見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

秋は兄弟対決なるか?晩成のダービー馬の弟が馬具で一変。2019エプソムカップ・レイエンダ。

兄がG1馬。 そんなことは弟は知ったこっちゃありません。馬ですから。 ふだんどおりカイバを食べて、いやいやながら調教を受けて。。。 という感じだったろうレイデオロの全弟・レイエンダ。 キャロットでも高額募集となったわけですが、そんなのは馬には…

紅一点&長谷川調教師も重賞初制覇@2019北海道スプリングカップ・ヤマニンアンプリメ。

ヤマニンの勝負服で浮かぶ馬として、昭和の方々はやはりヤマニンゼファー。 平成ならヤマニンパラダイスあたりになるんでしょうか。 最近はクラシックで出会えないヤマニン軍団ですが、ダート短距離で楽しめそうな馬が、栗東の若手、長谷川調教師のもとでス…

南関東3歳の頂点に。フリオーソ×サウスヴィグラス=ヒカリオーソ。2019東京ダービー。

的場文男騎手がいまだに勝てていない東京ダービー。 今年は不参加という結果。 果たして現役をこれから何年続けるかはわかりませんが、競馬の神様は微笑んでくれるんでしょうか。 そんな2019年の東京ダービーは、父フリオーソ、母ヒカリヴィグラスのヒカリオ…

エグゼルタントが今期G1を3勝目。日本馬ハッピーグリンははたして・・・2019チャンピオンズ&チャターカップ。

ジャパンカップにもさりげなく参戦していたハッピーグリン。 今年はマスターフェンサーがアメリカ行脚を続けていることもあり、日本馬も中堅どころ前後が世界でどこまで通用するのか、目安になるような馬の遠征が目立ちます。 とはいえハッピーグリン、、、…

レア競馬2019@水沢競馬で11歳馬対10歳馬のバトル勃発。まさかの噛み付きで降着に。

JRAの噛み付き王子といえばフェブラリーS勝ち馬のシンコウウィンディのイメージがありますが、老いてなお盛ん、といえる11歳馬が後輩?の10歳馬に噛み付いて降着という珍しい事例が令和元年6月に水沢競馬場で起きました。 調教師が処分を受けていますが…

川田騎手「直線で動き出してからはしっかりと捕まえてくれた」。4コーナーでの不利も克服。2019メルボルンT・プランドラー。

中団を追走した1番人気のプランドラー。 父はディープインパクト、母はプラウドスペルという良血が残念ながら皐月賞、ダービーは参戦できない結果となりましたが、この時期に2勝目をあげておけば、菊花賞に向けては視界良好。 2着には8番人気のタニノドラマ…

芝で3戦後ダートで連勝。父マリブムーンの大物なるか?2019鳳雛S・マドラスチェック。

美浦の大野騎手といえばスノードラゴンのスプリンターズSの勝利もありますが、やはりサウンドトゥルーのダートでの活躍が印象深い騎手。 そういった意味で、アナザートゥルースもお手馬にはいますが、若駒でダートの大物との出会いは先々が楽しみというコン…

モズアトラクションとの長い併せ馬。中央初タイトルで重賞3勝目。2019平安S・チュウワウィザード。

2019年はルメール、デムーロ騎手以外を抑えて東西リーディングを快走しているのが栗東の川田騎手。 腕はもちろんのこと、最近ではゴドルフィン、中内田厩舎、池江厩舎などいいパイプがあることもあり、安定感ある競馬が続いています。 しいていえば、G1にな…

ダービーがG1初制覇となったバローズ軍団。浜中騎手は悲願の初ダービー制覇。2019日本ダービー・ロジャーバローズ。

師匠の前で悲願のダービー制覇。 とはいえ祖父との約束は残念ながら果たせなかったのが浜中騎手。 伏兵、いや超伏兵といえる京都新聞杯を逃げて2着のロジャーバローズに騎乗し、大逃げリオンリオンの2番手追走から押し切る競馬。 本命なら堂々たる強い競馬、…

心配機能が高く距離延びていい。ハービンジャー産駒、菊花賞に名乗りか?3歳500万下・ラクローチェ。

栗東・角田厩舎の管理馬のラクローチェ。 管理する角田師は、ヒシミラクルで大波乱を巻き起こした菊花賞含め、G1でキラリ光る騎乗を見せてくれていた騎手。 そういった意味で、遅咲きになりますがこの馬は秋には面白いことになりそうなのが、父ハービンジャ…

好スタートからマイペース逃げ切りで横山典弘25年連続重賞V。2019青葉賞リオンリオン。

昔は3着までダービー出走権がもらえたわけですが、今は2着以内。 正直、ダービートライアルではないですが京都新聞杯と何が違うのか?と思えるのが青葉賞。本賞金で2着ならトライアルだろうがなかろうがどっちみち出られるじゃないかと。 現実に、今年のダー…

初コンビの北村友一「いい意味でイメージと違って切れた」2019白百合S・レッドアネモス。

いまさらなんですが、当ブログはオープンレースを「OP」と表記しているわけですが、JRAはちょろちょろ呼び名をかえていることもあり、リステッドレース、という名前に今はなっています。 また2019年6月1日から、500万、1000万、1600万条件の呼び名がそれぞれ…

「ロスなく立ち回って男馬相手にいい勝ち方」by高柳調教師。7番人気伏兵が快勝。2019端午S・ヴァニラアイス。

幸騎手とダートといえば古くはブルーコンコルド、ホッコータルマエがいますが、最近はスティルインラヴ以降いいお手馬がいない印象もあります。 毎年多くの騎乗依頼を受けている幸騎手、そろそろ大物と、と思っていたところ、ダート3戦2勝でオープン勝利を決…

国枝調教師&津村騎手ともに「距離延長OK」中団から早めに動いたカレンブーケドールが押し切り@2019スイートピーS。

冠カレンといえばどの馬が浮かぶでしょうか。 カレンチャン カレンミロティック 今年から産駒デビューのカレンブラックヒル そこまで並べるかわかりませんが、大物感のあるカレンがオークス切符を手中にしました。 父ディープインパクト、母ソラリアから生ま…

平成最後の重賞ウィナーは重賞初出走のこの馬。短期免許来日中のレーン騎手もJRA重賞初勝利@2019新潟大賞典・メールドグラース。

オーストラリアの若手のホープが新潟の競馬ファンを魅了したのが2019年の新潟大賞典。 混戦模様のときほど騎手の腕の見せ所といったところですが、2連勝中のルーラーシップ産駒・メールドグラースの重賞初挑戦、初制覇を見事にエスコート。 競馬でやめるとこ…

2001年香港ヴァーズのステイゴールドの血が騒いだか?2019クイーンエリザベス2世カップ・ウインブライト!

香港で光輝くというのは、やはり血のなせるわざなのか。 今は希少なステイゴールド産駒、最後の大物かもしれません。 母サマーエタニティは惜しいところまでいく産駒は出してきたものの、G1制覇にいたりませんでしたが、ここにきて孝行息子誕生。 ウイン軍団…

レース史上最少のキャリア6戦目で春の盾を奪取。2019天皇賞(春)フィエールマンとルメール。

菊花賞馬といえばやはり翌年狙うのは春の天皇賞。 始動戦がAJCCというのは、なんとなくスペシャルウィークっぽいイメージはありましたが、今年の春の天皇賞は正直大阪杯、ドバイにメンバーが分散しすぎたこともあり、やや小粒。 ステイゴールド産駒のエタリ…

平成最後の桜花賞もやっぱりディープインパクト産駒。グランアレグリアが年明け初戦を制しNHKマイルカップへ。@2019桜花賞。

2019年4月は「平成最後の○○」という企画が多かったように思えます。まあ競馬に限った話ではないんですが。 とはいえカレンダー的に平成最後の桜花賞となった今年。 デビュー戦で叩きあったグランアレグリア、ダノンファンタジーがそのまま2,1番人気に推され…

昨年5着→今年2着と善戦のマテラスカイwith武豊。しかし勝ったのは・・・2019ドバイゴールデンシャヒーン・エックスワイジェット。

昨年よりも臨戦課程はよくなかった栗東・森厩舎のマテラスカイ。 時計が速いほうが向いているということもあり、毎年先行有利となりがちなドバイの馬場はこの馬向き。 とはいえ、今年は昨年のリベンジを狙うロイエイチをはじめ、強力北米勢が再度参戦という…

史上初の連覇達成@2019ドバイワールドカップ・サンダースノーとスミヨン騎手。

昨年2018年のドバイはとにかく先行有利というレースが多く、正直レベルを疑問視していたんですが、今年も連覇となると、認めざるをえないのが、ダーレー生産、ゴドルフィン所有のサンダースノー。 北米では善戦すれど勝てない馬ですが、ドバイになると強い。…

日本馬一蹴でG1初制覇はドバウィ産駒。2019ドバイシーマクラシック・オールドペルシアン。

日本からは古豪シュヴァルグラン、ダービー馬レイデオロ、大阪杯勝ち馬スワーヴリチャードが出走した2019ドバイシーマクラシック。 特にレイデオロはリピーターということで期待されましたが、まさかのハナということで、そもそもドバイが合わないんだろうな…

フラワーカップ6着からここでは1番人気。自己条件では力が違った@2019デイジー賞・アイリスフィール。

父ハービンジャー・母シルクアイリス。 父を見るだけで、先々期待できてしまうようになりました。 以前のハービンジャー産駒は時計勝負は無理。洋芝なら。クラシック???無理でしょ。 というイメージでしたが、モズカッチャン世代(言い方あってるかはわか…

海外G1初制覇。凱旋門賞は無念の断念。2019ドバイターフ・アーモンドアイ。

凱旋門賞を狙うなら復帰初戦で芝1800mはないだろう。 と誰しも思ったと思えるのが、ジャパンカップですさまじいレコードをたたきだしたわれらがアーモンドアイ。 世界のロードカナロアといわれた馬から、またも世界の~と言われる馬が誕生したのは、母…

「6,7分のデキでこのパフォーマンス」ラヴズオンリーユー、3馬身差で楽勝。いざオークスへ。2019忘れな草賞。

ミッキークイーンや古くはチョウカイキャロルなどなど、残念桜花賞ともいわれた忘れな草賞。 最近はあまり「残念」といわれなくなったのは、NHKマイルカップのステップレースが直近で2つも開催されていることもあり、桜花賞に出られないマイラーはそちらに…

シンザン記念7着からの巻き返し。「立て直せていた」と武豊。2019.阪神3歳500万下・ゴータイミング。

キーファーズといえば、母系が一流×ディープインパクトや、北米のいい馬を買っていますがなかなか結果が出ていないイメージがあります。 そしてキーファーズの野望は、凱旋門賞を武豊騎手と勝利すること。 血統背景だけ見れば可能と思える馬たちが多いですが…

福島巧者で2勝目も福島。しぶとく押し切り@2019ひめさゆり賞・レターオンザサンド。

競馬で一番安定感があるのは前目につけること。 とはいえ、それが常にできて成績をのこすのは難しい。 そういった意味でコースは限定されるものの、福島なら安心してみていられそうな馬がゴールドヘイロー産駒のレターオンザサンド。 クラシックやNHKマイル…

アーモンドアイと1馬身差は伊達じゃない?改めて実力発揮で初タイトル。2019阪神牝馬S・ミッキーチャーム。

関東圏に輸送すると結果が出ない、というディープインパクト産駒が昨年の秋華賞では逃げてアーモンドアイの2着にはいったミッキーチャーム。 栗東・中内田調教師と川田騎手とのコンビはダノンが強力なイメージがありますが、キセキをはじめ、先行させるとほ…

「ウオッカ追悼競走」で角居厩舎の後輩が手向けの勝利。2019ニュージーランドT・ワイドファラオ。

15歳という若さで急逝した64年ぶりの牝馬の日本ダービー制覇となったウオッカの追悼競走となった2019年のニュージーランドトロフィー。 勝ったのはウオッカを管理していた栗東・角居厩舎の管理馬・ワイドファラオ。 父ヘニーヒューズ、母ワイドサファイアと…

2戦2勝のコンビとなった藤井騎手。「どんどんステップアップしている」2019あずさ賞・カリボール。

ジャスタウェイと同じ勝負服で、ジャスタウェイ産駒は現状この馬のみ、ということで、先々もっと大きいところで見たいと思えるのが、セレクトセールで落札された母レイズアンドコールとジャスタウェイの間に生まれたカリボール。 下ネタじゃないよと、自虐的…

残り200mでまだ中団。エンジンかかるとグイグイ伸びた。菊花賞の隠しダマか?2019新緑賞・パラダイスリーフ。

シルクホースレーシングの代表馬といえばいまやアーモンドアイ、ブラストワンピースになるでしょう。 わたしの世代は今は亡き後藤騎手とのコンビが印象深いシルクグレイッシュや、藤田騎手とのコンビの印象が強いシルクジャスティス、シルクプリマドンナとい…