見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

日本馬ワンツー!高速のいったいったを見逃すな。2017・第2回コリアカップ・ロンドンタウンと岩田騎手。

昨年の覇者クリソライトの連覇がかかった今年のコリアカップ。 夏の間にめきめき力をつけてきたカネヒキリ産駒・ロンドンタウンがエルムS勝利によってここの出走がかないました。 鞍上の岩田騎手、クリソライトの武豊騎手ともに韓国競馬は初参戦。 中距離の…

ストーミーアトランティックって誰?異色の○外アサクサゲンキが4角先頭で押し切り@2017小倉2歳S。

栗東・音無厩舎の管理馬ということで、武豊騎手はイイコトズクシとこの馬、好きなほう選んでいいよと言われてこちらを選択。 結果は見事1着。 さすがに馬を見る力はすさまじいものがあるんでしょうか。 ○外血統のアサクサゲンキ。 馬名のとおり元気いっぱい…

オルフェーブル産駒重賞勝ち馬第一号はこの馬@2017札幌2歳S・ロックディスタウンとルメール騎手。

毛色がそっくりなんだよなあ。 と思えるのがキャットコインの妹でもあり、同じサンデーレーシングの所有馬でもある新種牡馬オルフェーブル産駒のロックディスタウン。 オルフェーブルといえばやはり池添騎手。 ハービンジャー産駒で今年のヴィクトリアマイル…

オークス馬・ウメノファイバーの孫が3番手から押し切る@2017メイクデビュー新潟・サンリヴァル。

おばあさんほどキレはないが、しぶとく伸びる。 ルーラーシップ産駒、母アンフィルージュのサンリヴァルが1800m芝を見事押し切り。 新潟は直線が長いわりに前が止まらない、という傾向が最終週まで続いた印象ですが、血統背景含め、そこまでの大物感はまだ感…

手綱を放してからいい脚を使ってくれたby武藤雅。メイクデビュー新潟・ニシノコデマリ。

父スウェプトオーバーボード。 やはりレッドファルクスが浮かびますが、東のルーキー武藤騎手がいいお手馬をゲットしました。 母ニシノツインクルとの間に生まれたニシノコデマリ。 1200m芝、で2番手追走から抜け出し勝利。 減量の恩恵ももちろんありますが…

一走入魂。縁あって出会ったタツゴウゲキでサマー2000シリーズ制覇@2017新潟記念・タツゴウゲキと秋山真一郎。

たまたまデムーロ騎手から回ってきたのが前走の小倉記念のタツゴウゲキ。 鮫島師が「秋山に合うと思った」というひらめきで依頼した結果がこうしてサマー2000チャンピオンになったことを考えると、人と馬との縁はどこに転がっているのかわからないな、という…

母ルシュクルで「距離延長OK」のジャッジ。エビショーと矢作厩舎のタッグも新鮮@メイクデビュー新潟・エントシャイデン。

1200mか1600mで迷ったというエントシャイデンのデビュー。 母ルシュクルに父ディープインパクトということで、ブランボヌールの弟になることもあり、デビュー戦は迷うのも仕方ない。 とはいえ、近親にはダコールがいるように、2000mまではこなせて…

スリープレスナイトおばさんより強くなります!メイクデビュー札幌・ベルーガとモレイラ騎手。

父キンシャサノキセキ 母アドマイヤライト ということで、父が強く出ればスプリンターだよね、という配合でしたが、おばにスリープレスナイトがいるベルーガ。 見事にモレイラ騎手鞍上で人気に応え勝利。 直線で仕掛けてからはすごい加速力、ということで、N…

勝ち馬は あえて書かない 次本番 2017フォワ賞。

日本人からすると勝って当たり前、と思われているのが凱旋門賞の前哨戦・フォワ賞。 とはいえ、現地で本気で凱旋門を狙いにいっている厩舎サイドは使わないレース。 なぜ日本人はここにこだわってるのかいまだによくわかりません。 今年はサトノダイヤモンド…

Goldの輝き・バブルな脚を見逃すな。2017メイクデビュー小倉・バブリーバローズ。

2017年の2歳のバローズ軍団はけっこうな高額馬が多い。 オーナーも気合が入っているはず。 と思ってたら、こっちかよ、というバブリーバローズがメイクデビュー小倉で鮮烈デビュー。 小倉デビューといえば古くはマイナスイメージでしたが、昨年のレーヌミノ…

2017WASJ表彰式。

だから競馬は面白い。 そう思える結果になった2017WASJ。 表彰式の様子をごらんください。 来年も取り上げますので、ぜひお付き合いください。 www.youtube.com

まさかまさかの逆転優勝!2017WAJS第4戦。

今年は圧倒的にポイントを稼いだ、というよりも上位が稼いでいるが、最終戦しだいで変わる、という面白い展開になりました。 終わってみたら・・・まさかのあの人の優勝。 さて誰だったのか? 必見です。 www.youtube.com

3着まで堅い決着。乗っていた騎手を見て納得@2017WAJS第3戦。

ここまで1~3着までが堅い、というケースはなかったんですが、ここに来て上位人気馬がきっちり結果を出しました。 唯一のWAJSのダート戦。 ぜひごらんください。 www.youtube.com

準オープン芝2000m戦。勝つのは日本人騎手、外国人騎手どっちだ?2017WAJS第2戦。

夏の準オープンはあまりメンバーがそろわないイメージがありますが、さすがにお祭り。 14頭きっちりそろいました。 というわけで結果はいかに・・・ 第2戦をお楽しみください。 www.youtube.com

さあ開幕だ!2017WASJ第1戦。

ここ数年、違和感があるWASJ。 WSJSのほうがわたしはなじみがあるし、いかにも年末の祭りって感じですきだったんですが、北海道にお住まいの方からすると、夏競馬に彩をそえる意味でいい企画なんだろうなあ、と個人的に思います。 昨年はモレイラ騎手、武豊…

ダイワメジャー産駒同士のたたきあいを制して勝利@2017新潟2歳S・フロンティア!

中内田調教師といえば、S・モハメド殿下の馬を委託されていたり、期待の1人。 とはいえ、まだまだパフォーマンスは栗東の中では低い。 G2まではどうにか勝たせられるが、G1が・・・ 昨年のヴゼットジョリーに続き、今年も3番人気で出走となったフロンティ…

29戦目で重賞初勝利。9歳のファルブラヴ産駒がホッカイドウで輝く@2017キーンランドカップ・エポワスとクリストフ・ルメール。

父ファルブラヴと聞くと、中山で行われたジャパンカップでサラファンと入れ替わりになるか?と思えるきわどい勝利をおさめた馬。 欧州の長距離砲からは不思議と日本では短距離馬が出る。 まあわたしの持論なんですが、そこそこ当たっている気がします。 逆に…

JRA唯一の九州産限定OPを制したのはやはりこの馬@2017ひまわり賞・レグルドールと高倉稜。

混合戦新馬勝ち。 かつフェニックス賞2着。 こんな馬が小倉2歳ではなく九州産限定レースに出るとどうなるのか。 まあこうなるよね、という結果が2017ひまわり賞。 何度見てもレクレドールと間違えてしまう、レグルドールです。 栗東・杉山厩舎ということで…

最終飛越で先頭に。コンビ7戦目で重賞初勝利@2017新潟ジャンプS・グッドスカイと森一馬。

コンビ7戦目。そろそろ結果が欲しい。 と思っていた森騎手にとっては待望の重賞制覇となったのがグッドスカイとのコンビで達成した2017新潟ジャンプステークス。 この馬のリズムでうまく進められました。 力まず走れたことが最後の伸びにつながりました。 …

2017.8.20 西のオルフェーブル・レゲンダアウレアwith松山弘平@メイクデビュー小倉。

毛色は父に似てるなあ、という西のオルフェーブル産駒・レゲンダアウレア。 洋芝でも小倉でも新潟でも勝ち馬を出してくる、というのはわたしにはちょっと驚きでした。 近親にはマジンプロスパーがいるということで、今回の1800mはどうなんだろう、と思ってい…

2017/8/20東のオルフェーブル・ラッキーライラックと石橋脩@メイクデビュー新潟

今年の8月20日はオルフェーブルデーといえる一日に。 晩成型が多いかなと思いきや、1番人気にこそならないものの勝利をもぎとるオルフェーブル産駒。 2,3歳のころの父と似ている感じもしますね。 松永幹夫厩舎の母ライラックスアンドレース産駒のラッ…

4連勝で重賞初制覇。福島信晴厩舎&武豊はダンディコマンド以来20年ぶりの勝利@2017北九州記念・ダイアナヘイロー。

キングヘイローは血統的にはとてもスプリンターには見えませんでしたが、終わってみたら短距離のほうが合っていた、ということで、その血統が受け継がれたのがダイアナヘイロー。 4歳になって素質開花。 4連勝でいっきにオープン馬に。夏は牝馬とはいえこの…

ダンゼン人気タワーオブロンドンを差し返し!札幌2歳Sに参戦へ。2017クローバー賞・ダブルシャープ。

メジロブライトといえば驚異的に遅いタイムで洋芝で初勝利した馬なんですよね。 当時の千田騎手騎乗でしたが、単勝が50倍くらいついていた記憶があります。 それがクラシック3冠で人気するまでになるんですから競馬は面白い。 そんなメジロブライトのおい・…

「ポテンシャル高い」byモレイラ。モーリス全弟白星発進。2017メイクデビュー札幌・ルーカス!

たかだか2歳新馬勝ちの馬が海外でも取り上げられた。 という衝撃の勝利を飾ったのがモーリスの弟・ルーカス。 モレイラ騎手、堀厩舎、モーリスの弟、となるとダンゼン人気かと思われましたが、1番人気はエアグルーヴの孫リシュプール、3着にはマイスターシ…

祖母は桜花賞馬・チアズグレイス。覚醒・隔世遺伝で素質が開花。2017ブリーダーズカップゴールド・マイティティーと池添謙一

父エンパイアメーカーということで、芝・ダート、どちらもいけそうな気配はありますが、どうやらダート。 祖母チアズグレイスが桜花賞馬ということで、わたしの個人的な話になりますが、この馬の母・チアズガディスのPOでした。 とはいえ泣かず飛ばずの戦績…

武豊の手腕が冴えた!重賞初挑戦ながら見事接戦を制す@2017サマーチャンピオン・ラインシュナイダー。

父ヴァーミリアン 母の父テンビー ということで父からはダート適性、母父からは短距離適性を受け継いで見事そのとおりの仔が出た。 そう思えるのが栗東・沖厩舎所属のラインシュナイダー。 沖厩舎といえばやはり渡辺騎手とナリタトップロードですが、気づけ…

もはや反則。地方馬じゃないよJRA現役バリバリ馬だよこの馬・・・2017クラスターカップ・ブルドッグボス。

中央でダートオープンを勝利したあと、すぐに地方に移籍。 地方交流重賞にJRA所属馬として出るにはかなり本賞金がないと厳しいのが現状。 そういう意味では英断ともいえるブルドッグボス。 見事地方移籍であっさり交流重賞制覇。 とはいえ・・・地方馬に…

夏の季節にサクラが満開。2着ナリタハリケーンで大波乱。G1不在の札幌記念はやはりこうか。2017札幌記念・サクラアンプルール!

久しぶりにG1馬の出走がなかった2017札幌記念。 海外G1制覇後、復帰初戦を迎えるはずだったネオリアリズムが回避し、堀調教師は代打・マウントロブソンを出しました。 が、まあ距離もそうですが、甘くはないですね。 大阪杯で見せ場たっぷりの競馬を見せた…

同厩レイエンダと互角の切れ味。「彼も走る」byルメール。メイクデビュー札幌・フラットレー。

藤沢厩舎&ルメール騎手。 お手馬だらけになっていますね。 骨折判明のレイデオロの弟・レイエンダは皐月賞はおそらく難しいでしょうし、ダービーも本賞金しだい。厩舎が厩舎だけに3歳春に無理はさせない可能性も。 となると、こっちに乗るんでしょうか。 …

今年もいったいったの結果。3度目の重賞制覇は久々のマイル。2017関屋記念・マルターズアポジー!

わたしたちはイメージがなくなってましたが、この馬、もともとマイラーだったんですね。。。 大阪杯にも出走していたマルターズアポジー。 父ゴスホークケン、母マルターズヒートということで、両親とも現役世代を知るだけに感慨深い血統です。 武士沢騎手も…