読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

「幅広がる競馬」byウチパク。「新境地開拓」by矢作調教師@2017マーガレットS・オールザゴー!

個人的にマイル以上は切れ味鈍ると思っていただけになぜ1400mでやや人気がなかったのか謎だったのがオールザゴー。

母アルールイングボイスは生粋のスプリンターとはいえ、父にステイゴールドを迎えたので、どうにか1400mのオープンなら持つだろうと思っていたら、まあ勝ちました。

 

本賞金でNHKマイルカップは足りるのかもしれないが、夏のサマースプリントで稼いだほうがいい気もする。

 

まあ矢作厩舎なので、ぬかりなく仕上げてくるとは思うけどNHKに向かうにせよ。

500万条件だったとはいえ前走でマイルをこなしたのも驚きだったので、わたしが考えるよりもはるかに性能が高いのかもしれない。

 

レースはこちらから。

www.youtube.com

G1昇格元年・きっちり1番人気で応えた武豊。歌わないと決めたサブちゃんの歌声はいつ聴けるのか?2017大阪杯

終わってみれば「まあそうなるよね」という結果だったのが第一回となる記念すべき昇格元年・2017年大阪杯。

 

キタサンブラックがマルターズアポジーの逃げなんて気にもしないぜ、という感じの3番手追走。

やや押してステファノス。

無理して位置を取ると末脚をなくすと判断した昨年の覇者アンビシャスはいつもどおり後ろから。

 

結果はキタサンブラック楽勝。

キタサンマークにこだわった7番人気ステファノスが2着。

川田騎手は戦略的に乗ったほうがうまくいっている気がする。あまり感性で乗れる騎手ではないのかもしれない。まあこれは福永騎手にもいえるけど。

 

この勝利で年内引退撤回したサブちゃん。

夢はイギリス、フランスに飛ぶのか?

春は国内専念が濃厚なだけに2017年秋が早くも楽しみです。

www.youtube.com

キャンベルジュニアを破ったのは評価したいところ@2017ダービー卿チャレンジトロフィー・ロジチャリス。

今年のウチパクは地味に乗れている。

そう思えたのが2017年ダービー卿チャレンジトロフィー。

 

1年前に一番人気だったキャンベルジュニアがまたも1番人気。

連勝中のグレーターロンドンが回避、ということで、当然2番手だったこの馬が人気を背負いました。

 

吉田和美・堀厩舎、ということで、わたしもですがモーリスの後継者、と目されているだけに期待値も高い。

昨年は川田騎手で逃げて惨敗。

今年はシュタルケ騎手で必要最低限の仕事2着を確保。

 

勝ったのは巨体のロジチャリス。

560キロって。。。ヒシアケボノよりでかいのか?

本賞金は安田記念に向けて足りたと思えるが、果たしてどこに向かうのか?

www.youtube.com

どろんこ馬場にもほどがあったぜbyカフジテイク・・・2017ゴドルフィンマイル・セカンドサマー。

大雨でどろんこになった2017ドバイ。

むしろ後ろからいくこの馬には展開が向くか?と思えたのが2017ゴドルフィンマイル。

前哨戦ともいえるフェブラリーSは津村騎手で3着。

騎手がどうの、という以前に馬が不器用すぎるので、とにかく展開に左右される。

海外馬で予想外だったのはノースアメリカ。

こんなに負けるとは。

 

この流れで5着なら健闘ではないか、と思うが、このレースへの出走を進言した福永騎手としてはこの結果じゃあかん、といったところ。

距離は小回りなら2000mいけそうだと思うんで、かしわ記念は体調次第にしても、帝王賞で距離不安で人気落とすなら狙えそうな予感も。

www.youtube.com