見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

「すばらしい能力の持ち主。本当にヤバイ」byデムーロ。アメリカ3冠レリゴー♪2017プラタナス賞・ルヴァンスレーヴ。

父シンボリクリスエスといえば、古くはサクセスブロッケンなど、どちらかといえばダート、というイメージがありました。

最近ではエピファネイアが出てきたこともあり、芝・ダ兼用中距離、というイメージに私の中では変わりましたが、一発屋、というイメージもまだまだあります。

 

あたりが少ないイメージですが、あたるとでかい。

そんな大物が誕生したようです。

2着に7馬身という着差をつけて2連勝を飾ったのが母マエストラーレとの間に生まれたルヴァンスレーヴ。

G1レーシングは今年の皐月賞2着のシベリアンナイトなど、あとすこし、というところまで来ていますが、まだG1は未勝利。

この馬が一足先に達成するのか?

今年の2歳は地方も含めダート馬で強い馬の宝庫。

次は未定とのことですが、全日本二歳優駿、行かないのかな。

www.youtube.com

オークス4着からの飛躍。史上初紫苑S勝ち馬&ハービンジャー産駒のG1初勝利@2017秋華賞・ディアドラとクリストフ・ルメール。

父ハービンジャー。

鳴り物入りで来日したわけですが、ワークフォースともども期待されたほどの産駒がこれまで出てきませんでした。

G2くらいまではなんとかなるけど、G1ではおよびじゃない。

そう個人的には思っていたんですが、ついにその日が来ました。

 

岩田騎手はローズSでも騎乗、かつ皐月賞でも1番人気に推されたファンディーナに騎乗することから、紫苑Sを自らの手で勝たせたディアドラは、ソウルスターリングが秋の天皇賞参戦のため空席となっていたルメール騎手に。

モズカッチャンもデムーロ騎手に、ということで、今年は注目がどうしても昨年以上に外国人騎手に集まっています。

 

スプリンターズSはレッドファルクスでデムーロ騎手が勝利。

秋第二戦となったG1・秋華賞の結果はいかに?

こちらからレース回顧はどうぞ!

www.youtube.com

内枠、出遅れ、台風による不良馬場・・・その結末は?2017天皇賞・秋・キタサンブラックと武豊。

宝塚記念は不可解な敗退をしてしまったキタサンブラック。

2017年は秋3戦と決まり、来年からは種牡馬入りも決まりました。

母父サクラバクシンオーにブラックタイド。どれだけ需要があるかは未知数ですが、強いという意味ではオルフェーブルくらいのイメージはあります。

 

そんなキタサンブラックは今年はG2京都大賞典は使わずすべてG1に秋は参戦。

第一弾となったのが秋の天皇賞。

台風による極悪馬場、かつまさかの内枠での出遅れ、と最悪のスタートとなった武豊騎手。

はたしてどんな選択をしたのか?

 

ぜひ見てください。

www.youtube.com

トゥザヴィクトリーの息子を撃破し2勝目!ダービー2着の兄を超えるか?2017黄菊賞・マイハートビートと幸英明。

2000mはやはり長いのか?

そう思えたのがトゥザヴィクトリーとロードカナロアの間に生まれたトゥザフロンティア。

とはいえ勝ち馬はサトノクロニクル、ダービー2着のサトノラーゼンの弟・マイハートビート。

血統だけでいえば負けていなかっただけに、オッズの開きはファンの期待値、といったところでしょうか。

ロードカナロア産駒の3歳クラシック制覇、という偉業を見たい、というのはわからなくもないですが、そろそろマイル、試してみては?と。

とはいえ、今回は2着と最低限の仕事はしたともいえるだけに、次にどの距離を使うのかも注目です。

6頭立て最後方からインコース抜け出し、という味な競馬を見せた幸騎手とのコンビはこちらからどうぞ。

www.youtube.com