見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

ダイヤモンド・エースも粉砕。G1王手なるか?2018金鯱賞・スワーヴリチャードとM・デムーロ。

趣味:金鯱賞ともいえるヤマカツエース。 輝きはダイヤモンドに再びなれるか、凱旋門賞以来のレースとなるサトノダイヤモンド。 新G1大阪杯の前哨戦としてはまだまだ確立していないとも思える金鯱賞。 2018年は左回りなら負けられないスワーヴリチャードが参…

初ナイター・初コンビ・初交流重賞V。2018かしわ記念・ゴールドドリームとルメール騎手。

左回り・マイル・国内。 この3つがそろっているときは、相手関係関係なく安定感が出てきているのが、昨年2017年はドバイ遠征でシンガリ負けを喫しスランプになってしまったゴールドアリュール産駒のゴールドドリーム。 なんとなく聖闘士星矢を思い出してし…

伏兵の前残りをゴール前で豪快に阻止。遅れてきた大物なるか?2018フローラS・サトノワルキューレwithデムーロ。

サトノの牝馬は走らない。 競馬あるあるだったわけですが、2018年はそうでもないらしいという結果がオークストライアル・フローラSで出ました。 栗東・角居厩舎だけにクラシックに向けてぬかりなし、と行きたいところではありますが、この厩舎、遅れてきた大…

京都・G2となると無類の強さを発揮。本番の安田記念はユーイチに秘策ありか?2018マイラーズカップ・サングレーザー。

G2となるとやたら強い馬っていますよね。 ところがG1になるとからきし、という馬が今年も出てきましたのでご紹介しましょう。 2018マイラーズカップ勝ち馬のサングレーザー。 昨年のスワンSに続いてまたも関西圏のG2を勝利。 会員の方からすれば賞金をとにか…

G1男・池添「満点。」ダービー馬がハービンジャー産駒になるのか?2018毎日杯・ブラストワンピース!!

昨年2017年ブレイクしたのがハービンジャー。 キングカメハメハ、ディープインパクトばかりじゃつまらんよね!とばかりにようやく日本の繁殖牝馬と適合してきたのか、はたまた、ディープやキンカメに衰えが見えてきたのかはわかりませんが、日本競馬の未来を…

デビュー戦レコード勝ちの素質は芝でも。父スキャットダディから芝馬!2018ファルコンS・ミスターメロディと福永祐一。

ダートの大物かとおもっていたら、芝もやれるのか。 スキャットダディというのはダート血統かと思ってましたが、イメージがいい意味で変わったのが2018年ファルコンS勝ち馬・ミスターメロディ。 福永騎手が短距離上手い、というのもあるのかもしれませんが、…

のだめ?馬名はシンプルがいいのか?石川達絵オーナーの相馬眼にも期待。2018フラワーカップ・カンタービレ!

昨年の菊花賞馬キセキのオーナーが石川達絵オーナー。 地味に注目してます。 相馬眼が金子真人HDほどではないですが、センスがあるほうだと思います。 そういった意味で、やはりか、と思えたのが2018年のフラワーカップ勝ち馬カンタービレ。 父ディープイン…

次はイギリスダービーorフランスダービー?トライアルが4頭立て。2018グレフュール賞・スタディオブマン。

サクソンウォリアーがどうしても注目を集めてしまう2018年の欧州3歳。 隠しダマのスタディオブマンがトライアルレース・グレフュール賞をフランスで制覇。 といっても4頭立て。 勝ちはしましたが、本番は当然ともいえるフルゲート。 ディープインパクト産…

ディープインパクト産駒がイギリスG1制覇!2018英2000ギニー・サクソンウォリアー!

オブライエン調教師管理ということでデビュー戦から気になっていたディープインパクト産駒・サクソンウォリアー。 まさかマイルでいきなりやらかすとは思っていませんでした。 しかも主戦のムーア騎手は同厩舎のメンデルスゾーン騎乗でアメリカの県活気ーダ…

父ロードカナロアからまさかのクラシック馬が出るのか?2018スプリングS・ステルヴィオとクリストフ・ルメール。

父ロードカナロアには無限の可能性がある。 そう思えたのが初年度産駒から飛び出したステルヴィオ。 これは・・・2400mあるいはひょっとしたら菊花賞でもいけるんじゃないか、と思える末脚。 かつ折り合いに苦労しないイメージもあり、ルメール騎手とも合っ…

ノーザンファーム生産馬がアメリカで快挙!YOSHIDA、2018ターフクラシックS制覇!

アメリカではなかなか勝てない日本馬ですが、ノーザンファームはやはり繁殖の質含め、世界レベルといわざるをえません。 ヨーロッパでディープインパクト旋風が吹き荒れている2018年。 アメリカではハーツクライがブレイク。 母ヒルダズパッションはPOG雑誌…

「レースを覚えてきている」by丸田。父ヨハネスブルグはやはり短距離向か?2018沈丁花賞・セイウンクールガイ。

ヨハネスブルグはあまり注目されてきませんでしたが、気づけばフサイチパンドラにも種付けされている、という魅力があるのかないのかわからない血統。 短距離馬、というイメージですが、サウスヴィグラスやスウェプトオーヴァーボードなど、思わぬ大物を出す…

「何がなんでもハナ!」G1馬タイムフライヤー5着敗退の大波乱。8,3,11番人気で決着。2018若葉S・アイトーン。

父キングズベスト。 いまいち適性がわからない種牡馬の1頭ではないでしょうか。 ホープフルS勝ち馬が復帰初戦に選んだのは意外や意外、弥生賞でもスプリングSでもない若葉S。 輸送を嫌ったか、本番前に疲労を残したくなかったかは知りませんが、マツクニさ…

逃げ切りで見事重賞初勝利。亡くなった母の父スペシャルウィークにもささげる勝利@2018名古屋大賞典・サンライズソアとミルコ・デムーロ。

父シンボリクリスエスはここのところダート馬が多い。 エピファネイアは芝馬で出ましたが、サンライズソアはじめ、ルヴァンスレーヴなど、ダートの中距離砲として活躍しています。 カツゲキキトキトが地方馬の目安、というイメージがある最近の地方交流重賞…

馬5:騎手5の時代到来か?ペース判断が巧みすぎるデムーロ騎手@2018大阪杯・スワーヴリチャード。

馬7:騎手3。 そう思われていましたが、最近ではほぼ五分五分じゃないかと。 そのくらい騎手の腕で勝ち負けしているな、と思えるのが2017年でいえば日本ダービーのレイデオロ、マイルチャンピオンシップのペルシアンナイト、そして今年の大阪杯・スワーヴ…

初コンビのユーイチ「高いポテンシャルを感じる」2億8000万円の落札価格に見合うかどうか?2018アザレア賞・スーパーフェザー。

テイエムオペラオーが1000万円で落札されていたというのは有名な話。 そして、最近ではサトノでおなじみの里見オーナーが、昔のフサイチ関口オーナーみたく、「セレクトセールで高い順に買って行けばどれか当たる」的な手法もあってか、ようやくサトノダイヤ…

大物再戦。全日本2歳優駿1,2着馬がオープンで激突。2018伏竜S・ドンフォルティス。

ドバイ遠征とかぶったこともあり、主戦2人が乗れなかった昨年の全日本2歳優駿の1,2着馬であるルヴァンスレーヴとドンフォルティス。 乗り方ひとつで着順が変わるということが今回わかったので、能力差はほぼなし、と思われます。 父ヘニーヒューズとい…

父アッミラーレから芝マイラー馬が誕生。2018・3歳500万下・ディアジラソル。

アッミラーレといえば札幌など小回りのダートで一発、というイメージがあった馬で、種牡馬入りしていることを知っている方も少ないのではないでしょうか。 母系が芝適性を底上げするとはいえ、生産者の意図としてはダート馬を作りたいからアッミラーレをつけ…

直線の追い比べを制し2勝目ゲット。ハービンジャー産駒今年もいけるのか?2018山吹賞・レイエスプランドル。

ハナ差でも余力十分な勝利。 2018年の石橋脩騎手、かなり乗れてます。 父ハービンジャー、母レイナソフィアから生まれたレイエスプランドル。 順調なら日本ダービーを狙う、とのことですが、ハービンジャー産駒だけに秋によくなりそう。 春より秋、が馬券の…

毎日杯8着から巻き返し。「500万下なら力が上」by浜中。2018あずさ賞・アルムフォルツァ。

まさかの6頭立てという少頭数で行われた2018年あずさ賞。 芝2400mの500万下条件ということで、この距離が思ったほど人気がないのかわかりませんが、勝ったのは2番人気のアルムフォルツァ。 父ハーツクライ、母タガノスティード。 2着が3番人気のトーセン…

クビ差辛勝もヤネは「完勝」。藤原英昭厩舎エポカドーロに続き第二の矢か?新緑賞・グレートウォリアー。

高額馬だけに結果が欲しかったディープインパクト産駒のグレートウォリアー。 栗東・藤原英昭厩舎としてはエポカドーロで皐月賞制覇したものの、手ごまは多いほうがいい。 そういった意味で、ようやく2勝目ということで、京都新聞杯あたりならダービー切符…

マイル界に新星か。重賞初出走Vで親子鷹・藤岡調教師&康太騎手の悲願なるか?2018ダービー卿CT・ヒーズインラブ。

2017年に突如始まった「ハービンジャー祭り」。 打ち止めかなと思っていたら、まだまだ引き出しがありました。 3歳でも活躍、古馬でも活躍、となると、サンデーサイレンス、キングマンボに席巻されてしまっている日本の馬産に風穴が開くかもしれません。 父…

ダノンプレミアムに一番近い位置にいるのはオレだ!2018スプリングS・ステルヴィオ。

NHKマイルカップ、あるいは世界の短距離王を狙える馬を作りたい。 そんなイメージがあったロードカナロアの種牡馬デビューだったわけですが、かなり意外な結果が出ている、という印象を受けます。 初年度産駒だけで決め付けはできませんが、思った以上に距離…

菊花賞2着馬対決。ディープスカイ対ステイゴールド産駒の行方は?2018阪神大賞典・レインボーライン。

岩田騎手といえば、わたしはデルタブルースなど、短距離のロードカナロアよりも長距離が上手い騎手というイメージがいまだにあります。 そういった意味で、真骨頂というか、ようやくふだんの力を発揮してきたなと思えたのが2018年の阪神大賞典。 クリンチャ…

初対決のライバル一蹴。まさにプレミアムか?無敗の2歳チャンプ@2018弥生賞・ダノンプレミアム。

栗東・中内田調教師といえばグレイトパールはじめ、海外馬主からも厚い信頼を寄せられている若手の一人です。 不思議とサンデーレーシング、社台の大物が出てきてないイメージもありますが、それは堀厩舎やほかの厩舎に任せて、わが道を行く、というほうが個…

ヴィクトリーのおい、スタミナがあるbyデムーロ。アドミラブルのリベンジなるか?2018アルメリア賞・フランツ。

2018年はディープインパクト産駒が正直物足りない。 そしてハーツクライ産駒もぱっとしていないのが現状です。 さすがに長期政権をキングカメハメハ含め担ってきたわけですが、新たな血脈が流行らないと日本にとっても今後心配、という側面はあります。 とは…

「逃げたほうが強い馬」by中谷雄太。思惑通り危なげなし。2018萌黄賞・モズスーパーフレア。

父スパイツタウンといえば、リエノテソーロでおなじみの美浦・武井厩舎がよく知っている血統かもしれません。 が、栗東・音無厩舎のスパイツタウン産駒もまた、1200mから1600mが適性のようで、ある意味使いやすい産駒かもしれません。 昨年の小倉2歳Sから人…

3連勝で桜花賞切符ゲット。父マンハッタンカフェも期待大@2018アネモネS・ハーレムライン。

結果的には逃げたレッドレグナント、2番手のハーレムラインでいったいったで決まった2018アネモネS。 レース自体は味気ない内容でしたが、競馬がとにかく上手。 大野騎手も自力でクラシック切符をゲットして参戦、というのはひょっとして初めて?なのではな…

2018.4.18 無敗の2歳女王が貫禄の走り。ミッキー「文句なし」。2018チューリップ賞・ラッキーライラック。

G3から昇格なったのが今年のチューリップ賞。 そもそもフィリーズレビューがG2、ということ自体意味不明だったので、そういう意味では妥当なんですが、ならフィリーズレビューをG3に、となぜならないのかは謎。 そんなチューリップ賞ですが、昨年の阪神JFの…

16着まで0.8秒差。ハンデキャッパーガッツポーズ!2018オーシャンS・キングハート。

ハンデ戦というのは馬券を購入する側からしてもワクワクしますし、ハンデキャッパーからしても違う意味でどきどきするわけです。 大差勝ちで終わってしまった場合などは「ハンデおかしい」と世間には思われるわけで、馬券購入者は自己責任と割り切れますが、…