見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

ダンゼン人気のテイエムジンソクを倒しさあG1へ。カネヒキリ最高傑作なるか?2017エルムS・ロンドンタウン。

昨年の覇者・リッカルドも出走していた今年のエルムS。

テイエムジンソクが勢いを買われてダンゼンの一番人気。

古川騎手も重賞で人気馬となると本当に久しぶりということで、アインブライド以来のG1勝利に向けて驀進したいところでしたが・・・

 

今年は久々復活の兆しのある岩田騎手のロンドンタウン。

道中4番手から前に人気のテイエムを見る形。

まさか差しきるとは。

三浦騎手騎乗のドリームキラリの抵抗が古川騎手としては想定外だったのかもしれません。

本賞金は加算できたものの単1倍台で2着は納得はいっていないでしょう。

というわけで8年ぶりのダート1700mレコードも記録したカネヒキリの最後の大物なるか注目の競馬はこちらからどうぞ。

www.youtube.com

2歳新馬が上がり32.0!圧巻の末脚・メイクデビュー新潟・ウラヌスチャームと石橋脩騎手。

出遅れ気味で後方待機となった4番人気ウラヌスチャーム。

父ルーラーシップから考えてもこんなにキレる脚持っているのか?と思えるデビュー戦圧勝でした。

上がり32.0は2歳史上最速タイの記録。

持ち時計=強い という単純比較にはなりませんが、次は新潟2歳Sとのことで進化・真価が問われます。

管理する斉藤誠調教師のコメントも「調教をもう1,2本ほしかった状況でこれだけの脚が使えるのだからたいしたもの」と褒めています。

先輩・ヌーヴォレコルト級になれるかどうか、そしてヤネも継続してイケメン石橋脩なるかも注目です。

youtu.be

古馬相手の1000万条件も楽勝。次は神戸新聞杯?2017信濃川特別・キセキ。

ようやくここにきて素質開花。

大物感がただようだけに、ぜひ菊花賞に向かってほしい!

そう思えるのが古馬相手の1000万条件戦・信濃川特別を制したキセキ。

 

次は神戸新聞杯あたりかな、と調教師コメントもありましたが、菊花賞には向かわない、というコメントも。

とはいえこの本賞金では今年の秋の天皇賞はほぼ除外だぜ?

ソウルスターリング、レイデオロあたりが出てくるぜ?

どこに行くんだいったい?

招待期待で香港カップかヴァーズか?

というわけで芝中距離にこだわったローテで結果を残しているキセキの競馬はこちらから。

youtu.be

早め先頭からしぶとく押し切り1番人気のワークフォース@メイクデビュー札幌・ペプチドオーキッドと四位洋文。

大物感はないんですが、競馬が上手。

アイルハヴアナザー、ハービンジャーが今年はまずまず活躍馬を出していますがこの馬はまだまだ期待に応えられていない。

それが凱旋門賞馬・ワークフォース。

ナカヤマフェスタと叩き合った馬ですね。

 

母ペプチドヒノトリから生まれたペプチドオーキッド。

冠ペプチドからも残念ながら重賞の香りはしませんが、芝1800mで1番人気という支持を受けたワークフォース産駒で結果を出した馬、というのはわたしの記憶ではないだけに、個人的には評価したい。

 

とはいえ次もポンポンという雰囲気でもないだけに、500万以上のクラスでどこまでやれるか、次も気になります。

youtu.be