見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

コンビで連勝・ユーイチ「いいポジションからいい競馬」秋の飛躍に期待の石坂厩舎の秘蔵っこ@2017あやめ賞・グラットシエル。

栗東・石坂厩舎。

そう聞くとやはりジェンティルドンナでしょう。

後継者となるとなかなか出てくるもんじゃない。

牡馬・牝馬とも、さすがにジェンティルほどの大物は毎年入ってはきません。

 

が、この馬は古馬になって化ける予感がする。

それがあやめ賞を勝利したグラットシエル。

父マンハッタンカフェ。芝1800mで見事2勝利目をあげました。

さすがにダービーは間に合わないうえに成長途上。

次は同じ距離の白百合Sを予定しています。

 

「休み明けだったけどきっちり仕上がっていたし、いいポジションからいい競馬ができた。これから少しずつよくなってくれれば」

これが福永騎手のコメント。

菊花賞で会いましょう。といいたい馬ですが、次走の内容にも注目したい。

www.youtube.com

ダートで一変。短距離ならジョーカプチーノ産は侮れない?2017端午S・マイネルバールマン。

マンハッタンカフェ産駒でダート馬、というのはあまり印象にありませんが、1代はさむとこういう馬も出てくるのか。

という勉強になったのが2017端午ステークス。

2歳から人気にはなっていたマイネルバールマンも3歳になってからはいまいちの内容。

矛先を転じたダートでいきなりの走りを見せました。

個人的に大物と勝手に見込んでいるシゲルベンガルトラ。

人気以上の走りとはいえ3着。

今年の3歳ダート界は兵庫CS含め、勝ち馬に個性があって面白い。

柴田大騎手も、この馬で地方交流jpn1、狙ってくるでしょう。

楽しみな馬が復活しましたね。

www.youtube.com

着差がクビ、クビ、ハナ、クビ。上位に差はなくオークスは厳しいか?2017スイートピーステークス・ブラックスピーチ。

ペルーサ、スピルバーグでおなじみの山本英俊オーナー。

サトノよりも運はあると思ってましたが、気づいたら逆転されています。

そんな山本オーナーに久々にG1参戦のチャンス。

 

ディープインパクト×ビジュアルショックで誕生したブラックスピーチ。

3番人気とやや人気を落としてはいましたが、北村宏騎手とのコンビで見事1着。

北村騎手といえばキタサンブラックの元主戦。

オーナー、藤沢調教師、そして北村騎手。

それぞれに思惑はあれど、オークスは混戦だけにチャンスは0ではない?

 

とはいえレースを見ればわかりますが、上位はほぼ同レベルの力。

この程度ではオークスはきついか?

レースをごらんいただいて判断いただきたい。

www.youtube.com

地方競馬の経験の差か?断然人気のリゾネーター、馬群に沈む。2017兵庫チャンピオンシップ・タガノディヴォと川島信二。

リゾネーターはじめ、2017年の3歳ダート馬、かなりいい馬が木幡巧也騎手にまわってきています。

アメリカ遠征ことついえたものの、ジャパンダートダービーで印が普通につくはずの馬、リゾネーターで挑んだ圧倒的1番人気の兵庫CS。

向こう正面で動く、というセオリーどおりの競馬をやりたかったものの、まさかの馬が途中からついていけない、という展開に。

その後ろにいたタガノディヴォは、リゾネーターの動きが鈍いとみるや、すばやく前にとりつく積極的な競馬。

川島騎手は地方競馬ではそこそこ乗りなれているだけに、ここは経験の差と、馬の適性の差がもろに出た感じ。

今回の結果=能力差ではないはずだけに、今年の3歳ダート界は面白くなりそうですねエピカリス含め。

www.youtube.com