読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

重賞初勝利がG1。アドマイヤ軍団も久々国内G1勝利。2017ヴィクトリアマイル・アドマイヤリードとクリストフ・ルメール。

ステイゴールドの牝馬。 種馬としては黎明期が長かったステイゴールドは大物牡馬がなかなか出ず、主な産駒がソリッドプラチナム、という時代もありました。 今ではオルフェーブル、フェノーメノ、ゴールドシップと一挙3頭がスタッドイン。 そんなステイゴー…

「まだ余裕があった」すべて2番人気。すべて逃げ切り。これしか勝ちパターンなしの不器用さ。2017葵S・アリンナ

今年の3歳馬はタガノアシュラ含め、理性でコントロールできないわがままな馬が多い印象。 そんな3歳牝馬からアリンナがようやくオープン勝ち。 1200mということもあり、折り合い気にせずスイスイ不良馬場を逃げ切り。 不思議なことにこの馬は勝つとき…

会心の勝利に岩田笑顔。ファンディーナの代わりにこの馬でクラシック制覇か?2017矢車賞・ディアドラ。

皐月賞2着のペルシアンナイトを輩出し、ようやく日本の馬場に適性を見せ始めたハービンジャー。 牝馬路線でもなかなかの馬が出てきました。 矢車賞を勝利したディアドラ。 ブエナビスタの初仔でPOGでも人気のコロナシオンはここでも3着。 母を超える、…

壮絶叩きあいin新潟@2017新潟大賞典・サンデーウィザードと石橋脩。

個人的に思い入れのある馬。 元POG馬。といいますか、日本ダービーまで、というしばりが多いのがPOGです。 となると、古馬になってからは次の2歳馬に目がいくわけですが、その馬を選んだかくらいはさすがに覚えています。 そんな1頭が2017年の新…

東京コース3戦3勝。果たして次のダービーはどうだ?2017プリンシパルS・ダイワギャグニー。

NHKマイルカップをアエロリットで見事制覇した菊沢調教師。 皐月賞に出したかった素質馬を、1着馬にしか権利が与えられないプリンシパルステークスに出しました。 青葉賞なら2着でもいいわけで、この選択が結果的にどうなるか注目していたんですが、吉…

12番人気で劇走。未勝利脱出まで7戦→昇級初戦いきなり勝利。2017ゆきつばき賞・カレンと井上敏樹騎手。

地味に牝馬ががんばっているディープブリランテ産駒。 未勝利脱出に7戦もかかった馬。 それがカレンです。カレンチャンではなくカレン。 しかも未勝利脱出はダート。 そして今回は芝。 当然人気も限りなくない。 まさかの大外一気での連勝。誰が予想したで…

コンビで連勝・ユーイチ「いいポジションからいい競馬」秋の飛躍に期待の石坂厩舎の秘蔵っこ@2017あやめ賞・グラットシエル。

栗東・石坂厩舎。 そう聞くとやはりジェンティルドンナでしょう。 後継者となるとなかなか出てくるもんじゃない。 牡馬・牝馬とも、さすがにジェンティルほどの大物は毎年入ってはきません。 が、この馬は古馬になって化ける予感がする。 それがあやめ賞を勝…

ダートで一変。短距離ならジョーカプチーノ産は侮れない?2017端午S・マイネルバールマン。

マンハッタンカフェ産駒でダート馬、というのはあまり印象にありませんが、1代はさむとこういう馬も出てくるのか。 という勉強になったのが2017端午ステークス。 2歳から人気にはなっていたマイネルバールマンも3歳になってからはいまいちの内容。 矛先を…

着差がクビ、クビ、ハナ、クビ。上位に差はなくオークスは厳しいか?2017スイートピーステークス・ブラックスピーチ。

ペルーサ、スピルバーグでおなじみの山本英俊オーナー。 サトノよりも運はあると思ってましたが、気づいたら逆転されています。 そんな山本オーナーに久々にG1参戦のチャンス。 ディープインパクト×ビジュアルショックで誕生したブラックスピーチ。 3番人…

地方競馬の経験の差か?断然人気のリゾネーター、馬群に沈む。2017兵庫チャンピオンシップ・タガノディヴォと川島信二。

リゾネーターはじめ、2017年の3歳ダート馬、かなりいい馬が木幡巧也騎手にまわってきています。 アメリカ遠征ことついえたものの、ジャパンダートダービーで印が普通につくはずの馬、リゾネーターで挑んだ圧倒的1番人気の兵庫CS。 向こう正面で動く、と…

権利を取った翌日に骨折判明。2017京都新聞杯・プラチナムバレット!

メンバーはそこまで強くない団子でしたが、一番外をまわして結果豪快に差しきったプラチナムバレット。 アグネスフライトやキズナほどの破壊力ではなかったですが、ペプチドアマゾンレベルの印象は残りました。 浜中騎手もレーヌミノルばいばいで運気を逃し…

2着インカンテーション含め、レベルが高かったぜ!2017かしわ記念・コパノリッキー!

前走の内容や着順よりも、この馬は舞台と砂をかぶらない環境が整えば強い。 それがコパノリッキー。 思い出すのが単勝万馬券でのフェブラリーS制覇。 田辺騎手とのコンビ、がいまだにわたしはイメージとしては強いですが、すっかり武豊騎手とのコンビが定着…

サトノダイヤモンド撃破。有馬記念のリベンジ完了。夢はフランスへ。2017天皇賞・春・キタサンブラック!

ルメール騎手で芝3200m。 あまりイメージはわかなかったんですが、サトノダイヤモンドはシュヴァルグランも差せず3着。 距離適性、というよりは、騎手の経験の差が出たようにも思える今年の春の天皇賞。 昨年波乱を演じたカレンミロティックが今年も参戦予…

2年7ヶ月ぶりの勝利。皐月賞馬がマイルで復活。2017マイラーズC・イスラボニータとルメール。

主戦は蛯名正義。 だったはずが、知らない間にルメールが主戦となったのがイスラボニータ。 社台の方針?ソウルスターリング含め、最近この勝負服とルメールは多いような。 古くはハーツクライでディープインパクトを有馬記念で封じたときもこの勝負服でした…

堀・モレイラ・海外G1。終わってみたらやっぱりか。2017クイーンエリザベス2世C・ネオリアリズム。

ハナにいく、と戦前予想されていたネオリアリズム。 まさかのスタート後の不利。 そしてしばらくかかりっぱなし。 折り合いがついたころには向こう正面。 しびれを切らしたか3コーナーすぎで早くも先頭。 さすがに仕掛けが早い、と思いきや、モレイラの抜群…

ノルマンディーオーナーズクラブの刺客、NHKマイルカップに殴りこみ@2017橘S・ディバインコード!

ノルマンディーオーナーズクラブ。 水色と白の勝負服でおなじみの、非社台系のクラブ。 昔はキャロットもシルクもそうだったけど、気づけばノーザンファーム生産馬をドヤ顔でノミネートする時代。 長いものにはまかれないぜ!というのが、マイネル軍団総帥は…

芝1200,1600,1800m。すべて庭です!2017福島牝馬S・ウキヨノカゼと吉田隼人。

牝馬の7歳。 となると、そろそろ繁殖入りも予想されるところですが、この馬は変わってますねいろんな意味で。 東京の芝マイルでも重賞勝利。 洋芝のスプリント戦・キーンランドカップでも重賞勝利。 そして今回は小回り福島芝1800mでも重賞勝利。 距離適性…

鮫島厩舎、オークス3頭出し内定か。「力があるのはわかっていた」by和田竜二。2017フローラS・モズカッチャン!

キタサンブラック? と見間違えるような黒と茶色の勝負服。 今年はオーナーより勝負服がトレンドなのか、と思わせたのが2017フローラSで12番人気で劇走したモズカッチャン。 なんとなくヤマトマリオンを思い出しましたが、本番はきつそうだな。 ハービンジャ…

さあダービー!いや、本賞金では菊花賞になるのか?4戦連続騎乗のルメールも期待するアドマイヤロブソン@2017あずさ賞。

3代目。 と聞くとエグザイル系の話かと思われるかもしれませんが、もちろん馬です。 3代目ヒシマサル、がんばってますよ。 セレクトセールの落札価格を回収するには時間かかりそうですが、未勝利脱出にダートを使ったのは仕方ないにせよ、やはり本領は芝長…

岩田のハウエバーが久々に見たかった。69年ぶりに牝馬の皐月賞制覇も見たかった。どちらも粉砕@2017皐月賞・アルアイン。

個人的には69年ぶりに牝馬での皐月賞制覇なるかのファンディーナと、スプリングS勝ち馬のウインブライトに期待していた2017皐月賞。 理由は単純。どちらもPOGで所有していたから。 ですが終わってみたら、、、池江厩舎ワンツーフィニッシュ。 クラシック…

イタリア語の馬名がついたら鉄板だぜ!2017アンタレスS・モルトベーネとミルコ・デムーロ。

ドゥラメンテといい、イタリア語の馬との相性が異常にいい。 それが陽気なイタリアン・ミルコ・デムーロ騎手。 今回もモルトベーネに騎乗し見事重賞制覇。 驚いたのが2着のロンドンタウン。 佐賀記念の競馬から、地方巧者と軽視していましたが、中央の舞台で…

キタサンは若手よりベテランの渋さが似合う?2017東京スプリント・キタサンサジンwith内田博幸。

地方競馬となるとやはり依頼されるのが戸崎、ウチパクの両名。 どちらも南関東を庭に活躍していたジョッキー。 キタサンサジン、テン乗りかつ人気を背負いながらも積極的にハナを奪う競馬で、見事勝利。 それにしてもキタサンの勝負服は若手はあまり着ないで…

「根気のいい馬で一生懸命走ってくれた」。オークス切符まであと1つ。2017デイジー賞・マナローラ。

皐月賞では人気薄クリンチャー4着でダービー出走の切符をゲットしたノースヒルズ。 牝馬は今年はやや不作気味でしたが、オークスに間に合いそうな馬が登場。 ハーツクライ×シェープアップから生まれたマナローラ。 栗東・鮫島厩舎と美浦の北村宏騎手という…

「距離延びても大丈夫だということが分かってよかった」by田辺@2017忘れな草賞・ハローユニコーン。

登録はしたものの、結局忘れな草賞にまわってきたハローユニコーン。 ハーツクライ産駒ではリスグラシューがソウルスターリングにようやく先着の2着を確保しましたが、やはりこの血統はオークスが似合う。 問題はドスローだった今回の展開。 オークスはこん…

ララベル・リンダリンダを粉砕。JRA所属の意地。2017マリーンカップ・ホワイトフーガ。

さすがにここまでメンツが弱いと結果出すよね。 そう思えたのが2017年マリーンカップのホワイトフーガ。 58キロという牝馬としてはかなりハードな斤量を背負いながらも、ここは快勝。 とはいえ、サンビスタ級の感じもしない。 牡馬相手はやはり厳しい馬に思…

「感動をありがとう」池江調教師ウルウル。1年半ぶりの勝利。2017阪神牝馬S・ミッキークイーン。

昨年はなんだかんだでG1未勝利だったミッキークイーン。 浜中騎手の運気の悪さが伝染したんでしょうか。 2017年の復帰初戦も昨年同様、阪神牝馬Sとなりました。 有馬記念の内容からも1番人気。 クイーンズリングともども危ない人気馬かなと思っていましたが…

番外編。藤田菜七子はやはり追い込み騎手なのか?2017年4月8日福島6R・4歳500万下。

今回は番外編。というよりある意味このブログの趣旨でもある「独断と偏見」で選んだレース。 2017年4月8日の福島6R。4歳以上500万下。若手限定競走。 逃げた馬と最後方待機の馬で決まったレースとしてわたしの中での印象はブロードアピールとエイシンサンル…

父を早くも超えた孝行息子!シュタルケ騎手の冴え渡る手綱に導かれG2制覇@2017・NZT・ジョーストリクトリ。

父より競馬が上手かもしれぬ。 そう思えたのがジョーカプチーノの初年度産駒から出てきたジョーストリクトリ。 昨年はマイネルバールマンのほうが期待されてましたが、あっさり逆転しましたね。 前走のファルコンステークスで期待していた馬でしたが、まさか…

ソウルスターリング撃破。低評価を覆し見事テン乗り池添騎手@2017桜花賞。

レーヌミノルをおろされた浜中騎手。 サロニカがまわってきました。 が、まさかの枠順確定後の出走取り消し。 結果的に騎乗馬なしということに。 そんなレーヌミノル、池添騎手がテン乗りで一発回答をしたのが2017桜花賞。 フランケル娘のソウルスターリング…

最後方から突き抜け楽勝。金子真人&田辺騎手は2017トレンドか?2017山吹賞・チャロネグロ。

金子真人ホールディングスの信頼度を着々と積み上げているのが、美浦の田辺騎手。 逆に運気が落ちてるのか上がってきたのかわからないのが栗東の浜中騎手。 田辺騎手はシャケトラで日経賞を制覇。 そして今回山吹賞チャロネグロで勝利し、ダービー出走をかけ…

「この馬強いな」。byミルコ・デムーロ。信じていいのか?2017アザレア賞・アドミラブル。

まあ2強オッズなのでどちらかが勝利するとは思っていましたが、アドマイヤの勢いもとまってきましたアドマイヤミヤビ桜花賞大敗含め。 利一さん、豊を降ろしてから運気も落ちてる気もするけど。 初コンビとなったデムーロが前走2着ながら騎乗していたメル…

「クラスが違う感じ」木幡巧絶賛。2017伏竜S・リゾネーター!

シルクの勝負服でダートというと、シルクフォーチュンがやはり浮かびます。 とはいえこの馬はもっと器用。血統もシルクにしては、って感じのマル外。 かつ強い。 エピカリスがUAEダービー2着とまずまずの結果を残しておそらく帰国後にジャパンダートダー…

「幅広がる競馬」byウチパク。「新境地開拓」by矢作調教師@2017マーガレットS・オールザゴー!

個人的にマイル以上は切れ味鈍ると思っていただけになぜ1400mでやや人気がなかったのか謎だったのがオールザゴー。 母アルールイングボイスは生粋のスプリンターとはいえ、父にステイゴールドを迎えたので、どうにか1400mのオープンなら持つだろうと思ってい…

G1昇格元年・きっちり1番人気で応えた武豊。歌わないと決めたサブちゃんの歌声はいつ聴けるのか?2017大阪杯

終わってみれば「まあそうなるよね」という結果だったのが第一回となる記念すべき昇格元年・2017年大阪杯。 キタサンブラックがマルターズアポジーの逃げなんて気にもしないぜ、という感じの3番手追走。 やや押してステファノス。 無理して位置を取ると末脚…

キャンベルジュニアを破ったのは評価したいところ@2017ダービー卿チャレンジトロフィー・ロジチャリス。

今年のウチパクは地味に乗れている。 そう思えたのが2017年ダービー卿チャレンジトロフィー。 1年前に一番人気だったキャンベルジュニアがまたも1番人気。 連勝中のグレーターロンドンが回避、ということで、当然2番手だったこの馬が人気を背負いました。…

どろんこ馬場にもほどがあったぜbyカフジテイク・・・2017ゴドルフィンマイル・セカンドサマー。

大雨でどろんこになった2017ドバイ。 むしろ後ろからいくこの馬には展開が向くか?と思えたのが2017ゴドルフィンマイル。 前哨戦ともいえるフェブラリーSは津村騎手で3着。 騎手がどうの、という以前に馬が不器用すぎるので、とにかく展開に左右される。 海…

稲妻の雪が舞い降りた@2017UAEダービー・サンダースノー!

引き続き2017ドバイミーティング回顧を。 日本の3歳ダート王と目されているエピカリスと、前走でエピカリスに食い下がる根性を見せたアディラートが出走した2017UAEダービー。 エピカリスがハナ、というのはまあ想定はできましたが、海外だけに控えるのかと…

相手関係小粒とはいえさすがモレイラ一発回答・2017ドバイターフ・ヴィブロス!

日本の競馬ファンが「馬主ならこの騎手に1度は乗ってもらいたい」と思う外国人ジョッキーが、ムーア騎手とモレイラ騎手でしょう。 デムーロ、ルメール騎手はもはや日本人。 福永騎手がドバイ遠征をしていたにもかかわらず、あえてのモレイラ起用。 きっちり…

ハイランドリール、まさかのシンガリ負け。ブービーは日本馬サウンズオブアース。2017ドバイシーマクラシック

前回に続いて2017ドバイミーティングを見ていきます。 今回はドバイシーマクラシック。 わずか7頭立てとなった競馬でしたが、個人的には波乱の結果。 日本馬はサウンズオブアースが参戦。 ステイゴールド臭がしたのでかなり期待していたんですが・・・ブー…

ワンマンショー。世界最強ダート王見参。2017ドバイワールドカップ・アロゲート!

本日からしばらく2017年のドバイ回顧を行いたいと思います。 第一弾はもちろんこちら。ドバイワールドカップ。 ラニ、ゴールドドリーム、アポロケンタッキーなど、伏兵以前におよびではないようなオッズがイギリスブックメーカーではつきました。 まあ結果も…

オークス候補がまたも田辺騎手に。2017ミモザ賞・ルヴォワール。

アドマイヤミヤビ、リスグラシューがハーツクライ産で活躍している2017年の3歳牝馬。 またも面白い馬が出てきました。 キャロットの勝負服で手塚厩舎という、ちょっと異色に思える牝馬ですが「余力を残して勝ちたい」という田辺騎手余裕のコメントからも大…

「距離ももつと思うし、いいものを持っている」初コンビ池添謙一一発回答。2017君子蘭賞・カワキタエンカ。

池添騎手といえば、デュランダル、スイープトウショウ、オルフェーブルなど、後ろから豪快に競馬するイメージもありますが、2017年はわりと前目の馬で目立っています。 皐月賞にはオープン連勝中のアダムバローズ。 そしてここにきて面白そうな馬が出てきま…

金子真人&田辺騎手の斬新コンビであっさりG2制覇。2017日経賞・シャケトラ。

それにしても2017年の田辺騎手は乗れています。 3歳牝馬のお手馬だらけで、どの馬でオークスに向かうのかわからないくらい2勝馬を多く抱えています。 人気馬でも結果を出し、何気に1番人気馬に騎乗する回数はそこまで多くないだけに回収率もいいジョッキー…

アドマイヤムーンの後継種牡馬はオレだ!2017高松宮記念・セイウンコウセイと幸英明。

無免許運転でJRAからの裁定待ちの松田大作騎手。 ミルコ・デムーロ騎手が来日したてのころからいろいろ面倒みたり、男気のあるやつだと思っていたんですが、、、 セイウンコウセイ、乗りたかったでしょうけど、まあ社会的にやっちゃいけないことをやったわけ…

ファンディーナと同じターファイトクラブの古豪が復活劇!2017マーチS・インカンテーションwith勝浦正樹。

佐賀記念勝ち馬のロンドンタウン。 川崎記念3着のコスモカナディアン。 人気しましたが轟沈。 中山と地方競馬の適性はまったく違う、ということで、格や調子の問題ではないでしょう。 とはいえ、ここで復活か、と思えたのが内でじっとしていたインカンテー…

2頭出しは人気薄から。池江も音無も同じ結果になったのが2017毎日杯・アルアイン・松山騎手。

きさらぎ賞にタンビュライトとアメリカズカップの2頭を出した音無厩舎。 勝利したのは人気薄の松若騎手騎乗のアメリカズカップ。 実績を考えたらアメリカズカップのほうが戦前から上だったので、オッズは謎ではありましたが・・・騎手なのか? そして今回1…

勝っても人気しない馬。キタサンブラック先輩に続けるか?2017若葉S・アダムバローズと池添謙一。

勝っても勝っても人気しない。 先行馬。 まるで3歳のころのキタサンブラックのような地味な強さがあるのがアダムバローズ。 今年はハーツクライの当たり年?なのか、リスグラシュー、アドマイヤミヤビetc・・・ ディープインパクト産駒の大物牝馬・ファンデ…

武豊・クリソライト・G2。負ける要素がなかった。2017ダイオライト記念。

日本の生粋のG1では足りない。 しかも乗り難しい。 しかし能力は高い。 そんなクリソライト。武豊騎手はG1ではこの馬乗りませんが、その他の条件できっちり仕事をしてくれます。 韓国G1の勝利もありますが、キャロットで出資されている方はこの馬、かなり稼…

試行錯誤の結果がコレだ!2017ファルコンS・コウソクストレートwith戸崎圭太。

2歳時は「この馬、どこまで出世するんだ?」と思いましたが、オープンに入って大敗を続けたコウソクストレート。 中舘調教師もかなりの試行錯誤を繰り返し、舌をしばったり、創意工夫の結果が今回出ました。 ビービーバーレルといい、不思議と短距離・芝で…

お父さんやったよ!ノボジャックにささげるブラゾンドゥリスの走りを見よ!2017黒船賞。

地方競馬、南関東といえば、戸崎ではなくウチパクでしょう! というみなさんこんばんは。 今回は高知競馬場で毎年開催されている黒船賞。 勝ったのはブラゾンドゥリス。 内田博幸騎手の手綱。 バレンタインSから連勝で決めました。 東京→高知と、コース形態…