見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

「けいこ通りの伸び」調教にも騎乗の池添騎手が高評価。2018メイクデビュー函館・ラブミーファイン。

冠コパノ、ラブミーでおなじみ、最近は冠なしの馬もいますが、Dr.コパの所有馬ラブミーファイン。

父ジャスタウェイ・母ヤマノラヴ。

芝1800mデビューで次はコスモス賞というのは順当なローテに思えますが、函館2歳S参戦の話もあるようです。

1.3倍と圧倒的な単勝オッズとなったコントラチェックは内目を追走し抜け出しをはかるも3着。こちらはちょっと物足りない内容ではありました。

 

調教にも騎乗していた池添騎手も期待を寄せる1頭。

レースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com

「気性も前向き。いい勝ち方ができた」byユーイチ。2018メイクデビュー中京・カテドラル。

ダート馬の弟もダート馬、という単純な図式にならないのが競馬の奥深いところかもしれません。

エルムS勝ち馬・ジュベルムーサの半弟で父ハーツクライに変わった4番人気のカテドラル。

ダンゼン人気のダノンチェイサー、ヴィクトリアマイル連覇のヴィルシーナの初仔でPOG雑誌でも写真つきで取り上げられていたブラヴァスなどを抑え、見事1着。

今後はいったんノーザンファームしがらきに放牧に出され、次走は未定とのこと。

 

芝2000mデビューはクラシックを意識してのことでしょうが、2着の3番人気トーセンバンビーナに2馬身半の差をつけての勝利は価値あるもの。

レースはこちらからごらんください。

www.youtube.com

カンパニー産駒初、杉山調教師も初重賞制覇。2018目黒記念・ウインテンダネスと内田博幸。

カンパニーといえば超晩成ともいえる馬でした。

ウオッカ、ディープスカイ、ダイワスカーレットなどと叩き合っていたカレも早くも種牡馬です。

産駒も2歳から、というのは出てこないだろうなあとは見ていましたが、重賞勝ち馬を輩出するまでになるとは思いませんでした。

 

母モエレメルシーから生まれた栗東・杉山厩舎所属のウインテンダネス。

東京で2連勝でG2勝ちを決め、秋への飛躍なるか注目も集まります。

ヤネは最近存在感がやや薄めの内田博幸騎手。

絶妙なペース判断からの抜け出し、9番人気とはいえお見事!といったところ。

2着はノーブルマーズが10番人気ということで波乱となりました。

ハンデ戦らしい叩き合いはこちらからどうぞ!

www.youtube.com

バツグンのスタートからスイスイ。9番人気で楽逃げ切り。シニスターミニスター産駒、芝重賞初勝利@2018葵S・ゴールドクイーン。

2018年の今年から新設重賞となった葵S。

1200m芝の重賞はJRAは豊富とはいえ、NHKマイルカップがある3歳春には3歳限定のスプリンター決定戦はこれまでありませんでした。

こんなんよりダート路線なんとかしてくれよ、と思う競馬ファンも多いかもしれませんが、地方競馬との役割分担なども考えると、これはこれであり、なのかなと。

 

そんな新設G3となった葵Sの初代勝ち馬はフルキチ騎手騎乗のゴールドクイーン。

父シニスターミニスターといえばダート専用機のイメージもありますが、母系次第で芝馬も出すんだな、とある意味収穫、勉強になったレースです。

怒涛の追い込みをみせたアサクサゲンキと武豊騎手ですが、デュランダルレベルじゃないとあの競馬ではさすがに届きません。

レースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com