読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

鮫島厩舎、オークス3頭出し内定か。「力があるのはわかっていた」by和田竜二。2017フローラS・モズカッチャン!

キタサンブラック?

と見間違えるような黒と茶色の勝負服。

今年はオーナーより勝負服がトレンドなのか、と思わせたのが2017フローラSで12番人気で劇走したモズカッチャン。

なんとなくヤマトマリオンを思い出しましたが、本番はきつそうだな。

ハービンジャーはペルシアンナイト含め、ようやく日本の高速馬場に適応できる産駒が出てきた印象。

とはいえ、やはりキレという意味ではサンデー系には劣る。

スタミナ、先行有利の流れ、などまだまだ条件は必要かもしれません。

 

ワークフォース含め、日本の馬場には適性ないだろうなと思っていましたが、フランケルがあれだけ走るわけなので、もはや母系しだいでどうとでもなるのか、と考えを改めなきゃいけない時期かもしれません。

来年のPO馬もそろそろ探さないといけませんし。

3着に地味にわたしのPO馬、フローレスマジックが入っていますが、クイーンカップ含め、3着じゃな。

来年以降の飛躍に期待かな。現状では桜花賞組、今回負けた連中にも厳しそうだ。

 

というわけでレースはこちらから。

www.youtube.com

さあダービー!いや、本賞金では菊花賞になるのか?4戦連続騎乗のルメールも期待するアドマイヤロブソン@2017あずさ賞。

3代目。

と聞くとエグザイル系の話かと思われるかもしれませんが、もちろん馬です。

3代目ヒシマサル、がんばってますよ。

セレクトセールの落札価格を回収するには時間かかりそうですが、未勝利脱出にダートを使ったのは仕方ないにせよ、やはり本領は芝長距離。

ということで楽しみにしていたのが2017年のあずさ賞。

 

勝ったのは・・・アドマイヤロブソン。

2着がヒシマサル。

父ディープインパクト、というのはトレンドというより、見慣れすぎてきましたが、大逃げをかましたブラックジェイド含め、やや大味になった500万下。

レースはこちらからどうぞ。

www.youtube.com

岩田のハウエバーが久々に見たかった。69年ぶりに牝馬の皐月賞制覇も見たかった。どちらも粉砕@2017皐月賞・アルアイン。

個人的には69年ぶりに牝馬での皐月賞制覇なるかのファンディーナと、スプリングS勝ち馬のウインブライトに期待していた2017皐月賞。

 

理由は単純。どちらもPOGで所有していたから。

 

ですが終わってみたら、、、池江厩舎ワンツーフィニッシュ。

クラシックの池江というのはまあわかるけど、穴人気だったんで今年は。

かつ、裏ローテ組ワンツーフィニッシュという不思議な結果。

アーリントンCと毎日杯の勝ち馬のワンツーってのはあまり記憶にない。

というより今後もあるのか?

松山騎手は皐月賞初騎乗初制覇。

福永騎手はキングヘイローなど数々の人気馬でも勝てないのに、あっさり初制覇するんだから不思議なもんです。

 

明らかにスピードが要求される競馬になっただけに、母父ドバイデスティネーションのアルアインには向いた競馬かもしれない。

なんとなくノーリーズンに思えるので、ダービーでは2着のペルシアンナイトとともに飛ぶかなと見ていますが。

 

というわけで、個人的には残念な結果に終わった皐月賞はこちらから。

www.youtube.com

イタリア語の馬名がついたら鉄板だぜ!2017アンタレスS・モルトベーネとミルコ・デムーロ。

ドゥラメンテといい、イタリア語の馬との相性が異常にいい。

それが陽気なイタリアン・ミルコ・デムーロ騎手。

 

今回もモルトベーネに騎乗し見事重賞制覇。

驚いたのが2着のロンドンタウン。

佐賀記念の競馬から、地方巧者と軽視していましたが、中央の舞台でオープンでもやれるのか、と感心。

先々を考えたら2着馬のほうが伸びしろがある気がするのはわたしだけ?

 

モルトベーネは逆に地方競馬が向いていないように思えるだけに、両馬とも次走が気になります。

www.youtube.com