見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

秋は兄弟対決なるか?晩成のダービー馬の弟が馬具で一変。2019エプソムカップ・レイエンダ。

兄がG1馬。

そんなことは弟は知ったこっちゃありません。馬ですから。

ふだんどおりカイバを食べて、いやいやながら調教を受けて。。。

 

という感じだったろうレイデオロの全弟・レイエンダ。

キャロットでも高額募集となったわけですが、そんなのは馬には何の関係もないわけです。

サラブレッドは走るために生まれてきた、というCMが以前ありましたが、いやいや、そりゃ人間のエゴでしょ、と。

走るために生まれてくる動物なんていませんよ。

 

とはいえ、ようやく人間の期待値の半分くらいに追いついたと思えるのがエプソムカップ制覇。

まさかの逃げを丸山騎手のサラキアをどうにか競り落として1着。

正直、レースレベルは、、、???って感じですが、本賞金加算成功は秋の天皇賞以降考えるとでかいです。

 

本番はルメール騎手が乗るかは未知数ですが、レースはこちらからどうぞ。

www.youtube.com

紅一点&長谷川調教師も重賞初制覇@2019北海道スプリングカップ・ヤマニンアンプリメ。

ヤマニンの勝負服で浮かぶ馬として、昭和の方々はやはりヤマニンゼファー。

平成ならヤマニンパラダイスあたりになるんでしょうか。

 

最近はクラシックで出会えないヤマニン軍団ですが、ダート短距離で楽しめそうな馬が、栗東の若手、長谷川調教師のもとでステップアップに成功。

 

父シニスターミニスターは中央でもダート巧者を多数出している種牡馬。

コスパ、という意味でもお得な感じがします。一口馬主でもてるなら持ってみたい種牡馬の1頭。2,3歳以降の長い活躍をしてくれるケースが多いので。

 

今回は先手を取って3番手から押し切る岩田騎手の王道の競馬で勝利。

2着には地元・北海道のメイショウアイアンが入り波乱となりました。

レースはこちらからどうぞ。

www.youtube.com

南関東3歳の頂点に。フリオーソ×サウスヴィグラス=ヒカリオーソ。2019東京ダービー。

的場文男騎手がいまだに勝てていない東京ダービー。

今年は不参加という結果。

果たして現役をこれから何年続けるかはわかりませんが、競馬の神様は微笑んでくれるんでしょうか。

 

そんな2019年の東京ダービーは、父フリオーソ、母ヒカリヴィグラスのヒカリオーソが3番人気で勝利。

単勝1240円とついたように、ミューチャリーに期待が集まりましたが、終わってみたら2馬身差の圧勝。

とはいえ、今年の3歳のJRA勢もダートは強力。

ジャパンダートダービーでどこまでやれるか、注目したいところ。

レースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com

エグゼルタントが今期G1を3勝目。日本馬ハッピーグリンははたして・・・2019チャンピオンズ&チャターカップ。

ジャパンカップにもさりげなく参戦していたハッピーグリン。

今年はマスターフェンサーがアメリカ行脚を続けていることもあり、日本馬も中堅どころ前後が世界でどこまで通用するのか、目安になるような馬の遠征が目立ちます。

 

とはいえハッピーグリン、、、中央のオープンでも苦戦中。

オーナーとしては楽しくてしょうがないだろうなあ。香港、おれも馬持ってたら出してみたいと思うし。

 

そんな海外遠征となったのがチャンピオンズ&チャターカップ。

返り討ちという形の7着に敗れはしたものの、買ったのはエグゼルタントということで、まあ相手が強すぎたよね、と。

とはいえ、出なければ勝てないのはオリンピックと一緒。

呼ばれる限りはどんどん強い相手にぶつけてほしいなと思います。

 

本賞金のためにこつこつ下積みを、という考えもあれば。

オーナーの夢を託してレース選択するという選択肢もある。

競馬はいいねって思います。人間、特にサラリーマンはこんなに選択肢が多くない。

 

というわけでレースはこちらからどうぞ。

www.youtube.com