見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

正攻法で堂々の重賞連勝&4連勝。いざフェブラリーSは藤田菜七子で参戦が決定。2019根岸S・コパノキッキング。

短期免許で昨年12月から来日していたマーフィー騎手。 日本の競馬にフィットしてからは破竹の勝利数を重ね、帰国前に関東リーディング1位となりました。 ほかの騎手は何しているの???と思うくらいの勝利で、1番人気の勝利よりそれ以下の勝利数のほうが…

2,3歳時に重賞勝ちの姉・妹とは対照的。引退直前6歳春に9度目挑戦重賞制覇@2019愛知杯・ワンプレスアウェイ。

父ステイゴールドといえば晩成というイメージもありますガ、フェノーメノ、ゴールドシップ、オルフェーブルなど最近の牡馬は早々と結果を残すシーンが多かった印象もあります。 母ストレイキャットからはキャットコインなど、2,3歳時で活躍する牝馬が多く出…

兄アルフレードがG1を制した舞台で妹が躍動。2019フェアリーS・フィリアプーラと丸山元気。

最高気温6度と冷え込んだ2019年1月12日の中山競馬場。 美浦・菊沢厩舎の管理馬・父ハービンジャーのフィリアプーラが直線で外に持ち出されると鋭く伸びて差し切り。 2011年の朝日杯FS勝ち馬アルフレードの半妹が、同じ中山芝マイルで初重賞制覇となりました…

ラストドラフトと接戦は伊達じゃなかった。ダンゼン人気で2連勝@2019若竹賞・ヒシイグアスとミナリク騎手。

美浦・堀厩舎といえば外国人騎手メイン、というイメージもありますが、今年は休養から復帰した石橋脩騎手も活躍中。 そして頼みのデムーロ、ルメール騎手とも3歳牡馬はアドマイヤマーズ、サートゥルナリアで早々と予約済となると、ヤネに悩みそうな感じもし…

ディープインパクト、マカヒキが通った道をこの勝負服が再び。2019若駒S・ヴェロックスと川田騎手。

名馬の登竜門。 かつ、金子真人HDの勝負服ならなおさら登竜門といえるのが、日本ダービー馬マカヒキ、3冠ディープインパクトも通った道である若駒Sです。 とはいえ、いずれの馬も逃げではなかったわけで、今年の勝ち馬ヴェロックスは果たしてどうか。 新種牡…

6戦中4戦コンビの川又「この馬のレースができた」3ヶ月、4戦ぶりの逃げ切り@2019なずな賞・ジャスティン。

二の脚を利かせて先頭にたち3馬身のリードで4コーナーを通過。 直線に向いても手応え十分で、残り300mから追い出され1番人気のランスオブブラーナを見事ハナ差しのいで勝利。 楽に行けましたし、この馬のレースができました、が主戦といえる川又騎手のコメ…

「もっと上にいける」byルメール。後続に影も踏ませず圧巻の逃げ切り@2019菜の花賞・コントラチェック。

父ディープインパクト・母リッチダンサーといえば、姉にバウンスシャッセ、兄にムーンクエイクがおり、美浦・藤沢厩舎所属のキャロットファーム所有馬、というイメージがありますが、今年の菜の花賞勝ち馬・コントラチェックもまた、美浦・藤沢厩舎の管理馬…

「新馬らしからぬセンス見せてくれた」by菊沢一樹。2019メイクデビュー中山・ミッキーフォンテン。

父ディープインパクト、母ブロームフォンテンから生まれた、美浦・菊沢厩舎所属のミッキーフォンテン。 3番人気とやや?低評価になりましたが、「追いきりに乗って、すごくレベルの高い馬だと思いました」と語る息子の菊沢一樹騎手が騎乗し見事勝利。 直線で…

母クロウキャニオンからまたも新馬勝ち馬。良血クールウォーターが余裕十分3馬身差圧勝@2019メイクデビュー中京。

2018年の神戸新聞杯では金子真人HDの勝負服で一発大仕事といえる勝利を見せたのが藤岡康太騎手。 日本ダービー馬・ワグネリアンの秋初戦を、見事代役で勝利して、オーナーの信頼も勝ち取りました。 そんな勝負服で母クロウキャニオンといえばカミノタサハラ…

復帰直後の角居調教師、石橋脩ともども出直し2019年。1年1ヶ月ぶり出走で見事復活。2019AJCCシャケトラ。

馬と人との華麗なる復活劇。 父マンハッタンカフェに成長力がある、というのもあるでしょうが、菊花賞馬フィエールマンの復帰初戦となった今回、石橋脩騎手騎乗のシャケトラが渾身のムチに応え見事1年1ヶ月ぶりに勝利に導きました。 フィエールマンも元お…

33年連続重賞制覇の武豊騎手。「本当に今後が楽しみ」止まらぬ新星インティ6連勝で初重賞V@2019東海S

ダート界に新星誕生となったのが2019年の東海S。 昨年はルヴァンスレーヴ、オメガパヒュームなど、明け4歳馬たちが活躍した1年でしたが、準オープン勝ちまで5連勝で来たとはいえ、いきなりの重賞、G2で1番人気はプレッシャーもあったことでしょう。 目標と…

得意の京都で4度目の正直。メジロ×ディープインパクトで初重賞制覇。2019日経新春杯・グローリーヴェイズとミルコ・デムーロ。

世代レベルが高いか低いか、真価が問われるのが明け4歳馬。 昨年はきさらぎ賞2着など、クラシック戦線で活躍していたディープインパクト産駒のグローリーヴェイズ。 シルクレーシングの所有馬ということで、同期のアーモンドアイ、ブラストワンピースの背中…

2億8000万円馬がダンゼン人気に応える。2019メイクデビュー京都・サトノソロモンとミルコ・デムーロ。

高額落札馬なら走るかというとそうでもないのが競馬なわけですが、さすがの走りを見せたのが栗東・池江厩舎のディープインパクト産駒・サトノソロモン。 2番人気にトーセンラーの最高傑作の期待もあるトーセンスカイがおり、こちらは武豊騎手も期待の1頭。 1…

父ベーカバドからついに大物か?9馬身差に続いて5馬身差圧勝!2019黒竹賞・デアフルーグ!

今年のダートの新星としては、東海S勝ちのケイムホーム産駒・インティが挙げられますが、3歳にも大物が多数揃っています。 昨年の全日本2歳優駿こそ参戦していませんが、父ベーカバド・母バイクーニャンから生まれたデアフルーグが、主戦の津村騎手を背に、…

ノヴェリスト×サンデーサイレンスからようやく重賞勝ち馬。2世代目で結果が出ました@2019京成杯ラストドラフト。

ドイツ血統と相性がいい、と思われる日本の種牡馬ですが、逆はどうなのか、が注目なのがノヴェリストです。 日本の繁殖牝馬×ドイツ系の種牡馬、というのは過去にデータが少ないこともあり、今後気になるところですが、ノヴェリストの2世代目からようやく重賞…

「力のいる馬場も得意なようだね」byミルコ・デムーロ。ハービンジャーなら納得か?2018メイクデビュー阪神・グラディーヴァ。

芝1800mで行われた2018年12月22日のメイクデビュー阪神。 父ハービンジャー・母カノーロから生まれたグラディーヴァは栗東・中竹厩舎の管理馬。 デムーロ騎手騎乗にしては珍しく6番人気の低評価。 2番人気になったウラノメトリアがレベルが高いと思っていた…

母シーイズトウショウの主戦池添騎手「もっとよくなりそう」@2018メイクデビュー中山・ブレイブメジャー。

スティルインラブの牝馬3冠はいずれも2番人気によるもので、珍しいというか、おそらく史上初ではないかと思います。 そんなスティルインラブの1冠目・桜花賞の2着馬がサクラバクシンオー産駒のシーイズトウショウ。 トウショウの勝負服といえば平成はやはり…

シルクジャスティス再来。レイデオロを完封して初G1制覇。2018有馬記念・ブラストワンピースと池添謙一。

美浦・大竹厩舎といえば、ルージュバック。 桜花賞での超スローペースに泣いての敗北以降、期待に応え切れていない厩舎というイメージもありました。 今年のダービー、菊花賞で上位人気を背負ったブラストワンピースも、結果的にクラシック無冠、かつ連にも…

オジュウがいなくても連覇達成の石神騎手。2018中山大障害・ニホンピロバロン。

オジュウチョウサンの有馬記念参戦により、お手馬が平地に行ってしまうという一生に一度、いや競馬界でもそうあるかないか、という椿事、いや惨事?に見舞われたのが、オジュウチョウサンの主戦・石神騎手。 中山大障害は穴馬での騎乗となる予定でしたが、長…

阪神1400m大好き!阪急杯と同じ舞台で11番人気V。マイペース逃げ切り@2018阪神カップ・ダイアナヘイロー。

毎年、そこまでの大物は集まらないわりに賞金が高額なのが阪神カップ。 好スタートを決めて迷わずハナを選択した菱田騎手の好プレーもありましたが、馬自身がこの舞台をあまりに愛している、というくらいの楽勝で勝利。 負け続けての年内最終戦ということで…

3連勝で2歳ダート王に。北村友一・斉藤崇史調教師とも初G1制覇@2018全日本2歳優駿・ノーヴァレンダ。

地方交流G1をG1と呼んでいいのかは賛否がありますし、Jpn1と呼称が違う時点で、G1ではない、という考え方もあろうかと思いますが、コリアカップ、コリアスプリントなども、一応G1という認識ではわたしはいるので、G1という考え方でいきたいなと思います。 父…

ゴール寸前差し切りで兄弟制覇達成@2018兵庫ゴールドトロフィー・ウインムートと和田竜二。

人気を背負ったマテラスカイは本来なら武豊騎手で参戦を予定していたものの、まさかの香港競馬での騎乗停止により年末の地方交流レースには乗れなくなりました。 栗東・森厩舎が最近よくやる地方のジョッキーを乗せる、というスタンスで、今回は吉村騎手に手…

キングカメハメハ×デュランダル=長距離ダート馬?2019名古屋グランプリ・チュウワウィザード。

2018年は外国人騎手旋風が吹き荒れたわけですが、善戦していた日本人騎手の1人が川田騎手。 珍しくといってはなんですが、地方交流とはいえ外国人騎手の参戦なしとなったのが2018年の名古屋グランプリ。 ミツバ、グリムといったメンバーも参戦した中、勝った…

アドマイヤラクティのおいが白星発進。2018メイクデビュー中山・ジュピターズライトと丸山元気。

父ハービンジャー・母サトノジュピターから生まれたシルクレーシング所有のジュピターズライト。 美浦・金成厩舎の管理馬で、デビュー戦は6番人気で迎えました。 おじにコーフィールドカップ勝ち馬のアドマイヤラクティがいる血統ということで、やはり距離は…

セレクトセール2億7000万円落札の高額馬が2勝目。20182歳500万下・サトノルークス。

2億7000万円という価格で落札したところで、現役時代のみで回収するのはなかなか至難の業。 かといって種牡馬入りするには現役時代の実績も必要となるわけで、果たして投資に見合うのか、注目したいのが父ディープインパクト・母リッスンから生まれたサトノ…

脅威の3兄弟G1制覇。母シーザリオ偉大なり。2018ホープフルS・サートゥルナリアとミルコ・デムーロ。

繁殖入り当初から産駒が高額だったオークス馬、いやアメリカンオークス馬?ともいえるシーザリオ。 とはいえ、しばらくは泣かず飛ばずの産駒成績で、やはり名牝から名馬は生まれないのか、と思っていたら、エピファネイア、リオンディーズと結果を出してきま…

目指せ香港!久々凱旋の札幌でG1馬の貫禄。2018クイーンS・ディアドラとクリストフ・ルメール。

父ハービンジャーといえば、牡馬ならペルシアンナイト、牝馬ならモズカッチャン、そしてディアドラです。 ディープインパクト産駒はクラシックでは目立ちますが、その後尻すぼみが多い中、ハービンジャーはしぶとく成長を続ける印象もあります。 そんなディ…

3戦3勝で重賞初V!栗東・森田厩舎は2頭出しでワンツーフィニッシュ。2018アイビスサマーダッシュ・ダイメイプリンセス。

気温35度の猛暑の中行われたのが2018年のアイビスサマーダッシュ。 台風12号の影響もあり、熱風が吹き付ける中、千直大好き娘が快走を見せました。 栗東・森田直行厩舎のダイメイプリンセスが、父キングヘイローの影響かローカルで輝きを放ちました。 2着…

ロケットスタートからシブトク逃げ切り!オープンで初勝利。2018ひまわり賞・カシノディーダと高倉。

九州産というとやや能力落ちのイメージがいまだにありますし、おそらくその通りなんでしょうが、小倉2歳Sには結構な九州産が参戦してきます。 そういった意味で、未勝利すら勝てなかったカシノディーダがロケットスタートで押し切りの今年のひまわり賞。 連…

新潟大好きディープインパクト産駒。新潟障害3戦3勝。2018新潟ジャンプS・タイセイドリーム。

父ディープインパクト・母モアザンベストから生まれたタイセイドリーム。 血統面からは平地での活躍が期待された配合でしたが、障害で大活躍。 特に新潟巧者ぶりが半端ない。負け無し3戦3勝ということで、新潟大障害を作ってくれ!と思えるくらいの相性の…