見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

全日本2歳優駿と同じ舞台で再び輝いた!2018スパーキングレディーカップ・リエノテソーロと吉田隼人。

川崎の水が合う。

そうとしか思えないのが、スパイツタウン産駒、2歳のときには全日本2歳優駿を制していたリエノテソーロ。

芝での大駆けもNHKマイルカップで見せてくれた1頭ですが、本質的にはダート、ということだったんでしょう。

 

主戦の吉田隼人騎手を背にすいすい2番手追走から押し切り。

牝馬限定戦ということを考えればここでは3番人気とはいえ力が違ったのかもしれません。

2着に古馬になって力をつけてきていた同じJRA所属のオウケンビリーヴ、3着には秋華賞トライアルのローズSも制していたラビットランが入っており、本賞金こそ安いものの、意外とハイレベル?

www.youtube.com

ロードクエストの妹も短距離馬か?メイクデビュー福島・スティルネスと田辺騎手。

母マツリダワルツといえば、出世馬はやはりロードクエスト。

マツリダゴッホ産駒は、不思議と自身の中山適性は受け継がず、ローカル色が強い、あるいは中山・阪神以外の巧者を生んでいるイメージが強い種牡馬。

 

そんなマツリダゴッホからゴールドヘイローに父はかわりましたが、ローカル色が強くなったのは父の遺伝か。

1200m芝のメイクデビューで控えて競馬する、というのは人気を背負うと勇気もいりますが、今後距離をマイルくらいまではもたせたい、と考えると、逃げ一辺倒で押し切っても味がない。

 

そういった意味で、田辺騎手の選択は内容・結果含め正しかったことになりますが、問題は次です。

新潟2歳S参戦を予定とのこと。

レースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com

「最後までよく踏ん張ってくれた」by北村宏。2018メイクデビュー福島・クリスタルバローズ。

父ヴィクトワールピサ、母クロスバラードから生まれた美浦・奥村厩舎管理のクリスタルバローズ。

 

個人的にはバローズはダート、というイメージがありますが、この馬は芝中距離砲として今後活躍してきそうです。

デニムアンドルビー、キタノコマンドールの半妹のグロリアーナが2着と、福島新馬にしてはレベルが高かったと思われる一戦。

 

レースはこちらからご確認ください。

www.youtube.com

単勝万馬券で3年ぶり、22戦ぶりの勝利。あっと驚く単勝100.8倍。2018七夕賞・メドウラークと丸田恭介。

丸田騎手といえば万馬券男。

とはいえ、重賞でやらかすとはさすがに思う競馬ファンも少なかったのか、福島ローカル、ハンデ戦と、いかにも穴の匂いがただようレースだったにもかかわらず、単勝万馬券。

 

父タニノギムレット・母アゲヒバリという血統からは、特に母が高額落札馬だっただけに単勝万馬券はイメージしづらいですが、繁殖としてもいまいちだっただけに、このオッズもやむなしか。

 

丸田騎手じゃなきゃとてもじゃないが買えません。

そんなレースはこちらから。

www.youtube.com