見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

アルアインはおろされた。でもこの馬だけは・・・2017マーキュリーカップ・ミツバwith松山騎手。

この勝負服を見るとゴールデンジャックが浮かぶ世代です。

松山騎手、アルアイン結局下ろされてしまいました。。。ダービーはミスとはいえないまでも、勝ちに行く騎乗ともいえず、及第点の競馬。

とはいえキングヘイローの福永騎手よりははるかに落ち着いていたと思うんですが・・・

まあ池江調教師が冷たいというより、サンデーレーシングなど大人の事情のほうが強いのかもしれません。

池江さん、本音というか人生一度は豊でクラシック勝ちたいのでは?

お父さんはディープインパクトで武豊とのコンビで偉業を成し遂げましたが、おさななじみの息子は不思議と?いややはり大人の事情でか、ステイインシアトルレベルまでしか乗せてあげられていません。

 

と横道にそれましたが、松山騎手、きっちりこの馬では継続騎乗をものにしています。

府中でも1番人気で結果を出してマーキュリーカップに参戦。

小回りにも動じずきっちり勝利。

ここらがまだジャパンダートダービーで人気馬騎乗ながら無難な結果に終わった木幡巧騎手には足りない経験の差かもしれない。

 

というわけで、ミツバも強かった。

松山もうまかった。

レースはこちらから。

www.youtube.com

攻めに攻めて見事差しきり。寺島良厩舎が開業2年目で見事重賞初制覇!2017プロキオンS・キングスガード。

12番枠。しかもダート1400m。

内にもぐりこむ余裕はないはずですが、巧みにもぐりこみました。

そして直線では前がつまらないよう外へ。

そこからは豪快な末脚。

カフジテイクがやりたかった競馬でしょうが、カフジテイクの福永騎手は、教育の意味もこめて今回はいつもより前目。

結果的に末脚は鈍る。

先々を考えると後方一辺倒はG1ではきつい、という読みかもしれませんが、それも個性な気もするので、津村騎手のほうがいいのでは?と個人的には。

 

父シニスターミニスターということで距離・舞台とも合っていたとはいえ、藤岡兄の騎乗も見事。

次も夏競馬ということで、地方交流のサマーチャンピオンを予定とのことで佐賀競馬に登場予定。

 

チャンピオンCはテイエムジンソクや今回勝利したキングスガード、そしてエピカリスなどなど新星が多数そろう予感。

というわけでレース回顧はこちらからどうぞ。

www.youtube.com

後に骨折が判明も能力は示した@2017七夕賞・ゼーヴィントと戸崎啓太。

今年の福島は好事魔多し。

セダブリランテスで初重賞勝利を飾った石川騎手は、その後落馬負傷で戦線離脱。

そして今回、七夕賞を勝利したゼーヴィントは後に骨折が判明し、復帰は来年2018年になるとのこt。

 

どちらもシルクの所有馬。

馬にはなんの罪もないんだけれども・・・お祓いをしたほうが・・・

というくらい馬も人も受難な感じに。

戸崎騎手、大丈夫か?

 

というわけでハンデを嫌って軽視したらあっさり勝たれてしまったレースはこちらからご確認ください。

www.youtube.com

手塚厩舎のヘニーヒューズ産駒。2頭目の勝ち上がり。メイクデビュー福島・オーヴァーライトと内田博幸。

ヘニーヒューズ・手塚厩舎。

つい先日、モスコローソのご紹介をしたばかりですが、またもこのコンビで新馬勝ちが出ました。

サンデーレーシング所有のオーヴァーライト。

今回は1.5倍の圧倒的人気で勝利。

ダート1150mということで、モスコローソと違い短距離路線を歩む模様。

福島デビューですが、次は函館に遠征しすずらん賞を予定しています。

芝にかわってどうか、ですが、この時期の2歳馬同士ならなんとかなりそうです。

 

というわけでウチパクさんの新馬勝ちも個人的に久々に思えるレースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com