見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

遅咲きとはいえG1の香りはまだまだ?2017中山牝馬S・トーセンビクトリーと武豊。

個人的にはビッシュに期待したんですが、人気馬の中では壮絶な惨敗を喫しました。

秋華賞、ジャパンカップの疲れ、まだ抜けていないのか?

 

母トゥザヴィクトリーの良血馬・トーセンビクトリー。

ようやく華開いた感じはしますが、舞台がまあG3なのでね。

次にどこを使うのかわかりませんが、ヴィクトリアマイルなら武豊騎手、空いているのではなかろうか?

まさかスマートレイアーにまた乗るのか?

 

とまあとりあえず結果を出したトーセンと武騎手のコンビはこちらから。

www.youtube.com

同じ重賞を3ヶ月で2度制覇!今後この記録は破られることなし?2017金鯱賞・ヤマカツエース。

昨年12月に金鯱賞を勝利し、有馬記念では見せ場たっぷり4着だったヤマカツエース。

得意の舞台、芝2000mに戻り復帰初戦となったわけですが、まさかの同じ重賞を3ヶ月でまたも制覇。

 

当然今年からG1となった大阪杯を視野に入れるようですが、ウィンクスとぶつけてくれないだろうか。

クイーンエリザベスと日程が近いので、使うにせよどちらか1つだろうけど、阪神コースより合うんじゃないか?

 

池添息子・池添パパとのタッグで牡馬での活躍。

弟の池添学とのタッグでのG1制覇も見たいけれど、この親子鷹の牡馬でのG1制覇も見てみたいものです。

 

www.youtube.com

丸田騎手でG1参戦!これはフロックでもなんでもない!アネモネS・ライジングリーズン!

フェアリーSを10番人気で勝利。

まあフロックと思われても不思議はないんですが、ブラックタイドはほんと中山上手い。

キタサンブラック級とはいえないかもしれませんが、これはひょっとするとひょっとするのか?

桜花賞トライアル・アネモネSを選択したのも正解。

ソウルスターリング相手は楽ではないけれど、丸田騎手もクラシックで印がつく馬、かつ自分が育ててきた馬で参戦できるのはうれしいでしょう。

 

気をつけてほしいのが騎乗停止と落馬事故。

順調に人馬とも4月を迎えて桜花賞を盛り上げてほしい。

www.youtube.com

紅一点であっさり。2017年は3歳牝馬が粒ぞろい。2017黄梅賞・ハローユニコーン。

ハーツクライ。

3歳牝馬。

リスグラシューはじめ、トレンドになっています。

またもハーツクライから2勝馬が誕生。

オークスには間に合うと思いますが、桜花賞に登録するとのこと。

本賞金が足りるのか抽選になるのかはわかりませんが、忘れな草賞とかのほうが面白い気もしますがはたして。

 

田辺騎手はホウホウパフュームに続いて楽しみな牝馬が出ました。

とはいえどちらもまだクラシックの切符はなし。

試金石になりますね。

www.youtube.com