見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

大物3歳馬が古馬を一蹴。インティ、ゴールドドリーム、オメガパフュームの牙城を崩せるか?2019日本テレビ盃・クリソベリル。

母クリソプレーズというと、安定感ある産駒を生む繁殖牝馬として名高い印象があります。

父にゴールドアリュールをつけている時点で、ダート馬、という狙いどおりに成長を遂げているのが栗東・音無厩舎のクリソベリル。

さすがにこの血統となると松若騎手というわけにもいかないのか、川田騎手が主戦で秋初戦を迎えました。

ロンドンタウン、元JRA所属のノンコノユメの参戦もあり、なかなかにレベルが高い古馬勢と休み明けで激突は楽ではなかったはずですが、、、終わってみたら2着ロンドンタウンに4馬身、3着ノンコノユメには8馬身差、という圧勝。

ローカルで強いのはよくわかったので、ぜひ中央開催で激突してほしい。

以下レースはこちらからどうぞ。

www.youtube.com

上がり32秒3で直線は独壇場。次は秋の天皇賞withスミヨン。2019神戸新聞杯・サートゥルナーリア。

今年のダービーをダンゼンの1番人気で見事に裏切ったのがサートゥルナーリア。

距離がだめなのか、いまいちわからないまま秋の緒戦は3歳馬同士の神戸新聞杯。

ヴェロックスしか強敵がいないレースならさすがにキレる。

 

のはいいんですが、なぜ菊花賞に行かないのかわからん。

ヴェロックスとの対戦成績は有利なんだから行けばいいものを。わざわざ人気を裏切った府中に輸送する意味がわからん。

来年も出られるレースにわざわざ使う理由はわかりませんが、秋の天皇賞はルメール騎手はアーモンドアイがいることもあり、スミヨン騎手に乗り替わり。

デムーロ騎手のお手馬だった記憶もあるんですが・・・コロコロころころ乗り替わり。つまらなくなりました競馬も。

ヴェロックスをかわすだけ、というわかりやすいレースはこちらから。

レイデオロをはじめ気づいたときには遅かった。会心の逃げ切りwith丸山元気。2019オールカマー・スティッフェリオ。

ステイゴールド産駒は歳をとるほど味が出る。

そういった意味で、社台の勝負服のステイゴールド産駒というのはサンデーレーシングよりも愛着がわく、という方も多いのでは。

ローカル専用機と思われていたスティッフェリオが、ダービー馬レイデオロ、香港G1勝ち馬ウインブライトを相手に見事な逃げ切りで勝利となったのが2019年のオールカマー。最近地方馬の参戦がないのは寂しいレースにはなっていますが、今年はまずまずのメンバーが揃いました。

 

丸山騎手の決め打ちだったのかはわかりませんが、結果的に人気が微妙になかったのもよかったのか、後続がけん制しているうちにあれよあれよの逃げ切り。

ツインターボ、とまではいきませんが、気持ちのいい逃げ切りでした。こちらからご確認を!次は秋の天皇賞ということで、長い直線、どこまで持たせられるか注目です。

www.youtube.com

2番手追走から押し切り「重賞で好走していた地力を示してくれた」by笑顔の原田騎手。2019ききょうS・プリンスリターン。

父ストロングリターン、と聞くとG1じゃなあ・・・と思われるかもしれませんが、結構いい血統なんですよね。

そういった意味で今年のこの馬は注目。

母プリンセスプライドとの間に生まれたプリンスリターン。

父と母の馬名から少しずつもらったようなプリンスですが、オープン特別初勝利となったとともに、騎乗していた原田騎手もまたオープン戦初勝利という記念すべき勝利に。

次は朝日杯FSを目標にあと1つ使う、とのことで、おそらく京王杯2歳Sあたりかなと思いますが、距離はマイルまでは持たないと来年以降の楽しみもないだけに、結果的にスプリンター、ということにはなるかもですが、楽しみに育ててほしいもの。

 

ノーザンファーム、良血が勝つのもいいですが、そればかりじゃつまらない。

レースはこちらからどうぞ。

www.youtube.com