見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

牙城はやはり崩れず。エネイブル連勝止まらず!われらがシュヴァルグランの結末は・・・2019キングジョージ6世&クイーンエリザベスS 。

さすがに相手関係が強すぎた。。。馬場どうこうじゃない。

そう思えたのが2019年のキングジョージ6世&クイーンエリザベスS。

エネイブル相手でも厳しいところにクリスタルオーシャンの参戦もあり、日本馬の前に立ちはだかる壁、というより、この2頭が来ている時点で勝ち負けは厳しかった、といわざるをえません。

 

とはいえ、出走しなければ勝てないのもまた競馬。

ドバイでの好走もあって期待はしていましたが、欧州の馬場、合うのやら合わないのやらわからないようなどろんこ馬場。

それでも勝ちきるエネイブル。アーモンドアイ、、、ぶつかってほしかったけれど。

凱旋門賞参戦予定で期待できそうなのはディープインパクト産駒・フィエールマン、ルーラーシップ産駒キセキあたりになりそうです。

 

分厚すぎる壁、こちらからどうぞ。

youtu.be

アグネスワールド以来の英国G1制覇。日本生産馬では牝馬での制覇は史上初。マーフィー騎手で7番人気は美味しかった?2019ナッソーS・ディアドラ。

英国での日本調教馬のG1制覇は、なんとアグネスワールド以来ということで約20年ぶり。

しかも牝馬となると史上初でした。

 

マーフィー騎手も興奮していたのか派手なガッツポーズを披露。

相手関係、そんなに楽ではなかった中、デットーリ騎手の猛追をしのいで7番人気の伏兵ながら見事快勝。

凱旋門賞参戦は否定的とのことですが、エリザベス女王杯なんかよりは、海外行脚のほうが夢があってステキです。

本賞金を考えたら割りにあわないチャレンジかもしれませんが、この挑戦、年内は見られるかなと思うと次も楽しみです。

1番人気馬が思わぬ大敗、シンガリ負けとなったレースはこちらから。

www.youtube.com

勢い止まらず。4馬身差で圧勝のパイロ産駒。2018兵庫ジュニアグランプリ・デルマルーヴル。

地方競馬でパイロ産駒といえば大物感もありますが、JRA所属のパイロ産駒で重賞戦線で活躍、というのは珍しい部類といえるかもしれません。

父パイロ・母カリビアンロマンス、母の父コマンズという、中央では珍しい父、母父のデルマルーヴルが小回りコースで4馬身ちぎる楽勝劇。

2017年のセレクトセールで1200万で取引された馬で、2歳ですでに余裕で回収と馬主さんの相馬眼もなかなか。

生産は坂東牧場ということで、中央でも縁がないわけじゃない厩舎。

ルメール騎手騎乗ということで、2019年はドバイ?アメリカ?行くのかな、と。

2着には同じJRA所属の2番人気オルトグラフ、3着にもデンバーテソーロが入り堅い決着。

www.youtube.com

地方転厩後初勝利!フェブラリーS勝ち馬がこんなところで負けられない。2019サンタアニタトロフィー・ノンコノユメ。

中央でバリバリやっていて、ドバイ遠征も経験。

気性難もあって難しいところもあったノンコノユメですが、地方転厩後初勝利を挙げました。

今年も猛暑となった2019年7月31日に行われた大井競馬場のサンタアニタトロフィー。

前走の帝王賞で3着と好走して復活の兆しも見せていただけに1番人気も納得。

 

楽勝とまではいきませんでしたが、また秋以降にJRA勢とぶつかるのが楽しみな復活劇。

ノンコの夢はいつまで続くのか。

こちらからどうぞ!

www.youtube.com