見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

父キンシャサノキセキ×母の父ディラントーマス=スプリンター?2017函館2歳S・カシアスと浜中俊。

勝負服が大樹レーシングに見えなくもない馬。 それが2017年の函館2歳S勝ち馬のカシアス。 父はキンシャサノキセキ。 母の父ディラントーマス。 なぜスプリンター?と思いますが、思いっきり父が出てるんでしょうなあ。 そして浜中騎手も函館の重賞は久しぶり…

ブルースリに続けるか?ひさびさに大物か。2017名鉄杯・オウケンワールド。

昨年のシリウスS勝ち馬のマスクゾロの復帰初戦ということで楽しみにしていた2017年のオープン特別・名鉄杯。 まさかの競走除外で不参戦に。 押し出される形、いや、結果的にこの馬がもともと1番人気だったんだろう、という馬がオウケンワールド。 オウケン…

メイショウサムソンとサンデーレーシングのコラボ。重馬場も 結果的には 味方した@2017函館記念・ルミナスウォリアーと柴山雄一。

吉田隼人。 今年ともにがんばろうと決めていたはずのゴールドアクターをおろされました。 そこで確変した模様です。 洋芝。 2000M。 とても合うとは思えない環境のタマモベストプレイでまさかの2着。 今週の函館2歳Sではモルトアレグロと出走予定で…

マグニフィカ以来の地方馬の勝利は代打・本田騎手の魂の騎乗@2017ジャパンダートダービー・ヒガシウィルウィン

度胸が据わっていると評判の本田正重騎手。 JRAのサンライズソア、サンライズノヴァ、そして悲願のG1制覇を狙う若武者・木幡巧騎手騎乗のリゾネーター。 そして川島騎手騎乗のタガノディグオ。 南関東はほんとに騎手の宝庫。 的場文男騎手とかもしJRA…

アルアインはおろされた。でもこの馬だけは・・・2017マーキュリーカップ・ミツバwith松山騎手。

この勝負服を見るとゴールデンジャックが浮かぶ世代です。 松山騎手、アルアイン結局下ろされてしまいました。。。ダービーはミスとはいえないまでも、勝ちに行く騎乗ともいえず、及第点の競馬。 とはいえキングヘイローの福永騎手よりははるかに落ち着いて…

攻めに攻めて見事差しきり。寺島良厩舎が開業2年目で見事重賞初制覇!2017プロキオンS・キングスガード。

12番枠。しかもダート1400m。 内にもぐりこむ余裕はないはずですが、巧みにもぐりこみました。 そして直線では前がつまらないよう外へ。 そこからは豪快な末脚。 カフジテイクがやりたかった競馬でしょうが、カフジテイクの福永騎手は、教育の意味もこめて今…

後に骨折が判明も能力は示した@2017七夕賞・ゼーヴィントと戸崎啓太。

今年の福島は好事魔多し。 セダブリランテスで初重賞勝利を飾った石川騎手は、その後落馬負傷で戦線離脱。 そして今回、七夕賞を勝利したゼーヴィントは後に骨折が判明し、復帰は来年2018年になるとのこt。 どちらもシルクの所有馬。 馬にはなんの罪もない…

手塚厩舎のヘニーヒューズ産駒。2頭目の勝ち上がり。メイクデビュー福島・オーヴァーライトと内田博幸。

ヘニーヒューズ・手塚厩舎。 つい先日、モスコローソのご紹介をしたばかりですが、またもこのコンビで新馬勝ちが出ました。 サンデーレーシング所有のオーヴァーライト。 今回は1.5倍の圧倒的人気で勝利。 ダート1150mということで、モスコローソと違い短…

「これからどんどん吸収しそう」北村宏手ごたえ十分@メイクデビュー福島・レーツェル!

レーツェルときくと、マイネレーツェルが浮かぶ世代です。 というかほかにレーツェルっているんだろうか。 と思ったら今年の2歳馬は父マンハッタンカフェ産ということで一味違う。 美浦・伊藤大士厩舎所属の牝馬です。 問題はどスローで逃げて勝利という内…

イブキ弟、白星発進。2017年夏は短距離系種牡馬大活躍!メイクデビュー東京・テンクウ。

イブキといえば昨年の新潟2歳Sでも人気した馬。 その弟が父ヨハネスブルグに変わったテンクウ。 芝マイルでもちと長いかなと思いましたが、兄よりキレる脚を持っている印象。 1800mがギリギリかなと思いますが、NHKマイルカップ、安田記念etc、今はクラ…

父ヘニーヒューズに初の内国産としての勝利をプレゼント。5馬身差圧勝@メイクデビュー東京・ムスコローソ。

モーニン、アジアエクスプレスなど、ある意味、ヘニーヒューズは馬場幸夫所有馬が大成する、的な神話が生まれつつありますが・・・ 手塚師が管理ということで、やはりマイラーとしての資質はかなりありそうなムスコローソ。 5番手追走から楽に抜け出し気づ…

女王ホワイトフーガを撃破。ララベル・タイニーダンサーを抑えて突き抜けた@2017スパーキングレディーカップ・アンジュデジール!

サンビスタ不在となったダート女王。 後継者はホワイトフーガとみていましたが、若手の台頭がありました。 関東オークス2着から参戦のアンジュデジールが内 とはいえ52キロで出走できたのに対し、ホワイトフーガは58キロ。 ハンデ戦のようなレース。 デ…

新種牡馬エイシンフラッシュ産駒・初勝利はこの馬@メイクデビュー東京・スワーヴエドワード。

新種牡馬・エイシンフラッシュ。 秋の天皇賞のデムーロ騎手の下馬してあいさつ、のイメージが強いですが、何気にダービー馬だったりします。 2着が後藤騎手のローズキングダムだったのもなつかしい。 そんなエイシンフラッシュ、オルフェーブルは出だしがい…

デムーロ、武豊の春3冠の記録を阻止。2017宝塚記念・サトノクラウン。

父マルジュというのは日本であまりご縁がないですが、この馬だけは大活躍。 香港でハイランドリールを撃破、京都記念に強い馬。 そんなイメージだったサトノクラウン。 クラシック戦線では人気を背負いながらも結果が出せませんでしたが、2歳からずっとハイ…

ディープインパクト最速1400勝利達成の記念。メイクデビュー阪神・ダノンプレミアム。

まさにプレミアムな勝利となったメイクデビュー阪神。 母インディアナギャルとの間に生まれたディープインパクト産駒。 それがダノンプレミアム。 2着のスプリングスマイルには4馬身差をつけての圧勝。 キングカメハメハの記録を大きく宇和まり史上最速で…

父コンデュイット、美浦・武市康男調教師にG3勝ちをプレゼントしたのは・・・東京ジャンプS・シンギングダンサー!

1番人気ハギノパトリオットは見せ場なく敗退したものの、障害7戦目で重賞制覇を決めたのがコンデュイット産のシンギングダンサー。 まだ4歳の牡馬ということで、伸び代もありそうです。 鞍上の金子光希騎手も2015年以来の重賞勝利。 そして開業12年…

同じスパイツタウン産駒。目指せリエノテソーロ、追い越せ先輩!メイクデビュー函館・モルトアレグロ。

リエノテソーロ二世。 同じ厩舎・同じスパイツタウン産ということでデビューから1番人気のモルトアレグロ。 屋根はもちろん吉田隼人。 きっちり結果を出しての勝利。 3番手から抜け出し危なげなく勝利。 先輩と同じく交流重賞エーデルワイス賞を視野に入れ…

まさかの出遅れ。終わってみたら逃げ馬が追い込んで勝利。2017帝王賞・ケイティブレイブと福永祐一。

Winkの「淋しい熱帯魚」。 初めて購入したCDがこれだったので今回は勝ちたかったと豪語した福永騎手。 不器用な馬だけに、逃げてこそ、あるいはモマれない位置でこそ、の馬のはずが出遅れて後方から泥まみれ。 まさかの新味が引き出せた今回。 ドバイ帰り…

「これで負けるなら相手がどれだけ強いんだろうと」by柴田大知@メイクデビュー東京・マイネルユキツバキ。

真夏のメイクデビュー東京。 雪椿とはまたオシャレ。 まあクリスマスという馬がやけに夏に強いこともあり、「名は体をあらわす」わけではないんでしょうが。 西ではコスモインザハートで双子が勝利。 今年は柴田兄弟の一年になるんでしょうか。 父アイルハヴ…

「上のクラスにいける馬、」今年初勝利の柴田未崎、上がり最速で勝利@メイクデビュー阪神・コスモインザハート。

インザ~ときくと、ダンスインザダークが浮かびますが、そこまでの馬かはともかく。 マイネル軍団・柴田となると、マイネルホウオウが浮かびますが、柴田は柴田でも未崎騎手にお手馬が誕生。 父ハーツクライということで、今回芝マイルで勝利していますが、…

函館1200mレコード更新。またも3歳牝馬。2017函館スプリントS・ジューヌエコール!

正直、斤量を見直したほうがいいのでは・・・ ほぼ毎年50キロの軽量牝馬が来るレース。 それが函館スプリントステークス。 今年は高松宮記念勝ち馬・セイウンコウセイが56キロを魅力に感じたか参戦。 とはいえ、重賞勝利はこれひとつ。 格上とはいいきれ…

若武者岩崎VSベテラン戸崎のサンライズ対決実現!勝ったのはサンライズソア。2017ユニコーンS。

サンライズ2頭出しとなった2017ユニコーンS。 どちらも上位人気ながら、若武者・岩崎騎手とのコンビが新鮮だったサンライズソア。 ベテラン・戸崎騎手とのコンビのサンライズソア。 今回はベテランに軍配があがりました。 同じく2頭出しのテソーロ軍…

「調教での手ごたえどおり、上手に競馬をしてくれた」2017メイクデビュー阪神・アイアンクロー。

父アドマイヤムーン。 そう聞くと浮かぶのはハクサンムーン。 アドマイヤムーン自身はジャパンカップを勝利したり、長距離で活躍してましたが、エンドスウィープということで、やはりスプリント色が強いんでしょう。 ローテはしばらく1200mにこだわって…

反応よし・余裕あり。最後は手綱を緩める余裕。2017メイクデビュー阪神・アマルフィコースト。

浜中騎手。 レーヌミノルの降板、ミッキークイーンでのヴィクトリアマイル惨敗など、2017上半期はいまいちだった印象もありますが、ここにきてエプソムカップをダッシングブレイズで勝利。 宝塚記念では再度ミッキークイーンとコンビを組むだけに勢いは大事…

「出たなり」の後方追走から大外一気!断然人気レピアーウィット撃破@メイクデビュー東京・プレトリア!

アジアエクスプレスの弟・レピアーウィット。 芝デビューとなりました。 セレクトセールで億単位で落札された馬だけに断然人気もやむなし。 ですが、血統がいい馬が常に勝つわけではないのが競馬。 JRAブリーズアップセールで1250万円で落札されたプレト…

「すごく堂々としていた」両親所有の金子オーナー満足げ@メイクデビュー東京・ジナンボー!

名牝から名馬が生まれない。 ウオッカ、ダイワスカーレット、メジロドーベル・・・ 日本の例外といえるのはエアグルーヴ・アドマイヤグルーヴと続く系統でしょうか。 はたしてこの馬はどうか。 アパパネの息子・ジナンボー。 やる気がない名前ですが、金子真…

4コーナー先頭から強気に押し切り。4年半ぶりの重賞勝利の藤岡佑介騎手とともに@2017マーメイドS・マキシマムドパリ。

今年の愛知杯勝ち馬。 そう考えると順当なはずなんですが、なぜか3番人気。 これは5年以上重賞に縁がなかった藤岡兄効果? 1番人気はトーセンビクトリー。 武豊騎手も首をひねるばかりの敗戦で9着。 2番人気クインズミラーグロは幸騎手のそつのない騎乗…

レース当時朝無念の出走取り消しのエピカリス。勝利したのはタピット産駒の葦毛@2017ベルモントS・タップリット!

サンダースノーと互角に戦えたUAEダービーだっただけに、かなり期待していたんですが、、、まさかの出走取り消し。 それがエピカリス。ルメール騎手も今年春は好調だっただけに残念でした。 そんな2017年のベルモントステークスを勝利したのは、ラニと同…

重賞8度目の挑戦で念願の初勝利。内ラチ激突から復活は浜中も。2017エプソムC・ダッシングブレイズ。

東京新聞杯一番人気。 そう考えればエプソムカップを勝利しても驚きはしませんが。 父キトゥンズジョイというのが日本でなじみがないだけに、距離適性含め悩ましいところですが、結果的に中距離で正解。という切れ味でした。 まだ5歳。 秋の天皇賞に向けて…

独走でショコラブランをちぎりすてた!2017北海道スプリントC・ニシケンモノノフ。

北海道スプリントカップ。 ダート1000mだと思っていたんですが・・・いつのまに1200mに? メイショウボーラー産駒ではひょっとしたら最高傑作と思われるニシケンモノノフ。 中央ダートG1では適鞍がありませんが、JBCスプリントや韓国など、選…

「走る馬」絶好調のルメールを背にサトノオンリーワンを完封。2017メイクデビュー東京・ステルヴィオ。

くしくも父が勝利した安田記念当日に見参したのがロードカナロア産駒のステルヴィオ。 母ラルケットから少しスタミナをもらえたのかデビューから芝マイルで結果を出しました。 フローレスマジックで今年のオークス参戦を果たした美浦・木村調教師の管理馬。 …

「調教の雰囲気と同様にまじめに走ってくれた」by北村友一。ノヴェリスト産駒最初の勝利はこの馬!メイクデビュー阪神・ヴァイザー!

個人的にドイツの血統は面白いと思っていて、そんな中から出てきたのがノヴェリスト。 今年の2歳がデビュー1年目ということになります。 わたしの期待馬はダンスインザムードにノヴェリストをつけた今年の2歳。 栗東・松永幹厩舎ということで、初ものずく…

2017東から最初の勝ち名乗りはこの馬。メイクデビュー東京・ヴィオトポスと柴田大知。

ああマイネヴィータは聞いたことがあるな。 フラワーカップやフローラSなど3歳春に重賞で人気を背負ったナリタブライアン産駒。 結果的には人気に応えることはかないませんでしたが、母として面白い馬を出してきました。 ヴィオトポス。 父マツリダゴッホで…

今年の一番星も平田厩舎&ユーイチ@2017メイクデビュー阪神・ケイアイノーテック。

ファンが多かったケイアイガーベラ。 そこにディープインパクトを配合してきたということで、POGでもけっこうとりあげられていた馬。 それがケイアイノーテック。 2017年も福永&平田コンビで新馬が開幕。 とはいえ、平田厩舎といえば秋山or池添がやはり馬券…

京王杯を昨年は1着。今年は9着。でも今年のほうが結果がいい。前走の着順はあてにならないね。2017安田記念・サトノアラジン!

モーリスでも制覇。 サトノアラジンでも制覇。 川田騎手、なにげに府中のマイルはうまい。 そして昨年に続き今年はハイペースでの逃げで粘ったロゴタイプがまたも8番人気で2着。 父ローエングリンのいいとこどり、というイメージですが、母のステレオタイ…

武豊のお手馬でワンツーフィニッシュ。2017鳴尾記念・ステイインシアトル。

お手馬ともいえるスマートレイアーは久々にデムーロ騎手。 武豊騎手はオープンクラス未知数のステイインシアトルで挑んだのが2017鳴尾記念。 結果は1,2着とワンツーとなり、武騎手の勝利。 スマートレイアーの癖は誰よりも知っているだけに、そこも優位に…

結果的にダービー除外で正解。秋に向けて本賞金加算成功@2017白百合S・サトノクロニクル。

今年のダービーは本賞金1500万円の馬すら除外となった混戦でした。 その唯一の除外対象だったのがサトノクロニクル。 サトノアーサーとのサトノ2頭出し、また池江厩舎4頭出しの夢はついえたわけですが、結果的には吉と出た印象。 主戦の川田騎手もダービ…

東京大好きフェイムゲーム!東京ハンデ重賞完全制覇達成@2017目黒記念。

ゴールドシップにあと少しまで迫った春の天皇賞。 それがフェイムゲーム。 オーストラリアG1では1番人気にもなりましたが、いまだにG1は未勝利です。 東京を得意としているように、左回りのほうがスムーズ。 とはいえ、ここまで人気を落としていたとは…

藤沢厩舎の悲願。牡馬クラシックついに制覇はキャロットファームとともに@2017日本ダービー・レイデオロ!

母の父シンボリクリスエスが1着3着となったのが2017年日本ダービー。 母系に入って味を出すのか。 そしてシンボリクリスエスといえば美浦・藤沢厩舎。 父にキングカメハメハを向かえ、レディブロンドからつながる藤沢ブランドがついに開花したのがレイ…

短距離王×フランスオークス馬=オークス馬・ソウルスターリング。2017オークス。

父フランケル 母スタセリタ。 これだけ見ると距離適性がよくわからない。 2歳女王になったこともあり、父が出たのかなと思いきや、今度は桜花賞を3着。 これでますますわからなくなって迎えたオークス。 結局、母系のよさにフランケルがコラボしたんだろう…

残念オークス。忘れな草賞のパクりのようなタイトルがついた@2017メルボルンT・アルメリアブルーム。

今年の3歳牝馬はソウルスターリング一強、となりそうな予感がしたオークスでした。 とはいえ、完成度の違いでこの時期にクラシックに間に合わなかった馬も当然います。 牝馬・福永・栗東管理馬、となると、遅咲きでいえばヴィブロスが浮かびます。 そこまで…

出走2頭の関東馬。最低&ブービー人気でワンツー!2017鳳雛S・ローズプリンスダム。

今年のダート3歳馬は豊富。といわれてきました。 UAEダービー2着のエピカリスはベルモントSへの出走を視野に。 ほかにも小回りコースで苦戦したリゾネーターも中央開催に戻ればまた話は別でしょう。 そこに殴りこみをかけるのか、またも関東からダート…

重賞初挑戦で4馬身ちぎりすてた無傷の5連勝。2017平安S・グレイトパール!

昨年のアウォーディーのごとく、ダート転向後、破竹の連勝を続けたグレイトパール。 G3とはいえ、クリソライト・クリノスターオーの韓国G1ワンツー組、グレンツェントなどなど楽ではないメンバーが集まった2017年の平安S。 3コーナー手前からおっつけてい…

58キロ。重馬場。東京1400m。すべてあっさり克服。叩き2戦目で一変。2017京王杯SC・レッドファルクスとミルコ・デムーロ。

1200m専用機。 そう思えた昨年のスプリンターズS勝ち馬・レッドファルクス。 今年の高松宮記念はビッグアーサー不在でしたが、まさかの取りこぼし。 得意の左回り、中京コースでの連をはずした競馬内容から今回も不安視、を個人的にしていましたが。 …

5年目岩崎騎手、東京競馬場初参戦で一発回答。2017青竜S・サンライズソア!

7番人気といきなり評価を落としたサンライズソア。 理由は騎手にありか? 5年目で東京競馬場初参戦の岩崎騎手。 この1鞍のために東京に参戦してきました。 外から豪快に伸びて勝利。 父シンボリクリスエスでダート馬となると、サクセスブロッケンが浮かび…

いつもいつもJRA所属馬ばかりじゃつまらない!2017かきつばた記念・トウケイタイガー。

地方交流競走。 聞こえはいいですが、JRA所属馬の草刈場となって長い年月が過ぎました。 いまだに改善?されないのは、やはりあまりにも能力差があるからなのか。 オグリキャップレベルじゃないともはやG1では無理なんでしょうか。 とはいえG3までなら…

重賞初勝利がG1。アドマイヤ軍団も久々国内G1勝利。2017ヴィクトリアマイル・アドマイヤリードとクリストフ・ルメール。

ステイゴールドの牝馬。 種馬としては黎明期が長かったステイゴールドは大物牡馬がなかなか出ず、主な産駒がソリッドプラチナム、という時代もありました。 今ではオルフェーブル、フェノーメノ、ゴールドシップと一挙3頭がスタッドイン。 そんなステイゴー…

「まだ余裕があった」すべて2番人気。すべて逃げ切り。これしか勝ちパターンなしの不器用さ。2017葵S・アリンナ

今年の3歳馬はタガノアシュラ含め、理性でコントロールできないわがままな馬が多い印象。 そんな3歳牝馬からアリンナがようやくオープン勝ち。 1200mということもあり、折り合い気にせずスイスイ不良馬場を逃げ切り。 不思議なことにこの馬は勝つとき…

会心の勝利に岩田笑顔。ファンディーナの代わりにこの馬でクラシック制覇か?2017矢車賞・ディアドラ。

皐月賞2着のペルシアンナイトを輩出し、ようやく日本の馬場に適性を見せ始めたハービンジャー。 牝馬路線でもなかなかの馬が出てきました。 矢車賞を勝利したディアドラ。 ブエナビスタの初仔でPOGでも人気のコロナシオンはここでも3着。 母を超える、…

壮絶叩きあいin新潟@2017新潟大賞典・サンデーウィザードと石橋脩。

個人的に思い入れのある馬。 元POG馬。といいますか、日本ダービーまで、というしばりが多いのがPOGです。 となると、古馬になってからは次の2歳馬に目がいくわけですが、その馬を選んだかくらいはさすがに覚えています。 そんな1頭が2017年の新…