読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

武豊・クリソライト・G2。負ける要素がなかった。2017ダイオライト記念。

日本の生粋のG1では足りない。 しかも乗り難しい。 しかし能力は高い。 そんなクリソライト。武豊騎手はG1ではこの馬乗りませんが、その他の条件できっちり仕事をしてくれます。 韓国G1の勝利もありますが、キャロットで出資されている方はこの馬、かなり稼…

試行錯誤の結果がコレだ!2017ファルコンS・コウソクストレートwith戸崎圭太。

2歳時は「この馬、どこまで出世するんだ?」と思いましたが、オープンに入って大敗を続けたコウソクストレート。 中舘調教師もかなりの試行錯誤を繰り返し、舌をしばったり、創意工夫の結果が今回出ました。 ビービーバーレルといい、不思議と短距離・芝で…

お父さんやったよ!ノボジャックにささげるブラゾンドゥリスの走りを見よ!2017黒船賞。

地方競馬、南関東といえば、戸崎ではなくウチパクでしょう! というみなさんこんばんは。 今回は高知競馬場で毎年開催されている黒船賞。 勝ったのはブラゾンドゥリス。 内田博幸騎手の手綱。 バレンタインSから連勝で決めました。 東京→高知と、コース形態…

待ってろソウルスターリング!3戦3勝。父並みにムチがいらない飛ぶ走り。2017フラワーカップ・ファンディーナと岩田騎手。

今年デビューで無傷の3連勝。 ムチがいらない。 岩田騎手もぞっこん。 そして前走つばき賞に騎乗した川田騎手の「いい経験させてもらいました」がすべてを物語る大物。 それがファンディーナ。 ディープインパクト産駒の中でもなぜか大型馬のほうが走るイメ…

2017.3.20 姉を超えるために。松岡騎手もやる気が違うぜ!2017スプリングS・ウインブライト!

2歳王者・サトノアレスと2着馬・モンドキャンノも出走し、弥生賞よりハイレベルとなった2017年のスプリングS。 勝ったのは5番人気と穴人気していたウインブライト。 デビューからもたついていましたが、成長力でカバーし、ついに皐月賞・ダービー出…

完勝だが相手が弱すぎたか?白星発進で4連勝。2017阪神大賞典・サトノダイヤモンド。

阪神が合うとも思えないシュヴァルグラン。 そういう意味では2着はまあかっこはついた。 むしろ京都のほうがいい。 というのは勝ち馬も一緒か。 阪神コース適性・中3週実績で大穴・トウシンモンステラに期待したが・・・ まあ相手関係の問題か。 小崎は悪…

フランケル、ブラックタイド、ローエングリン・・・2017牝馬クラシックは混戦か?フィリーズレビュー・カラクレナイとミルコ・デムーロ。

フランケル、ブラックタイドと来て今度はローエングリン。 リスグラシューもハーツクライ産駒。 2017年の桜花賞路線はキングカメハメハ、ディープインパクトの全盛期の牙城を崩す年になるんでしょうか。 クイーンズリングなど、春の牝馬クラシックはワンパン…

現役バリバリのカラジと勝負してくれ頼む!2017阪神スプリングジャンプ・オジュウチョウサンと石神深一。

日本のジャンプ業界?に衝撃を与えた外国馬。 わたしはやはりオセアニアからやってきたカラジが浮かびます。 そりゃリピートするよね!と思うくらい中山競馬場が合っていた馬。 当時の日本馬が弱かったわけではありません。 カラジが強すぎたんです。 そんな…

遅咲きとはいえG1の香りはまだまだ?2017中山牝馬S・トーセンビクトリーと武豊。

個人的にはビッシュに期待したんですが、人気馬の中では壮絶な惨敗を喫しました。 秋華賞、ジャパンカップの疲れ、まだ抜けていないのか? 母トゥザヴィクトリーの良血馬・トーセンビクトリー。 ようやく華開いた感じはしますが、舞台がまあG3なのでね。 …

同じ重賞を3ヶ月で2度制覇!今後この記録は破られることなし?2017金鯱賞・ヤマカツエース。

昨年12月に金鯱賞を勝利し、有馬記念では見せ場たっぷり4着だったヤマカツエース。 得意の舞台、芝2000mに戻り復帰初戦となったわけですが、まさかの同じ重賞を3ヶ月でまたも制覇。 当然今年からG1となった大阪杯を視野に入れるようですが、ウィ…

丸田騎手でG1参戦!これはフロックでもなんでもない!アネモネS・ライジングリーズン!

フェアリーSを10番人気で勝利。 まあフロックと思われても不思議はないんですが、ブラックタイドはほんと中山上手い。 キタサンブラック級とはいえないかもしれませんが、これはひょっとするとひょっとするのか? 桜花賞トライアル・アネモネSを選択した…

紅一点であっさり。2017年は3歳牝馬が粒ぞろい。2017黄梅賞・ハローユニコーン。

ハーツクライ。 3歳牝馬。 リスグラシューはじめ、トレンドになっています。 またもハーツクライから2勝馬が誕生。 オークスには間に合うと思いますが、桜花賞に登録するとのこと。 本賞金が足りるのか抽選になるのかはわかりませんが、忘れな草賞とかのほ…

「頭がよくなったよ」byルメール。無難に白星発進@2017チューリップ賞・ソウルスターリング!

たった3ヶ月で頭がよくなる牝馬。 芦田愛菜か?とつっこみたくなる関東の天才少女・ソウルスターリング。 フランケル産ということで、オークス参戦は藤沢師も慎重な発言でしたが、もちろん桜花賞は参戦。 牡馬路線のサトノアレス、レイデオロに誤算が生じて…

キンシャサノキセキ再来なるか!2017オーシャンステークス・メラグラーナ!

2016年はリーディングジョッキーながら、G1での戦績があまりに物足りなかった戸崎圭太。 今年は牝馬クラシックはフローレスマジック、牝馬の古馬には相変わらずの1800m女帝のルージュバック、そして芝短距離にはこの馬。 そう、メラグラーナです。 南半球産…

低レベルにもほどがあるぜJRA@2017弥生賞・カデナと福永祐一。

例年、弥生賞といえばメンバーがそろうんですが・・・ 2勝馬、重賞未経験のダイワギャグニーが2番人気に推される、という低レベルだった2017年の弥生賞。 このメンバーであんな後ろから競馬しているようでは、申し訳ないが本番はいらないでしょうなカデナ…

戸崎騎手は牝馬で狙うのがよい?2017エンプレス杯・ワンミリオンス

Jpn2といわれても正直ピンときませんが、地方G2という格付けでよろしいのでしょうか? 2017年の牝馬限定戦開幕ともいえるエンプレス杯。 今年は順当に1番人気ワンミリオンスが快勝。 距離が微妙に長いかな、とも個人的には思っていましたが、庭ともいえる川…

自分、不器用なんで。でも勝つときはあっさりです。2017水仙賞・イブキと田辺騎手。

今年の新種牡馬のルーラーシップとリーチザクラウン。 どちらにも共通なのが、好位で競馬、ができない。 そんな血脈が産駒にも受け継がれているようです。 新潟2歳ステークスで上位人気だったイブキ。 高速馬場が合わなかったのか、中山でまさかの逃げ切り。…

ブチコ姉さん、ぼくが後はがんばります@2017くすのき賞・シロニイ。

ブチコ。 シロニイ。 金子真人ホールディングスにしては雑なネーミングが続く白毛一族。 まあ「遊び」は車のハンドルしかり、大事な要素ではありますが。 デビュー戦から芝で人気していたのが信じられないくらいの、毎度毎度のダート巧者。 4コーナー先頭の…

2017年の3歳オープンは荒れる!またも小波乱。2017すみれステークス・クリンチャー!

もはや逃げるしかないタガノアシュラ。 まあほっとけば誰かが捕まえてくれる。 と思いきや、今回は粘る粘る。 頭数が少ないとなぜか荒れる2017年の3歳オープン戦。 結果的にすみれSも荒れました。 勝ったのはクリンチャー。 ディープスカイ産駒ということで…

メイショウボーラー産駒のオープン馬。これは応援しなきゃ@2017かささぎ賞・デスティニーソング。

小倉といえばメイショウカイドウ。 函館といえばエリモハリアー。 そんな感じでローカル競馬場にはその競馬場をこよなく愛するサラブレッドがこれまで数多くいました。 小倉を愛する人といえば橋口元調教師。 そして、小倉1200m芝を愛した馬といえば・…

幸・芝・短距離。穴馬再来、3着には人気薄もついてきた@2017阪急杯・トーキングドラム!

幸騎手で芝短距離馬というと、ギャラントアローが浮かびます。 とはいえこの馬は逃げではない。 思わぬ結果に陣営もとまどっているようですが、高松宮記念が微妙に距離が短いということで、保留or回避とのこと。 ビッグアーサー回避。 ダンスディレクター骨…

さあ問題は次だ!ハービンジャーよ大志を抱け。2017アーリントンC・ペルシアンナイト。

デビューからずっと人気をしてきたハービンジャー産駒。 それがペルシアンナイトです。 もっと距離があってもよさそうな血統かなとは思いますが、結果的に陣営の選択が間違ってないんでしょう。 マイルで結果を残しています。 ベルーフは芝2000mを得意として…

ドバイ遠征組よ、奮起せよ!2017中山記念・ネオリアリズムとミルコ・デムーロ。

ドバイ遠征組。 中山記念から始動、というのが最近のトレンドです。 ドゥラメンテ、ジャスタウェイ、ヴィクトワールピサ・・・ 先輩たちに続けとばかりにヴィブロスやリアルスティールなどが今年も参戦した2017中山記念。 ヴィクトワールピサでドバイワール…

亡き父ステイゴールドにビッグなプレゼントなるか?2017フリージア賞・トリコロールブルー。

バリングラを負かしたのはまあまあ評価。 ただ、今年はハーツクライのほうがサンデーサイレンスでいえば勢いがある。 亡きステイゴールドにビッグなプレゼントをささげることができるのか? トリコロールブルーが見事2勝目を挙げました。 2017年のフリージ…

牝馬G3で存在感を見せ付ける男ととも久々の美酒@2017京都牝馬S・レッツゴードンキwith岩田騎手。

牝馬。1番人気。G3。 この3つがそろったとたん、神ってしまうのが2017年の岩田騎手。 愛知杯のマキシマムドパリに続いてこの馬も久々の勝利。 もともと勝ち味に遅い馬ではあるけど、ずいぶんかかりました。 波乱の桜花賞馬・レッツゴードンキ。 ストレイト…

父亡き後にG1制覇。できすぎたドラマか?2番人気・4歳馬でこのレース連勝のデムーロ騎手@2017フェブラリーS・ゴールドドリーム!

ゴールドアリュールが悲しいかな、亡くなりました。 その週に息子が結果を出す。 競馬ではよくある話です。 そんな話が現実となったのが2017フェブラリーS。 安定感はほぼない、という個性派・ゴールドドリーム。 なんとこの勝負服、フラワーパーク以来のG1…

これは超大物か!牝馬3冠、無敗で行くのか?2017つばき賞・ファンディーナ。

打倒ソウルスターリング。 打倒サトノアレス。 フジサワ包囲網が着々と狭くなっている2017年。 前走は逃げて9馬身差の楽勝。 今回は控えた3番手から楽に抜け出し連勝。 兄ナムラシングンよりも前で競馬ができ、かつ兄よりもキレる。 乗った川田騎手が「す…

主戦が四位騎手・関西馬と来ると、ついにウオッカ以来のクラシック制覇か?2017共同通信杯・スワーヴリチャード!

共同通信杯。 ジャングルポケット、昨年のディーマジェスティなど、数々のG1馬を輩出してきたレース。 東京巧者のプレスジャーニーがまた出てくるかと思いきや、今回は不在。 東京適性王の暫定決定戦みたいな感じになりました。 勝ったのは東スポ杯で2着に…

ルメールを止めるのはルメール?2017クイーンカップ・アドマイヤミヤビ。

チューニー、ダイワエルシエーロ・・・ このレースを通過点にするとどういうわけかオークスにつながる。 そんなイメージすらあるクイーンカップ。 って古いか。 ルメール騎手にはソウルスターリングがいることもあり、ルメール騎手もデビューから乗り続けて…

ブラックスピネルの妹は差して2勝目。2017あすなろ賞・モーヴサファイアwith北村友一。

2歳の夏から人気し続けて、そして裏切り続けたモーヴサファイア。 東京新聞杯勝ち馬のブラックスピネルの下、ということで期待値も高かっただけに、ようやくの2勝目が小倉500万下のあすなろ賞。 出世レース?ではないと思われますが、池添学厩舎は期待…

メイショウマンボも通過したこの路。この馬はどうだ?2017こぶし賞・マイスタイル。

武幸四郎騎手や田中博康騎手が2017年2月26日でいよいよムチを置いて調教師になります。 そんな武幸四郎騎手が号泣したのがメイショウマンボのオークス。 メイショウマンボがオークス制覇できたきっかけとなったレースがこぶし賞。 このレースを勝利していな…

堅い!と思ったら大波乱。これぞ新馬戦の醍醐味か?メイクデビュー東京・ピサノベルベットと松岡騎手。

東京コース。 良血馬がそろった1戦。 堅い、と誰しも思ったが、勝ったのはまさかまさかのピサノベルベット。 ひさびさにこの勝負服が躍動するのを見たような気がする。 松岡騎手、最近はサラリーマンっぽい結果しか出ていないので、そろそろ存在感を見せて…

前走ダートしんがり負け→芝で最低人気で勝利。2017春菜賞・ライズスクリュー!

前走シンガリ負け。 しかも前走はダート。今回は芝。 オリンピック精神でがんばってくれ! と思っていたら、まさかの最低人気馬の勝利。 それが2017年の春菜賞。 ライズスクリューと横山和生です。 弟が来月デビューということで、うかうかしれいられません…

スピはスピでもブラックスピネル!2017東京新聞杯・ブラックスピネルとミルコ・デムーロ。

スピネルで堅い。 そう思われた2017年の東京新聞杯。 終わってみたら確かにスピネル。 ただしエアじゃなくブラック。 ブラックといえば、G1意外で大物を食うイメージがあります。 ペインテドブラックがテイエムオペラオーをステイヤーズSで撃破。 って古すぎ…

松若騎手でクラシック制覇なるか?2017きさらぎ賞・アメリカズカップ。

2016年の勝ち馬はサトノダイヤモンドでした。 終わってみたら菊花賞・有馬記念を制覇。 今年のサトノはどんなもんでしょ? と思っていましたが。 ダイヤモンドの輝きには劣る。 アーサーとはそんなもの。 と思える結果が2017年のきさらぎ賞。 3番手からそつ…

ミリッサ相手になんとか逃げ切りは評価していいのか?2017エルフィンS・サロニカ。

たんたんとした逃げ。 ディープインパクト産駒で逃げ馬というとミッキーアイルが浮かびはしますが・・・ ミリッサが人気するような小粒なメンバー構成。 アドマイヤローザがいったん前に出るも差し返しての勝利は価値はある。 問題は3月の桜花賞トライアル…

わずか3頭出走の米国産馬が上位独占。2017ごぎょう賞・スーパーモリオン。

終わってみたら、、、というのが競馬タラレバです。 まさにそんなレースになったのが2017年のごぎょう賞。 ディープインパクト、キングカメハメハ全盛となっている2017年。 ○外が今回は3頭出走。 まさかのその3頭で1~3着独占。 昨今のJRAでは珍しい結果…

5ヶ月休み明け快勝。シュヴァルグラン・ヴィブロスのいとこ・インヴィクタ!@2017梅花賞

重賞までは手が届く。 が、G1にはご縁がない。 それがハービンジャー。 という歴史が続いていますが、覆せるのか? という馬が2017年梅花賞勝利のインヴィクタ。 サトノの里見オーナー。 ディープインパクト、キングカメハメハでおなじみの金子真人ホール…

ロードアルティマの最高傑作。2017クロッカスS・タイムトリップと戸崎圭太。

勝負服もかっこいい。 競馬の内容もかっこいい。 小回りのほうがあう馬かと思っていましたが、府中でこの脚を使えるとは。 坂もこなして本賞金もNHKマイルカップに向けてほぼ当確といえるライン。 父ロードアルティマというのがまた渋い。 昨年のきんもく…

準オープン勝ち馬→いきなりG1馬に。2017川崎記念・オールブラッシュ!

ウォーエンブレム産駒というと気性が荒いといったイメージ。 そして意外にも芝馬でブラックエンブレムを輩出している穴種牡馬です。 川崎記念に準オープン勝ちからの参戦でまさかの勝利。 ふがいないのがミツバ、サウンドトゥルーなどのオープン勢。 展開に…

九州男児が九州で一発回答。ミサイルマンもいるがカネヒキリ最高傑作なるか?2017佐賀記念・ロンドンタウン。

骨折明けとなった川田騎手。 先週のサトノアーサーは2着と結果を残せなかったといえます。 とはいえ、勝負勘など、やはり休むと鈍るもの。 しっかり巻き返しました。 カネヒキリは期待されつつも急逝してしまいました。 そんな中、種牡馬になれるかはわかり…

5番人気、6番人気で連勝。コロナシオン轟沈@2017セントポーリア賞・ダイワギャグニー。

父キングカメハメハ。 母トリプレックス。 それなりの血統なんですが、なぜか人気しない。 それが美浦・菊沢厩舎の管理馬・ダイワギャグニー。 POGでも人気のブエナビスタの初仔・コロナシオンは10着に大敗。 クラシックうんぬんの馬ではないことはこれで…

ミッキーアイル電撃引退もおいが後はがんばります!2017メイクデビュー東京・インシュラー。

美浦・宗像厩舎といえばバランスオブゲームが浮かびます。 久々に春クラシック参戦が可能な馬と出会えたのか? と思えるのがシルクレーシングの馬・インシュラー。 父マンハッタンカフェ 母アイルドフランス 芝1800mデビューで1番人気。 ヤネもルメール騎手…

57.5キロでも連覇達成。2017シルクロードS・ダンスディレクターwith武豊。

年を取ると難しいのが短距離界での活躍。 だいたい6歳くらいがピークなイメージもあります。 そんな中、ある意味異色の7歳馬がこのレースを連覇。 シルクロードSを2016年に続き制したのはダンスディレクター。 外を回して前をお掃除。 ネロがハイペースに…

キャンベルジュニア以上の○外か?新マイラー光臨。メイクデビュー京都・フィアーノロマーノ。

吉田和美。 マイラー。 と来ると浮かぶのが惜しまれつつ引退したモーリス。 早々と満口ということで、種牡馬生活もいいスタートを切りました。 そんな吉田和美&マイラーの新馬が快勝したのが今回の京都。 父ファストネットロック、という背景からも狙いはマ…

ブロードアピール再来か?2017根岸S・カフジテイクと福永祐一。

4コーナー最後方だった馬が2頭馬券に絡んだのが2017年の根岸S。 一昔前の話ですが、鬼脚で怒涛の追い込みを見せたブロードアピールを彷彿とさせる競馬だったのがカフジテイク。 好位をとって2着に入ったベストウォーリアがかなり強い、ということはわかり…

「まだまだ余裕」で2戦2勝。ダート1400mは日本レコードで走る馬・2017はこべら賞・アディラート!

ケンタッキーダービーの優先出走権をかけたレース。 カトレア賞とヒヤシンスS。 カトレア賞はモンサンレガーメが制し、まず1歩リード。 ですがフォギーナイトなども虎視眈々と出走権を狙っており、フェブラリーSより陣営の本気度が試されるレースがヒヤシン…

新G1・大阪杯に向けて好発進か?2017AJCC・タンタアレグリア。

G2までは通用するけどG1じゃ足りない。 そんなイメージがしたのがタンタアレグリア。 というよりも母タンタスエルテの仔は牡馬も牝馬も不思議とそんな感じの馬が多い。 昨年の春の天皇賞以来という長期休養明けも、インをつくと決めていた蛯名騎手の好判断で…

ウイン軍団、悲願のクラシック制覇なるか?2017若竹賞・ウインブライトwith松岡正海

デビューから期待はされつつも未勝利脱出に時間がかかりました。 姉のウインファビラスより仕上がりがやや遅いのは逆にクラシックに向けては好都合なのか? そう思えるのが若竹賞快勝のウインブライト。 2017年の牡馬クラシックは後ろから切れ味を見せる馬が…

ノンコノユメはおれが引き継ぐ?2017東海S・グレンツェントwith横山典弘。

初ダートのラストインパクト。 登録のみで回避にはなりましたがあがり馬・ミツバ。 古豪・アスカノロマン、インカンテーション。 など、メンバーがそろった今年の東海S。 勝ったのはシルクフォーチュン以来のダート大物かな?と思えるシルクレーシング所有の…