見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

田辺騎手が一番合う気がするけど、来年種牡馬入り内定おめでとう!2017南部杯・コパノリッキー。

ホッコータルマエの記録に並んだ記念すべきレース。

それが2017年の南部杯を制したコパノリッキー。

父ゴールドアリュールが亡くなっていることもあり、この馬とゴールドドリームあたりは後継としてがんばってもらいたいところ。

地方ではフリオーソやサウスヴィグラス、そしてディープスカイ産駒ががんばっていますが、そこに風穴をあける活躍馬を出せるかどうか。

 

そして気になる次走ですが、さすがにアメリカには遠征しないようで、まさかのJBCスプリント。

えっ・・・クラシックじゃないのか。

なぜスプリントなのか。

武豊優先なのかな。アウォーディーがおそらくクラシックに向かうであろうことと、韓国G1で2着に敗れはしたものの、クリソライトの先約が本来はあったのかもしれない。

戦線離脱で結果的に宙に浮いたとは思いますが、まあアウォーディーに乗るのかな。

 

田辺騎手が空いているので田辺騎手でクラシックでいい感じもしますが、スプリントでも卓越した能力を発揮すれば、種牡馬入りに箔がつくと考えたのかもしれませんね。

 

レースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com

さらばビッグアーサー!リピーターが休み明けでも魅せた@2017スプリンターズS・レッドファルクスとミルコ・デムーロ。

ビッグアーサーのリベンジも期待された2017年のスプリンターズS。

結果は休み明けながらきっちり仕上げてきたレッドファルクスの連覇。

おいおい、あんな後ろってデュランダルじゃないんだから・・・

と思ってみていましたが・・・デュランダルなんですね。。。

同じく白くなってきたスノードラゴンも追い込んできてあわや4着。

よくわからないローテに耐えてよくがんばっています。

 

これで香港スプリントに行くのかどうか。

デムーロ、ルメールが今年も好調な一年ですが、秋開幕初戦のG1はまずはデムーロ騎手が1つ取りました。

日本人騎手たち、奮起してくれ!

www.youtube.com

旧勢力・上がり馬もよせつけず!次はジャパンカップへ。2017神戸新聞杯・レイデオロとクリストフ・ルメール。

菊花賞トライアル・神戸新聞杯。

とはいっても勝った馬は菊花賞に出なければならない、という規定はありません。

そして勝ち馬がダービー馬だとしても2冠を狙わなければならない規定もありません。

 

が、次がジャパンカップってのは。。。スタホみたいなローテです。

藤沢厩舎は秋のクラシック嫌いなの?というくらい東京にこだわりますが、古馬相手の東京コースはごまかしもききませんし、きついと思うんですがいかに。

とはいえ、シンボリクリスエスなど成功例もあるので否定はしませんが。

 

というわけでルメール騎手と藤沢厩舎、という定番になりつつあるコンビの楽勝劇はこちらから。

www.youtube.com

牡馬相手のほうが燃える!重賞4勝目。2017オールカマー・ルージュバックと北村宏。

騎乗停止になってしまったのは4コーナーの判断。

とはいえ、勝ちに行く騎乗、かつ本番のエリザベス女王杯と同じ距離で牡馬を倒したのは大きい。

非根幹距離のほうが強い馬、というイメージのあるルージュバック。

意外なことに同性相手の重賞は勝てません。

となると次の本番は危ないのかもしれませんが。

 

初コンビでそつなく乗れたのは収穫。

かつ2着に負けたステファノスにはルージュバックの主戦ともいえる戸崎圭太騎手ということで、複雑でしょう。

どちらもキャロットファームということなので、一口の方たちはおめでとう、といったところ。

レースはこのように流れました。

www.youtube.com