読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

「頭がよくなったよ」byルメール。無難に白星発進@2017チューリップ賞・ソウルスターリング!

たった3ヶ月で頭がよくなる牝馬。

芦田愛菜か?とつっこみたくなる関東の天才少女・ソウルスターリング。

フランケル産ということで、オークス参戦は藤沢師も慎重な発言でしたが、もちろん桜花賞は参戦。

牡馬路線のサトノアレス、レイデオロに誤算が生じているだけに、この馬はなんとかしたいところ。

なんとなくダンスインザムードっぽく見えるので、オークスで人気なら血統含め軽視したいかな、というところ。

ルメール騎手もダンゼン人気だとポカがあるし。

 

相手関係でいえばリスグラシュー以外は眼中になかったメンバー。

ファンディーナあたりがフラワーカップで2着以内で桜花賞にこないと、もっていかれそうな雰囲気です。

 

レースはこんな感じ。

頭がよくなったとルメール騎手のコメントはありますが、素人にはよくわかりませぬ。

www.youtube.com

キンシャサノキセキ再来なるか!2017オーシャンステークス・メラグラーナ!

2016年はリーディングジョッキーながら、G1での戦績があまりに物足りなかった戸崎圭太。

今年は牝馬クラシックはフローレスマジック、牝馬の古馬には相変わらずの1800m女帝のルージュバック、そして芝短距離にはこの馬。

そう、メラグラーナです。

南半球産ということで、無理せず使わなかったことが功を奏しているのか、着実にステップアップ。

この勝負服だとやはりキンシャサノキセキを期待したくなる。

当然伸び代は、日本馬よりはるかにあるでしょう。

本番が楽しみになりましたが、雨が降ったらさようならな馬。

天気にも注目です。

www.youtube.com

 

低レベルにもほどがあるぜJRA@2017弥生賞・カデナと福永祐一。

例年、弥生賞といえばメンバーがそろうんですが・・・

2勝馬、重賞未経験のダイワギャグニーが2番人気に推される、という低レベルだった2017年の弥生賞。

このメンバーであんな後ろから競馬しているようでは、申し訳ないが本番はいらないでしょうなカデナ。

 

本賞金が足りている馬が弥生賞、スプリングSを使うのは試走のほかに、試したい内容を消化するのが目的。

不器用だからしょうがないのか、福永だからしょうがないのか。

答えは4月の本番で出ます。

www.youtube.com

戸崎騎手は牝馬で狙うのがよい?2017エンプレス杯・ワンミリオンス

Jpn2といわれても正直ピンときませんが、地方G2という格付けでよろしいのでしょうか?

2017年の牝馬限定戦開幕ともいえるエンプレス杯。

今年は順当に1番人気ワンミリオンスが快勝。

 

距離が微妙に長いかな、とも個人的には思っていましたが、庭ともいえる川崎コースで戸崎騎手がうまくさばいてきました。

目標は秋のJBCとのことで、帝王賞など牡馬にぶつける機会はあまりなさそうなイメージ。

そこそこ強い、という感じでしょうか。

www.youtube.com