見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

出遅れも問題なし。姉にルージュバックの大物ポタジェが白星発進。2019メイクデビュー中山。

母ジンジャーパンチといえばルージュバック。そしってキャロットファームのイメージがありますが、金子真人HDが絡んだとたんに3歳クラシック制覇が確定に思える大物が出てくるのが不思議です。

父ディープインパクトで4文字の産駒といえばやはり日本ダービー馬・マカヒキが浮かぶわけですが、そのほかにも3冠牝馬アパパネもおり、これは大物か?と感じます。

 

栗東・友道厩舎にはもうアパパネの仔ラインベックも所属しており、友道厩舎は牡馬クラシック2頭出し、あるいはさらなる多頭数も見込めるラインナップ。

騎乗していたのは最近は中内田厩舎とのコンビが目立つ川田騎手。とはいえマカヒキの主戦だったことも考えると、今年はヴェロックスで牡馬3冠を完走しましたが、来年も金子真人HDの勝負服でクラシックになるのか注目です。

www.youtube.com

桜花賞、オークスの敗退から巻き返しも課題は距離か?2019ローズS・ダノンファンタジー。

強いことは強いんだけど、距離が持たない。

それがダノンあるあるではないでしょうか。ダノンの馬は不思議と2000mまで、というより1800m以下で強いイメージが。

昨年の2歳女王・ダノンファンタジーが桜花賞、オークスでの敗退から巻き返して秋初戦のローズSを勝利。

とはいえ1800mなんだよなあ。1ハロン伸びる本番は不安しかない。

ダノンの主戦となりつつある川田騎手としても、今年ダノンの馬でG1を1つも勝ってないってのもね。。。北村友一にほうがいいんじゃないかねマークも軽くなる気もするし。

2着に同じく春の既存勢力のビーチサンバ、3着にもやはりオークス出走馬のウィクトーリアが入った堅いレースはこちらから。

www.youtube.com

大物3歳馬が古馬を一蹴。インティ、ゴールドドリーム、オメガパフュームの牙城を崩せるか?2019日本テレビ盃・クリソベリル。

母クリソプレーズというと、安定感ある産駒を生む繁殖牝馬として名高い印象があります。

父にゴールドアリュールをつけている時点で、ダート馬、という狙いどおりに成長を遂げているのが栗東・音無厩舎のクリソベリル。

さすがにこの血統となると松若騎手というわけにもいかないのか、川田騎手が主戦で秋初戦を迎えました。

ロンドンタウン、元JRA所属のノンコノユメの参戦もあり、なかなかにレベルが高い古馬勢と休み明けで激突は楽ではなかったはずですが、、、終わってみたら2着ロンドンタウンに4馬身、3着ノンコノユメには8馬身差、という圧勝。

ローカルで強いのはよくわかったので、ぜひ中央開催で激突してほしい。

以下レースはこちらからどうぞ。

www.youtube.com

上がり32秒3で直線は独壇場。次は秋の天皇賞withスミヨン。2019神戸新聞杯・サートゥルナーリア。

今年のダービーをダンゼンの1番人気で見事に裏切ったのがサートゥルナーリア。

距離がだめなのか、いまいちわからないまま秋の緒戦は3歳馬同士の神戸新聞杯。

ヴェロックスしか強敵がいないレースならさすがにキレる。

 

のはいいんですが、なぜ菊花賞に行かないのかわからん。

ヴェロックスとの対戦成績は有利なんだから行けばいいものを。わざわざ人気を裏切った府中に輸送する意味がわからん。

来年も出られるレースにわざわざ使う理由はわかりませんが、秋の天皇賞はルメール騎手はアーモンドアイがいることもあり、スミヨン騎手に乗り替わり。

デムーロ騎手のお手馬だった記憶もあるんですが・・・コロコロころころ乗り替わり。つまらなくなりました競馬も。

ヴェロックスをかわすだけ、というわかりやすいレースはこちらから。