上初!新潟ダート2500mを1200mと誤認?2018新潟3歳以上500万下・ペイシャエリートwith山田敬士。

長い日本競馬の歴史で史上初の出来事が起きたのが2018年10月13日土曜日の新潟競馬場6Rでした。 2番任期のペイシャエリートに騎乗していた山田騎手が、距離を間違え1周目でスパート。そりゃ大差がつくわけで、安心した山田騎手は手綱を緩め外ラチへ。 とこ…

祝・武豊騎手4000勝。2018芦屋川特別・メイショウカズヒメ!

やはりお世話になっているオーナーの勝負服で決めた。 という印象があるのが武豊騎手の4000勝目。 もちろん重賞やG1で決めればかっこいいわけですが、次なる目標の5000勝に向けてまずはおめでとう、といったところ。 勝ち星は栗東にいるとルメール・デムーロ…

夢無残。19頭立て17着大敗。デットーリ騎手は最多の6勝目。2018凱旋門賞・エネイブル。withクリンチャー。

今年のクリンチャーにどれだけの期待ができたのか。 期待できたのは1点だけ。「意外性」のみ。 今年はフルゲートが予想された凱旋門賞ですが、1枠あいて19頭立てになりました。 エネイブル、3歳牝馬からシーオブグラスと牝馬が人気だった今年。 ディー…

中山巧者がレイエンダ粉砕。スクリーンヒーローの後継者はモーリスだけはない?2018セントライト記念・ジェネラーレウーノ。

皐月賞3着馬ということで、秋初戦に力の違いを見せ付けたのが、道中はなれた2番手追走から抜け出した4番人気のジェネラーレウーノ。 先行馬に載せると怖い田辺騎手。 わかっていながら4番人気。 人気が微妙なときに買うのが吉かもしれません。 ダンゼン人…

4ヶ月ぶり、帰国初戦も問題なし。6分のデキで楽勝。春秋連覇へ白星発進。2018セントウルS・ファインニードル。

ゴドルフィンの主戦ともいえる地位に上り詰めるチャンスがあるのが川田騎手。 2018年の高松宮記念でゴドルフィンの新勝負服でのG1制覇となったファインニードル。 海外遠征は4着と結果が残せなかったものの、格の違いを見せ付けて昨年に引き続いてセントウ…

6頭立てでシンガリ負け。本番で巻き返しなるか?2018フォワ賞・クリンチャーと武豊。

ハナに立つのは計算どおり。 と陣営、武騎手ともコメントはありましたが、そのまましんがり負けというのは。。。と思えるのが2018年のフォワ賞出走のクリンチャー。 本番は次の凱旋門賞、というのはまあ誰しもわかってはいるわけですが、さらに頭数が増え、…

マイルの新星、不屈のミッキーグローリーが悲願の重賞初制覇。2018京成杯AH。

マイル路線に新星誕生ということで、美浦・国枝厩舎とルメール騎手とのコンビといえば、やはり桜花賞・オークス2冠のアーモンドアイが2018年は浮かぶわけですが、さらに古馬路線でもこのコンビが見られることになりました。 父ディープインパクト、母メリッ…

秋華賞ではライバルに。「チャンスありそう」春とは違うわよ!2018紫苑S・ノームコアとクリストフ・ルメール。

あと一歩で大一番を逃してきた春とは一味違う。 そんな競馬を見せたのが美浦・萩原厩舎所属の父ハービンジャー、母クロノロジストから生まれたノームコア。 直線で力強く抜け出して3馬身差圧勝。 いつもは2番手あたりから競馬する馬だったはずが、休養を経…

苦節144戦。2018年デビューでようやく初勝利・2018阪神500万下アロマティカスと服部寿希。

栗東・湯窪厩舎所属の服部騎手は2018年デビュー。 3月3日に小倉1レースでクリノモリゾ12着から始まった連敗はなんと143。 服部騎手の勝利によって、2018年デビューの騎手は全員勝利を挙げることとなりました。 「これまでたくさん乗せていただきました…

オールウエザー2400mで復帰初戦。3馬身差で圧勝。2018英国G3セプテンバーS・エネイブル。

エネイブルレベルからすると、G3は調教にすらならないのかもしれません。 昨年の凱旋門賞馬でもあり、今年も最有力と目されているエネイブル。 復帰まで時間はかかったものの、今回のセプテンバーS勝利でブックメーカー各社は、エネイブルを1番人気に推して…

藤井勘一郎騎手とのコンビも光る。復活は韓国G1で。2018コリアスプリント・モーニン。

オーストラリア、韓国で武者修行している藤井騎手。 1200mというレースだけに、スタート、道中の位置、不利を受けない、といった点が重要になるわけですが、日本国内ではやや最近勢いがなかったヘニーヒューズ産駒のモーニンがここでアタマ差で貴重な勝利を…

アイルランド産のジャスタウェイ産駒が重馬場で突き抜ける。メイクデビュー阪神・シャドウエンペラー。

父ジャスタウェイ、母リージェンシーから生まれたシャドウエンペラー。 今のところマイル前後の産駒が多く出ているジャスタウェイ産駒ですが、この馬もこのくらいの距離が合うようです。 そして注目はアイルランド産という点。 和田騎手、管理する栗東・岡田…

リリーノーブル弟がダノンプレミアム妹を撃破。2018メイクデビュー阪神・エクザルフと川田騎手。

6頭立てと少頭数になったものの、今年のクラシックを騒がせたリリーノーブルの弟とダノンプレミアムの妹が激突、というハイレベルなレースになったのが、芝2000mのメイクデビュー阪神。 栗東・松下武士厩舎の管理馬の父バゴ、母ピュアチャプレットから生まれ…

15馬身差の大楽勝で連覇達成のカネヒキリ産駒。2018コリアカップ・ロンドンタウンと岩田騎手。

相手が弱すぎる。 と思えたのが2018年のコリアカップです。 日本でもジャパンカップが始まったころは外国馬にやりたい放題にやられていたこともあり、韓国もこれから力をつけていくのでしょうが、いくらなんでも15馬身差というのは。。。しかも今年は本調…

32歳バースデーを自身で祝う2馬身半差。2018メイクデビュー中山・リバーシブルレーンと大野拓弥。

スローペースの好位から抜け出した2番人気のリバーシブルレーン。 美浦・高木登厩舎の管理馬ということで、やはりタッグは大野騎手。 父ハーツクライ、母カウアイレーンということで、芝2000mを選択したのも間違いないところ。 今年の京都新聞杯を勝ったス…

初戦は逃げて圧勝。2戦目は最後方から大外一気のダイワメジャー産駒。2018アスター賞・グレイシア。

ダイワメジャーというと後ろから競馬する、というイメージはなく、産駒でG1馬を見ても、先行力を生かす競馬が合っているように思えます。 ところが、母クーデグレイスから生まれたグレイシアはどうやら一味違うようです。 美浦・栗田徹厩舎の管理馬。 今後の…

3年前の兄プロフェットと同じ舞台で弟も圧勝。モレイラ「成長が楽しみ」@2018メイクデビュー札幌・クラージュゲリエ。

スローペースの中団を追走した2番人気のクラージュゲリエ。 栗東池江厩舎の管理馬ということで、期待もあつまったわけですが、ゴーサインが出されるとあっという間に後続に2馬身差の圧勝劇。 京成杯を勝った兄プロフェットについで、札幌芝1800mでのデビ…

アルママとの良血対決を制してきょうだい10頭目の勝ち上がり。2018メイクデビュー札幌・レーヴドカナロア。

レーヴディソールやレーヴミストラルなど、冠ではないですが「レーヴ」がつくと強い馬。 それがレーヴドスカーにロードカナロアをつけて生まれたこてこての馬名でもあるレーヴドカナロアです。 厩舎は一風変わったといっては失礼ですが、栗東・斉藤崇志厩舎…

390キロ。非凡な決め手披露でストレイトガールの妹が白星発進。2018メイクデビュー新潟・ビックピクチャー。

中団で脚をためた1番人気のビックピクチャー。 父ディープインパクト、母ネヴァーピリオドから生まれた2歳牝馬で、栗東・藤原厩舎の管理馬です。 ヴィクトリアマイル連覇を果たしたストレイトガールの半妹ということで、現状390キロと成長がほしい馬体なが…

ダンゼン人気のアップトゥデイト撃破。目指せ中山大障害。伏兵ヨカグラが魂の騎乗で勝利。

オジュウチョウサンの最大のライバルといわれてきたアップトゥデイト。 2018年は突如有馬記念を目指すと名言したこともあり、年末の中山大障害にはオジュウチョウサン不在という可能性が高くなりました。 そうなると、絶対に負けられない戦となったのがアッ…

「めっちゃ気持ちいい!!!」熱帯夜の完勝劇@2018ジャパンダートダービー・ルヴァンスレーヴとミルコ・デムーロ。

熱帯夜の大井競馬場で強烈な末脚を見せ付けたのが、1番人気のシンボリクリスエス産駒のルヴァンスレーヴ。 サクセスブロッケンがこれまでシンクリ産駒のダート馬では有名でしたが、全日本2歳優駿、ユニコーンS、そしてジャパンダートダービーと制した時点…

思い出の函館1200mでパドトロワ産駒が白星発進。父譲りのスピードで快勝@メイクデビュー函館・ジゴロ。

3番手追走から直線抜け出しで5馬身差圧勝。 これだけ見ると大物感たっぷりなのが父パドトロワからうまれたジゴロです。 洋芝巧者だった父の血は健在といったところ。 父は函館スプリントSなどG3を3勝という短距離血統。今年がファーストクロップになるわ…

7歳夏。27戦目で待望の初重賞。自己最多タイの年間重賞5勝目はこの男。2018函館記念・エアアンセムwith藤岡佑介。

ここ3年連続で万馬券となっていた、荒れる函館記念。 2018年も波乱となり、勝利したのは5番人気のエアアンセム。 父シンボリクリスエス、母エアマグダラの産駒で、中位のインで脚をためながら、3コーナーからはじょじょに外へ。 直線でしっかりと脚を使い…

岩田「余裕があった」外から鮮やか差し切り。母・姉に続き函館で初陣勝利@2018メイクデビュー函館・アフランシール。

母ルシュクル、父ハーツクライから生まれたアフランシール。 この血統でおなじみのノースヒルズの生産馬です。 母はOPすずらん賞、姉のブランボヌールは函館2歳S、キーンランドカップを制しており、洋芝、特に函館巧者として名高かった馬たち。 父がハーツク…

アグネスワールドのレコードにコンマ1秒。角田調教師にG1プレゼントなるか?2018北九州記念・アレスバローズ。

菱田騎手にとっても記念すべきJRA重賞初勝利となった2018年の北九州記念。 勝ったのは6歳のディープインパクト産駒・アレスバローズ。 6番人気と低評価だったものの、前走のCBC賞に続く重賞連勝となり、セントウルSの結果を待たずしてサマースプリントチャ…

新境地開く重賞3勝利目は芝2000m。マカヒキ、モズカッチャンを撃破。2018札幌記念・サングレーザーと福永祐一。

G1級のメンバーがほぼ毎年そろうのが札幌記念。 今年はダービー馬マカヒキやエリザベス女王杯勝ち馬・モズカッチャンが参戦。 終わってみたら、今年のダービーをワグネリアンで制した福永騎手の腹をくくった騎乗が功を奏してハナ、アタマ差の接戦を制してサ…

横山和生騎手デビュー8年目で重賞初勝利。砂の新星誕生@2018エルムS・ハイランドピーク。

今年の3月のマーチSでも1番人気に支持されるなど、能力の高さはファンも認めていたトーセンブライト産駒のハイランドピーク。 島川オーナーは最近は冠を外すケースも多く、自家生産馬ですが、トーセンの冠はついていません。 マーチSはまさかの9着大敗も…

さらに上積みがありそうby松山騎手。ダンゼン人気シングルアップが楽逃げ切り。2018フェニックス賞。

2018年は正月競馬から重賞3連勝、桜花賞・オークスの2冠達成のアーモンドアイを所有するなど、破竹の勢いといえるシルクレーシング。 生粋のスプリンターといえる配合からなかなか面白い馬が出てきたのが、キンシャサノキセキ産駒・シングルアップ。 栗東…

田部和則厩舎・五十嵐冬樹、思い出すのはコスモバルク。それ以上の器なのか?2018コスモス賞・ナイママ。

イタリア、イギリスと渡っているダノンバラードを日本に呼び戻すきっかけになった馬が道営の田部和則厩舎管理馬のナイママ。 父ダノンバラード、母ニシノマドカから生まれたナイママ、デビュー戦は圧巻の11馬身差の圧勝。 初芝となった今回のコスモス賞も…

藤沢厩舎・フランケル産駒・ルメール。ソウルスターリング再来か?2018メイクデビュー札幌・ミリオンドリームズ。

先行勢の後ろで折り合いよく進んだフランケル娘・ミリオンドリームズ。 単勝1.7倍の支持を受けての勝利で、今後への期待も高まります。 まだ子供っぽいけど、まじめな馬で、直線はいい反応でした。追いきりをやるごとによくなってきたし、次はもっとシャ…