見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

逃げ切りで重賞3勝目。ディープインパクト産駒異色のダート馬。2018マリーンカップ・アンジュデジール。

サンビスタの引退後、そしてホワイトフーガも引退してからは、確固たる地位を築いている女王は不在となっているダート。

勝ち馬がレースごとにコロコロ変わることも多く、地方もララベルくらいしか現状強い牝馬がいません。

 

そんな中、異色ともいえるディープインパクト産駒のダート馬・アンジュデジールがクイーンマンボを抑えて重賞3勝目を挙げました。

エンプレス杯からの連勝にはなりますが、相手関係を考えるとまだまだG1では・・・という印象もありますが、ノリさんが手放さない馬、ということを考えると長い目で見ていけば、ニシケンモノノフみたく、どこかで大きな仕事をするかもしれません。

 

レースはこちらからご確認ください。

www.youtube.com

メジャーエンブレム、ソウルスターリングと2年連続桜花賞で期待を裏切った男・ルメール。今年はいかに?2018桜花賞・アーモンドアイ!!!

ダイワスカーレトやジェンティルドンナをはじめ、シンザン記念を牝馬で勝利すると、そのときの相手関係やレースレベル関係なく、なぜか出世してしまいます。

 

今年の勝ち馬は新種牡馬ロードカナロア産駒のアーモンドアイ。

間隔をあけないと使い込めない弱さがあることもあり、桜花賞トライアル、桜花賞と2度の遠征を嫌い、ぶっつけ本番を選択。

 

シルクの牝馬でクラシックといえば、シルクプリマドンナのオークスが浮かびますが、桜花賞はまだ未勝利。

そして管理する国枝厩舎といえば3冠馬アパパネ。

この時期の牝馬の仕上げには定評がある厩舎の1つ。

 

そこにルメール騎手が騎乗となると、1番人気の2歳女王・ラッキーライラックとしても油断ならない相手だったはず。

主戦の石橋騎手は、1枠をひいた時点で、もう小細工なく3,4番手追走で押し切る競馬を選択したのは間違いじゃなかったはず。

 

間違ったのは、競馬ファンのほうで、あんな豪脚をG1で見せるアーモンドアイを過小評価気味だったかもしれない。

レースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com

レコードで2着に5馬身以上の圧勝。ゴドルフィン恐るべし。2018ドバイワールドカップ・サンダースノーwithスミヨン。

昨年ほどではないですが、今年もアメリカからダンゼン人気馬を送り込んできたのが、ウエストコースト。

1.6倍ということで、アロゲートほどの信頼度ではなかったですが頭数も少なく、先行力があるだけに、大崩はないだろうというのが大方の予想。

日本からはアウォーディーが武豊騎手で参戦も、ズブいところがあるだけに、ドバイが合うのか?と去年も思った記憶が。

 

尋常ではなく逃げ残りが多かった2018ドバイデー。

まさかメインレースまでそうなるとは。

日本でもおなじみのスミヨン騎手がハナを主張したサンダースノー。

ノースアメリカあたりは競るかと思っていましたが、動かず、そして思ったほど他も競りかけず、淡々とした逃げ。

 

そして直線に入るや・・・広がる広がる。着差が広がる。。。

5馬身以上の差をつけての楽勝劇はこちらからご確認ください。

www.youtube.com

ラクラク逃げ切り。ゲートで暴れたホークビルが楽勝。レイデオロ、モズカッチャン、サトノクラウンは轟沈。2018ドバイシーマクラシック。

最近では古馬になってぱっとしないのが日本のダービー馬。

そういう意味で、キングカメハメハの血統がドバイで通用するかも期待していたレイデオロの2018ドバイシーマクラシック参戦は、センスあるな、と思ってみていました。

距離よし。

左回りよし。

相手関係もそこまでではない。これもよし。

 

と思っていたら、ゲートで隣のホークビルが暴れる暴れる。

つられてレイデオロも落ち着きがなくなります。

どうなることかと思っていましたが、終わってみたら、暴れたもん勝ちという結果に。

 

モズカッチャン、サトノクラウンも出走していましたが、距離を考えるとレイデオロが一番日本馬では戴冠に近いかなと思っていただけに、実質何もできずに負けたのはかなり残念。

そして今年の日本馬のレベルでは、残念ながら海外では太刀打ちできない、というのがこのクラシックディスタンスでの敗退で見えてきた気がします。

凱旋門含め、今後も海外遠征組は出てくるでしょうが、2018年は厳しい気もします。

 

レースはこちらからどうぞ。

www.youtube.com