読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

残念オークス。忘れな草賞のパクりのようなタイトルがついた@2017メルボルンT・アルメリアブルーム。

今年の3歳牝馬はソウルスターリング一強、となりそうな予感がしたオークスでした。

とはいえ、完成度の違いでこの時期にクラシックに間に合わなかった馬も当然います。

牝馬・福永・栗東管理馬、となると、遅咲きでいえばヴィブロスが浮かびます。

そこまでの器かはわかりませんが、貴重な2勝目を挙げて、夏休みに入るアルメリアブルーム。

父ドリームジャーニー、ということで、距離は芝2000mまではもちそうな雰囲気。

問題は馬体重。410キロしかない。

夏休み中にしっかりカイバを食べて帰ってきてもらいたい1頭。

レースはこちらからご確認ください。

www.youtube.com

出走2頭の関東馬。最低&ブービー人気でワンツー!2017鳳雛S・ローズプリンスダム。

今年のダート3歳馬は豊富。といわれてきました。

UAEダービー2着のエピカリスはベルモントSへの出走を視野に。

ほかにも小回りコースで苦戦したリゾネーターも中央開催に戻ればまた話は別でしょう。

そこに殴りこみをかけるのか、またも関東からダートのオープン馬が誕生。

父ロージズインメイのローズプリンスダム。

今年はスプリングSをウインブライトで勝利するなど、勢いもある美浦・畠山厩舎の管理馬。

そして、地味に大穴、穴をあけているのが今年の小牧太。

ある意味必然の大穴馬券となったレースはこちらからどうぞ。

www.youtube.com

重賞初挑戦で4馬身ちぎりすてた無傷の5連勝。2017平安S・グレイトパール!

昨年のアウォーディーのごとく、ダート転向後、破竹の連勝を続けたグレイトパール。

G3とはいえ、クリソライト・クリノスターオーの韓国G1ワンツー組、グレンツェントなどなど楽ではないメンバーが集まった2017年の平安S。

3コーナー手前からおっつけていたので、やはり重賞には壁があるのか、と思いきや、終わってみたら4馬身差。

2着のクリソライトは先行策ならきついと思っていたらまさかの4コーナー最後方からの怒涛の追い込みで2着。

武豊マジックともいえるでしょう。

これで次は帝王賞になるのか、今年の帝王賞はすごいメンバーがそろいそうです。

www.youtube.com

58キロ。重馬場。東京1400m。すべてあっさり克服。叩き2戦目で一変。2017京王杯SC・レッドファルクスとミルコ・デムーロ。

1200m専用機。

そう思えた昨年のスプリンターズS勝ち馬・レッドファルクス。

今年の高松宮記念はビッグアーサー不在でしたが、まさかの取りこぼし。

得意の左回り、中京コースでの連をはずした競馬内容から今回も不安視、を個人的にしていましたが。

問題なく1ハロン延長をこなして勝利。

キャンベルジュニアに期待していただけに、かなり物足りない結果でした。

次はデムーロ騎手が空いていることもあり、安田記念ということで、さらに1ハロンの延長。

関東馬で輸送を気にしなくていい利点はありますが、はたして2ハロン延長克服なるか。

ロードカナロア級とはまだ思えないだけに、次が試金石。

というわけでレースチェックをしましょう。

www.youtube.com