見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

大物3歳馬が古馬を一蹴。インティ、ゴールドドリーム、オメガパフュームの牙城を崩せるか?2019日本テレビ盃・クリソベリル。

母クリソプレーズというと、安定感ある産駒を生む繁殖牝馬として名高い印象があります。 父にゴールドアリュールをつけている時点で、ダート馬、という狙いどおりに成長を遂げているのが栗東・音無厩舎のクリソベリル。 さすがにこの血統となると松若騎手と…

上がり32秒3で直線は独壇場。次は秋の天皇賞withスミヨン。2019神戸新聞杯・サートゥルナーリア。

今年のダービーをダンゼンの1番人気で見事に裏切ったのがサートゥルナーリア。 距離がだめなのか、いまいちわからないまま秋の緒戦は3歳馬同士の神戸新聞杯。 ヴェロックスしか強敵がいないレースならさすがにキレる。 のはいいんですが、なぜ菊花賞に行かな…

レイデオロをはじめ気づいたときには遅かった。会心の逃げ切りwith丸山元気。2019オールカマー・スティッフェリオ。

ステイゴールド産駒は歳をとるほど味が出る。 そういった意味で、社台の勝負服のステイゴールド産駒というのはサンデーレーシングよりも愛着がわく、という方も多いのでは。 ローカル専用機と思われていたスティッフェリオが、ダービー馬レイデオロ、香港G1…

2番手追走から押し切り「重賞で好走していた地力を示してくれた」by笑顔の原田騎手。2019ききょうS・プリンスリターン。

父ストロングリターン、と聞くとG1じゃなあ・・・と思われるかもしれませんが、結構いい血統なんですよね。 そういった意味で今年のこの馬は注目。 母プリンセスプライドとの間に生まれたプリンスリターン。 父と母の馬名から少しずつもらったようなプリンス…

「夏に比べて体がしっかり」by池添。関東馬・シルク・池添=G1馬なるか?2019芙蓉S・オーソリティ。

シルクレーシング・関東馬・池添騎手。 これがそろうと浮かぶのがいまや川田騎手のお手馬?になってしまったと思われるハービンジャー産駒のブラストワンピース。 そんな三拍子そろった馬が再び池添騎手で来年のクラシックに挑めるかどうかと思えるのが2019…

オークス馬・シンハライトの姪っ子がデビュー戦躍動。2019メイクデビュー中山・アヌラーダプラ。

父キングカメハメハ。 父ディープインパクト。 平成の競馬を担った産駒たちの登場も今後は徐々に減っていきます。二大巨頭を失った日本の馬産ですが、層が厚いのは間違いないところ。 キンカメは特に後継種牡馬として最有力のロードカナロアがアーモンドアイ…

「センスのいい走り。先々まで楽しみ」byユーイチ。ゴールドシップの後継者なるか?メイクデビュー阪神・ロータスランド。

父ポイントオブエントリー、母リトルミスマフェットという日本ではまったくなじみがない配合で生まれているのが栗東・角居厩舎の2歳馬・ロータスランド。 勝負服をレースで見るとわかりますが、ゴールドシップと同じ勝負服。 芝のマイルを選択したのは陣営も…

初重賞制覇は南関の名手・戸崎圭太とともに。2019ブリーダーズゴールドカップ・アンデスクイーン。

父タートルボウルといえばまだ日本では大物が出ていませんが、地味に活躍しているのがダート牝馬のアンデスクイーン。 栗東・西園厩舎でダート馬というのは個人的には珍しい印象がありますが、また戸崎騎手をメインで騎乗させているのも珍しいコンビに思えま…

岩田・ユタカ・そして菜七子。勝てないコパノキッキング。2019クラスターカップ・ヤマニンアンプリメ。

単勝1.8倍という人気となったのが2019年のクラスターカップ。14頭立てとはいえ、実質JRA勢の三つ巴といえるレースだっただけに、藤田菜七子騎手としても今回こそ、といったところでした。 が、2番手追走というふだんと違うレースを行ったところ、外からヤマ…

有馬記念以来の勝利でいざ凱旋門賞。待ってろエネイブル!2019札幌記念・ブラストワンピース。

池添騎手といえばオルフェーブルで凱旋門賞、と思っていた矢先に乗り替わりとなった因縁があります。 そして今年もまたブラストワンピースが・・・前回はスミヨン騎手という現地をよくしる騎手という理由で乗り替わりだったわけですが、今回は同じ日本人騎手…

「これからが楽しみ」by戸崎圭太。コンビでのデビュー連勝でクラシック制覇なるか?2018ひいらぎ賞・ダノンキングリー。

コンビでのデビュー連勝で「これからが楽しみ」と語ったのがダノンキングリー騎乗の戸崎圭太騎手。 父ディープインパクト、母マイグッドネス。美浦・萩原厩舎の管理馬です。 ロジユニヴァース以来大物の芝馬と出会えていない印象もある厩舎ですが、ひさびさ…

キンカメ&ディープ産駒のワンツーでレクイエム。さらに金子真人HDワンツー。2019新潟記念・ユーキャンスマイル。

まさに今年の世相にふさわしい励みになる言葉。 それがユーキャンスマイルではないでしょうか。 DV、児童虐待、京アニでの放火など、明日からラグビーワールドカップ開幕となる日本の2019年秋ですが、令和は明るいニュースが政治、ニュースからなかなか出て…

ワグネリアンの全弟カントル、府中1800mで2勝目ゲット@2019セントポーリア賞。

3番手追走の1番人気カントル。 栗東・藤原英厩舎ということで全兄ワグネリアンとは違う厩舎にはいってはいますが、能力の高さを見せ付けました。 ただ、まだまだ課題は多い、というのが藤原調教師のジャッジ。期待している画ゆえの厳しさなんでしょうが、兄…

2000m初勝利→1800、1600m→ついに1400mで2勝目。2019クロッカスS・ディキシーナイトとオイシン・マーフィー。

デビューで中距離スタートの馬が、えてして短距離路線に行くという流れはわりとこれまでもあったわけですが、だいたい3歳夏以降にそういった動きが多かったように思えます。 クラシック戦線に乗ってみて、相手関係、距離の壁を感じての転進というイメージ。…

武藤雅重賞初勝利はラインクラフトの勝負服&パイロ産駒。2019関東オークス・ラインカリーナ。

4番人気とJRA勢としては人気薄となったパイロ産駒のラインカリーナ。 重賞未勝利の美浦の若手・武藤雅騎手騎乗というのも多少影響したのかここまで人気を落とす馬でもなさげでしたが、1番人気が素質も買われているマドラスチェックということもあり、仕方な…

13年ぶり2歳レコード更新。圧巻の大差逃げ切りはヴィクトワールピサ産駒。20192歳未勝利・ゴルコンダ。

逃げ切りでの圧勝というのは評価しづらい。 まして2歳戦となると特に。 そういった意味で、???と疑いたいレースがヴィクトワールピサ×ゴレラから生まれた美浦・木村厩舎のゴルコンダ。 ルメール騎手騎乗ということもあり、人気に応えた形ですが、相手関係…

「アーモンドアイの2着馬」。肩書き脱却へ重賞2勝目。2019クイーンS・ミッキーチャーム。

ミッキーの牝馬といえばミッキークイーン。 ディープインパクト×リプルスメイドから生まれたミッキーチャームは、昨年夏は古馬相手に鍛えられた成果か、秋にはアーモンドアイをほんの少し?あわてさせるくらいの逃げ脚を見せるまでにはなりました。 とはいえ…

直千のライオンが逃げて吼えた。逃げても強いライオンはまさに新潟のボス。2019アイビスサマーダッシュ・ライオンボス。

芝1200mが長い、という馬、JRAにもけっこういます。 ダート1000mや芝1000mを好む馬たちにとっては、中央開催は鬼門、というより、出ても人気に応えられないというシーンが目立ちます。 そんな典型と思えるのが、父バトルブラン、母ウーマンインレ…

1番人気グランアレグリアは連に絡めず敗退。牝馬には厚過ぎる壁。2018朝日杯FS・アドマイヤマーズ。

久しぶりに牝馬の参戦、かつまさかの1番人気が牝馬となった2018年の朝日杯FS。 過去にはベルカントなども跳ね返されてきたレース。今年はどうか・・・と思っていましたが、やはり、というか、この時期に牡馬の一戦級とぶつかるのは、牝馬にはきつい、という…

シーオブクラスのおいが日本でデビュー。背中には武豊。2019メイクデビュー札幌・エカテリンブルク。

2018年の凱旋門賞はエネイブルの勝利に終わったわけですが、猛追した女傑・シーオブクラスは今年に入って体調整わず、、、悲しいかな亡くなってしまいました。 繁殖牝馬としてその極上のキレを受けついでくれる産駒が出てくると思っていたので、個人的にかな…

残り200mから一気!「すごく乗りやすくてセンスのいい馬」byルメール。2019メイクデビュー新潟・カトゥルスフェリス。

馬名がオシャレなのはいいが、意味がわからない。 そんな馬、最近日本に増えてきている印象があります。 そういう意味で、いまだに意味がわたしはわかりませんが、カトゥルスフェリスは父ディープインパクト、母ステファニーズキトゥンという配合で1.3倍とい…

骨折明けなんのその。亡き父ディープインパクトに捧げる重賞2勝目は上がり32秒2!2019関屋記念・ミッキーグローリー。

天国の父に捧げる豪脚は重賞2勝目かつ父に捧げるレクイエムともなりました。 今年は種付けを中断して治療にあたってきたディープインパクトでしたが、急逝という悲しい結果になりました。 サンデーサイレンスの最高傑作といわれながら、まだ後継種牡馬でデ…

豪快なマクリでグリム以下を撃破。待望の初重賞は藤岡康太とともに。2019エルムS・モズアトラクション。

チュウワウィザード相手に怒涛の追い込みを見せたのが2019年の平安S。 その後善戦すれども勝てずという結果が続いていたジャングルポケット産駒のモズアトラクション。 ダート2100mなど、非根幹距離での強さが目立つ1頭だけに1700mという距離もよかったか。 …

キズナ一番星が接戦を制し連勝。池添「いいスタート&理想的な競馬」2019コスモス賞・ルーチェデラヴィタ。

キズナ、エピファネイア産駒が登場したのが2019年の新馬戦。 キズナはビアンフェで早々に函館2歳S制覇といいスタートを切っています。 そんなキズナ産駒の初年度産駒の初勝利となっているのがルーチェデラヴィタ。 母の父トウカイテイオーに父キズナというこ…

重賞4勝目をレースレコード&連覇で決めた。2018ターコイズS・ミスパンテールと横山典弘。

G1では足りないがG3なら勝ち負け、という馬けっこういますよね。 そういった意味で、典型的とも言えるのがダイワメジャー産駒のミスパンテール。 外国人騎手を乗せない流儀なのかわかりませんが、とにかくベテラン起用が多い厩舎。 主戦は横山典弘騎手。脚質…

「真面目な馬なので距離を短くして正解」by和田。2019フェニックス賞・マイネルグリット。

1番人気に推されたスクリーンヒーロー産駒のマイネルグリット。 父は長距離砲なのに仔は短距離系というのは、マンハッタンカフェと似た産駒傾向ですが、この馬もまた芝マイル以下に適性あり、ということなんでしょう。 母マイネショコラーデでマイネルという…

全兄のタイムワープを差しきり弟がG1制覇@2019香港カップ・グロリアスフォーエバー。

日本からは秋の天皇賞2着という内容から期待できると思われたディープインパクト産駒のサングレーザーと、ちょっと厳しいんじゃないか?と思われるステファノスが出走したのが2018年の香港カップ。 終わってみたら地元香港勢が日本馬を撃破。 勝ったのは兄弟…

香港最強マイラー・ビューティージェネレーションの連勝を日本馬が止められるか?2018香港マイル。

ヨーロッパではエネイブル。オーストラリアはウインクス。 牝馬が猛威を振るっている世界競馬ですが、香港はセン馬のビューティージェネレーションがマイル路線を圧巻の走りで驀進中。 それを止めるのは地元馬?いやわれらが日本馬、ということで乗り込んだ2…

史上4頭目の連覇達成。今年は香港馬が強すぎた。2018香港スプリント・ミスタースタニング。

日本からはファインニードルが参戦した2018年の香港スプリント。 スプリンターズS勝ちからの参戦で、香港ではおなじみの日本馬の参戦にもかかわらず、なんと地元のオッズは単勝31倍。 それもそのはず今年は香港勢の層がはんぱなかった。 生まれた時代が悪…

リスグラシューを競り落としG1初制覇。道中2番手から押し切り。2018香港ヴァーズ・エグザルタント。

父テオフィロというと日本では大物は出ていませんが、海外ではそこそこ。 そんなテオフィロ産駒のセン馬の4歳・エグザルタントは2番人気で迎えた香港ヴァーズ。 地元の期待馬1番手といったところでしたが、2番手から抜け出し見事G1初勝利。 エリザベス女王…