見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

「すばらしい能力の持ち主。本当にヤバイ」byデムーロ。アメリカ3冠レリゴー♪2017プラタナス賞・ルヴァンスレーヴ。

父シンボリクリスエスといえば、古くはサクセスブロッケンなど、どちらかといえばダート、というイメージがありました。 最近ではエピファネイアが出てきたこともあり、芝・ダ兼用中距離、というイメージに私の中では変わりましたが、一発屋、というイメージ…

オークス4着からの飛躍。史上初紫苑S勝ち馬&ハービンジャー産駒のG1初勝利@2017秋華賞・ディアドラとクリストフ・ルメール。

父ハービンジャー。 鳴り物入りで来日したわけですが、ワークフォースともども期待されたほどの産駒がこれまで出てきませんでした。 G2くらいまではなんとかなるけど、G1ではおよびじゃない。 そう個人的には思っていたんですが、ついにその日が来ました。 …

内枠、出遅れ、台風による不良馬場・・・その結末は?2017天皇賞・秋・キタサンブラックと武豊。

宝塚記念は不可解な敗退をしてしまったキタサンブラック。 2017年は秋3戦と決まり、来年からは種牡馬入りも決まりました。 母父サクラバクシンオーにブラックタイド。どれだけ需要があるかは未知数ですが、強いという意味ではオルフェーブルくらいのイメージ…

トゥザヴィクトリーの息子を撃破し2勝目!ダービー2着の兄を超えるか?2017黄菊賞・マイハートビートと幸英明。

2000mはやはり長いのか? そう思えたのがトゥザヴィクトリーとロードカナロアの間に生まれたトゥザフロンティア。 とはいえ勝ち馬はサトノクロニクル、ダービー2着のサトノラーゼンの弟・マイハートビート。 血統だけでいえば負けていなかっただけに、オッ…

芸術的な逃げ。府中1800展開いらず。冴え渡る岩田騎手の手綱@2017府中牝馬S・クロコスミア。

今年乗れているのが関西リーディング4,5位を争っている和田騎手と岩田騎手。 もちろんデムーロ、ルメール、戸崎騎手の三つ巴のリーディング争いに参戦できるほどの勝利数ではないんですが、キラリ光る騎乗が2017年は目立ちます。 3歳時にも大穴をあけてい…

9年連続産駒がJRA勝利。偉業達成クロウキャニオンの子@2017メイクデビュー京都・フォックスクリーク。

クズが出ない。 まさにこの形容がふさわしいのが金子真人ホールディングスの勝負服で走っていたクロウキャニオン。 母になってからのほうが有名になりました。 中内田調教師通算100勝のメモリアルともなった今回のメイクデビュー京都。 そつのない競馬で…

桜花賞馬の姉を超えろ!2017メイクデビュー東京・マウレアと戸崎圭太。

アユサンといえば、デムーロ兄弟ワンツーで決まった桜花賞が浮かびます。 主戦の丸山騎手だったら桜花賞はどうだったのか、というタラレバを考えるのも面白いですが、気づけば全妹がデビューしました。 姉と似たキレを見せて芝1600m府中コースを差し切…

重賞5勝目。そろそろG1勝利が欲しい!2017白山大賞典・インカンテーションwith岩田康誠。

地方の目安、といいますか、この馬より強い馬はまあそこそこ強いんだろうな、という目安になっているのが個人的にはカツゲキキトキト。 地元勢や地方馬同士だと1400mから2500mまで幅広く勝てるわけですが、JRA馬とぶつかると勝てなくなる、という…

8馬身差圧勝でホワイトフーガ以下一蹴。強すぎるマンハッタンカフェ産駒@2017レディスプレリュード・クイーンマンボ。

ばいばいホワイトフーガ。 そう思える楽勝劇・世代交代を印象づけたのが2017レディスプレリュード。 芝に浮気して失敗したクイーンマンボがルメール騎手とのコンビでダートに戻ってあっさり、という内容。 ホワイトフーガも決して弱い馬ではないですが、…

元JRA馬が意地を見せた。北島三郎オーナーのバースデーの花を添えた@2017東京盃・キタサンミカヅキと繁田健一。

JRAのダート短距離オープンでも人気をしていた馬が船橋に移籍。 地方馬になったところで強さは変わらないはず。 が、オッズが変わるんですよね。 ドリームバレンチノ、ニシケンモノノフ、ショコラブランなど、JRA勢馬が参戦の今年の東京盃。 終わってみたら…

道営勢が1~5着独占。JRA勢を完全撃破@2017エーデルワイス賞・ストロングハートと阿部龍騎手。

交流重賞ときくと「JRA勢の草刈場」というイメージもあり、全否定はできませんが、今年の2歳、特にホッカイドウ勢はほんとに元気がいい。 そう思える結果が如実に出たのが2017年のエーデルワイス賞。 JRAからは4頭がエントリーするもいずれも掲示板にすら乗…

「芝・ダどちらでもやれそう」by福永。2番手抜け出し4馬身差圧勝の2017メイクデビュー東京・デルタバローズ。

デルタといえばデルタブルース。 というのがこれまでの定説?だったわけですが、父イントゥミスチーフの○外・デルタバローズの登場で歴史が覆るかもしれません。 堀厩舎の管理馬に福永騎手、ということで、継続騎乗はなさそうなコンビではありますが、府中の…

大差勝ちの次は4馬身差圧勝。20年ぶりのレコード更新の快速馬誕生@2017なでしこ賞・ハヤブサマカオーとルメール騎手。

速すぎる。 父シニスターミニスターということで、素人目にもダートだろうな、というのはわかりますが、相手関係がある競馬で大差勝ち、そして4馬身差楽勝、となると、来年のUAEダービー、またアメリカ3冠の夢が見たくなります。 それが今年のなでしこ賞勝…

芝2000mの勝ち時計がなんと2分12秒9.不良馬場の激戦を制したのが2017メイクデビュー京都・グレイルwith武豊。

メジロブライトのデビュー戦のオッズ・時計を見ると、とてもG1に縁があるような競馬ではありませんでした。 が、競馬は持ち時計だけではない、というのがメジロブライトが教えてくれた教訓ともいえます。 そういった意味で、非常に興味深いタイム。 芝2000m …

重賞3勝目。今年重賞10勝目となった武豊「次も楽しみ」@2017富士S・エアスピネル!

結局この勝負服にはこの男しかいないのかな。 と思えたのが2017富士Sを勝利したエアスピネルと武豊騎手。 札幌記念ではルメール騎手に乗り代わりという屈辱を味わったものの、結果オーライでダイアナヘイローで北九州記念を制覇できた武騎手。 イスラボニー…

「馬の地力に助けられた」by吉田隼人。次は全日本2歳優駿or阪神JF@2017くるみ賞・モルトアレグロ!

マイルまではもってほしい。 POGで指名しているだけに悲願ともいえますが、モルトアレグロが1400m芝で2勝目をあげました。 単1.8倍という圧倒的支持に応えたものの、距離は1600mがギリギリ、というのが主戦・吉田隼人騎手のジャッジ。 同じスパイツタウン…

ただ1頭内を通って単60倍で勝利!柴田大&コスモのコンビでさあクラシックへ@2017アイビーS・コスモイグナーツ。

7頭立ての2歳オープン。 ウオッカの息子・タニノフランケル。 バウンスシャッセの弟・フラットレー。 上記2頭が人気をかぶった今年のアイビーS。 6頭立てなのに馬連が万馬券という波乱の結果になりました。 勝利したのは6番人気のコスモイグナーツ。エ…

父ルーラーシップ・母の父ディープインパクト、ともにG1初勝利@2017菊花賞・キセキ。

父ルーラーシップ 母の父ディープインパクト ともにG1初制覇となったのが2017年の菊花賞。 ダービー上位組、その最たるダービー馬レイデオロは神戸新聞杯勝利→ジャパンカップ、という異色のローテで挑むことになり菊花賞不在。 押し出される形で人気にな…

「こういう馬場でもよくがんばってくれた」byルメール。ラムセスバローズとの一騎打ちを制した2017メイクデビュー東京・オブセッション。

藤沢厩舎とルメール騎手。 というよりも、関東の厩舎とルメール騎手、といったほうがしっくりするかもしれないコンビ。 メジャーエンブレムも美浦・田村厩舎でしたし。 そんなコンビからまた新たな馬が登場。 芝2000mデビューということで、素質馬がそろった…

「上のクラスでも楽しみ」byデムーロ。将来性に太鼓判か。2017サフラン賞・レッドレグナント。

ロードカナロアといえばやはり岩田騎手。 ところが新種牡馬産駒デビューとなった今年、大物には乗れていません。 いい出会いがあるといいのですが・・・と思いますが、こればかりはめぐり合わせ・タイミング。 500万下とはいえなかなかのメンバーがそろった2…

ストロングリターン産駒が2歳オープン勝利!抜群の勝負根性を見せたペイシャルアス@2017カンナS。

父ストロングリターン。 これだけでも競馬ファンなら「おお!」といったところ。 それがなんと2歳オープンを勝ってしまうのだから競馬はやはり面白い。 4番手からそつなく抜け出したペイシャルアス。 イケメン・石橋脩騎手の「思ったとおりの競馬ができま…

ミルコもニッコリ・楽逃げ切りの1番人気@2017メイクデビュー中山・グローリーヴェイズ。

シルクの勝負服でミルコ・デムーロ。 なんとなく田辺騎手のイメージが最近はありますが、クラシックではたぶん乗らないんだろうな、という内容で勝利したのがグローリーヴェイズ。 どスローを逃げて1着。 これじゃ次はどうなるかわからぬ。 最後に後ろを突…

「かなり能力はありそう」by武豊。断然の上がりで勝利@2017ヤマボウシ賞・ドンフォルティス。

ドンといえばドンクール。 やはりダートが似合う冠ではあります。 父ヘニーヒューズということで、アジアエクスプレスは朝日杯FSを制覇してはいますが、持ち味はやはりダートなのかなと。 後方4番手追走から鮮やかに差しきったドンフォルティス。 ヤネは熊…

1984年以降最高の単勝支持率87.74%!4馬身差圧勝で支持に応えた@2017・2歳未勝利・ヘンリーバローズ!

個人的に「2018年のダービー馬」と思っているのがヘンリーバローズ。 初戦はワグネリアンとのたたきあいに敗れましたが、相手はあっさり連勝でオープンも勝利。 かなりハイレベルだったのは間違いないメイクデビューでした。 残念ながら再度の戦線離脱になっ…

王様誕生か?アドマイヤの救世主なるか!2017メイクデビュー阪神・アドマイヤキング。

父キングカメハメハ 母アドマイヤテンバ と聞いても、特にピンとこないかもしれませんが、祖母はアドマイヤグルーヴ、おじはドゥラメンテとなると話は違ってきます。 まだ子供っぽくて競馬が分かっていない。 反応が遅かったけどよく伸びています。 が、騎乗…

3年2ヶ月ぶり。G1ジョッキーが意地を見せた&南井調教師も4年ぶりの重賞勝利@2017シリウスS・メイショウスミトモ。

スミトモと聞くと、浮かぶのは住友、でしょうか。 ですがメイショウの冠ですので、やはり平将門と並んで日本史で学ぶ藤原純友ではないでしょうか。 歴史ではひとくくりに「海賊」とされていますが、もと公家です。 といっているとどんどん競馬から離れていく…

7歳牝馬が古豪を撃破。史上初、同一重賞9勝目偉業達成おめでとう!2017京都大賞典・スマートレイアーと武豊。

京都といえば武豊。 スーパークリークはじめ、数々のすばらしいレースを見せてきました。 そんなレジェンドがついに京都大賞典9勝目を達成。 スマートレイアーが強気の牡馬挑戦で見事勝利。 サウンズオブアース、シュヴァルグランなど、G1キャリア豊富な馬…

サトノアラジン、グレーターロンドンの猛追をしのいでスーパーG2勝利@2017毎日王冠・リアルスティール!

福永騎手のお手馬だった2頭が、ともに秋には別のパートナーとコンビを組むことになりました。 皮肉なことにどちらも外国人騎手。 とはいえ、リアルスティールについては外国人騎手のほうが正直合っていると思われます。 そんな競馬ファンが多かったのか、今…

「能力高く、まだ成長の余地あり」by藤岡佑介@2017メイクデビュー京都・タングルウッド。

地味に2017年の2歳戦で乗れている騎手。 それが藤岡康太騎手の兄・佑介騎手。 もともと川田騎手と同世代なわけで、あの世代は力はあるんですが、藤岡兄はまだG1を取れていません。 そういった意味でこの馬は案外おもしろいんじゃないか?と思えるコンビがメ…

ウオッカ、ダイワスカーレットに続きブエナビスタも2歳馬初勝利@2017メイクデビュー京都・ソシアルクラブ。

正直、大成しなさそうな馬名をもらってしまったソシアルクラブ。 せっかくお母さんがブエナビスタとおしゃれな名前をいただいたのになんで英語。。。 栗東・池添学厩舎と大内田厩舎はどういうわけか高額馬がけっこう委託されています。 まだG1で結果が出てい…