見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

早め先頭からしぶとく押し切り1番人気のワークフォース@メイクデビュー札幌・ペプチドオーキッドと四位洋文。

大物感はないんですが、競馬が上手。 アイルハヴアナザー、ハービンジャーが今年はまずまず活躍馬を出していますがこの馬はまだまだ期待に応えられていない。 それが凱旋門賞馬・ワークフォース。 ナカヤマフェスタと叩き合った馬ですね。 母ペプチドヒノト…

デムーロ・西村師ともに能力の高さを再認識。ヨハネスブルグの大物か?ダリア賞・タイセイプライド。

二の足が速い。 いいスピードがある。 すごくまじめに走ってくれる。 こういった評価となると、NHKマイルカップが目標になるかな来年は。 父ヨハネスブルグという点からもマイル以下で走る馬を生産したい、という意図がうかがえるタイセイプライド。 次は…

「みんな伸びているけどもっと強かった」ルメール絶賛!メイクデビュー新潟・ロックディスタウン。

紅一点。しかもダンゼン人気。 姉にキャットコインをもつロックディスタウン。 父に新種牡馬オルフェーブルを迎え、毛色も雰囲気も父に似ています。 競馬の内容は父よりお上品。 残り200mくらいまで前があかず苦労していましたが、ヤネは余裕で外があくまで…

パイロ産駒。芝1200mがギリギリか?@メイクデビュー小倉・バーニングペスカ!

芝1200mがギリギリかな。 と思えますが、小倉2歳Sを次は視野にとのことなので問題はないのか。 パイロ産駒、母メイショウガンツのバーニングペスカがどうにかしのいで逃げ切りました。 鞍上は武豊騎手。 クラシックどうこうという血統でもレース内容でもない…

「いったん前に出られたが盛り返した」by高倉稜@メイクデビュー小倉・キボウノダイチ!

サザンの「希望の轍」という曲が好きなんですが、なんとなーくそれを思い出させるバゴ産駒がメイクデビュー小倉芝1800mで勝利。 バゴというと、オウケンサクラが浮かぶんですが、この馬はどこまで出世するのか。 2着が7番人気のテイエムリボーということで…

やったぞ木幡巧!やっちまったなルメール!明暗分かれた夏の新潟ダート決戦@2017レパードS・ローズプリンスダム。

鳳凰Sといい今回といい、、、二桁人気にならないとやる気が出ないのかこの馬は・・・ この馬から馬券購入し続けている人は大幅プラスなのではないか。 そう思えるのがアメリカ遠征帰りエピカリスが3着に敗れた2017レパードS勝ち馬・ローズプリンスダムです…

デムーロ→秋山電撃乗り代わり。むしろ吉と出たか?@2017小倉記念・タツゴウゲキ。

ショウナンパンドラとヌーヴォレコルトで決まった秋華賞。 そんな印象がした今年の小倉記念。 急な乗り代わりで代打で騎乗となった52キロの秋山騎手とタツゴウゲキ。 この勝負服、日ごろ見ないだけに斬新でした。 目立つレースはキャロットばかりじゃつま…

祝JRA通算13勝。20歳までの藤田菜七子騎手の軌跡を追う。

今回は新カテゴリー「レア競馬」を追加しました。 内容としては、基本的には毎週わたしが気になったレース回顧中心のブログになっていますが、記念すべき勝利や過去の名レースなどを振り返ります。 記念すべき第一回は「藤田菜七子騎手13勝の軌跡」です。 先…

「何の問題もなし」by戸崎圭太。メイクデビュー新潟・ルッジェーロ!

戸崎騎手は土曜、日曜とメイクデビュー連勝になりました。 どちらも1番人気だったのでまあありえない記録ではないですが、関係者の信頼度の高さがうかがえます。 父キンシャサノキセキということで、芝マイルよりは短め、というジャッジからか芝1400mでデビ…

ぽつん最後方→終わってみたら1番人気に応え楽勝@メイクデビュー新潟・オーデットエール。

父ハーツクライということで、成長力がありそうな血統。 母はスカイアライアンス。芝マイルより長めのほうが先々はよさそうではあります。 余計なことをしないしいいフットワーク。 長くいい脚を使ってくれました。 騎乗した戸崎圭太騎手のコメントです。 問…

祝・デムーロJRA700勝。母サチノスイーティーのスピードを受け継いだ快速娘・メイクデビュー小倉・シトリカ。

デムーロ騎手の日本デビューは小倉競馬場。 そんな思い出の競馬場で700勝を達成した記念すべき馬。 芝短距離で快速でならしたサチノスイーティーの娘、ヨハネスブルグを配合してきたたり、やはり短距離馬を作る狙い。 そのとおりの快速娘が誕生。 シトリカで…

ルメール新馬連勝。エピカリスに続きダートの怪物か?2017メイクデビュー札幌・ハヤブサマカオー!

父シニスターミニスターときくと、やはりダート。そして短距離のイメージも少しあります。 とはいえこの馬は中距離もこなせる。 いや、中距離こそ庭。 2着に1秒7差というありえん大差をつけて勝利したのはメイクデビュー札幌をレイエンダに続いて連勝した…

「チャンピオンになれる」byルメール。ダービー馬の兄・レイデオロに続けるか。2017メイクデビュー札幌・レイエンダ。

キャロットはノーザンファーム生産馬を仕入れてからは勢いが違います。 わたしの中でキャロットファームといえばいまだにポジーが浮かびますが・・・ そんなダービー馬もげっとしたキャロットの高額募集馬。 それがレイデオロの全弟・レイエンダ。 キングカ…

G1馬2頭の競演は若い娘に軍配。2017クイーンS・アエロリットと横山典弘。

どちらもまあ貫禄のあるG1馬とはいえないわけですが、今年のNHKマイルカップ勝ち馬のアエロリット、ヴィクトリアマイル勝ち馬のアドマイヤミヤビが、秋まで待たず復帰初戦をクイーンSとしました。 どちらも回避せず参戦したわけですが、アエリロットの逃…

西田騎手おめでとう!やっぱりピンクが似合うよね!2017アイビスサマーダッシュ・ラインミーティア!

西田騎手、毎年ちょっとずつ後退しているような・・・ 戦績じゃなく髪の毛が・・・ とはいえすごくいい人、というイメージがある。会ったことはないし馬券でお世話になったこともないんだけれども。 サクラエイコウオーのイメージというか、ピンクの勝負服と…

大きなハナ差でアップトゥデイトをゴール寸前で差す!平地・障害重賞勝ち達成@2017小倉サマージャンプ・ソロル!

中団でリズムよく運んだ結果がハナ差勝ち。 オジュウチョウサン不在の夏の障害とはいえ、アップトゥデイトに勝利したのは価値があります。 2014年にマーチSを勝利していることもあり、これで史上11頭目の「平地・障害重賞勝利」を達成。 今後は当然ながら中…

直線は独壇場の伸び!5馬身ちぎりすてたディープブリランテ産駒の大物@メイクデビュー中京・シンデレラメイク!

父ディープブリランテ。 ブラックタイド産駒のキタサンブラックを見てもわかるように、血統がいいが戦績がいまいちで種牡馬にあがった馬は底知れぬポテンシャルを秘めていることが多い。 そういう意味ではウキヨノカゼを輩出したオンファイア含め、今後の産…

兄はダート重賞9勝のダノンレジェンド。妹はキレる芝馬!メイクデビュー中京・ミッキーマインド。

姉がレディブロンドなのに、弟はクラシック3冠馬・ディープインパクト。 なんていう例もあるだけに、母系が必ずしも産駒に直結するとも限らないのが競馬の奥深さ。 とはいえ今年の皐月賞馬・アルアインあたりは母系からスピードを受け継ぎすぎて、スタミナ…

若さをのぞかせながらも「能力の高さ見せた」by戸崎圭太@メイクデビュー福島・グランデウィーク。

父スペシャルウィークの産駒を見る機会も最近は減ってしまいました。 母プロフェシーライツのグランデウィーク。 1番人気に押され見事勝利。 次は未定とのことです。 残念だったのは3位入線のハクサンフエロ。 4コーナーで外側に斜行してピースユニヴァー…

ロードカナロア×トゥザヴィクトリー。この配合から出た仔が出した回答とは?メイクデビュー中京・トゥザフロンティア!

エリザベス女王杯勝ち馬・トゥザヴィクトリーに香港スプリント王・ロードカナロアをかけるとどんな馬が生まれるのか。 サラブレッドは走るために生まれてきた、とはいいますが、当の馬たちはそんなことのために生まれてきたとは思ってないでしょう。 はたし…

勝つときはすべて穴人気。またも1番人気破れ16連敗中@2017中京記念・ウインガニオン。

シルクメビウスの弟。 といわれてもピンとこない方のほうが増えてきたのかもしれません。 ステイゴールド産駒もこれから減っていくわけですが、個性派逃げ・先行馬として谷川岳Sから連勝でここにのぞんだウインガニオン。 やはり人気がなく5番人気。鞍上は…

オルフェーブル産駒の初勝利はこの馬。ゴールドシップのレコード更新!メイクデビュー函館・クリノクーニング。

2戦の夏競馬向けには思えないオルフェーブル。 とはいえ、ロードカナロアやエイシンフラッシュ、ノヴェリストなどほかの新種牡馬が結果を早々と出してきた以上、だまってみているわけにもいきません。 そんなオルフェーブル産駒の初勝利は母クリノビスケッ…

早くもダービー予行演習?メイクデビュー中京・ワグネリアンVSヘンリーバローズ!

1番人気・・・ヘンリーバローズ 2番人気・・・ワグネリアン ワグネリアンが4倍ということでややオッズに開きがあり、ヘンリーバローズが1倍台の圧倒的な人気を背負ったメイクデビュー中京。 終わってみたらハナ差。 そして後続ははるか後方。 2頭の一騎…

父キンシャサノキセキ×母の父ディラントーマス=スプリンター?2017函館2歳S・カシアスと浜中俊。

勝負服が大樹レーシングに見えなくもない馬。 それが2017年の函館2歳S勝ち馬のカシアス。 父はキンシャサノキセキ。 母の父ディラントーマス。 なぜスプリンター?と思いますが、思いっきり父が出てるんでしょうなあ。 そして浜中騎手も函館の重賞は久しぶり…

ブルースリに続けるか?ひさびさに大物か。2017名鉄杯・オウケンワールド。

昨年のシリウスS勝ち馬のマスクゾロの復帰初戦ということで楽しみにしていた2017年のオープン特別・名鉄杯。 まさかの競走除外で不参戦に。 押し出される形、いや、結果的にこの馬がもともと1番人気だったんだろう、という馬がオウケンワールド。 オウケン…

メイショウサムソンとサンデーレーシングのコラボ。重馬場も 結果的には 味方した@2017函館記念・ルミナスウォリアーと柴山雄一。

吉田隼人。 今年ともにがんばろうと決めていたはずのゴールドアクターをおろされました。 そこで確変した模様です。 洋芝。 2000M。 とても合うとは思えない環境のタマモベストプレイでまさかの2着。 今週の函館2歳Sではモルトアレグロと出走予定で…

マグニフィカ以来の地方馬の勝利は代打・本田騎手の魂の騎乗@2017ジャパンダートダービー・ヒガシウィルウィン

度胸が据わっていると評判の本田正重騎手。 JRAのサンライズソア、サンライズノヴァ、そして悲願のG1制覇を狙う若武者・木幡巧騎手騎乗のリゾネーター。 そして川島騎手騎乗のタガノディグオ。 南関東はほんとに騎手の宝庫。 的場文男騎手とかもしJRA…

アルアインはおろされた。でもこの馬だけは・・・2017マーキュリーカップ・ミツバwith松山騎手。

この勝負服を見るとゴールデンジャックが浮かぶ世代です。 松山騎手、アルアイン結局下ろされてしまいました。。。ダービーはミスとはいえないまでも、勝ちに行く騎乗ともいえず、及第点の競馬。 とはいえキングヘイローの福永騎手よりははるかに落ち着いて…

攻めに攻めて見事差しきり。寺島良厩舎が開業2年目で見事重賞初制覇!2017プロキオンS・キングスガード。

12番枠。しかもダート1400m。 内にもぐりこむ余裕はないはずですが、巧みにもぐりこみました。 そして直線では前がつまらないよう外へ。 そこからは豪快な末脚。 カフジテイクがやりたかった競馬でしょうが、カフジテイクの福永騎手は、教育の意味もこめて今…

後に骨折が判明も能力は示した@2017七夕賞・ゼーヴィントと戸崎啓太。

今年の福島は好事魔多し。 セダブリランテスで初重賞勝利を飾った石川騎手は、その後落馬負傷で戦線離脱。 そして今回、七夕賞を勝利したゼーヴィントは後に骨折が判明し、復帰は来年2018年になるとのこt。 どちらもシルクの所有馬。 馬にはなんの罪もない…

手塚厩舎のヘニーヒューズ産駒。2頭目の勝ち上がり。メイクデビュー福島・オーヴァーライトと内田博幸。

ヘニーヒューズ・手塚厩舎。 つい先日、モスコローソのご紹介をしたばかりですが、またもこのコンビで新馬勝ちが出ました。 サンデーレーシング所有のオーヴァーライト。 今回は1.5倍の圧倒的人気で勝利。 ダート1150mということで、モスコローソと違い短…

「これからどんどん吸収しそう」北村宏手ごたえ十分@メイクデビュー福島・レーツェル!

レーツェルときくと、マイネレーツェルが浮かぶ世代です。 というかほかにレーツェルっているんだろうか。 と思ったら今年の2歳馬は父マンハッタンカフェ産ということで一味違う。 美浦・伊藤大士厩舎所属の牝馬です。 問題はどスローで逃げて勝利という内…

イブキ弟、白星発進。2017年夏は短距離系種牡馬大活躍!メイクデビュー東京・テンクウ。

イブキといえば昨年の新潟2歳Sでも人気した馬。 その弟が父ヨハネスブルグに変わったテンクウ。 芝マイルでもちと長いかなと思いましたが、兄よりキレる脚を持っている印象。 1800mがギリギリかなと思いますが、NHKマイルカップ、安田記念etc、今はクラ…

父ヘニーヒューズに初の内国産としての勝利をプレゼント。5馬身差圧勝@メイクデビュー東京・ムスコローソ。

モーニン、アジアエクスプレスなど、ある意味、ヘニーヒューズは馬場幸夫所有馬が大成する、的な神話が生まれつつありますが・・・ 手塚師が管理ということで、やはりマイラーとしての資質はかなりありそうなムスコローソ。 5番手追走から楽に抜け出し気づ…

女王ホワイトフーガを撃破。ララベル・タイニーダンサーを抑えて突き抜けた@2017スパーキングレディーカップ・アンジュデジール!

サンビスタ不在となったダート女王。 後継者はホワイトフーガとみていましたが、若手の台頭がありました。 関東オークス2着から参戦のアンジュデジールが内 とはいえ52キロで出走できたのに対し、ホワイトフーガは58キロ。 ハンデ戦のようなレース。 デ…

新種牡馬エイシンフラッシュ産駒・初勝利はこの馬@メイクデビュー東京・スワーヴエドワード。

新種牡馬・エイシンフラッシュ。 秋の天皇賞のデムーロ騎手の下馬してあいさつ、のイメージが強いですが、何気にダービー馬だったりします。 2着が後藤騎手のローズキングダムだったのもなつかしい。 そんなエイシンフラッシュ、オルフェーブルは出だしがい…

デムーロ、武豊の春3冠の記録を阻止。2017宝塚記念・サトノクラウン。

父マルジュというのは日本であまりご縁がないですが、この馬だけは大活躍。 香港でハイランドリールを撃破、京都記念に強い馬。 そんなイメージだったサトノクラウン。 クラシック戦線では人気を背負いながらも結果が出せませんでしたが、2歳からずっとハイ…

ディープインパクト最速1400勝利達成の記念。メイクデビュー阪神・ダノンプレミアム。

まさにプレミアムな勝利となったメイクデビュー阪神。 母インディアナギャルとの間に生まれたディープインパクト産駒。 それがダノンプレミアム。 2着のスプリングスマイルには4馬身差をつけての圧勝。 キングカメハメハの記録を大きく宇和まり史上最速で…

父コンデュイット、美浦・武市康男調教師にG3勝ちをプレゼントしたのは・・・東京ジャンプS・シンギングダンサー!

1番人気ハギノパトリオットは見せ場なく敗退したものの、障害7戦目で重賞制覇を決めたのがコンデュイット産のシンギングダンサー。 まだ4歳の牡馬ということで、伸び代もありそうです。 鞍上の金子光希騎手も2015年以来の重賞勝利。 そして開業12年…

同じスパイツタウン産駒。目指せリエノテソーロ、追い越せ先輩!メイクデビュー函館・モルトアレグロ。

リエノテソーロ二世。 同じ厩舎・同じスパイツタウン産ということでデビューから1番人気のモルトアレグロ。 屋根はもちろん吉田隼人。 きっちり結果を出しての勝利。 3番手から抜け出し危なげなく勝利。 先輩と同じく交流重賞エーデルワイス賞を視野に入れ…

まさかの出遅れ。終わってみたら逃げ馬が追い込んで勝利。2017帝王賞・ケイティブレイブと福永祐一。

Winkの「淋しい熱帯魚」。 初めて購入したCDがこれだったので今回は勝ちたかったと豪語した福永騎手。 不器用な馬だけに、逃げてこそ、あるいはモマれない位置でこそ、の馬のはずが出遅れて後方から泥まみれ。 まさかの新味が引き出せた今回。 ドバイ帰り…

「これで負けるなら相手がどれだけ強いんだろうと」by柴田大知@メイクデビュー東京・マイネルユキツバキ。

真夏のメイクデビュー東京。 雪椿とはまたオシャレ。 まあクリスマスという馬がやけに夏に強いこともあり、「名は体をあらわす」わけではないんでしょうが。 西ではコスモインザハートで双子が勝利。 今年は柴田兄弟の一年になるんでしょうか。 父アイルハヴ…

「上のクラスにいける馬、」今年初勝利の柴田未崎、上がり最速で勝利@メイクデビュー阪神・コスモインザハート。

インザ~ときくと、ダンスインザダークが浮かびますが、そこまでの馬かはともかく。 マイネル軍団・柴田となると、マイネルホウオウが浮かびますが、柴田は柴田でも未崎騎手にお手馬が誕生。 父ハーツクライということで、今回芝マイルで勝利していますが、…

函館1200mレコード更新。またも3歳牝馬。2017函館スプリントS・ジューヌエコール!

正直、斤量を見直したほうがいいのでは・・・ ほぼ毎年50キロの軽量牝馬が来るレース。 それが函館スプリントステークス。 今年は高松宮記念勝ち馬・セイウンコウセイが56キロを魅力に感じたか参戦。 とはいえ、重賞勝利はこれひとつ。 格上とはいいきれ…

若武者岩崎VSベテラン戸崎のサンライズ対決実現!勝ったのはサンライズソア。2017ユニコーンS。

サンライズ2頭出しとなった2017ユニコーンS。 どちらも上位人気ながら、若武者・岩崎騎手とのコンビが新鮮だったサンライズソア。 ベテラン・戸崎騎手とのコンビのサンライズソア。 今回はベテランに軍配があがりました。 同じく2頭出しのテソーロ軍…

「調教での手ごたえどおり、上手に競馬をしてくれた」2017メイクデビュー阪神・アイアンクロー。

父アドマイヤムーン。 そう聞くと浮かぶのはハクサンムーン。 アドマイヤムーン自身はジャパンカップを勝利したり、長距離で活躍してましたが、エンドスウィープということで、やはりスプリント色が強いんでしょう。 ローテはしばらく1200mにこだわって…

反応よし・余裕あり。最後は手綱を緩める余裕。2017メイクデビュー阪神・アマルフィコースト。

浜中騎手。 レーヌミノルの降板、ミッキークイーンでのヴィクトリアマイル惨敗など、2017上半期はいまいちだった印象もありますが、ここにきてエプソムカップをダッシングブレイズで勝利。 宝塚記念では再度ミッキークイーンとコンビを組むだけに勢いは大事…

「出たなり」の後方追走から大外一気!断然人気レピアーウィット撃破@メイクデビュー東京・プレトリア!

アジアエクスプレスの弟・レピアーウィット。 芝デビューとなりました。 セレクトセールで億単位で落札された馬だけに断然人気もやむなし。 ですが、血統がいい馬が常に勝つわけではないのが競馬。 JRAブリーズアップセールで1250万円で落札されたプレト…

「すごく堂々としていた」両親所有の金子オーナー満足げ@メイクデビュー東京・ジナンボー!

名牝から名馬が生まれない。 ウオッカ、ダイワスカーレット、メジロドーベル・・・ 日本の例外といえるのはエアグルーヴ・アドマイヤグルーヴと続く系統でしょうか。 はたしてこの馬はどうか。 アパパネの息子・ジナンボー。 やる気がない名前ですが、金子真…

4コーナー先頭から強気に押し切り。4年半ぶりの重賞勝利の藤岡佑介騎手とともに@2017マーメイドS・マキシマムドパリ。

今年の愛知杯勝ち馬。 そう考えると順当なはずなんですが、なぜか3番人気。 これは5年以上重賞に縁がなかった藤岡兄効果? 1番人気はトーセンビクトリー。 武豊騎手も首をひねるばかりの敗戦で9着。 2番人気クインズミラーグロは幸騎手のそつのない騎乗…